2013年01月22日

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ49 特急しらさぎ殺人迷路〜越前竹人形の謎〜死体女性から電話!?私は殺された…偽装殺人?東尋坊の越前竹人形が知る哀しき過去」(1月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ49 特急しらさぎ殺人迷路〜越前竹人形の謎〜死体女性から電話!?私は殺された…偽装殺人?東尋坊の越前竹人形が知る哀しき過去」(1月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

都内のある公園で、資産家で宝石店社長の脇田肇(石山輝夫)が殺された。警視庁捜査一課の十津川省三警部(渡瀬恒彦)たちは現場に駆けつけ捜査を開始する。脇田は敵が多く怨恨による犯行かと思われたが、脇田の妻、洋子(石井めぐみ)との洋子の連れ子、みどり(一戸奈美)、みどりの夫、治郎(阪田マサノブ)は犯人には心当たりがないと素っ気なく語る。
一方、西本刑事(堤大二郎)は、自宅の電話にかつての恋人、野村ひろみ(大河内奈々子)から「命を狙われているので東尋坊まで救いに来て欲しい」と訴えるメッセージが残っていることに気付き驚く。さらにその翌日、ひろみから「自分は殺害された」と2度目のメッセージが届いた。
その直後、東尋坊近くの海岸で身元不明の女性の死体が上がった。西本はそれがひろみではないかと不安を募らせる。
ところが、ひろみは公園で殺された脇田の愛人だったことが判明し、事件は意外な進展を見せる。脇田の家族は、実はひろみに脅迫されて大金を渡したと打ち明ける。さらにひろみは西本と面識のある大学の同級生・広田勇次(湯江健幸)と永井克巳(渋谷哲平)とも親しく交際していたことが判明。ひろみの意外な過去を知り、西本は戸惑う。
メッセージの声は本当にひろみだったのか? 東尋坊に上がった死体は誰か? 大金はどこへ消えたのか?それらの手掛かりを求め、十津川と西本は東尋坊とその近辺を丹念に訪ね歩く。
2人はふと立ち寄った竹人形の工房で人形職人の倉澤香菜美(大河内奈々子・2役)に出会う。香菜美がひろみに瓜ふたつで2人は驚いた。十津川はひろみの部屋にも竹人形が飾ってあったことに着目し、推理を進めるが…。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

宝石店社長の脇田が殺害された。
脇田の妻・洋子、洋子の連れ子であるみどり、みどりの夫・治郎などに容疑が向かう。

同じ頃、西本のもとに大学時代の同級生で旅行サークル仲間であった野村ひろみを名乗る人物から留守番電話にメッセージが残されていた。
「命を狙われているので東尋坊まで救いに来て欲しい」
西本にとって、ひろみとは去年同窓会で会って以来である。
何が何やら分からない西本はそのまま放置するが……。

翌晩、またもひろみを名乗る人物からメッセージが。
其処には「自分は殺害された」吹き込まれていたが……。

流石に気にかかった西本は同窓会で教えられたひろみの勤務先・和光自動車へ連絡を入れる。
応対に出た青木専務によれば、ひろみは消息不明らしい。

不安に駆られた西本の様子に気付いた十津川は彼の悩みの理由を知り、3日間の休暇を与える。
西本は早速、東尋坊へ。

すると、東尋坊で女性の死体が発見される。
その晩、今度は「発見してくれてありがとう」とまたも電話が。

謎が謎を呼び、西本は十津川に留守電メッセージを聞いて貰い意見を求めることに。
これを聞いた十津川は1つだけ不審な点を覚える。
留守電メッセージでは「大学時代の同級生」を名乗っていた。
だが、西本とひろみは去年に同窓会で顔を合わせている。
ならば、「同窓会で会った」と語らないのは何故か?
「其処に意味があるのではないか」とする十津川。

矢先、ひろみが殺された脇田の愛人であったことが発覚する。
十津川は、ひろみが脇田の家族に殺害された可能性について考え始める。

ところが、当の脇田の家族によれば、ひろみに脅迫され5000万円を脅し取られたらしい。
ひろみは生きているのか?

