2013年01月23日

「第15回大藪春彦賞」受賞作は柚月裕子先生『検事の本懐』に!!

「第15回大藪春彦賞」受賞作が決定しました。
受賞したのは、柚月裕子先生『検事の本懐』でした。

受賞おめでとうございます!!

受賞作である『検事の本懐』は「佐方シリーズ」の1作。
「第25回山本周五郎賞」の候補にも選ばれています。

「第25回山本周五郎賞」候補作発表される!!

「佐方シリーズ」は先に検事、後に弁護士に転じた信念の人・佐方の活躍を描いた作品。
シリーズには、シリーズ最初の刊行でありながらも時系列的にシリーズ最新作となっている佐方の弁護士時代を描いた『最後の証人』、過去である検事時代を描いた短編集『検事の本懐』や単行本未収録『心を掬う』、『業をおろす』があります。

シリーズについては過去にネタバレ書評(レビュー)しており、『検事の本懐』もありますね。
こちらです。

『検事の本懐』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ただ、感想にもある通り、シリーズ中では『検事の本懐』を評価していません。
管理人的には『最後の証人』と『心を掬う』がオススメ!!
それだけに、『検事の本懐』の受賞を聞いて複雑な気持ちです。
『最後の証人』、あるいはまだ見ぬ『心を掬う』を収録した短編集なら納得出来たんだけどなぁ……。

とはいえ、これで「佐方シリーズ」がまだまだ続くことは約束されたも同然。
ファンとしては今後も応援しつつ見守って行きたく思います。
シリーズ次作に注目です!!

◆関連過去記事
【佐方シリーズ】
『最後の証人』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『検事の本懐』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『心を掬う』(柚月裕子著、宝島社刊『しあわせなミステリー』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『業をおろす』(柚月裕子著、宝島社刊『『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
『臨床真理』(柚月裕子著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【「大藪春彦賞」関連記事】
第14回大藪春彦賞受賞作発表、栄冠は沼田まほかる先生『ユリゴコロ』(双葉社刊)に!!

「検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」です!!
検事の本懐 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)





「最後の証人 (宝島社文庫)」です!!
最後の証人 (宝島社文庫)





『業をおろす』が掲載された『『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK』です!!
『このミステリーがすごい!』大賞作家書き下ろしBOOK





『心を掬う』を収録した「しあわせなミステリー」です!!
しあわせなミステリー





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。