2013年06月23日

土曜ワイド劇場「おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査 花笠まつり殺人事件・二つの死体と似顔絵の美女・山形かみのやま温泉〜楽焼絵皿に謎」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査 花笠まつり殺人事件・二つの死体と似顔絵の美女・山形かみのやま温泉〜楽焼絵皿に謎」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。
鴨志田と真実の同居人・姉小路行人(石井正則)が苦節ン年、ついに司法試験に合格した! 真実は行人のために、売れっ子のパーティーコーディネーター・矢野涼子(遊井亮子)に依頼し、盛大な合格祝いの会を開催する。そのパーティーの途中、鴨志田は殺人事件発生の知らせを受けて現場に急行する。奇しくもパーティー会場の近くにある倉庫で、自動車の整備工・江口勇二が刺殺されたのだ。第一発見者は近所に住む造園会社社長・大谷道彦(青山勝)で、現場から逃走する若い男の姿を見たという。

まもなく凶器のナイフに付着していた指紋から容疑者が浮かび上がるが、捜査会議で居眠りをしていた鴨志田は、その名前を聞いてビックリ! 疑われていたのは、鴨志田の旧友・川村雄三(山本圭)の息子で、殺人の前科のある啓太(蟹江一平)だったのだ。実は事件の夜、珍しく「相談がある」と啓太から鴨志田の携帯電話に連絡があったのだが、ちょうどパーティーの最中で周囲がうるさかったため、「またかけ直す」という言葉を最後に会話が途切れてしまったのだった…。
5年前、柔道の心得のある啓太は“飛鳥権現花笠祭り”の会場で不良に絡まれた女性を救った際、殴った相手の命を奪ってしまった。だが、その女性がこつ然と姿を消してしまったため、「女性を助けようとした」という啓太の主張は認められず、判決は執行猶予なしの懲役5年。半年前に出所した後は、涼子が在籍するデリバリーサービス会社で働いていたが、合わせる顔がないからなのか余命いくばくもない雄三を見舞うこともせず、鴨志田も心配していたところだった。
江口と啓太は刑務所内で知り合ったらしく、現場には、啓太のものらしいキーホルダーが落ちていたこともわかった。かつて啓太に柔道を指南したことや、5年前、啓太が助けたという女性を見つけ出すことができなかったことを悔やみ続けていた、鴨志田。容疑者と知り合いという理由で捜査班から外されたものの、独自捜査を開始する。
 
そんな中、なぜか殺された江口が、第一発見者の大谷が所有する高級外車を乗り回していたことが発覚。大谷は被害者との面識はないと言っていたはずだが、どういうことなのか…!? 手がかりを求めて、鴨志田と真実はちょうど開催中だった飛鳥権現花笠祭り会場を訪れるが、そこでなんと啓太の姿を発見! ところが直後、大谷がグラスを手に苦悶し、息絶えてしまう。疑いはまたもや啓太にふりかかり、犯人の逃亡を助けたとして鴨志田は謹慎10日間を命じられてしまうが…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……。

行人が司法試験に合格した。
鴨志田と娘の真実はこれをお祝いすべく、白鳥社長が経営するデリバリーサービス会社にパーティーを依頼する。
パーティーを担当したのはカリスマパーティーコーディネーター・矢野涼子。
涼子から格安のプランを提示された真実は大喜びで任せることに。

パーティー当日、鴨志田のもとへ電話が入る。
電話の相手は、鴨志田の旧友・川村雄三の息子・啓太。
啓太には5年前に不良に絡まれた女性を助ける為に、相手を殺してしまったとの前科があった。
だが、当の助けた女性が名乗り出ず消えてしまった為に殺人の罪を問われていたのだ。
半年前に罪を償い、白鳥社長のもとで働いていた。
だが事件以来、川村と啓太の仲はギクシャクし、川村が病気を患うようになっても顔も合わせていなかったが……。

