2013年02月25日

桜庭一樹先生『私の男』(文芸春秋社刊)が映画化!!

桜庭一樹先生『私の男』(文芸春秋社刊)が映画化されることが明らかになりました。

映画化される『私の男』とは―――

<あらすじ>

落ちぶれた貴族のように、惨めでどこか優雅な男・淳悟は、腐野花の養父。孤児となった10歳の花を、若い淳悟が引き取り、親子となった。そして、物語は、アルバムを逆から捲るように、花の結婚から2人の過去へと遡る。内なる空虚を抱え、愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く第138回直木賞受賞作。解説・北上次郎
(文芸春秋社公式HPより)


この作品の映画化です。
キャストなどは未だ明らかにはされていません。
公開は2014年とのこと、要注目!!

映画化が発表された「私の男 (文春文庫)」です!!
私の男 (文春文庫)





こちらはキンドル版「私の男 (文春文庫)」です!!
私の男 (文春文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック