2013年02月28日

【いよいよ佳境】「薔薇十字館殺人事件」第8話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【いよいよ佳境】「薔薇十字館殺人事件」第8話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

金田一少年は既に犯人の見当をつけた様子。
次回には「謎はすべて解けた」が出そうか。
つまり、問題編も佳境というワケで今回も犯人推理に挑戦しています。
興味のある方は感想へどうぞ!!


【「薔薇十字館殺人事件」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

高遠遥一:ご存知「地獄の傀儡師」。今回に限っては犯人ではない。

白樹紅音:不動高校の教師、呪われし高校伝説に一役買いそうな予感。
佐久羅京:写真家。
祭沢一心:社長。第3の被害者に……。
冬野八重姫:フラワー・アーティスト。
月読ジゼル:歌人。
小金井睦:薔薇園経営者。第2の被害者に……。
禅田みるく:織物師。第4の被害者に……。
皇翔:第1の被害者。バラバラ死体で発見される。
毛利御門:薔薇十字館の執事を名乗る男。

ローゼンクロイツ:高遠に挑戦状を送りつけた怪人物。

<8話あらすじ>

・前回まではこちら。
【犯人を絞り込みました!!】「薔薇十字館殺人事件」第7話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

遊戯室に拘束された高遠。
だが、監獄さえも脱出する高遠に部屋の鍵では用を為さない。
高遠はとりあえず自分に仇なすローゼンクロイツを抹殺しようとするが……。

其処へ金田一が訪れる。
金田一は自身が目星をつけたローゼンクロイツらしき人物の名前を明かす。
奇しくも高遠も同じ人物に行き当たっているらしい。

金田一は「本日朝」と「禅田殺害時」にその人物の言動におかしな点があることから疑っている。
高遠もそれとは別の理由でその人物を疑っているようだ。

このままでは高遠により、ローゼンクロイツが殺害されかねない。
それを阻止したい金田一は高遠より先に犯人を捕まえると意気込む。

その為にも、ローゼンクロイツに招待されたメンバーのミッシングリンクを見つけたい。
金田一は奇想天外な策を採用することに。

急遽鳴り響く火災報知器……そして煙。
これを見た招待客たちはそれぞれに反応を示して狼狽する。

「あの子を助けなければ」と白樹。
「お母さ〜〜〜ん」とジゼル。
「おれが悪かった、許してくれ」と佐久羅。
「だから言ったのよ!!」と冬野。
「エレベーターを使わずに階段で逃げて下さい」と毛利。

思い思いに叫び声を上げ、混乱する彼ら。
其処へ金田一が現れる。
その手には焦げて煙を上げるフライパンが。
どうやら、この騒動こそ金田一の仕掛けた策だったようだ。

金田一は火事が招待客たちを繋いでいると主張。
何を隠しているのか明かすよう彼らに詰め寄る。
しかし、彼らは顔を背けるばかり。

肩を落としかける金田一に白樹が声をかける。
彼女だけは金田一に秘密を打ち明ける気になったようだ。

その秘密とは2年前に起こった「ローズグランドホテル火災事件」。
白樹たちは青薔薇のお披露目に招かれホテルに宿泊し、火事の被害に遭ったようだ。
白樹の掌の火傷もその際のモノらしい。
だが、白樹によれば当時の招待客は1000人を超えており、今回のメンバーはその中の1人に過ぎないそうだが……。

さらに、白樹が兄と一緒に写った写真を見ることに。
其処には背中を向けた少年の姿が……。

そのとき、金田一が白樹のキャリーバッグに注目。
バッグには薔薇のタグが架けられていた。
白樹によれば、自身の名前を表す「紅音」という品種の写真らしい。

これを聞いた金田一はもう1つのミッシングリンクが招待客にあることを突き止める。
そして、犯人がそのミッシングリンクから1人だけ外れた存在であることを宣言することに。
犯人は一体誰なのか―――9話に続く。

<感想&推理>

新シリーズ「薔薇十字館殺人事件」第8話です。
20周年記念のラストを飾る作品ということで、今回も力が入りまくりでしたね。
なんといっても雰囲気がいいですね、やっぱり「館モノ」は偉大です!!

