2013年04月07日

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

小説が認められず苛立つ夫に、毎日の行動を執拗に追及される雑誌記者の妻。怯えからつい口にした嘘が、惨劇をひき起こす。「証明」「新開地の事件」「密宗律仙教」「留守宅の事件」収録。
(文藝春秋社公式HPより)


<感想>

短編です。

栗山宗子という主婦が物置から死体で発見された。
第一発見者は夫の栗山。
萩野光治という栗山夫妻共通の知人が容疑者として浮上するが……との物語。

本作は「フーダニット」ではなく「ハウダニット」がテーマですね。
メインは「アリバイ崩し」になります。
如何にして、あの人は被害者を殺害したのか?
其処に注目して読むと楽しめる筈。

ちなみに、本作は「水曜ミステリー9」さんでドラマ化されるとのこと。
主演は寺尾聡さん。
放送予定日は2013年4月24日予定。

<ネタバレあらすじ>

自動車セールスマンである栗山敏夫が交番を訪れていた。
栗山は妻・宗子の寝間着姿の死体を物置で発見したと通報しに来たのだ。
それこそが事件の始まりであった。

この捜査に石子刑事が乗り出した。
容疑者として栗山夫妻と交友関係にあった萩野光治が浮上。
光治は宗子に邪心を抱いていたのだ。
しかも、光治は栗山の留守を知りつつ、その留守宅を訪れていた。
宗子に言い寄る為である。
この際、鍵をこじ開け屋内にまで侵入していたのだ。

光治は不法侵入までは認めたが、宗子は留守であったと主張。
殺害は否定する。

石子もまた次の2点から光治の犯行を否定する。
光治が邪な心を抱いておきながら、宗子の遺体が特に乱暴された形跡がないこと。
そして、光治の供述通り玄関付近には指紋が存在したが、物置付近からは指紋を検出できなかったこと。
これは光治の犯行だとすれば不可思議な点であった。

矢先、栗山自身が賭け事に興じる癖があることが判明。
さらに、宗子に栗山から多額の生命保険が掛けられていたことも分かる。
栗山にも動機が出て来たのだ。

だが、栗山には肝心の殺害実行の機会が無い。
宗子が殺されたと思われた期間には東北に営業旅行に出ており、東京での犯行は不可能だったのだ。
栗山のスケジュールを確認する石子だが、どう考えても東京に戻る時間は捻出出来なかった。

其処へ意外な情報がもたらされる。
宗子の妹・昌子から、宗子が購入した新品のウールのツーピースが無くなっているとの証言が得られたのだ。
さらに、東北地方で車泥棒が頻繁に起きていたことを知った石子はある仮説を立てる。

宗子は東京で殺害されたのではなく、東北で殺害されたのではないかと考えたのだ。

つまり、加害者ではなく被害者が移動していたのだ。
まさか、自分が殺されるとも知らずに。
だからこそ、ウールのツーピースを着用した。

こうして、殺害された宗子は栗山が盗み出した車のトランクに隠されていた。
それを栗山は帰宅に乗じて運び込んだのであろう。
その後、ツーピースから寝間着に着替えさせた。
だが、ツーピース自体は放置中に埃にまみれてしまった為に破棄せざるを得なくなってしまったのだ。

こうして石子は、栗山が宗子を呼び出した電話を旅館の従業員が聞いていたと嘘を吐き、栗山から自白を引き出すのであった―――エンド。

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「証明 (文春文庫)」です!!
証明 (文春文庫)





キンドル版「証明 (文春文庫)」です!!
証明 (文春文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。