2013年02月23日

【訂正記事】芦辺拓先生、角川書店版『明智小五郎対金田一耕助』を3月に刊行予定!!その名は『金田一耕助VS明智小五郎』、書き下ろし短編『金田一耕助対明智小五郎』も追加される!!

初めに―――本記事は2013年2月23日22時に公開した「芦辺拓先生『新編 金田一耕助対明智小五郎』(角川書店版)発売延期か!?ただし、書き下ろし追加短編の情報が!!」記事をそのまま訂正したものになります。

お恥ずかしい話ながら記事内容に事実誤認がありまして、ツイッター上で芦辺拓先生ご自身から教えて頂きました。
芦辺先生とご確認頂きました木魚庵さん、ありがとうございます(^O^)/!!

記事の内容については、本記事最下部に訂正前のものをそのまま残しておりますので、既に記事をご覧頂いた方には何処が誤りであったかを確認して頂ければと思います。
主に「書名」と、それに基づき「発売延期」の可能性に言及した点ですね。

思い出すだけでも顔は真っ赤になるし、冷や汗が背中を流れるほど。
管理人としても、これを戒めにしないと……と改めて思った次第。

では、取り急ぎ芦辺先生より教えて頂いた内容を此処に記させて頂きたく思います。
ついては、正確を期す為に芦辺先生のツイートを掲載させて頂きます。
次の通りです。

「『新編 金田一耕助対明智小五郎』の題名が誤りのため、一度近刊予告から消したのでしょう。テレビ放映とは無関係に3月刊の予定で、書き下ろしがつくのは本当。本ミスのあれは、「テレビ化決まってめでたいが、未決事項が多いので言えない」の意でした」とのこと。

これに、確認出来た内容を加えるとつまり―――

・角川書店の刊行予定一覧から『新編 金田一耕助対明智小五郎』が消えたのは題名が誤っていた為と思われること=角川版のタイトルは『新編 金田一耕助対明智小五郎』ではない(正式タイトルは『金田一耕助VS明智小五郎』)。
・『金田一耕助VS明智小五郎』は3月刊行予定であること。
・それには書き下ろし短編『金田一耕助対明智小五郎』がつく。ただし、ドラマの原作は既刊短編の方。
・「本格ミステリ作家クラブ」公式HPのコメントは「テレビ化決まってめでたいが、未決事項が多いので言えない」=「角川版ではなく、ドラマ自体について」だったんですね。

というワケで、角川書店版『明智小五郎対金田一耕助』こと『金田一耕助VS明智小五郎』は3月発売予定!!
「書き下ろし短編の追加も間違いない」とのことで要注目の1冊になりそうです(^O^)/!!
チェックすべし!!

では、此処からは訂正前の記事そのままになります。
つまり、事実誤認の内容が含まれていますのでご注意ください。


本ブログにて追い続けており、公式に制作発表された「KvsA」こと「スペシャルドラマ 金田一耕助VS明智小五郎」。
原作である『明智小五郎対金田一耕助』(東京創元社)については過去にネタバレ書評(レビュー)していますね。

『明智小五郎対金田一耕助』(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

そんな『明智小五郎対金田一耕助』ですが、角川書店より2013年3月23日に発売予定であった『新編 金田一耕助対明智小五郎』が発売延期になった模様。

ここからは各情報に基づいた管理人の推測になりますので、事実かどうかは確認出来ておりません。
それをご了承の上で、お進みください。


この発売延期について、「本格ミステリ作家クラブ」公式HPで芦辺拓先生があるコメントされているのを見つけました。
コメントが掲載されたのは「今月の一言」の2月分。
コメントは次の通り。

「ちょっとした朗報が届き、それに合わせた新刊のために短編を書き下ろしたのですが、知らされた事柄が形になるのがいつかわからないので、その新作もいつご披露できるか不明という、まことに曖昧模糊とした朗報でありました(原文通り)」

おそらく芦辺先生の仰る「朗報」とは著作である『明智小五郎対金田一耕助』のドラマ化。
「それに合わせた新刊」が『新編 金田一耕助対明智小五郎』のことと思われます。
「知らされた事柄が形になるのがいつかわからない」とは「ドラマの放送日が調整中」であることか。
ドラマの放送日に合わせて発売する為に、発売日自体が延期になったものと考えられます。

とすると、当初のドラマ放送日は3月下旬から4月初旬だったのでしょう。
ところが、3月の発売日が延期されたところを見ると、ドラマ自体の放送日もかなりずれ込みそうか。
一部報道筋で、放送日の調整が難航しているとのニュースがありましたが、事実なのかもしれませんね。
これについては「金田一耕助vs明智小五郎」と「放送日」のキーワードで検索されると情報に当たるかと思われます。

ただ、管理人が最も注目したいのはこの記述「新刊のために短編を書き下ろした」。
そうなんです。
『新編 金田一耕助対明智小五郎』には新作書き下ろし短編が収録されているんですよ!!
これこそ、読者にとっての朗報!!
ドラマに合わせての短編とのことで『金田一耕助対明智小五郎』に関連した書き下ろしと思われます。
超期待!!

ドラマと併せて『新編 金田一耕助対明智小五郎』刊行が楽しみです!!

◆『金田一耕助対明智小五郎』関連過去記事
遂に制作発表された「KvsA」!!「金田一耕助VS明智小五郎」そのストーリーとは!?

【至急報】謎の推理ドラマ情報が!!果たして「KvsA」とは!?

「KvsA」の正体判明!!土曜プレミアムSPドラマ「金田一耕助vs明智小五郎」だった!!

◆関連過去記事
【森江春策シリーズ関連】
・森江春策シリーズ第1作にして初々しい学生・森江青年が初登場する作品はこちら。
「殺人喜劇の13人」」(芦辺拓著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「綺想宮殺人事件」(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・土曜ワイド劇場版「森江春策」シリーズ第1作となった「弁護士・森江春策の裁判員法廷 殺人レシピのさしすせそ」のネタバレ批評(レビュー)も含んでます。
「裁判員法廷」(芦辺拓著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・「探偵Xからの挑戦状!」にあなたも挑戦!?「森江春策の災難」ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)

『明智小五郎対金田一耕助』(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『金田一耕助VS明智小五郎』(芦辺拓著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ版】
土曜ワイド劇場「弁護士森江春策の事件 殺人同窓会・すり替った友人の死体〜君は一体誰!!密閉空間の移動トリックで法廷が踊る!?」(8月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「弁護士・森江春策の事件 透明人間の完全犯罪!!偽装結婚で殺された病院長!?死のカプセルが相続人を狙う」(10月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)」です!!
明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)





「ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)」です!!
ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)





「真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫)」です!!
真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック