2013年02月13日

「相棒season11(eleven)」第15話「同窓会」(2月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「相棒season11(eleven)」第15話「同窓会」(2月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

日本で100番目に早い(たぶん)、「相棒season11(eleven)」第15話「同窓会」(2月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)。

<ネタバレあらすじ>

夜、仕事帰りの右京(水谷豊)と甲斐(成宮寛貴)。
裏DVDの摘発に協力していたらしい。
「これじゃ、“特命係”じゃなく“何でも係”だ……」とぼやく甲斐を宥める右京。

「吉村君ではありませんか?」
そんな右京に一人の老人が声をかけて来た。
老人の後ろには壮年の男女が数人並んでいる。

岩田(近藤正臣)というその老人は元教師。
40年前に廃校になった中学の写真部の同窓会に行く途中らしい。
同行する男女は元部員。

その1人・佳奈子(川俣しのぶ)によると、この日欠席の吉村(野添義弘)と右京を間違えているようだ。
興味をそそられた右京は、吉村の古い写真を見せて貰うが到底似ても似つかない。
しかし、成り行きから右京は吉村になりすまして同窓会に出席することに。

同窓会の幹事は、元部員で弁護士の仲川しげる(志垣太郎)。
仲川は会場となった料亭の常連らしい。

それぞれが旧交を温める中、岩田は写真部の写真集を取り出す。
人物写真が並ぶ中、「姫小百合」の写真に注目する右京。
なんでも、岩田の雅号も「姫小百合」だそうだ。

「先生、先日の話を……」
「吉村君の仕事は何でしたっけ」
元部員の1人・辻が何事か切り出そうとするが、岩田は露骨に話を逸らす。

そのまま部員たちから岩田へプレゼントが。
喜ぶ岩田。
ところが、右京が回りを見ると一つ袋が余っている。
仲川によると、仲居が「玄関に置いてあった」と持ってきてくれたとか。
どうやら欠席の吉村がプレゼントだけ置いて帰ったようだ。
この場の右京は吉村役である。
右京は吉村に代わり、プレゼントを渡そうとする……が。

中身は……爆弾であった!!
時ならぬ大騒ぎに料亭は大混乱。
その最中、辻が持病の心臓発作で倒れてしまう。
そのまま入院することに。

結局、伊丹たちも乗り出すが、爆弾自体は簡単な物だった為に被害らしい被害は出ずに解決した。

爆弾を部屋に運んだ仲居・みちよによれば、先輩仲居に「幹事さんに届けるよう」伝えられたそうだ。
当の先輩仲居も「てっきりプレゼントだと思い込み、それと知らずに頼んだ」と証言する。

同窓会の発案者は仲川。
プレゼントについては佳奈子の発案だそうだが……。

欠席した吉村に疑いが集中する中、40年前の撮影旅行の際、写真部の副顧問をしていた女性教師・間宮敏子が事故死していた事実が判明。

当時、岩田と女性部員は海へ。
間宮と仲川、辻ら男性部員は山へ。
それぞれ撮影に出かけた。
其処で、間宮が事故死したのだ。

さらに、辻の所持品から「在りし君、思いて山を見上げれば 露遥かなる夏ぞ忘れぬ……姫小百合」という短歌を掲載した新聞記事の切り抜きが見つかる。

伊丹たちは吉村のもとへ。
吉村は失業中、同窓会に行くのが気恥ずかしく仕事を理由に欠席したらしい。
屋内を捜索する伊丹たちだが、爆弾に繋がるモノは出ない。
しかし、伊丹は吉村が何かを隠していると感じる。

岩田を訪ねる右京と甲斐。
その日の岩田は「終活」として、家内の片づけを行っていた。
此処で右京と甲斐は正体を明かす。
さらに「在りし君、思いて山を見上げれば 露遥かなる夏ぞ忘れぬ」例の新聞記事の短歌の作者について問い質す。
この短歌の作者が岩田で、間宮の死を歌ったものではないかと揺さぶったのだ。
ところが、岩田に特に反応は無い。

