2013年04月15日

「ガリレオ」第1話「幻惑す‐まどわす‐帰ってきた変人!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第1話「幻惑す‐まどわす‐帰ってきた変人!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

湯川学(福山雅治)は、帝都大学理工学部物理学科の准教授。容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能な湯川は、女子学生からは圧倒的な人気を得ているが、学問以外のことにほとんど興味を示さないため、“変人ガリレオ”とも呼ばれていた。
そんな湯川のもとを訪れた貝塚北署の刑事・内海薫(柴咲コウ)は、帝都大の出身で、昨年入庁したばかりの新人刑事・岸谷美砂(吉高由里子)を紹介する。湯川とは大学の同期でもある警視庁の刑事・草薙俊平(北村一輝)の指示だった。

続けて薫は、蒲田の雑居ビルで起きたある事件のことを話し始めた。それは、5年ほど前にできた新興宗教団体『クアイの会』の信者が、教団の支部になっていた雑居ビルの5階から転落死した事件だったが、転落死の原因は、クアイの会の教祖・連崎至光(大沢たかお)がその信者に念を送ったせいだというのだ。薫は、事件当夜、取材に訪れていた雑誌社のカメラマンが撮影した転落までの連写写真を湯川に見せながら、連崎が信者に指一本触れていないこと、亡くなった信者の眼球が白濁していたことを告げる。連崎がこれまでも送念と呼ばれる行為を行っていたと知った湯川は、再現性の高い現象は必ず科学的に実証できる、と強い興味を示す。
プライドが高く自信家の美砂は、事件の背景などには一切興味を示さない湯川に戸惑いながらも、彼とともにクアイの会の本拠地に訪れるが…。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

雨の夜、「クアイの会」蒲田支部―――その5階にて事件が起こった。
会の教祖である連崎至光の前で、信者である中上が使い込みによる裏切りの罪を問われていた。
「送念を行う」、宣言した連崎は手を掲げる。
と、中上は急に悶え苦しみ始める。
耐えかねた中上は、窓から飛び出すと死亡してしまうのであった。

雑誌記者が現場に居合わせていたこともあり、この事件は大きく報じられた。
「送念」という謎の力による死―――そして、記者による写真がその動かぬ証拠となった。
これでは、連崎を罪に問うことはできない。
代わりに、連崎の力が本物として評判を呼ぶこととなった。
こうして、「クアイの会」は注目される存在となったのである。

内海はこの事件解明に湯川の出馬を願う。
さらに、新人刑事・岸谷美砂を湯川に引き合わせる。
岸谷は鼻もちならないほど高慢な女性、常に周囲を見下していた。
湯川の助手・栗林は足蹴にされるほどであった。

一方、「送念」に興味を持った湯川は岸谷と共に、連崎の居る「クアイの会」本拠地へ。
其処は、自給自足を掲げ自然を重んじ、子供たちの笑顔の絶えない村であった。

連崎は自身の力と使命について熱く語り出す。
さらに、岸谷を相手に「送念」を実演する。
これを受けた岸谷は身体の中心が熱を持ったことに驚嘆。
日頃の高慢さは何処へやら、連崎に対して従順な態度を示す。
とはいえ、あくまで岸谷らしさを残した従順さではあるが……。

湯川は連崎の「送念」は科学的に解明できる筈と解明に頭を悩ませる。
記者による写真を眺める湯川はある点に疑問を抱く。
さらに、中上が転落死した雑居ビルで停電が起こっていたことが判明。
停電はそのビル一棟でしか起こっていないことに注目した湯川は「送念」のトリックを見抜く。

自身が体験したことで連崎の力を信じる岸谷。
だが、「クアイの会」を調べることで状況が変わって来る。
中上から「クアイの会」から脱会しようとしていたことが分かったのだ。
しかも、使い込みも彼が原因ではなかった。
なんと、連崎の妻・佐代子、会のナンバー2・真島、同じくナンバー3・守屋こそが連崎に黙って会の資金を横領していたのである。

その頃、当の佐代子たちは連崎を利用して更に勢力を拡大しようと図っていた……。

湯川は再度、連崎との対決を決意する。
これに連崎は「送念」で湯川を信者にしてみせると迎え撃つ。
湯川は連崎の隙を突き、窓に液状スプレーを吹きつけるが……。

湯川は連崎の「送念」がマイクロ波によるトリックに過ぎないと断言する。
証拠は例の写真である。
実は、中上の身体が窓にぶつかる前に窓に亀裂が入っていたのだ。
この亀裂は窓とその周囲との間に温度差があったことを証明すると述べる湯川。
中上が転落死した日、外には雨が降っていた。
窓に降り注いだ雨がマイクロ波で熱せられたことにより温度差が生じたのである。

