2013年01月08日

リー・チャイルド原作『アウトロー』が2013年に日本公開!!

リー・チャイルド原作「ジャック・リーチャー」シリーズが映画化されることが明らかになりました。
映画化されるのは、シリーズの1作である『One Shot(ワン・ショット)』。

この映画タイトルが『アウトロー』、ジャック・リーチャーを演じるのはトム・クルーズ。
あらすじは次のような感じだそうです。

<あらすじ>

ピッツバーグで一般市民5名が、無差別な銃撃で命を落とす事件が発生。警察は事件発生後すぐに元軍人で腕利きのスナイパー、ジェームズ(ジョセフ・シコラ)を容疑者として拘束するが、彼は容疑を否認し、退役軍人で現在は流れ者のジャック(トム・クルーズ)へ連絡するように頼んだことで、事件の真相が暴かれていく。
(シネマトゥデイさんより)


映画『アウトロー』公開は2013年2月とのこと。

ちなみに映画化される原作『One Shot(ワン・ショット)』は日本では未刊行でしたが、邦題を映画タイトルと同じ『アウトロー』として講談社での文庫発売が控えています。
興味のある方は下記アマゾンさんのリンクをどうぞ!!

映画原作「アウトロー 上 (講談社文庫)」です!!
アウトロー 上 (講談社文庫)





「アウトロー 下 (講談社文庫)」です!!
アウトロー 下 (講談社文庫)





シリーズ第1作「新装版 キリング・フロアー 上 (講談社文庫)」です!!
新装版 キリング・フロアー 上 (講談社文庫)





「新装版 キリング・フロアー 下 (講談社文庫)」です!!
新装版 キリング・フロアー 下 (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。