そして、高遠の様子がおかしい。
何故か金田一の言葉に感銘を受けている様子に見えるが……。

とりあえず、動機についてはホテルの火事と正式に明かされました。
ここは4話時点で指摘した通りだったので一安心。
祭沢と禅田殺害のトリックについても推理通りだろうとは思う。
だが、問題はココからだ……。

なんとも、意外な展開になりましたね。
犯人の犯したミスが金田一によると2つ、高遠によるとさらに1つ、合計3つあるらしい。
さらに、招待客たちには「あるミッシングリンク」が存在し、其処から外れる人物が「犯人」なのだそうだ。
これが現在のところ「一体、なんのこと?」状態。

まず、「犯人の犯したミス」について。
そんな決定的なミスあったの……分からないなぁ。
再度、チェックしてみたけど同一人物で3つも見当たらないし……。

取り敢えず、ミスっぽいところは次の通り。

・禅田死体発見時に凶器確認前に「銀の矢」発言をしたジゼル。
・祭沢死体発見直後、青薔薇を餌に誘い出されたにも関わらずカメラを忘れていたカメラマンの佐久羅。
・状況証拠になるが、禅田殺害時にジゼルたちが気付いた騒ぎを知らなかった佐久羅。

これぐらいしか思い当たらない。
一応、この観点からは佐久羅が有利か。
……っていうか、毛利には特に矛盾らしいものは無さそうな感じだなぁ。

でもって、「招待客のミッシングリンク」について。
今回で白樹先生の名前が「薔薇の品種」になっていたことから「他の人物ももしや……」と調べたところ……出るわ出るわ、なんと全員にあったよ。
こんなん気付かんかったわ……。
たぶん、これがミッシングリンクなんだろうけど何故か全員分の名前が出てるのですが、仲間外れが居るのか。
こんな感じ。

白樹紅音:Kベニネ
佐久羅京:Kサクラ、京(ミヤコ)
祭沢一心:一心
冬野八重姫:八重姫
月読ジゼル:ジゼル
小金井睦:睦
禅田みるく:ミルク
皇翔:皇翔
毛利御門:帝(ミカド)

途中まで姓と名で分けるパターンかとも思ったが、皇翔がいるからなぁ。
かなり強引に解釈すれば、読み方が「ミヤコ」ではない「佐久羅京」か。
だが、苗字の「サクラ」があるんだよなぁ……。
あるいは読みは同じだが「御門」ではなく「帝」表記の毛利か。
う〜〜〜ん……。

ちなみに、薔薇の品種で検索したところ「金田一少年の推理を行われているブログ」さんを検索候補に発見。
履歴によれば、4話時点でこのミッシングリンクに気付かれていた様子。
凄いなぁ……脱帽です。

【でもって、犯人は誰なのよ】

現状のところだと、毛利を強く推す理由が無くなっちゃったんだよなぁ。
これで「ボイラー室から階段が囮部屋へ」説は一歩も二歩も後退。

そこで、同じく7話にて強力プッシュしていた佐久羅を推す。
トリックは7話感想で記載した通り。

基本は毛利と同じ「1階と地階で十字が90度時計回りにずれているよ」説。
でもって、「金田一たちが目撃した開かずの間」は「1階南端の部屋(これを仮に「イ」の部屋とする)」。
だが、「禅田の死体が発見された部屋」が「1階の南端の部屋ではなく、地下を経由することで方向性を狂わせ別に用意された偽物である(これを仮に「ロ」の部屋とする)」。
なお、ローゼンクロイツは館の鍵を所持しているものとする。

だとすると、禅田殺害のトリックはこうなる。
隙を見て禅田を拘束した佐久羅は「ロ」の部屋でこれを殺害。
その後、先回りし薔薇のアーチを抜けて外から鍵を使い「イ」の部屋に待機。
手紙によりやって来た金田一たちの前で、芝居を開始。
悲鳴は、6話にて美雪が「白樹先生のものでは」と口にしており、事前に皇の死体発見時の白樹の悲鳴を録音した物を利用した?
慌てた金田一は薔薇のアーチを戻り館内から地下を目指す。
この隙に外側の扉から脱出すると、同じく薔薇のアーチを抜けて館内へ戻り、素知らぬふりで部屋の前に居たと主張するだけ。