その直後、パーティー会場付近で殺人事件が発生。
被害者は過去に傷害事件を起こし服役していた江口。
何者かに刺殺されたのだ。
第一発見者である大谷によれば、若い男性が現場から逃げ出したらしい。

その若い男性こそ、啓太だったのだ。
実は江口と啓太は服役先での顔見知りであった。
こうして、啓太に容疑が集中してしまう。

啓太の無実を信じる鴨志田は捜査を開始。
大谷と江口に面識があったことを突き止める。

ところが、当の大谷も何者かに殺害されてしまう。
この現場付近に啓太が居たことから、啓太への容疑はさらに強まることに。

啓太が5年前の事件で助けた女性を追っていたことが判明。
啓太は自身の供述の正当性を証明しようとしていたのである。

この女性を捜した鴨志田と真実は相手が山形県下に暮らす女将であるとの手掛かりから、ルベール蔵王の女将・藤沢亜由子であると突き止める。
そして、意外な事実が判明。
亜由子は5年前の事件直後に、スイスのホテルに4年の修行に出ており、啓太の苦難を知らなかったのである。
だから、名乗り出なかったのだ。
こうして、5年の時を経て啓太の供述が正しかったことが明らかになったのである。

亜由子の存在が確認されたと知った啓太自身も取調に素直に応じるようになり、犯行を否定する。
捜査本部は啓太犯人説を改めることに。

次いで捜査線上に浮かんだのは白鳥社長。
実は江口の傷害事件の被害者こそが、白鳥の義弟・藍澤誠だった。
誠は江口を止めようとして暴力を振るわれており、その際に腰の骨を折ってしまった。
そして、以前のように働けなくなってしまったことで、泣く泣く自営していた店を手放すほどに追い込まれていたのである。
白鳥は江口を恨んでいたのだ。

ところが、白鳥には江口殺害時にアリバイがあった。
広島に出張していたのである。

こうして、またも振り出しに戻ることに。

一方、真実は行人のお祝いに用いたパーティー会場の正規料金が桁違いに高いことを知る。
何故、涼子は格安で用意してくれたのか?
疑問を抱いた真実は、江口殺害現場とパーティー会場が近いことに注目する。

だが、確認に赴いた真実は涼子に捕まって監禁されてしまう。
真実の行方が分からないと知った鴨志田は必死の捜索を開始することに。

その頃、涼子は真実に動機の一端を明かしていた。
実は、涼子、大谷、江口は3年前に埼玉で発生した3億円の信金強盗事件の犯人だったのだ。
この事実を知ったっからには生かしてはおけないと殺されかける真実だが……。

危機一髪、鴨志田が仲間の刑事を連れて到着。
「俺の娘に何をする!!」と一喝するや、涼子を逮捕し真実を助け出すのであった。

逮捕された涼子は取り調べですべてを告白する。

3年前、大谷の愛人であった涼子。
勤め先の信金の情報を大谷に洩らしたことが発端となり、江口を仲間に強盗を計画した。
計画は成功し、3億円は分配された。

涼子は信金を退職し、白鳥の会社に就職。
白鳥のもとで仕事に喜びを覚えるようになった。
そして、独立を楽しみにし始めた。

一方、江口は傷害事件を起こし服役。
大谷は、その隙に江口の取分に手を着けた。

そして、江口が出所して来た。
大谷は自身の使い込みがバレることを怖れ、涼子に江口殺害に協力するよう求めた。
特に協力する必要はない筈だったが、俺がなんとかするからとの大谷の言葉につい頷いてしまったのだそうだ。

啓太をスケープゴートにするよう手配すると、真実を利用し犯行現場付近に会場を借りた。
準備を整えると、大谷と共に江口殺害を実行に移した。
ところが、本来ならば大谷が手を下す筈だったが、江口が手強く涼子が隙を突いて江口を殺害することとなってしまった。

あろうことか大谷はこれを理由に涼子を脅迫するようになったのだ。
結果、涼子は大谷をも殺害することに。

涼子は真の動機についてボツボツと語る。
彼女はパーティーコーディネーターの仕事に生き甲斐を感じていた。
その仕事の邪魔になる障害は何人たりとも許せなかったのだ……。