一方、ひろみの自宅を訪れた十津川は、其処で竹人形を発見する。

留守電メッセージの声を確認するべく、西本は同級生である永井や広田に確認を依頼する。
2人はともに「ひろみに間違いない」と太鼓判を押すが……。

もう1人、ひろみと親しかった中林美奈子を訪ねた西本たち。
中林によれば、ひろみは永井や広田と交際していたらしい。
動揺する西本をじっと眺める美奈子の娘の姿……。

手掛かりを求めた十津川と西本は東尋坊へ。
すると、越前竹人形の工房でひろみそっくりな女性を発見する。
彼女の名は倉澤香菜美であった。
8年前から工房で働いているとのことで、ひろみではないようだ。

その夜、西本宅の留守番電話にまたもメッセージが。
「犯人を捕まえて下さい」それが吹き込まれた言葉であった。

どうしても、香菜美が気にかかる西本。
十津川も、香菜美が所持していた竹人形がひろみ宅で見たものとそっくりであったことを気にかけていた。

直後、今度は永井が殺害されてしまう。

十津川は「越前竹人形」の逸話について調べる。
「京都の芸妓が富山に流れ、竹細工職人の男と一緒になったが、過去の知り合いに見つかったことで愛しい男と別れざるを得なくなる」とのストーリーらしい。

その頃、西本は香菜美に接触していた。
「グリーンフラッシュ」の話題を彼女と交わす西本。
それはひろみとも学生時代に交わしたもの。
西本は倉澤香菜美にどんどん惹かれて行く―――。

海岸で見つかった水死体が、DNAから野村ひろみのものと断定された。
やはり、ひろみは死んでいたのだ。

さらに、ひろみと思われる人物と広田勇次が殺害当日に腕を組んで歩いていたとの証言も飛び出す。
しかも、広田は永井に金を借りていたらしい。
十津川は広田の身柄を拘束しようとするが、広田は行方をくらます。

十津川は、ある決定的な事実をもって香菜美のもとを訪ねる。
竹人形が2体で一対になっていること。
さらに、生年月日がひろみと香菜美で同じであることを指摘し、双子の姉妹であると断定する。

これを認める香菜美。
ひろみが姉、香菜美は妹らしい。
なんでも、ひろみと香菜美の母は元芸妓。
だが、死亡してしまい姉妹は別れ別れになった。

それから十数年、2人は偶然出会った。
竹人形職人になった香菜美はひろみに竹人形を贈ったのだ。

その頃、亀井に取り調べを受ける治郎。
あくまでひろみ殺害を否定する彼だが、亀井の追及につい叫んでしまう。
「崖から飛び込んで後頭部を岩にぶつけて死んだんだろ、自殺じゃないか!!」
これが決め手となった。
ひろみの死因が後頭部への負傷であったことを知る者は犯人以外に居なかったのである。

治郎はすべてを語り始める。

ひろみは脇田の子供を妊娠したと脇田に告げた。
実子の居ない脇田は洋子と別れ、ひろみと再婚すると言い出した。
もしも実現してしまえば、財産が相続できなくなってしまう。

焦った治郎は洋子やみどりと相談し、脇田殺害に踏み切った。
もちろん、実行犯は治郎だ。
だが、これをひろみに脅迫されるようになった。

困った治郎は洋子やみどりと相談し、ひろみ殺害に踏み切った。
もちろん、実行犯は治郎だ。
だが、これをひろみを名乗る人物に脅迫されるようになった。

殺した筈のひろみに脅されたことで、怯えた次郎たちは5000万円を脅迫者に渡したのである。

こうして、脇田殺害、ひろみ殺害は解決した。
ところが、5000万円の行方が分からない。

その夕方、香菜美は広田と接触していた。
「ひろみの代わりに君に会えて本当に良かったよ、君も悪女だね。ところで金は?」
広田の言葉に、手にした鞄を持ち上げる香菜美。
近付いて来た広田の隙を突き、ナイフを突き立てようとするが……。