「送念」の正体は、周波数300メガヘルツのマイクロ波を対象に浴びせること。
マイクロ波を浴びた対象は体内の水分を沸騰させられ、熱を感じる。
中上の眼球が白濁していたのも、マイクロ波によるものであった。

湯川の言葉を否定しようとする連崎。
湯川は自らに「送念」を用いるよう迫る。
自身の力を信じる連崎はこれに応じるが……。

湯川はマイクロシールドの眼鏡を着用すると、感熱紙を取り出す。
感熱紙は、マイクロ波に反応しみるみるうちに真っ黒に。
こうして、湯川は送念が物理的な現象であると立証してしまう。
さらに、湯川が事前に吹き付けた液状スプレーにより、中上死亡時の状況が再現された窓ガラスも割れてしまう。

これを目にした連崎は激しく動揺。
連崎は「送念」を自身の力と信じ切っており、佐代子たちによるトリックだとは知らなかったのだ。
湯川の言葉を確かめるべく、送電装置のもとへ向かう。

其処には佐代子が居た。
佐代子は連崎にドライバーを突きつけ、死を迫るが……。
岸谷が駆け付け、その場を制圧するのであった。

連崎の希望の里「クアイの会」はこうして終わりを告げた。

過去、佐代子は町工場の男性と結婚していた。
当時の結婚相手はマイクロ波などを利用した健康器具を製造しており、そのノウハウを連崎に適用したらしい。
連崎自身もこれに薄々勘付きながらもどうしようもなかったのだろう……呟く湯川。

内海は湯川に事後報告を行うと、海外へ。
そんな内海に湯川は餞別として、ゲルマニウムを贈る。
内海が3月2日生まれであることから、元素記号32番にかけた湯川らしい贈物であった。

一方、収監された連崎は同房の囚人をそのカリスマで立ち直らせていた。
彼の精神性は本物だったのだろうか。

内海が去り、岸谷が現れた。
此処からガリレオこと、湯川の新たな事件簿が始まるのだ―――2話に続く。

<感想>

遂に放送された「ガリレオ」。
原作は『虚像の道化師 ガリレオ7』(文藝春秋社刊)収録『幻惑す』。
過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

その第1話『幻惑す』。
原作のキモは「他者を惑わせていた教祖本人こそがもっとも自身の力を信じており惑わされていた」という点でした。
これがかなり印象的で良い作品だったのですが……ドラマ版はこれが弱いかなぁ。
「真実を知った連崎が精神的に大打撃を受けてしまい、収監後に膝を抱えて座り込んで何やらブツブツと呟くシーン」などを加えて、この点をもっと強調しても良かったかもしれない。

とはいえ、ドラマ版のラストは視聴後の後味の悪さを排しており、此処は視聴者によって好みが分かれるところか。
それと、マイクロ波を証明する過程ではドラマならではの躍動感があって良かった。
これこそが活字媒体がドラマ化される醍醐味か。
この点は高評価。

そして、ガリレオファンにはお馴染みの内海が海外へ。
代わりに岸谷が登場。
ただ、岸谷は内海と比べるとちょっとバランスが悪いキャラのような印象。
ガリレオの世界観から少し浮いてた。
もちろん、このキャラは今だけで最終的にはツンデレキャラになるんだろうと分かってはいるんだけど……。

まぁ、内海も原作ファンにとって違和感があったものの、遂には原作へと逆輸入されるほど親しまれるキャラになったし、岸谷も馴染む筈。
まだ第1話だしね。
なので2話以降から世界観に溶け込むことを期待!!
あとは、如何にして上手く湯川と信頼関係を築きデレるかだな。

そうそう、ガリレオ本編とは別にスピンオフドラマ『タガーリン』にも注目です!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『ガリレオの苦悩』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

「ガリレオの苦悩 (文春文庫)」です!!
ガリレオの苦悩 (文春文庫)





「聖女の救済 (文春文庫)」です!!
聖女の救済 (文春文庫)





「容疑者Xの献身 スペシャル・エディション [DVD]」です!!
容疑者Xの献身 スペシャル・エディション [DVD]





2012年10月発売シリーズ最新作「禁断の魔術 ガリレオ8」です!!
禁断の魔術 ガリレオ8





「ガリレオ DVD-BOX」です!!
ガリレオ DVD-BOX





「ガリレオφ [DVD]」です!!
ガリレオφ [DVD]





「東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX」です!!
東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。