2013年08月01日

『氷山の一角』(麻耶雄嵩著、角川書店刊『赤に捧げる殺意』収録)

『氷山の一角』(麻耶雄嵩著、角川書店刊『赤に捧げる殺意』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

人気ミステリ作家8名が魅せる名探偵+極上の謎
赤がいろどる謎(ミステリ)の競演

火村英生&アリスコンビにメルカルト鮎、狩野俊介など国内の人気探偵を始め、極上のミステリ作品が集結。いわくつきの洋館で、呪われた密室から見つかった死体のからくりに、東京タワーのてっぺんに突き刺さって死んでいた特撮監督の謎。新本に交ざって売られていた一冊の古本が導く、書店店主の意外な死の真相……。気鋭の作家たちが生み出す緻密かつ精密な論理の迷宮。豪華執筆陣による超絶ミステリ・アンソロジー!
(角川書店公式HPより)


<感想>

論理の限界に挑むメルカトル、その解決法は意外なものでした。
犯人を罠にかけた探偵は古今に数居れど、仲間を罠に嵌めたのは銘探偵たるメルカトルの面目躍如でしょう。
まさに氷山の一角から全体像を眺めることは出来ない。
それゆえの非常にして非情の策でしたね。

精緻な論理も冴え渡っており、ファンは読むべし!!

<ネタバレあらすじ>

有名バンドである「フォークルセイダーズ」、そのマネージャーが何者かに殺害された。
マネージャーは死の間際に「十」の字を4つ、ダイイングメッセージとして残すが……。

この事件の調査に乗り出したメルカトル。
ところが、この日のメルカトルは一味違った。

なんと、普段から彼に不満を抱く美袋に対しある提案を行ったのだ。
不満解消の為に立場を交代しようと持ちかけたのである。
つまり、美袋がメルカトルを演じ、メルカトルが美袋を演じようとのお遊びである。
美袋はメルカトルの能力に懐疑的であり、これを大喜び。

成功すればメルカトルに対し優位に立てる。
また、仮に失敗したとしてもメルカトルの評判が傷付くだけで美袋には痛みは無い。
どちらに転んでも、美袋にはメリットしかない……そう考えたのだ。

こうして、メルカトルを名乗った美袋は普段の彼の捜査手法を真似ようとする。
だが、付け焼刃が上手く行く筈がない。
行き詰る美袋に、メルカトルはさりげなく誘導を与え続けて行く。

自動販売機の下を覗き込んだ美袋は、其処でキーホルダーを入手する。
次いで、容疑者と思われる「フォークルセイダーズ」メンバーに対しての尋問である。
メンバーの1人・赤枝志津香は高圧的な美袋扮するメルカトルの質問に激しく敵愾心を抱く。

それから数十分後、自室で推理に頭を悩ませていた美袋は何者かの襲撃を受け昏倒してしまう。
そのまま入院することに。

幸い怪我も軽かった美袋だが……。
其処へメルカトルが犯人を逮捕したことを告げにやって来る。

犯人は「フォークルセイダーズ」のメンバー・赤枝志津香であった。
此処で初めて美袋は自身がメルカトルに嵌められていたことに気付く。
美袋とメルカトルが入替ったのは、犯人を炙り出す為の罠を張る際に危険を察したメルカトルが美袋に影武者を勤めさせる為だったのだ。

4つの「十」の字のダイイングメッセージ。
通常ならば「十」が4つで「フォークルセイダーズ」を指し示していると考える。
だが、メルカトルは名前に「十」が複数紛れ込んでいる「赤枝志津香」を疑っていた。
とはいえ、確たる証拠はない。
そもそも、ダイイングメッセージは恣意性が強く、解読者により如何様にでも都合がつけられてしまう。
それは「氷山の一角」に過ぎず、全体像はどうとでも判断できるのだ。

其処で、メルカトルは動かぬ証拠を押さえようと考えた。
すなわち、次なる犯行の現場である。

メルカトルは自販機近くから被害者のバイクのキーを見つけたように偽装することで、志津香のアリバイ工作が崩れかねないとの印象を相手に与えた。
不安がる志津香に美袋を通じて圧力をかけた。
志津香は疑心暗鬼に陥り、自身を追いこむ名探偵を殺害しようと企てた。
こうして美袋を襲撃し昏倒させるには成功したが、その現場をメルカトルに捕まったのだ。

メルカトルはこの展開をすべて見越した上で、美袋を囮にしたのだ。
美袋はこれに憤慨するが、メルカトルが相手ではどうしようもないのであった―――エンド。

◆関連過去記事

【メルカトル鮎シリーズ】
「メルカトルかく語りき」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.1」より「メルカトルかく語りき 第二篇 九州旅行」(講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「メフィスト 2010 VOL.3」より「メルカトルかく語りき 最終篇 収束」(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『メルカトル鮎 悪人狩り「第1話 囁くもの(メフィスト2011 vol.3掲載)」』(麻耶雄嵩著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【木更津シリーズ】
『弦楽器、打楽器とチェレスタのための殺人』第1話(麻耶雄嵩著、光文社刊『小説宝石』2012年10月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『弦楽器、打楽器とチェレスタのための殺人』第2話(麻耶雄嵩著、光文社刊『小説宝石』2013年1月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『弦楽器、打楽器とチェレスタのための殺人』第3話(麻耶雄嵩著、光文社刊『小説宝石』2013年4月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【おじさんシリーズ】
『失くした御守』(麻耶雄嵩著、新潮社『Mystery Seller(ミステリーセラー)』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『転校性と放火魔』(麻耶雄嵩著、新潮社『小説新潮 2012年02月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『最後の海』(麻耶雄嵩著、新潮社刊『小説新潮』2013年02月号掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【その他】
「貴族探偵」(集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「隻眼の少女」(麻耶雄嵩著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

話題の新作「TRICK×LOGIC(トリックロジック)」収録シナリオが明らかに!!

オール讀物増刊「オールスイリ」(文藝春秋社刊)を読んで(米澤穂信「軽い雨」&麻耶雄嵩「少年探偵団と神様」ネタバレ書評)

『氷山の一角』収録「赤に捧げる殺意 (角川文庫)」です!!
赤に捧げる殺意 (角川文庫)





『クール・キャンデー』続編『みたびのサマータイム』収録「青に捧げる悪夢 (角川文庫)」です!!
青に捧げる悪夢 (角川文庫)





『囁くもの』掲載「メフィスト2011 vol.3」です!!
メフィスト2011 vol.3





2011年5月10日発売「メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)」です!!
メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)





コミック版メルカトル鮎はこちら。
「化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)」です!!
化粧した男の冒険-メルカトル鮎の事件簿- (秋田コミックスサスペリア)





メルカトルは出ませんが凄いです!!
「木製の王子 (講談社文庫)」です!!
木製の王子 (講談社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。