啓太の無実は証明された。
5年ぶりに亜由子が啓太と再会。
助けて貰ったことに時を経て礼を述べるのであった。
啓太は川村とも和解することに。

行人は司法修習生になったが、配属先が東京だった為にこれまで通りに生活出来るようである。
今日も鴨志田たちと騒がしくも楽しい日々を送っている―――エンド。

<感想>

「おかしな刑事」シリーズ10作目。
本来ならば2013年4月13日の放送でしたが、特別番組により延期となっていました。
ドラマはフィクションの世界のこととは言え、制作に関しては現実の出来事であり、これと無関係に放送することは出来ません。
それを改めて痛感させる出来事でした。
ドラマを楽しめるのも平和があってこそ。
ドラマを楽しむことが出来る世界―――大切ですね。

【噂】2013年4月13日放送予定「土曜ワイド劇場 おかしな刑事」が放送延期との情報が!?

2013年4月13日、土曜ワイド劇場「おかしな刑事」放送延期さる。次回放送予定は2013年5月頃!?

ちなみに、前作が2012年10月13日放送なので約8ヶ月ぶりの新作となります。
シリーズ過去作のネタバレ批評(レビュー)ありますね。
興味のある方は過去記事をどうぞ!!

では、ドラマの感想を。

「ガリレオXX 愚弄ぶ」との並行視聴となりました。

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

とは言え、今回はこちら(「おかしな刑事」)メインで視聴してます。

良かったですね。
シリーズの根幹を揺るがせかねない変更点が幾つかありました。

まず、行人君が司法試験に合格。
シリーズ次回には司法修習生なのかな?

そして、鴨志田と真実の関係が一部に知られていたことも判明。
ちなみに、涼子に対した時に鴨志田が「俺の娘に何をする!!」と叫んでいましたね。
格好良かった!!

啓太周辺の人間関係はミスリード含め些かやり過ぎの感もありますが、それだけ充実した内容だったとも言えそうです。
少なくとも、前回に比べるとかなり内容が濃かったとは思います。
雰囲気それ自体もいつもの「おかしな刑事」で良かった。

シリーズ次回にも期待出来そうです!!

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査 鬼女の絵馬がつなぐ二つの死体!商社連続殺人・創業家一族と、美しきバレリーナの秘密」(10月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査 東京タワーは見ていた!消えた少女の秘密・血痕が描く謎のルート」(12月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「おかしな刑事〜居眠り刑事とエリート警視の父娘捜査 サクラソウは見ていた!死体に付いた花弁と、女流画家の美しい罠」(6月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

鴨志田新一:伊東四朗
岡崎真実:羽田美智子
姉小路行人:石井正則
矢野涼子:遊井亮子
藤沢亜由子:小林綾子
川村雄三:山本 圭
齋藤静子:阿知波悟美
川村啓太:蟹江一平
白鳥 功:中西良太
坂下純次:小倉久寛 ほか
(公式HPより、敬称略)


花笠まつり繋がりで「花笠 [ひも付] 【ハナガサ キッズ 運動会 体育祭 発表会 お祭り ダンスグッズ 踊り 応援グッズ】」です!!
花笠 [ひも付] 【ハナガサ キッズ 運動会 体育祭 発表会 お祭り ダンスグッズ 踊り 応援グッズ】





「美濃焼 絵変り 珍味小皿揃 7-1723」です!!
美濃焼 絵変り 珍味小皿揃 7-1723





【関連する記事】
この記事へのコメント

 こんばんは!放送延期の憂き目を見た、「おかしな刑事」、割と早くに放送されて良かったです。いつものように、感想を。

 (感想)
 1、このシリーズが10作目だからなのかは知りませんが、行人君は司法試験は受かるは、親子関係が上層部にバレテいた(厳密にいえば、調査したという事ですが)、横浜のおばさんの登場、に見られるように、10作目から気分転換を製作者側がしたかったのかな?と思った部分がありましたね。管理人さん同様、今まで見ていた人たちは、驚いたのではなのかなと想像しています。