短歌が新聞に載ったのが2月3日。
同窓会の通知が届いたのが2月5日。
何か因縁めいたものを感じるが……。

同窓会の発案者・仲川は選挙に出馬しようとしていた。
40年前の間宮の事故についても知らぬ存ぜぬを押し通す仲川。

甲斐が間宮の事故死について資料を手に入れた。
間宮は甲斐もが認める美人教師。
「生徒ならば憧れちゃうでしょうね……」と洩らすほどであった。
これを聞いた右京は何かに納得する。

再度、仲川を訪ねる右京たち。
間宮の死体発見現場と登山ルートがかけ離れていることから、何かがあったと主張。
遂に事実を引き出す。

40年前、間宮に憧れていた仲川たち。
ところが、間宮と岩田が交際していることを知り悪戯を思いついた。
仲川が途中で消えたと嘘を吐き、間宮に心配させようとしたのだ。
ところが、間宮は危険地域に入り、転落死してしまう……。

悪戯のつもりが思わぬ結果になった仲川たちはこれを隠すことにした。

しかし、2週間ほど前、辻が岩田に謝罪していたらしい。
例の短歌を目にした辻が良心の呵責に耐え切れなくなったのだ。
仲川たちは真相を知った岩田が復讐の為に爆弾を用意したと考えていた。

再度、岩田宅を訪ねた右京たち。
爆弾についてはぐらかし続ける岩田は「今年も咲いてくれないかな……芍薬」と呟く。
そんな岩田に依頼されスコップを取りに納屋へ向かう右京と甲斐。
甲斐は其処で化学肥料を発見。
さらに、爆弾に使用された物とこれが合致する。

甲斐は「岩田が自爆覚悟で爆弾を作成した」と考える。
右京は逆に「岩田が生徒の中に犯人が居ると考えており、庇っている」と結論付ける。

2月4日に吉村と辻が言い争いしていたことが判明。
吉村によれば、辻から40年前の事実を聞かされ仲川を庇ったところ、批判されたらしい。
吉村が岩田の家に半年前から月に1、2度出入りしていたことを確認する右京。
さらに、辻と仲川が揉めていた事実を岩田が知っていたことも聞き出す。

伊丹たちは次の容疑者として仲川を追う。
仲川がこのタイミングで同窓会を開いたことに疑問を抱いたのだ。
だが、仲川は同窓会を開くよう助言されたので開いただけだと繰り返す。

翌朝、岩田の自宅に右京と甲斐の姿があった。
吉村の証言から、岩田と最近の吉村に面識があったことを指摘する右京。
其処から、岩田が吉村ではないと知りつつ、右京を誘ったと断定。
つまり、岩田は辻による間宮の死についての告白を阻止しようとしていたのだ。
一体、何故なのか?
だが、岩田は体調不良を理由にのらりくらりと躱してしまう。

その帰路、岩田宅にあった同窓会の通知に注目する右京。

次に右京たちが現れたのは浦和区に住む料亭の仲居のもとであった。
あの爆弾を届けたみちよの先輩仲居である。
右京たちは彼女こそが爆弾犯人であると告発する。

ヒントは同窓会の通知にあった。
仲川は港区に住んでいた。
ところが、案内はがきの消印は浦和になっていたのだ。

仲居と仲川は不倫関係にあった。
仲川に同窓会を開くよう助言した人物も、この仲居であった。

「其処まで言うなら、確認してみればいいじゃないですか!!」
あくまで否定する仲居は逆上。
これに素直に応じた右京は仲居の部屋から仲川へ電話を架ける。
……と、仲居の顔がみるみる曇って行く。

そして、屋内から携帯電話の着信音が。
まさか……右京と甲斐は顔を見合わせると音の発生源である隣の部屋へ。
なんと其処には、仲川が気絶していた。

「もう少しで殺せたのに……」
囁くように呟く仲居の顔は鬼気迫るモノが……。

仲居が取り調べを受けている。
仲川と仲居は5年来の不倫関係にあった。
ところが、一向に仲川は結婚してくれない。
それどころか、妻との間に子供まで設けてしまった。
逆上した仲居は仲川を殺害しようと思い立った。
こうして、周囲の迷惑顧みず爆弾事件を実行に移したのだ。
ちなみに、海外で起こった同窓会爆破事件を参考にしていたそうだ。