其処へ十津川たちが現れる。
意識が逸れた香菜美の手からナイフを奪う広田。
今度は香菜美の首筋にナイフを突きつけ、十津川たちを牽制する。

広田はひろみと交際しており、貢がせていた。
どうやら、ひろみを脇田の愛人とすることで間接的に大金を得ていたようだ。
ひろみが脇田に告げた妊娠の事実も、広田の入れ知恵で真っ赤な嘘である。

そして、広田はひろみが治郎に殺害される現場も目撃していた。
「金になる」と考えた広田はこれを利用し次郎を脅迫したのである。
5000万円も脅迫の結果であった。
もちろん、永井殺害も広田の犯行である。

香菜美はそんな広田からひろみに関する情報を探る為に近付いたのだ。
広田についてはひろみを利用したことを許せず復讐の為に殺すつもりだったらしい。

十津川と睨み合う広田。
その手からナイフを奪うと、今度こそ殺害しようとする香菜美。
「止めるんだ!!」
そんな香菜美を十津川の一喝が制止する。

これに香菜美は復讐を諦めることに、広田はその場で逮捕される。

西本への電話の意味は次のようなものであった。
香菜美はひろみから西本のことを聞いており、ひろみの無念を晴らす為に西本の助力を得ることを考えた。
其処で広田に近付き、これから得た情報を西本へと伝えていたのである。

香菜美も逮捕されることとなった。
十津川は「ひろみさんがあなたを守ったんです」と告げるのであった。

翌日、東京に戻った十津川は亀井と今回の事件について振り返っていた。
「竹人形が事件を解決した」
そう語り合う2人の前に、スカイツリーと富士山が広がっていた―――エンド。

<感想>

月曜ゴールデン版「十津川警部シリーズ」の第49弾。
原作は西村京太郎先生『恐怖の海 東尋坊』(文藝春秋社刊)。
あらすじはこちら。

<あらすじ>

【文庫版】
十津川警部の部下日下刑事の留守番電話に、夜ごと奇妙なメッセージが入るが、それは既に殺された被害者のものだった! 表題作ほか、傑作ミステリー全四篇収録の短篇集。(山前譲)
(文藝春秋社公式HPより)


短編集なんですね。

では、ドラマの感想をば。
ちなみに、富山の女将さんが「わかんなぁい♪」と仰った時に何故か、ローラさんが思い浮かんだ管理人です。

永井なのに出演時間が長くない、寧ろ短い永井。

声優志望の美奈子の娘さん、あれだけ思わせぶりな表情をしておいて何もなしかぁ……。
十津川たちが刑事だと知らされたときの彼女の顔、あれは裏で何か他に悪事をやってても不思議ではないほどの警戒心が込められていた表情だったけどなぁ……。

ちなみに、今回の脇田殺害の動機なんだけどどうなんだろ。
離婚したとしたら脇田の不貞が原因だし、洋子が主張すれば相当な慰謝料が貰えそうな気も。
果たしてリスク度外視で殺害する必要はあったのか?

双子の定番である入替りを敢えて外して来たのは良かったですね。
ここは完全に予想を裏切りましたね。

普通、この流れだと「ひろみが住んでいたとされる部屋の遺留品を用い死体のDNA鑑定を行っているので、遺留品自体が香菜美のもので死体も香菜美。ひろみは広田と逃げ切る為に香菜美を身代わりにした」とかあっても不思議では無かった。
まぁ、だとすると竹人形をひろみが作ることが出来るのが不自然か。
それと、留守電の訛りの件もあるし。
……いや、待てよ、前々から度々入替っていた設定にすればクリアか。

それと、グリーンフラッシュとか、十津川が指摘した「留守電の不審な点」などから、てっきり西本が大学時代に交際していた相手はひろみではなく、香菜美なのかと最後まで思っていました。
だって、留守電に「大学時代の同級生」と入れていた点を不審だと思うのなら「同窓会では会っていない」ことになるから、「大学時代の同級生=ひろみ」だけど「西本と交際していたのは香菜美」で「同窓会に参加した=ひろみ」かと思うじゃん。
現状だと特に同窓会のくだりは特に重視すべきでもないような気がする。

