2013年02月07日

水曜ミステリー9「女三代如月法律事務所2〜もう一つの真実〜沈黙が語る真実!家族の秘密を守るため殺人を犯した父!?疑惑の連帯保証金5000万!涙の復讐殺人法廷(逮捕された父は何故黙秘を続けるか?16年前封印された衝撃事実)」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「女三代如月法律事務所2〜もう一つの真実〜沈黙が語る真実!家族の秘密を守るため殺人を犯した父!?疑惑の連帯保証金5000万!涙の復讐殺人法廷(逮捕された父は何故黙秘を続けるか?16年前封印された衝撃事実)」(2月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

如月暁代(藤村志保)、瞳子(竹下景子)、奈津美(森脇英理子)の嫁・姑3人が女三代でやっている如月法律事務所に、下町の小さな町工場・里田製作所の里田沙代(中山忍)が助けを求めてやってきた。事の発端は3ヶ月前。突然、老舗料亭の経営者だという立木修司(志村東吾)が社長である夫の里田五郎(村田雄浩)を訪ねてきて、五郎は立木に頼まれるまま5千万円の借金の連帯保証人になってしまったという。しかも、返済日を目前にして立木は失踪。このままでは工場が倒産に追い込まれてしまうため、なんとかならないかと相談にやって来たのだ。里田製作所は、小さな町工場ながらも最近宇宙開発事業への参入も決まったばかりで、先代・宗一(北村総一朗)の時代には暁代が顧問弁護士を務めていたこともあった。そこで瞳子たちは力になることを約束する。
ところが、その一週間後、立木が何者かに殺害され、五郎がその容疑者として逮捕されてしまった。逮捕の決め手は、前の晩に立木の居所を探し当てた五郎が立木と喧嘩になったところを、警ら中の警官に止められていたことだった。沙代から弁護の依頼を受けた瞳子は、早速五郎のもとへ。すると五郎は、身の潔白を訴えるとともに、昔製作所にいた清瀬孝之(冨家規政)が現在建設会社の社長になっているので、清瀬に借金の肩代わりを頼めないかと瞳子に依頼する。
五郎に言われた通り瞳子が清瀬のもとを訪ねると、清瀬は宗一や五郎には世話になったからと五郎の申し出を快く引き受けた。しかし瞳子は、工場を大切に守ってきた五郎がなぜ簡単に連帯保証人を引き受けてしまったのか、気にかかる…。
そんな中、意外な事実が判明した。五郎の娘・真美(山口愛)が、ちょうど立木が襲われた時間帯に、父・五郎を公園で見かけたというのだ!しかも、その時女性が一緒だったことから、五郎はその女性を庇っているのかも知れないと話す。その女性が今人気の『REINAブランド』の30着限定のワンピースを着ていたことから、やがてその女性は新進気鋭のデザイナーとして人気の川原怜奈(遼河はるひ)であることが判明する。しかし、自分の無実が証明されるチャンスであるにも関わらず、五郎は頑なにアリバイを認めようとしない…。
五郎はいったい何を隠しているのか?そして、新進気鋭のデザイナーと町工場の社長の接点とは…?事件を調べ始めた瞳子は、やがて事件の裏に隠された悲しい真実にたどりつく。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

立木修司殺害容疑をかけられた里田五郎。
ところが死亡推定時刻には川原怜奈と密会していたとの情報が五郎の娘・真美から寄せられる。
しかし、吾郎は認めようとしない。

何かあると考えた瞳子は調査を進め、最近になって発見された白骨死体が事件に関わっていることを突き止める。
白骨死体の主は高野誠二であった。
高野誠二は16年前に、五郎の妻・沙代を暴行し妊娠させていた。
当時、沙代の父である宗一は「誠二を殺す」と憤っていたそうだが……。

川原怜奈が誠二に喰い物にされていた同棲相手の安原怜子と判明。
やはり、16年前に何かあると考えた瞳子は怜奈を訪ねることに。
怜奈は五郎のアリバイを認めると共に、16年前に誠二が「里田製作所」の赤い刺繍のネームをつけた男に呼び出されていたことを思い出す。

その夜、瞳子が去った後に怜奈を訪ねる人物の影が……。
翌朝、怜奈は死体で発見されてしまう。
何者かに殺害されたのだ。

唯一のアリバイ証人・怜奈が殺害されたことに意気消沈する瞳子。
一方、五郎はあくまでアリバイを認めない。

五郎が誰かを庇っていると考えた瞳子は宗一の存在を思い出す。
宗一について調べ始めた瞳子は、遂に誠二殺害に宗一が関与していたことを突き止める。
やはり、五郎は宗一を庇っていたのだ。

そんな宗一は、誰にでも「帰れ、二度と来るな」と叫び続けていた。
この言葉に興味を惹かれた瞳子は、16年前の「里田製作所」の集合写真を目にし、ある事実に気付く。

五郎の裁判が開廷された。
瞳子は此処で真犯人の存在を指摘する。
激怒する五郎だが、瞳子が指摘した人物は宗一ではなかった。
当時、宗一の刺繍のネームは黒色だったのだ。
怜奈が目撃した人物は赤色であった。

五郎は宗一が犯人だと思い込み、庇い続けていた。
だが、真犯人は別に居たのだ。

瞳子が指摘したのは元・里田製作所の従業員である清瀬孝之であった。
清瀬は沙代に好意を抱いており、暴行した誠二を恨んでいた。
其処で誠二を殺してしまったのだ。
この事実を知った宗一は清瀬を逃がした。
以降、清瀬が捕まらないように「帰れ、危ないぞ!!二度と来るな」と忠告していたのだ。

ところが、誠二の白骨が発見され、清瀬の犯行を察した立木修司が脅迫した。
其処でこれを殺害したのだ。
しかし、立木は怜奈も犯人の正体を知っていると洩らしていた。

こうして、疑心暗鬼に駆られた清瀬は怜奈も口封じに殺害してしまったのである。
怜奈自身は清瀬が犯人だったと知らなかったにも関わらず。

これを瞳子から知らされた清瀬は罪を認めることに。

こうして事件は解決した。
五郎は沙代と共に再起を目指す。
瞳子は清瀬の弁護を引き受けるのであった―――エンド。

<感想>

「女三代如月法律事務所」の第2弾です。
原作はなく、オリジナルとなります。

前作は2012年2月29日に放送されているので、ほぼ11ヶ月振りの新作となりますね。
過去記事ありますね、興味のある方はどうぞ!!

水曜ミステリー9「女三代如月法律事務所 嫁姑3人の弁護士が挑む男と女の殺人連鎖完全黙秘の女が明かす逃亡12年冤罪の真実!衝撃の逆転裁判は!?(完黙する女〜私を信じて!14年前弁護士に裏切られ恋人を失った女の復讐?)」(2月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマ感想を。

前回同様、キャストはいいのにインパクトが薄いかな。
でも、気軽に視聴できましたね。

<キャスト>

如月瞳子:竹下景子
如月暁代:藤村志保
如月奈津美:森脇英理子
里田五郎:村田雄浩
里田宗一:北村総一朗
如月亮介:ラサール石井
里田沙代:中山忍
亀井みどり:大島蓉子
清瀬孝之:冨家規政
野島刑事:菊池隆則
川原怜奈:遼河はるひ
立木修司:志村東吾
里田真美:山口愛
板前・河井:浅見小四郎
向井直人:龍弥 ほか
(公式HPより転載、順不同、敬称略)


「7人の女弁護士2006 DVD BOX」です!!
7人の女弁護士2006 DVD BOX





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。