2013年03月31日

クマとミステリの意外な関係―――『クマのプーさん』の著者であるA.A.ミルンが推理小説を手掛けていたことをご存知ですか!?

A.A.ミルンと言えば『クマのプーさん』の著者として有名ですが、そんなミルンが推理小説を手掛けていたことをご存知でしょうか?

それが『赤い館の秘密』!!

<『赤い館の秘密』あらすじ>

●芦辺拓氏推薦――「僕にとっての「名探偵」、それはアントニー・ギリンガム君です。」
●加納朋子氏推薦――「プーさんも赤い館も大好きです。」

《くまのプーさん》で夙に知られる英国の劇作家ミルンが書いた唯一の推理長編。それも、この1作でミルンの名が推理小説史上に残った名作である。暑い夏の昼さがり、赤い館を15年ぶりに訪れた兄が殺され、家の主人は姿を消してしまった。2人の素人探偵のかもしだす軽妙な風味と専門家はだしの巧妙なトリックは、通人の珍重するキャビアの味と評されるゆえんである。
(東京創元社公式HPより)


この『赤い館の秘密』、江戸川乱歩が『幻影城』刊行時に選んだベスト10にて8位に選ばれた作品だったりします。
ちなみに、金田一耕助は『赤い館の秘密』の探偵であるアントニー・ギリンガムをモデルにしたと言われています。

そして、クマとミステリと言えば『くまのパディントン』で知られるマイケル・ボンドもまたミステリを著しています。
それがグルメミステリーとして知られる『パンプルムース氏』シリーズ。

<『パンプルムース氏のおすすめ料理』あらすじ>

グルメ・ガイドブックの覆面調査員パンプルムース氏は、元パリ警視庁刑事。味にうるさい愛犬ポムフリットは、元警察犬。とあるホテル・レストランの味をチェックに訪れた珍コンビに出された皿には首が! 命と貞操まで狙われながらパ氏が挑む怪事件。『くまのパディントン』の作者が、大人たちに贈る超傑作グルメ・ミステリ!
(東京創元社公式HPより)


『パンプルムース氏』シリーズはユーモアミステリ。
『赤い館の秘密』、『パンプルムース氏』シリーズ共に興味をお持ちの方は是非、チェックを!!

「赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))」です!!
赤い館の秘密 (創元推理文庫 (116-1))





こちらはキンドル版「赤い館の秘密」です!!
赤い館の秘密





「クマのプーさん全集―おはなしと詩」です!!
クマのプーさん全集―おはなしと詩





「くまのプーさん ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]」です!!
くまのプーさん ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]





「くまのパディントン (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)」です!!
くまのパディントン (世界傑作童話シリーズ―パディントンの本)





「パディントン ベア DVD BOX」です!!
パディントン ベア DVD BOX





「パンプルムース氏のおすすめ料理 (創元推理文庫)」です!!
パンプルムース氏のおすすめ料理 (創元推理文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 面白ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。