でも、此処で入替わりされても意外性がないので、逆に目新しかった。
「入替りしそうでしない」とのトリックだったワケですね。
たまにはアリかも。

他は「前回の岡部ちづるに引き続き、十津川が都合よく香菜美と出会ったこと」以外は特に不満はなし。
なかなか良かったと思います。

ちなみに西村京太郎先生と言えば「十津川シリーズ」最終作について語られています。
さらに、「十津川警部シリーズ」といえば、土曜ワイド劇場版の亀井刑事が愛川さんから高田純次さんに引き継がれました。
興味のある方はそれぞれリンクよりどうぞ!!

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 山形新幹線・つばさ129号の女!謎の駅に2分停車の盲点…黒いロープとサクランボの殺意!!」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女 〜十津川警部への挑戦状〜鎌倉彫が生んだ愛と悲しみの逆襲!十津川に届く挑戦状の真意!?殺人ゲームの幕開け」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

【土曜ワイド劇場版の十津川シリーズはこちら】
土曜ワイド劇場「テレビ朝日開局55周年記念 西村京太郎トラベルミステリー・終着駅(ターミナル)殺人事件 上野〜青森、愛と死の寝台特急“あけぼの”暗闇に消えた女」(1月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 山形新幹線・つばさ129号の女!謎の駅に2分停車の盲点…黒いロープとサクランボの殺意!!」(11月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「35周年特別企画 西村京太郎の、スーパービュー踊り子連続殺人!新宿下田2時間47分の盲点グリーン個室の遺書が名指す4人の容疑者VS謎の女相続人」(1月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル(西村京太郎トラベルミステリー) 生死を分ける転車台 駅舎と列車が大炎上!?天竜浜名湖鉄道〜青いコートの女の罠…」(7月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス(西村京太郎トラベルミステリー55) 寝台特急カシオペア殺人事件・函館駅6分停車の罠!走る密室で妻が誘拐され消えた…十津川警部に謎の挑戦状!!」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 伊豆の海に消えた女(西村京太郎スペシャル 伊豆の海に消えた女特急踊り子160分間の殺意!遺書と指紋の罠十津川警部vs謎の5人の美女)」(10月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎スペシャル 山形新幹線・つばさ111号の殺人!謎の駅に途中下車のトリック十津川警部vs黒い帽子の女…」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【月曜ゴールデン版の十津川シリーズはこちら】
月曜ゴールデン「十津川警部シリーズ44 特急ソニック殺人事件〜十年目の真実〜・DVDは殺人指令か?北九州の連続殺人に隠された驚愕の事実は」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ45 志賀高原殺人事件〜黒姫伝説の謎〜雪の大沼池で亀井が殺人を目撃!!過去の誤射事件に驚愕の事実が!?」(10月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ46 特急『草津』殺人迷路 ニセ十津川が草津温泉に現れ、謎の手紙が警視庁に…驚愕な秘密パーティが始まる!」(1月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ47 熱海・湯河原殺人事件〜妻殺しの男が出所し事件の証言者達への復讐!誘拐と強迫そして殺人予告が送られた」(4月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ48 江ノ電に消えた女 〜十津川警部への挑戦状〜鎌倉彫が生んだ愛と悲しみの逆襲!十津川に届く挑戦状の真意!?殺人ゲームの幕開け」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【金曜プレステージ版の十津川シリーズはこちら】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像6 銚子電鉄六・四キロの追跡 悪徳投資詐欺を巡る血塗られた罠!哀愁の漁港を赤く染めた惨殺事件!銚子電鉄の径が連続殺人の謎を結ぶ」(9月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像5 鎌倉電鉄殺人事件 顔を消された焼死体現場に残された列車模型が示す次なる殺意とは!?鎌倉電鉄に秘めた切ない愛情と憎悪」(4月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第一弾 十津川刑事の肖像4 第二の標的 最終電車で謎の刺殺、目撃者に迫る疑惑と罠、連続殺人が示す過去の秘密…遺書に隠れた妻への最後の言葉とは」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像3 危険な判決「許されざる復讐心…容疑者への憎悪が生む第2の殺人…ナイフに刻まれたギリシャ語が示す真犯人の殺意」(10月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 西村京太郎サスペンス十津川刑事の肖像2「都民1300万人を誘拐した…都知事への脅迫電話で始まる連続殺人事件…死体に隠された秘密とは?愛と憎しみの復讐劇」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【警部補・佐々木丈太郎シリーズ】
金曜プレステージ 西村京太郎スペシャル警部補・佐々木丈太郎「告白〜狙われた小学校…次々殺される育児放棄の親達!容疑者は女教師、生徒が目撃者崩壊した教室で何が」(8月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎2週連続スペシャル第二弾!警部補・佐々木丈太郎(3) 密告〜惨殺体は刑事姿無き愛人の完全犯罪ネコの毛と白骨死体が語る涙の絆とは?女達の愛憎劇、いま開幕」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「西村京太郎スペシャル 警部補・佐々木丈太郎4 黒い家〜その一族、全員他人!嘘で繋がる家族に眠る怨念の過去・善意の救命劇は地獄の幕開け…動画サイトの映像と消えた戸籍が語る禁断の絆」(11月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鉄道捜査官シリーズ】
土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス鉄道捜査官 伊勢鉄道引き返せない単線列車からの脱出トリック!!2000万円の絵馬が連続殺人の謎を解く」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「西村京太郎サスペンス 鉄道捜査官 殺意の豪華SL密室パーティ〜殺人者は犯行予定の列車に乗り遅れた…!?上り線下り線のダイヤトリック」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【左文字進シリーズ】
月曜ゴールデン「西村京太郎サスペンス 探偵・左文字進15 軍艦島に消えた殺意〜長崎で史子の恋人が殺された!左文字がオランダ坂で見た隠し絵に驚愕な謎が炙り出た」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【秋葉京介探偵事務所シリーズ】
金曜プレステージ「西村京太郎サスペンス 秋葉京介探偵事務所〜狙われた男〜 美女からの依頼は、殺人予告。大手介護事業の莫大な資産が招く死の連鎖。残された暗号が示す哀しき真実」(9月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他ニュース】
西村京太郎先生が選ぶ自身のベスト3作品とは?

