2013年03月07日

我孫子武丸先生が新作ゲームに携わるとのこと、その名も『宇宙船ダムレイ号』!!

映画版『監禁探偵』が2013年6月1日に公開を控える我孫子武丸先生。

「監禁探偵」(我孫子武丸原作、西崎泰正画)まとめ

『狙われた病室(監禁探偵2)』(我孫子武丸原作、西崎泰正画、実業之日本社刊『漫画サンデー』連載)まとめ

ゲームでは『かまいたちの夜』のシナリオでも知られる我孫子先生ですが、新作ゲームに携わられることが判明しました。

そのゲームの名は『宇宙船ダムレイ号』!!
気になる内容ですが、こんな感じのようです。

「操作説明が存在せず、すべてのプレイヤーが“イノセント(無知)”の状態で始まるアドベンチャーゲーム。記憶喪失の状態のプレイヤーは、ここはどこなのか、何が起きているのか、そして自分は何者なのかを、手探りで調査することになる」(公式HPより)

ゲーム画面を確認した限りでは、キーボードとそれに対応した文字列のようなものが並んでいますね。
入力することでストーリーが進むのかな?

制作は「レベルファイブ」。
プラットフォームは「ニンテンドー3DS」。
値段は800円。
2013年3月27日配信予定とのこと。

要注目!!

◆関連過去記事
【狼と兎のゲーム】
「狼と兎のゲーム(第1回)」(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)

「狼と兎のゲーム(第2回)」(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)

『狼と兎のゲーム(第3回)』(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)

『狼と兎のゲーム(第4回)』(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)

『狼と兎のゲーム(第5回)』(我孫子武丸著、講談社メフィスト連載)ネタバレ書評(レビュー)

【速水三兄妹シリーズ】
「8の殺人」(講談社)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
『夏に消えた少女』(我孫子武丸著、新潮社『Mystery Seller(ミステリーセラー)』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『里親面接』(我孫子武丸著、光文社刊『小説宝石』2012年10月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「監禁探偵」(我孫子武丸原作、西崎泰正画)まとめ

『狙われた病室(監禁探偵2)』(我孫子武丸原作、西崎泰正画、実業之日本社刊『漫画サンデー』連載)まとめ

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」(11月18日)本放送ネタバレ批評(レビュー)

探偵Xからの挑戦状!「記憶のアリバイ」解決篇(11月25日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」5話「亡霊ハムレット」推理にチャレンジ&発売からほぼ一週間が経過して……
(我孫子先生担当の「盗まれたフィギュア」について推理)

「ニンテンドー3DS コバルトブルー」です!!
ニンテンドー3DS コバルトブルー





「監禁探偵2 ~狙われた病室~」です!!
監禁探偵2 ~狙われた病室~





我孫子先生が原作を担当したコミック「監禁探偵 (マンサンコミックス)」です!!
監禁探偵 (マンサンコミックス)





我孫子武丸先生の「殺戮にいたる病 (講談社文庫)」です!!
殺戮にいたる病 (講談社文庫)





同じく「弥勒の掌 (文春文庫)」です!!
弥勒の掌 (文春文庫)





◆我孫子武丸先生のその他の作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。