でもこれ、ジゼルでも冬野でも可能(指定時間のズレによる)なんだよなぁ。
さらに、折角の館物の醍醐味が……。
では、他の3件の犯行からは絞り込めるかと言うと……。

祭沢が以前の推理通り床の回転トリックだとして、誰でも実行可能。
小金井の毒殺も同様。
皇翔なんて絞り込める筈もない。

結局、トリックからのアプローチはほぼ不可能に近い。
誰もが恣意的に犯行可能な状態。

こうなると、金田一たちの語る「犯人のミス」と「ミッシングリンク外」しか絞り込む要素が無い。
これも割と曲者なんだよなぁ……。

とはいえ、現状は佐久羅優位と判断。
8話時点では佐久羅を犯人としておきます。

【じゃあ、佐久羅の動機は?】

これは「火事」しか無いでしょう。
其処で大切な人物を亡くしたと。
佐久羅の「許してくれ」は大切な人物を失ったことを指すのだろうけど……。
6話で登場したあの写真の人物がその人物だと思われる。
ただ、だとすると、佐久羅が呑気に写真撮影したとは思えない。
あの写真は別の誰かの撮影の可能性が高くなる。

で、そうなるともう、あの佐久羅が本物ではない可能性も浮上しちゃって。
そういえば、佐久羅は特に他の招待客と面識が無いようだし。
だったら、ミッシングリンクに沿う偽名を使えばいいじゃんってなっちゃって。
なんだか……。

もういっそのこと、あの写真に写っていた人物こそ佐久羅だったことにしてしまおう。
そう佐久羅は女性だったんだよ。
だから、名前が京(ミヤコ)なんだよ。
ホテル火事でホンモノの佐久羅に見捨てられ火傷を追い、整形し男性になったのさ。
だから、禅田事件の悲鳴も録音ではなく本人の声色だったのさ。
これで謎はすべて解けた……あははははははははははははは。

ヤバい、煮詰まって来た。
流石にコレは無いか……。

【8話感想】

冒頭でも述べたけど、今回も面白かったですね。
ただ、7話まで読んでの感想だけど、本作は「難易度が高い」のではなく「手掛かりとなるべき絶対的な情報量が少ない」ような気がするなぁ。

そもそも館内は十字で見通しがいい筈なので「1階ホール中央の白樹と南に居た佐久羅が互いにアリバイを証言」したり「地下ホール中央の毛利と南に居た高遠が互いにアリバイを証言」出来たりしても不思議ではない(一直線上に居る筈)のに、それをしないし。
「ローゼンクロイツ」に呼び出された以上、周囲を警戒しても不思議ではないと思うが。
全員が揃いも揃って、天井でも眺めていたのだろうか……。
この為に、現状だと結構恣意的に全員のアリバイを崩すことが可能なのが不安要因。

でもって、何より主張したいことが1つ。
持ち物検査をすべきでしょう。

8話は此処まで。
以上を踏まえつつ、9話に期待!!

ちなみに「香港九龍財宝殺人事件」が2013年1月12日土曜日にドラマ放送されました。
ドラマ版について詳しくはこちらをどうぞ!!

ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

さらに「リアル脱出ゲーム」さんとコラボすることも判明。
タイトルは「からくり館からの脱出」とのこと。
さらに「若桜町ミステリーウォーキング 〜消えた金田一少年を追え!!〜」イベントも開催予定。
こちらも注目です!!

超イベント開催判明!!「金田一少年の事件簿×リアル脱出ゲーム『からくり館からの脱出』」とは!?

「金田一少年の事件簿」ファンは鳥取へ向かえ!!「若桜町ミステリーウォーキング 〜消えた金田一少年を追え!!〜」が2012年11月3日、4日開催予定!!

◆「薔薇十字館殺人事件」関連過去記事
「薔薇十字館殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【トリック予想開始】「薔薇十字館殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第1回犯人予想】「薔薇十字館殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第2回犯人予想】「薔薇十字館殺人事件」第4話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【薔薇密室のトリックに挑戦!!】「薔薇十字館殺人事件」第5話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【第4の殺人トリック予想】「薔薇十字館殺人事件」第6話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

【犯人を絞り込みました!!】「薔薇十字館殺人事件」第7話(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「薔薇十字館殺人事件」は2012年12月26日より「週刊少年マガジン」にて連載開始!!

「金田一少年の事件簿」20周年記念最終エピソードのタイトル判明、その名も「薔薇十字館殺人事件」!!遂に「あの人」も登場!?

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。