 2、鴨志田が啓太に旅館の部屋で、親は子供の事をどう考えているのかを語る場面、あれは良かったですね。裏を返せば、あの言葉は、鴨志田の真美に対する感情だった気がします。

 3、真美を助け出すシーンの鴨志田の「うちの娘に何をする!」と叫んだシーン、同僚がいたのにもかかわらず、あの言葉を出てきた時は、驚きましたが、よくよく考えてみたら、あの言葉が出た瞬間は、「刑事」ではなく「1人の子を持つ親」になった瞬間だったのでは?そう感じています。それは、真美がいなくなった事を、刑事局長から電話で知らされたシーン以降でもわかりますし、鴨志田の動揺は、このシリーズではあまり見られなかった気がしますから。

 4、今作は、役者さんを生かしきれなかった前作に比べて(前作は私もコメントしてますので、詳しくはそちらに委ねますが)、完成度が高かった気がしています。特に、鴨志田の描き方は素晴らしかったの一言です。その中でも、感情面の描き方は、文句無しです。

 設定の崩しがあっても、これだけの質を維持できた点を見ると、このシリーズ長く続きそうですし、次作が楽しみです!
Posted by J-PETER at 2013年06月23日 23:41
管理人さんこんばんは。

どちらも良かったに1票です!
「おかしな刑事」の鴨志田さん、真実さん、ベテランの演技でした。行人くん良かったです。あのまま毎回不合格パターンかと思っていたのでかなりびっくりしましたけど。

行人くんの叔母さんが外務省関係の人というのも初めて知りました。

今後スマートフォンが普及していくと、次の日からスイスに行っていたので・・・ということもなくなるかもしれませんね。

「ガリレオXX」も録画で観ました。内海刑事良かったです。草薙刑事ももう少し出てほしかったです。

ドラマと関係ない話題ですが、平塚亭のお団子って東京で有名なのですか?確か浅見光彦のお母さんもこのお団子が好きだったような・・・。2時間ドラマ御用達のお団子屋さん??
Posted by あおによし at 2013年06月24日 21:25
こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

Re:J-PETERさん

延期から2ヶ月と比較的短い期間での放送だったので、ファンとしては喜ばしい限りですね(^O^)/!!

1.第10弾、シリーズの転換点とも言える作品でしたね。
良い意味で上乗せした形なので、今後も楽しみ!!

2.なるほど、あのシーンは鴨志田の真実への想いでもあるワケですね。納得。

3.「娘に何をする!!」インパクトありましたね〜〜〜!!
あのシーンこそが第10弾を象徴しているような気がします。

4.同意です。完成度高かったですよね!!
シリーズファン必見の回でした!!

非情に良い形で転換点を迎えられたように感じられました。
管理人もシリーズ次作に期待しています(^O^)/!!

Re:あおによしさん

「ガリレオXX」も「おかしな刑事」もどちらも良かった(^O^)/!!
日付をずらしてくれていれば、それぞれをもっと楽しめたのにと思うと勿体ないほど!!

「おかしな刑事」第10弾は、まさに転換点を迎える回となりましたね〜〜〜。
行人君の合格に、鴨志田と真美の親娘関係が一部に知られているなど。
良い形で次回に繋げる変更だと思います。

「横浜の叔母さま」インパクトありましたね。

そして、確かに最近はボーダレスな機種が増えているので海外でも連絡がつかないということは減るかもしれませんね。

「ガリレオXX」も良かったですよね(^O^)/!!
スピンオフではなく単独ドラマとしても完成していたと思います。

ご指摘頂き気付きましたが、確かに「平塚亭」さんの名前は東京を舞台にする2時間ドラマだとちょくちょく耳にしますね。
調べてみたところ、やはり有名なお店のようです(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年06月25日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。