「浦和の消印」1つで仲居に辿り着いたことに疑問を抱いていた甲斐。
そんな甲斐に右京は他の根拠を述べる。
注目すべきは「みちよちゃん」の証言にあった。
彼女は先輩仲居からプレゼントを「幹事さんへ」届けるよう頼まれた。
だが、仲川は常連である。
通常ならば「幹事の仲川さんに持って行く」よう頼む筈であった。
不倫関係を隠そうとしたことが裏目に出ていたのだ。

数日後、辻は意識を取り戻した。
右京と甲斐は岩田のもとへ。

岩田の被写体はこれまで人物写真であった。
そんな岩田が唯一撮影していた人以外の被写体が、姫小百合であった。
もしや、間宮が撮影したものではないか。

40年前、岩田と間宮は喧嘩をしていた。
間宮が親の言いつけでお見合いしたことを知った岩田が嫉妬したのだ。
その直後、間宮は事故死してしまう。
岩田は間宮の遺品のカメラから最後に撮影した写真を現像した。
それこそが、あの写真集にあった姫小百合。

岩田が告白した際に渡した花こそが「姫小百合」であった。
間宮は岩田と仲直りする為に想い出の「姫小百合」を撮影しようとし、転落死したのだ。

こうして、岩田は間宮を死へと至らしめたのは自分だと考えるように。
ところが、40年経過し辻から例の悪戯の件を打ち明けられた。
岩田は自分以外にも間宮の死に責任を感じ、苦しんでいる人間が居ることを知った。

「同窓会の席で言おうとしたのに、どうしても言えなかった……」
岩田は自身の知る真相を打ち明けようとして……言い出せなかったのだ。
だからこそ、あの場で間宮について話されようとすることを避けた。
「今からでも遅くは無いですよ」
後悔し続ける岩田を諭す右京であった。

その夜、花の里。
右京、甲斐、幸子が額を突き合わせていた。
話題は今回の事件についてである。

打ち明けられてスッキリする秘密。
打ち明けられてモヤモヤする秘密。
秘密にもイロイロあるらしい。

そして、秘密と言えば……右京のプライベートに興味を持つ甲斐。
そんな甲斐に何処か照れた様子の右京―――15話了。

<感想>

シーズン11(eleven)第15話。
脚本は金井寛さん。
「棋風」に続き、2作目ですね。

老人と爆弾と言った展開から、甲斐版「ミス・グリーンの秘密」なるか……と思いましたが、思ってた路線とだいぶ異なっていましたね。

相棒season8第3話「ミス・グリーンの秘密」ネタバレ感想

テーマとしては「自責の念に囚われた人々の解放」なのかな……と思いますが、どうにも気にかかる点があって、気にかかって気にかかって仕方が無い。

まず、もっとも気にかかったのがコレ。

あれ……間宮先生、仲川を捜しに行ったのではないのですか?
なんで、姫小百合を撮影しているんですか?


少なくとも、このときの間宮先生は仲川に騙されていたことを知らず、その安否を案じて必死に探していた筈。
だからこそ、悲劇性が高まるのに、なんで急に岩田との愛を優先して姫小百合を撮影しているんですか。
もしかして、仲川たちの悪戯を見抜いていて、逆ドッキリを仕掛けようとしていたんですか?
1度、こう思ってしまうと、もうどうにも……。

それと、旅行での監督役の教師が逆のような気が。

普通、男性教師と女性教師が逆では?
男子生徒の監督が男性教師の岩田。
女子生徒の監督が女性教師の間宮。
これでないと何か起こった時に対応できないような……。

でもって、岩田は何故、化学肥料が爆弾に用いられていると分かったのか?

しかも、それが爆弾に使用されたものとドンピシャ同じ。
これは犯人を知らないと説明がつかないような……。

「ストーリー」的に「間宮の件」が、「ロジック」的に「岩田の件」が大きなネック。
ゴメン、他にもイロイロ気になって気になって。
今回に限っては「普通」との評価で。

一方、次回16話にて中山忍さんが遂に登場!!期待!!

