2012年12月07日

【2012速報】「このミステリーがすごい!2013」発表!!

「このミステリーがすごい!2013」が発表されました!!

果たして気になる結果は?

◆「このミステリーがすごい!2013」(宝島社、2012年12月7日発売)

注意:各タイトルのリンクは「ネタバレ書評(レビュー)」に繋がっています。

順位国内海外
64解錠師
ソロモンの偽証占領都市 TOKYO YEAR ZERO 2
機龍警察 暗黒市場無罪
幽女の如き怨むもの湿地
地の底のヤマ失脚/巫女の死&ファイヤーウォール
楽園のカンヴァスなし
カラマーゾフの妹都市と都市
キングを探せバーニング・ワイヤー
奇面館の殺人天使のゲーム
10盤上の夜鷲たちの盟約&償いの報酬


やはり、噂は正しかった!!
国内編1位は『週刊文春ミステリーベスト10 2012』に続き、横山秀夫先生『64』に!!
って、これ一昨年の『悪の教典』、去年の『ジェノサイド』でもやりましたね。
ここ最近は『文春』と『このミス』はどことなくランキングが似る傾向にあるようです。
ただ、此処2年間続いていた「山田風太郎賞」受賞作こそが『このミス』と『文春』をとるとのジンクスは破れましたね。

ちなみに『64』は『本格ミステリ・ベスト10』では22位、『早ミス』は対象期間外となっています。

2位は宮部みゆき先生『ソロモンの偽証』。
『文春』2位、『早ミス』対象外、『本格ミス』で23位。
どのランキングでも『64』を上回ることは出来ませんでした。
有力候補の1つとされていただけに、それだけ『64』が強かったと言うことか。

3位は月村了衛先生『機龍警察 暗黒市場』。
『文春』9位、『早ミス』4位。

4位は、三津田信三先生『幽女の如き怨むもの』。
『文春』10位、『早ミス』1位、『本ミス』4位。
これにて全ランキングベスト10皆勤達成。

5位には西村健先生『地の底のヤマ』。
ネットで話題となっている作品、此処でベスト10入りして来ましたね。

そして6位には原田マハ先生『楽園のカンヴァス』。
「第25回山本周五郎賞」受賞作。
『文春』6位、『早ミス』5位。

「第25回山本周五郎賞」発表!!『楽園のカンヴァス』(原田マハ著、新潮社刊) に!!

7位には高野史緒先生『カラマーゾフの妹』。
「第58回江戸川乱歩賞」受賞作。
『文春』3位、『早ミス』3位。

第58回江戸川乱歩賞決定!!高野史緒先生『カラマーゾフの兄妹』に!!

8位には管理人イチオシの法月綸太郎先生『キングを探せ』。
『文春』5位、『早ミス』2位、『本ミス』1位ということでベスト10達成。

『キングを探せ』(法月綸太郎著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

9位に綾辻行人先生『奇面館の殺人』。
『文春』7位、『早ミス』8位、『本ミス』3位とこちらもベスト10皆勤達成。

10位は宮内悠介先生『盤上の夜』。
これこそが「このミス」の醍醐味か。
オススメ作品の1つが10位にランクイン。

『地の底のヤマ』、『盤上の夜』が10位以内にあるのは良かった。
これこそ「このミス」と言えるでしょう。

では、11位以降で気になった作品を。
やはり20位の『泡坂妻夫引退公演』か。
故・泡坂妻夫先生の魅力がたっぷり詰まった一冊。

【続々報】『泡坂妻夫引退公演』発売日延期……も未収録短編2編が追加される!!

さて、海外。

1位は『解錠師』。
これにより『文春』、『このミス』と2冠達成!!
強い!!
『早ミス』が2位であることからも面白さは窺えるか。

2位には『占領都市 TOKYO YEAR ZERO 2』。
『文春』5位、『早ミス』3位。
なかなかに安定した評価を得ています。

3位には『無罪』。
『文春』3位、『早ミス』7位。

4位に『湿地』。
『文春』2位、『早ミス』1位。
これまたなかなか高い評価。

そして、『本ミス』を除く皆勤達成(『IN★POCKET』3位、『早ミス』6位、『文春』8位)なるかと注目の『追撃の森』は20位でした。

これで2013年(2012年度発売作品)のランキングは終了しました。
『ミス通』では「2013年まとめ」としてランキング結果をまとめた記事を出す予定。
そちらも宜しくお願い致します。

2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

以上、速報でした。

◆関連過去記事
2013年(2012年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2012年(2011年発売)ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

2010年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

【2011速報】「このミステリーがすごい!2012」発表!!

上記、ランキング中で気になる本がある方はこちら。


「このミステリーがすごい!2013年版」です!!
このミステリーがすごい!2013年版





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ミステリランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

64(ロクヨン)は、ドラマ化希望している人がかなりいると思うので(イメージが有るのでドラマ化すんなよって意見も多数あると思う)、各局で64(ロクヨン)特別企画として64(ロクヨン)2サスドラマ月間を作ってほしい♪
Posted by ピエロ at 2012年12月08日 01:49
Re:ピエロさん

『64』、管理人も読みました。
重厚な人間ドラマが展開される名作でした。

二渡も登場していたので、上川隆也さんによる『陰の季節』シリーズでのドラマ化を期待したいですよね。
むしろ、映画でも良いくらい。

各局競作もいいですね。
『64』自体がそれに耐えられるだけの懐の深さを持つ作品ですし。
それぞれに上手く特色を発揮してくれると面白いと思います(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2012年12月09日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。