2013年02月07日

「第23回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

「第23回鮎川哲也賞」二次選考結果が発表されました!!

2013年2月1日に2次選考が行われ、下記の5作品が選考を通過したとのこと。

佐原 陸丸「ライトにフーダニット」
吉野  泉「カンタロープ」
そえだ 信「ねずみと巨獣」
輝瀬  咲「それなりの天才」
市川 哲也「名探偵-The Detective-」


二次選考を通過された皆さん、おめでとうございます!!

第23回の応募総数は152作とのこと。
第21回、第22回共に140作だったので12作増ですね。
良い傾向です。

第22回から一次選考と二次選考時点での通過作品数が増えています。
第23回の二次選考となりますが、5作ということで22回と同じ作品数となりました。
一次選考通過作品数が22回よりも1作多かっただけに、去年と比較すると少し厳しくなったかなとの印象。

此処で通過作について挙げてみましょう。
調べてみたところ、候補に挙がっている皆さん共にいずれかの小説賞の一次選考通過経験者。
つまり、実力者揃いとなりますね。

佐原陸丸先生『ライトにフーダニット』。
『台本』にて「第8回ミステリーズ新人賞」一次選考を突破された作者さんの作品。
ライトな印象を受けるタイトル。
最近の受賞傾向から見ると割とライトな筆致の作品が選ばれており、タイトル通りならば有利か。

吉野泉先生『カンタロープ』。
『スプリング・ロコモーティブ』にて「第8回ミステリーズ新人賞」一次選考を突破された作者さんの作品。
タイトル通りだとすると「マスクメロン」。
これがどんな意味なのか、物凄く内容が気になります。

そえだ信先生『ねずみと巨獣』。
おそらく「第24回富士見ファンタジア大賞」一次選考を通過された方だと思われます。
なるほど、タイトルからはファンタジックな印象を受けます。
短編だとファンタジック路線が強いが長編は難しい筈、それだけに二次を通過した本作の力は侮れない。

輝瀬咲先生『それなりの天才』。
一次の時点でも取り上げた「第8回ミステリーズ!新人賞」、「第22回鮎川哲也賞」で共に候補に残った『遺書屋ミメーシス』の作者さんの作品。
かなりの実力派と見受けられます。

市川哲也先生『名探偵-The Detective-』。
『たったひとつの救い』にて、「第22回鮎川哲也賞」の一次選考を突破された作者さんの作品。
本格の風格漂うこのタイトル。
ロジック重視ならば、本賞にはうってつけの作品か。
これも侮れない。

どれも、なかなかに気になる作品ばかり。
そして、いずれも二次選考を突破した猛者たちに違いありません。
この中のどの作品に受賞作の栄冠が輝くのか。
最終選考は2013年4月上旬!!

ちなみに第22回は次のような推移でした。

◆「第22回鮎川哲也賞」選考推移
第22回の応募総数は140作(これは第21回と同じ)。
2011年12月26日に1次選考が行われる。通過作は17作(例年に比べ3倍)。
2012年1月31日に2次選考が行われる。通過作は5作(例年に比べ1作増)。
2012年4月2日に最終選考が行われる。受賞作決定。

◆「鮎川哲也賞」関連過去記事
【第22回鮎川哲也賞受賞作ネタバレ書評(レビュー)】
『体育館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第21回鮎川哲也賞受賞作ネタバレ書評(レビュー)】
『眼鏡屋は消えた』(山田彩人著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第20回鮎川哲也賞受賞作ネタバレ書評(レビュー)】
「ボディ・メッセージ」(安萬純一著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「太陽が死んだ夜」(月原渉著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【第23回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第23回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

【第22回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第22回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

「第22回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

「第22回鮎川哲也賞」決定!!栄冠は青崎有吾先生『体育館の殺人』に!!

【第21回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第21回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

「第21回鮎川哲也賞」二次選考結果発表!!

「第21回鮎川哲也賞」遂に決定!!果たして栄冠は!?

【第20回「鮎川哲也賞」選考状況記事】
「第20回鮎川哲也賞」一次選考結果発表!!

第20回鮎川哲也賞2次選考結果発表!!

第20回鮎川哲也賞発表&第7回ミステリーズ!新人賞締切!!

2012年10月15日発売「体育館の殺人」です!!
体育館の殺人





第21回受賞作『眼鏡屋は消えた』です!!
眼鏡屋は消えた





第20回受賞作「ボディ・メッセージ」です!!
ボディ・メッセージ





同じく「太陽が死んだ夜」です!!
太陽が死んだ夜





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。