それと、スピンオフにて主演する田中圭さんも「シーズン11」に参戦。
出演されるのは17話「ビリー」とのこと。

さらにさらに、今年も相棒パンが発売中!!
ファンは要チェック!!

「相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]」です!!
相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]





「相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX I(6枚組)





「相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)」です!!
相棒 season9 DVD-BOX II(5枚組)





「相棒 Season8 DVD-BOX1」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX1





「相棒 Season8 DVD-BOX2」です!!
相棒 Season8 DVD-BOX2





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)





「相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)」です!!
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)





「相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック」です!!
相棒 Season 9 オリジナル・サウンドトラック





◆「相棒」に関連した商品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
とりあえず「ヤンデレは二次元でやってくれ」でしょうか
いえ犯人さんの動機があまりにもアレ過ぎて細かい事が吹っ飛びました爆弾だけに(誰が上手いこといry)
教師の引率は自分も思いましたあれでは「憧れていた敏子をこれ幸いと襲おうとして逃げてる最中に誤って崖から落ちた」と勘ぐられてもおかしくないです
というか途中まで本当にそう思ってましたよ
姫小百合は好意的に解釈すると仲川を捜しに行ってる最中にたまたま見つけて仲直りするためにちょっとだけ撮影しようと思ってたら落ちたと思えるのですがこれで仲川達が救えるかといえば微妙かと
結局崖の方に行くように仕向けた事にはかわりないし
多分喧嘩してなくても敏子は姫小百合見つけたら撮影してそうなんで
関わった人間が誰も悪くないが故の後味の悪さでしょうか
しかし今回は相手を一途に思う両極端な例でしたね「私より大事な同窓会なんて」って聞いた時「怖っ」て本当に思いました。やっぱりリアルヤンデレは怖いです
Posted by 花 at 2013年02月13日 23:16
Re:花さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

>ヤンデレは二次元で〜〜〜

あ〜〜〜先輩仲居さんにピッタリな言葉あると思ってたけど「ヤンデレ」かぁ。
視聴中、気になっていたんですが謎が1つ解けました。

>教師の引率は〜〜〜

管理人もソレ思ってました。
2時間ドラマっぽい展開なのかな、と。
最後までその展開を疑ってたぐらいで。

>関わった人間が誰も悪くないが故〜〜〜

ああ、それもこのモヤモヤの原因なのかもしれません。

>今回は相手を一途に思う両極端〜〜〜

言われて気付きましたが、今回のテーマは「自責の念に囚われた人々の解放」より「そっち」の方が強い気がします。

「岩田と間宮」の関係と「仲川と仲居」の関係を対比させることで「両者の恋愛を際立たせたかった」のかもと思ったり。

ただ、「岩田→間宮」、「仲居→仲川」と想いの向きが「男性→女性」、「女性→男性」と別々なのが不思議に思う点ではあったり。

>ヤンデレは怖い〜〜〜

確かに怖かった……犯人は周囲も巻き込む気満々でしたよね。


次回16話は「スポーツ系」のストーリーっぽいですね。
如何なる結末が待つか……気になる(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年02月15日 00:07
こんばんは
このヤンデレさんが怖いのはこの後だと思うのですが
裁判でまず間違いなく仲川との事を暴露するでしょうしひょっとしたら弁護人を依頼する可能性すら考えられます。もう仲川の人生は終了のお知らせですよね
ある意味で彼女の目的は達成されたのではないでしょうか

次回はスポーツ系ですが予告では監督就任問題とか出てたのでそこが発端で事件が…といったところなんでしょうか
気になります
Posted by 花 at 2013年02月15日 02:45
Re:花さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

>ヤンデレさんが怖いのはこの後〜〜〜

確かに、この後にこそ本領発揮しそう。
もともと、仲川にとっては選挙戦を控えての別れ話だったと思われるので、これはダメージが大きいでしょうね。
彼女をそこまで追い込んだのが仲川自身とは言え、やっぱり怖い……。

>予告では監督就任問題とか〜〜〜

「相棒」なので「そう見せかけて」のパターンかなと考えてたり。
いや、それとも直球か。
やっぱり、気になりますよね〜〜〜注目です(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年02月16日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。