2012年12月19日

黒澤明監督「野良犬」が2013年1月19日にドラマになって帰って来る!!

黒澤明監督の名作映画「野良犬」がドラマにリメイクされることが明らかになりました。

オリジナルとなる黒澤明監督版「野良犬」は1949年公開の映画。
あらすじは次の通り(結末に触れています、注意!!)。

<あらすじ>

射撃練習を終えた村上刑事はコルト式けん銃に弾を装てんして無雑作に私腹の上着のポケットにねぢこんだ。彼は連日の活躍に大分疲労を感じながらバスに乗り帰途についたが、途中のバスの中で一大事が起った。それは彼のピストルが盗まれたのである。ポケットに手をやった時はすでに遅く、周囲の怪しい奴が降りたのですかさず後を追ったが残念ながら姿を見失ってしまった。真夏の午下がりの出来事であった。彼は早速警視庁捜査第一課の中島警部に事情を訴え出たが、そのピストルの中には七発の実弾が入っており、事の重大さに今更ながら若い村上刑事は当惑するのであった。何分の処分がきまるまででも、じっとしているわけにもいかないので、中島係長の暗示でスリ係の老刑事市川に相談する。すると鑑識課の手口カードを調べて当時の様子を分析したところ、市川刑事の知っているスリのお銀が捜査線にあがった。気のはやる村上刑事は、市川刑事とお銀の巣へ乗り込んだ。お銀は最初しらばくれていたが、強引な村上刑事の食い下がりにしびれを切らして、場末の盛り場の貸ピストル屋をばく然としらせてくれた。それからというものは村上刑事はボロボロ服に変相して毎日探し歩いた。その甲斐あってか村上刑事は遂につきとめたが責任を感ずる余り失策してしまった。それから村上刑事は淀橋の事件担当刑事の佐藤と一緒に仕事をすることになった。佐藤は熟練者だけあって仲々手際よく事件にあたった、そして貸ピストル屋から端緒を得た彼等は、本多という男に目星をつけた、すぐ手配して本多の逮捕にとりかかったが、彼は後楽園の球場にいるという聞き込みに、五万人という数の中から彼をおびき出し、ピストルに対する警戒をしながら、彼の写真を内外に配布して難なく捕いた。しかしそれで解決したわけではなかった。村上のピストルは本多の背後にいる遊佐新二郎の手もとにあって彼が主役を演じていることがわかってきたからである。村上と佐藤両刑事は次々と捜査網を縮めて行った。そして遊佐の情婦のハルミをつきとめているうちにピストル強盗事件は、村上刑事がピストルを紛失してから三件あったが、彼等は遊佐の所在をつきとめることにすでに成功していた。佐藤刑事は単身遊佐の後を追った、村上刑事はハルミの白状を彼女のアパートで待っていたが、不覚にも佐藤は村上に電話する時に遊佐の弾に倒れてしまった、驚いた村上は急拠かけつけて自分の血によって、佐藤の一命を食い止めた、純情な村上はざんきに耐えなかったが、遊佐が高とびしようとする一瞬ハルミの必死の密告によって、遊佐を引きとめることが出来た。遊佐の手には村上のコルトが握られていた、村上はピストルを佐藤に貸したため持っていなかったが、一発は村上の腕に、あと二発は樹木に流れた。これで七つの弾は全部弾かれた。数日後村上と佐藤は警察病院から街の屋根々々をうれしそうにながめていた。
(goo公式HPより)


この映画のリメイクです。
ドラマ版の主役は、先頃「再会」にて名演技を見せた江口洋介さん。

土曜プレミアム「大型ミステリー特別企画・江戸川乱歩賞受賞作品 再会〜その再会は秘めた過去に導かれた〜江口・常盤・堤・香川四大俳優奇跡の共演!!犯人はこの中にいる!東野圭吾、天童荒太、大絶賛の傑作ミステリーが遂にドラマ化!!」(12月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