「湯河原文学賞」作品募集!!(審査員をされてます)

「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」に綾辻行人先生&西村京太郎先生が参加!!

十津川シリーズ最終作、舞台はあの村!?作者である西村京太郎先生が激白!!

十津川警部シリーズにて亀井刑事を演じ続けて31年……愛川欽也さん降板、後任は高田純次さんに!!

【緊急特別批評(レビュー)】「SmaSTATION!!祝35周年土曜ワイド劇場の秘密(秘)相棒(秘)家政婦は見た(秘)法医学(秘)西村京太郎矢沢永吉&松田優作&鶴瓶主演のレア作品も」(5月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

十津川省三: 渡瀬恒彦

野村ひろみ:大河内奈々子
倉澤香菜美:大河内奈々子(2役)

西本 功:堤 大二郎

広田勇次:湯江健幸

安原美知子:山村紅葉

小西淳平:中西良太
村川留美:古川りか
島田功治:清野秀美
山下智志:山田アキラ
小林雅人:内山翔人

脇田 肇:石山輝夫
脇田洋子:石井めぐみ
脇田みどり:一戸奈美
脇田治郎:阪田マサノブ
三浦 剛:吉田智則
永井克巳:渋谷哲平

亀井定雄:伊東四朗 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


「恐怖の海東尋坊 (文春文庫)」です!!
恐怖の海東尋坊 (文春文庫)





こちらはキンドル版「恐怖の海東尋坊: 15 (十津川警部)」です!!
恐怖の海東尋坊: 15 (十津川警部)





「683系特急しらさぎ(米原~金沢) [DVD]」です!!
683系特急しらさぎ(米原~金沢) [DVD]





