2013年03月29日

「第11回北区内田康夫ミステリー文学賞」受賞作決まる!!栄冠は高橋正樹先生『最後のヘルパー』に!!

「第11回北区内田康夫ミステリー文学賞」受賞作が明らかになりました。

大賞受賞作は高橋正樹先生『最後のヘルパー』。
北区長賞は米田京先生『ブラインドi(アイ)・諦めない気持ち』。
審査員特別賞は伊東雅之先生『チェイン』がそれぞれ受賞されました。

受賞おめでとうございます!!

高橋先生は新宿区在住の55歳。
米田先生は北区在住の48歳。
伊東先生は福岡県春日市在住の51歳だそうです。

ちなみに「第11回北区内田康夫ミステリー大賞」では全255編の応募作品が集まり、選考された内田先生が「最終選考に残った作品は例年になく良い作品がそろった。大賞は映画化されてもいいぐらいの作品」と激賞されたそうです。

そんな受賞作『最後のヘルパー』のあらすじは―――

<あらすじ>

出所した男が妻子に逃げられ、妻の実家がある北区へ向かう。家は見つからず、男は空腹からアパートに侵入。寝たきりの老女と出会い、介護ヘルパーに間違えられて…。
(公式HPより)


なかなか面白そうな導入部の展開、続きが気になりますね。
興味をお持ちの方は、月刊『ジェイ・ノベル』4月号(実業之日本社刊)をチェック!!

なお、「北区内田康夫ミステリー文学賞」は内田康夫先生の名前が冠されていることからもお分かりの通り、応募された作品に対し内田先生が審査をされ優秀作品を選ぶ文学賞。
対象となるのはミステリ短編作品となります。
過去記事にもなってますね。

「北区内田康夫ミステリー文学賞」が1冊の本に!!『はじめての小説2』(実業之日本社刊)が2013年3月15日より発売中!!

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみにフジテレビ版はこちら。

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

「月刊 J-novel (ジェイ・ノベル) 2013年 04月号 [雑誌]」です!!
月刊 J-novel (ジェイ・ノベル) 2013年 04月号 [雑誌]





「はじめての小説2」です!!
はじめての小説2





「はじめての小説―内田康夫&東京・北区が選んだ気鋭のミステリー」です!!
はじめての小説―内田康夫&東京・北区が選んだ気鋭のミステリー





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)昔の記事にコメントしてすみません〜!こちらで出ている「ブラインド探偵」を最近図書館借りて読んだのですが、主人公ならではっていうお話ばかりでなかなか良かったです☆
今年はミステリーウォーク参加してみようかな?先日東京メトロの謎解きイベントに参加したのですが、意外と楽しめてハマりそうでした(笑)
Posted by かおり at 2016年01月25日 14:58
Re:かおりさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

過去記事も見て頂けていると分かって嬉しいです。
やっぱり、過去もあっての今の記事なので。

米田京先生『ブラインド探偵』、実業之日本社さんから文庫で出版されていたんですね。
恥ずかしながら未読なのでチェックしてみたく思います。

「謎解きイベント」はまさに花盛りの感がありますね〜〜〜。
イベントの規模によって左右されることはありますが、参加してみるとやっぱり面白い!!
「北区ミステリーウォーク」、管理人は未だ参加したことがないのですが聞くところによると「風情があってかなり楽しい」とのことなので注目してたりします!!
Posted by 俺 at 2016年01月26日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。