そんなドラマ版のあらすじはこちら。

<あらすじ>

事件はある夏の早朝に起きた…。城北署の刑事、村上翔一(江口洋介)は強盗事件の張り込み捜査の帰路、バスの車内でホルスターに納めていた拳銃を何者かにすられてしまったのだ…! 不眠不休の張り込みと、事件解決による安堵感から襲ってきた睡魔。その一瞬の隙をつかれた犯行だった。村上は、先にバスを降りた怪しい野球帽の男を必死に追うが、見失ってしまう。
翔一は自らの責任で犯人を捕らえ、拳銃を取り戻そうと決意する。しかし、保身に走る上層部はそんな村上の行動を許さず、ベテラン刑事・佐藤正賢に極秘捜査を命じた。「事件を表沙汰にするな、5日以内に拳銃を取り戻せ」という無謀な指示を受け、佐藤らは捜査を開始する。
同僚たちから拳銃の密売に手を染めたのではとまで疑われ、やりきれない思いの村上は、スリの前科者リストから柳下銀次(柄本佑)の名を発見し、凍りつく。銀次は、村上の中学時代の同級生だったのだ! 昔の友人に拳銃を盗まれたと直感した村上は謹慎処分を無視し、血眼になって銀次を追う。
だが、銀次は頑なに犯行を否定するばかりか、「会わせたい奴がいる」といって村上をある場所に連れて行く。そこにいたのは、中学時代、番長的な存在だった同級生・重山浩介(中村獅童)。いまや社長となり、裏社会とも通じている重山は村上が拳銃を盗まれたことを知っており、必ず回収してやると約束。そのかわり、村上のかつての親友・遊佐英を捜してほしいと持ちかけてきた。遊佐とは、中学時代、村上と兄弟同様に暮らした仲だったが、“ある事件”を機に町を出て以来、疎遠になっていた。重山によると、遊佐は2年前まで、運転手として重山に仕えていたが、半年前、会社の重要書類を持って姿を消したという。
手がかりを求めて、村上は、かつて淡い恋心を抱いていた遊佐の妹・アキ(広末涼子)を訪ねる。ジャズシンガーとしてステージに立つアキにまぶしさを感じ、落ち着かない村上。だが、アキも兄の行方は知らないと話す。
そんなとき、恐れていた事件が発生した…。村上の拳銃を使って、暴力団員が射殺されたのだ。その犯人は――なんと・・・・!!
(公式HPより)


かなりアレンジが加えられている様子。
そして、ヒロインに広末さんの名前がありますね。
江口さんと広末さんと言えば、ドラマ「トライアングル」を髣髴とさせますが……。

ちなみにあらすじの続きも公式HPにありました。
重複箇所もありますが、こんな感じです。

<みどころ>

物語は、ひとりの刑事・村上翔一が何者かに拳銃をすられるところからはじまる。警察官にあるまじき失態を挽回しようとする村上だが、現代の警察は不祥事を起こした警官に自由な捜査を許さず、村上は拳銃密売というあらぬ疑いまでかけられてしまう。
組織の論理と上層部の思惑が複雑に絡み、わずか5日間で拳銃を取り戻せという非情の命令が下る中、拳銃を盗んだ男が、なんと中学時代の同級生、柳下銀次と判明! 
そしてついに奪われた拳銃を使った殺人事件が起き、その捜査線上に浮かんだ男は、かつて村上とひとつ屋根の下で暮らした親友、遊佐英だった…。

少年時代の“ある事件”がきっかけで離ればなれとなった親友同士、村上と遊佐は、20数年後、追う者と追われる者として対峙することに…。
そして、遊佐の妹・アキは、美しきジャズシンガーとなり、きらびやかなスポットライトを浴びていた。20数年ぶりに再会した村上に、かつての恋心を再燃させるアキ。逃げる兄を助けるのか、追う村上に兄を渡すのか…!?
やがて、村上の捜査は、広島・呉で過ごした少年時代の苦い過去にさかのぼっていく――。
(公式HPより)


果たして、アキは村上と遊佐どちらを選ぶのか?
その答えは2013年1月19日(土)を待つべし!!

・2013年1月19日、「テレビ朝日開局55周年記念 黒澤明ドラマスペシャル 野良犬〜拳銃を盗まれた刑事!タイムリミットは5日…東京−呉700キロの殺人捜査!!男女5人同窓生が招く復讐の殺意!?黒澤明の傑作サスペンス初ドラマ化!」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)追加しました。

「野良犬 [Blu-ray]」です!!
野良犬 [Blu-ray]





「野良犬<普及版> [DVD]」です!!
野良犬<普及版> [DVD]





「野良犬 [DVD]」です!!
野良犬 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。