「懐かしの列車紀行シリーズ Series.1 485系北陸特急『しらさぎ』I [DVD]」です!!
懐かしの列車紀行シリーズ Series.1 485系北陸特急『しらさぎ』I [DVD]





「思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]」です!!
思い出の駅舎 大阪駅~時を翔けた列車の記憶~ [DVD]





「西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]」です!!
西村京太郎の鉄道ミステリー 第一集 [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
大河内奈々子さんは久しぶりのドラマですね。
去年・宅間孝行さんと別れていたようですが・・・。

同シリーズでの一人二役は、「四国連絡特急殺人事件」で内藤剛志さんが、「特急おおぞら(ハイデッカー・エクスプレス)殺人事件」では青田典子さんがやっていました。

大河内さんと青田さんは、高橋英樹さんの「西村京太郎トラベルミステリー」で共演されています。

「特急"スーパー北斗1号"殺人事件」という話で、大河内さんは自殺志願の女性・風見ゆう子役でした。一方の青田さんは、過去にある詐欺事件で父親が自殺し、自らもそれがもとで自殺未遂をした女性・小坂井はるみ役でした。

原作では「ゆう子が自殺し、犯人は消息不明」という結末で終わり、なんとも後味が悪いです。

彼女は、ある男の罠にかかり、見に覚えのない殺人事件(宝石商・山崎が毒殺された)の容疑者として逮捕され、最初は容疑を否認していましたが、突然「自分がやった」と言って自殺してしまうのです。(自殺願望を抱くきっかけとなった元恋人の男・吉岡が殺害されたと知って)

高橋さんのドラマでは、それを知った十津川警部が彼女の元に駆けつけ、「あなたはまた死のうとしているのではないのですか?」と言い、「あなたのことを心配している友人がいます。死んではいけない」と言葉をかけます。

ゆう子はその後、事件の真犯人であり、自らを罠に嵌めた羽島裕(演じたのは甲本雅裕さん)と対峙します。この時すでに、彼女の中から自殺願望は消えていました。

青田さんが演じたはるみは、この羽島の恋人であり、羽島の共犯でした。羽島ははるみの過去を知って、一連の殺人を起こしたのです。被害者の内、山崎と吉岡は、かつてはるみの父を自殺に追いやった詐欺グループの一員だったのです。(ドラマではもう一人、ホステスの女性が殺害されている。これも羽島の犯行、羽島は3人殺害)

ゆう子は羽島に、「自首をしてください」と言うのですが、羽島は「このまま俺たちと一緒に死んでくれ!」と言って、一緒に自殺することを強要しますが、そこを十津川警部らに発見され、羽島とはるみは逮捕されたのです。

ゆう子は十津川警部に感謝の言葉を述べ、「もう二度と命を粗末にしません」と言って北条刑事(山村紅葉さん)に付き添われて救急車で病院へと向かいました。(衰弱して検査のため)

エピローグでは十津川警部と亀井刑事(当時は愛川欽也さん)が流氷の海を眺め、亀井刑事が「切ない事件でしたが、唯一の救いは、この氷の海で死のうとした女性が、再び生きる意欲を持ってくれたことです。本当に良かった」と十津川警部に語りかけ、ドラマは終了します。

当時のエンディングテーマはKiroroの「もう少し」で、このテーマソングに似合う終わり方だと思い、この変更は正しかったと個人的には思っています。

最後にこれまた偶然ですが、この「被害者の元恋人・吉岡」を演じていたのは、今回の「特急しらさぎ」では永井殺害の犯人・広田役の湯江健幸さんでした。
Posted by Me at 2013年01月22日 22:08
Re:Meさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

1人2役、結構あるんですね。
それだけポピュラーな手法なのかもしれませんね。
だからこそ、今回の「入替りと見せて入替らない」は有効だったのかも。

「スーパー北斗1号」に「しらさぎ」の出演者の方が登場されていたんですね、驚きです。
特に湯江さんと大河内さんが恋人役とは「しらさぎ」と重なるところがありますね。

それと、確かにその変更だと救いがありますね。
Posted by 俺 at 2013年01月24日 00:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。