2013年03月14日

水曜ミステリー9「湯けむりドクター・華岡万里子の温泉事件簿7 赤い殺意〜奥信濃・1億円禁断の果実連続殺人!予期せぬ殺人トリックと主婦達の哀しい夢(禁断の果実を抱く女“見えない凶器”連続変死事件!1億円の木が狂わせた主婦の夢)」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「湯けむりドクター・華岡万里子の温泉事件簿7 赤い殺意〜奥信濃・1億円禁断の果実連続殺人!予期せぬ殺人トリックと主婦達の哀しい夢(禁断の果実を抱く女“見えない凶器”連続変死事件!1億円の木が狂わせた主婦の夢)」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

信州奥信濃にある温泉地の渓谷で、男性の遺体が発見された。現場は常に高濃度の硫化水素が溜まっていて、うかつに立ち入ると即死の可能性がある危険な場所。そのため当初は、男性が誤って渓谷に転落し、硫化水素中毒で亡くなったと考えられたが、検死を担当した地元診療所の医師・華岡万里子(かたせ梨乃)は、遺体の状態から、男性はどこか別の場所で殺害された後、死因を偽装するためにここに運ばれたと推測する。
やがて、遺留品のバッグに入っていた名刺から、殺害されたのはフードプロデューサーの霞沢精二(川野太郎)であることが判明する。霞沢は、農家と協力して高級フルーツを生み出す「ブランドフルーツのカリスマ」として、最近マスコミにもよく取り上げられている話題の人物。遺留品のバッグからは、色もまだらで艶もないリンゴが一つだけ入っているのが発見される。
そのリンゴは村のリンゴ農家・野中武次郎(平泉成)が作った“葉とらずリンゴ”という特殊なリンゴだった。“葉とらずリンゴ”は、最後まで葉をとらずに栽培されるので味が良いが、非常に手間がかかるため、この村で栽培しているのは武次郎だけだという。武次郎は慢性心不全を患っているため、万里子も時々往診に行っており、万里子は事情を聞こうと武次郎の元を訪れる。すると、武次郎は農園で心不全の発作を起こし倒れていた。
その後、万里子の適切な処置で容態が安定した武次郎は、霞沢が畑のリンゴを全部買い取らせて欲しいと話を持ちかけて来たことを打ち明ける。霞沢から「自分ならば武次郎のリンゴを一個五千円で売ることができる」と言われたが、即座に断り、霞沢とはそれっきりだという。その翌日、武次郎の容態を心配して、東京に住む武次郎の息子の嫁・果織(野村真美)が武次郎のもとにやって来た。
一方、診療所で村長の診療にあたっていた万里子は、霞沢が武次郎のリンゴの高級ブランド化をめぐり、村長にまで掛け合っていたことを知る。霞沢は武次郎のリンゴの存在を、“この村に縁のある昔からの知り合い”に聞いたと話していたらしい。いったい誰が霞沢に話を持ちかけたのか?万里子がその謎を追おうとした矢先、今度は武次郎の畑をめぐって第二の事件が発生する。
(水曜ミステリー9公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

フードプロデューサーの霞沢が死体で発見された。
霞沢ともめていた野中武次郎に容疑が向く中、武次郎と同じ林檎農園の経営者である金村源蔵が林檎アレルギーによるアナフィラキシーショックで死亡する。

源蔵の胃からは林檎の成分が検出されるが、彼のマグボトルからは同様の成分は検出されなかった。
源蔵は何処から林檎を摂取したのか。

一方、源蔵の妻・金村美里は過去に沢口謙吉と夫婦だったが、ある事情で離婚し息子・勇樹を連れ源蔵と再婚していた……。

万里子は沢口謙吉と霞沢にある因縁があることを突き止める。
謙吉は霞沢に唆され、幻と呼ばれた林檎生産に手を出した。
ところが、これが失敗。
霞沢は責任をとらず逃げ出し、謙吉は林檎農園を失った。
美里は勇樹に農園を与える為に、謙吉と離婚し源蔵と再婚していたのだ。

矢先、謙吉と美里が姿を消す。
万里子たちは2人を追い、遂に崖で追いつく。

霞沢と源蔵を殺害したのは美里であった。
美里は未だに謙吉を愛しており、謙吉から農園を奪った霞沢を恨んでいた。
そこで、これを殺害したのだ。
ところが、この事実を源蔵に突き止められた。
源蔵は美里が財産目当てであることを知りつつ再婚したが、最近は別れたがっていた。
そこで、霞沢殺害を理由に離婚を切り出したのだ。
もちろん、勇樹に後を継がせる気もない。

これに逆上した美里は、怒りのままに林檎をすると源蔵愛用のマグボトルに仕込んだ。
こうして、源蔵も死亡したのだ。

現場にあったマグボトルから林檎が検出されなかったのは、源蔵死後に勇樹がすり替えた為であった。

美里は逮捕され、事件は解決した―――エンド。

<感想>

「湯けむりドクター・華岡万里子の事件簿」シリーズ第7弾。
原作はなし、オリジナルです。
前作は2012年7月4日の放送なので、ほぼ8ヶ月ぶりの新作となりました。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)がありますね。
興味のある方は感想の後にある過去記事をどうぞ!!

