2013年02月11日

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』第2話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』第2話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
御手洗潔:名探偵。
石岡:御手洗の助手にしてベストパートナー。
湯浅真:事件の目撃者。
赤松稲平:画家。人は空を飛べると信じていた。
氷室志乃:赤松の妻、企業家。
古川:志乃の秘書。

・前回までのあらすじはこちら。
『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』第1話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

消えた赤松は今何処に居るのか?
「間に合うかもしれない」と語る御手洗が向かった先は、氷室志乃の会社である。

警備員の目をかいくぐり侵入した御手洗たち。
赤松が見た「志乃が空を飛ぶ為に開けた扉」を捜す。
ところが、その扉は単なる衣装室に繋がっていた。

何かを考える様子の御手洗。
其処を当の氷室志乃と秘書らしき男・古川に見つかってしまう。

騒ぎになりかけるが、御手洗が赤松の親族から調査依頼を受けた探偵だと名乗った途端、態度が急変する。
何やらオドオドし始めると慌てたように立ち去ってしまうのであった。

その翌朝、赤松稲平の死体が電線に引っ掛かった状態で発見される。
この報を知り、唖然とする石岡。
何やら考え続ける御手洗。

さらに、新聞では電車と衝突し炎上した車の報道。
さらにさらに、テレビでは赤松のニュースに関連し、志乃が公園を放心状態でさまようところを保護されたとの報。
さらにさらにさらに、電車がロープに繋がった男の片腕を引きずっていたとの報も。

次々報じられる事件の数々。
これを眺めていた御手洗の口角が上がる。
「これですべてが解決した!!」そう石岡に告げる御手洗。
その真相とは―――3話に続く。

<感想>

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』の第3弾。
今回、コミカライズ化されたのは短編集『御手洗潔のダンス』に収録された『山高帽のイカロス』。
その第2話でした。
原作短編『山高帽のイカロス』に興味のある方は、こちらをどうぞ!!

『山高帽のイカロス』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔のダンス』収録)ネタバレ書評(レビュー)

今回の御手洗は「空を飛んだ男の謎」に挑みます。
果たして、男は本当に空を飛んだのか?

前回、「間に合うかもしれない」と語っていた御手洗ですが「志乃のビルを確認するのに間に合うかも」とのことだったんですね。
てっきり、「(犯人を捕えるのに)間に合うかもしれない」だと思ってました。
あの時点では、重要な伏線が残されていたから真相に辿り着いていなかったワケか。

御手洗たちに揺さぶられ、慌てた志乃たちが行動に出た為にああなったとの展開。
そして、今回にてすべての伏線が出尽くしました。
次回からは、意外な真相が浮かび上がることに。

例の「ロープに繋がった腕」と「炎上した車」、「志乃が放心状態になった理由」は最終話で語られるとして、次回は「志乃が空を飛んでいない」こと「赤松が志乃たちに殺害された」ことが語られそうか。
当然、ベッド傍のロープについても触れられそう。

4話で1エピソードを描くので「起承転結」が重要となりますが、「承」の今回も良かった。
次回にも注目です!!

◆『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』関連過去記事
『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』第1話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
「探偵Xからの挑戦状!夏休み・島田荘司スペシャル『ゴーグル男の怪』(島田荘司著)真夏のミステリーSP夜霧の街に現れた恐怖の殺人鬼・犯人は誰か謎を解くのはあなた!!」本放送(8月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『山高帽のイカロス』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔のダンス』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『糸ノコとジグザグ』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』3号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 傘を折る女』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)まとめ

『UFO大通り』(島田荘司著、講談社刊 収録作『UFO大通り』『傘を折る女』)ネタバレ書評(レビュー)

【新刊情報】『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』コミック1巻が2013年1月23日に発売予定!!

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』第3弾の内容判明!!コミカライズ作品は『山高帽のイカロス』(講談社刊『御手洗潔のダンス』収録)に!!

コミカライズされた『山高帽のイカロス』収録「御手洗潔のダンス (講談社文庫)」です!!
御手洗潔のダンス (講談社文庫)





2013年1月23日発売「ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1) (モーニングKC)」です!!
ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1) (モーニングKC)





『傘を折る女』収録「UFO大通り (講談社文庫)」です!!
UFO大通り (講談社文庫)





『糸ノコとジグザグ』を収録した「毒を売る女 (光文社文庫)」です!!
毒を売る女 (光文社文庫)





「マイ・ベスト・ミステリー〈3〉 (文春文庫)」です!!
マイ・ベスト・ミステリー〈3〉 (文春文庫)





「島田荘司 very best 10 Reader's Selection/Author's Selection (講談社BOX)」です!!
島田荘司 very best 10 Reader's Selection/Author's Selection (講談社BOX)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。