さて、そんなドラマ版の感想を!!

源蔵を殺害すべく、逆上した美里が怒りを堪えつつ林檎をするシーンが凄かった。
「逆上して置物で撲殺」とか「逆上して揉み合う内に」とかはありますが「逆上して林檎をする」と言うのは珍しい。
見方によってはシュールとすら取られかねないシーンでしたが、それだけに美里の殺意の強さが伝わって来ましたね。
此の点が、印象に残りました。

それにしても、タイトルこそ「湯けむりドクター」なんだけど、もう「湯けむり」関係ないよなぁ……。
今は「人情ドクター」だと思うんだけどなぁ……。

◆関連過去記事
・シリーズ6作目。
水曜ミステリー9「湯けむりドクター・華岡万里子の事件簿 姨捨山伝説殺人事件・信濃の秘湯で泣く母子 時を狂わす殺人トリック!老舗酒蔵の秘密(おばすて伝説殺人事件〜老母が捨てられる!?信濃の秘湯に渦巻く黒い血脈銘酒が暴くトリック)」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・シリーズ5作目。
水曜ミステリー9「“湯けむりドクター・華岡万里子の事件簿”龍神伝説殺人事件〜信濃の秘湯で誓った愛 祭の夜の悲劇!形見の指輪が死の謎を解く(信州・龍神伝説殺人事件〜呪われたダム計画…犯行は祭りの夜に17年前の出生の真実)」(12月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

華岡万里子:かたせ梨乃
青田富士子:三林京子
野中武次郎:平泉成
野中果織:野村真美
犬丸剛:渡辺哲
金村源蔵:螢雪次朗
霞沢精二:川野太郎
沢口謙吉:小林隆
金村美里:鳥居かほり
野中求:井田國彦
志村仙吉:石井愃一
栗田丸男:三波豊和
蟹江秀一:草野康太
華岡芽衣:尾崎千瑛 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより転載)


テレビ東京で“湯けむり”と言えばコレでしょう。
「湯けむりスナイパーDVD-BOX(5枚組)」です!!
湯けむりスナイパーDVD-BOX(5枚組)





【関連する記事】
この記事へのコメント

御無沙汰しています。感想書く時間が出来たので、感想を書きます。

 (感想)
 1、全体として、良かった気がします。管理人さん、ご指摘のラストのリンゴをするシーンですが、犯人の怨念というか、何言うか…。2ドラで、犯人がリンゴをおぞましい顔で、すっているシーンなんて見たことないですからね。新鮮でしたし、犯人の憎悪を表現するには、インパクトが十分にあって、良かったですね!

 2、華岡先生の竹刀を振っているシーン、無かったですね。このシリーズのラストでは、犯人とやりあう(?)時に、必ず登場していた竹刀。無いと無いで違和感がありますが、今回のラストを考えたら、不必要でしょうね。

 3、「湯けむりドクター」の件ですが、私も同意です。華岡先生が、色んな温泉地を巡り、そこで事件を解決するならば(毎回場所が変わると言えば、温泉マル秘大作戦・近松茂道のシリーズですが)、「湯けむり」は成立ですが、そうではないですからね。先生の娘の為に、あの街に来たわけで…。それを考えたら、「湯けむり」である必要性はないですよね。

 最後に、今日テレ東の番組を見ていたら、水曜ミステリー9が、今年400(500だったかな?)回目の放送が、5月に来るそうですが、その記念の回が、「近松茂道13」になるみたいですよ!
Posted by J-PETER at 2013年03月15日 22:20
Re:J-PETERさん

お久しぶりです!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

1.林檎のシーン凄かったですよね。
静かな情念というか、憎しみの深さが表現されていました。

2.あっ、何かが足りないと思っていましたがそれだ。
確かに今回の内容的に難しいですが、お約束は欲しかったかも。

3.やっぱり「湯けむり」だと、タイトルに違和感がありますね。
「人情ドクター」でもイイと思うけどなぁ。

記念放送回「近松茂道シリーズ」なんですね。
やっぱり「水曜ミステリー9」で思い浮かぶ名物シリーズはコレか「清村」、そして同じ近松繋がりで「たたき上げ刑事・近松丙吉」ですね。
それだけに期待は大きい!!
5月を楽しみに待つことにします(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年03月15日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。