2013年04月15日

福田和代先生原作『怪物』(集英社刊)が日本テレビ系列にてドラマ化!!

福田和代先生原作『怪物』(集英社刊)が日本テレビ系列にてドラマ化されることが明らかになりました。

ドラマ化される『怪物』(福田和代著、集英社刊)のあらすじはこちら。

『怪物』(福田和代著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<あらすじ>

怪物は死体を溶かす…緊迫のミステリー長編
物体を跡形も無く溶かせるという、最新鋭のゴミ処理施設の研究者・真崎。定年間近の刑事・香西は、真崎の部屋で強烈な「死の匂い」を感じる。頻発する失踪者たちと真崎との繋がりを探ろうとする香西だが…。
(集英社公式HPより)


これだけだとちょっと分かりにくいですね。
と言うワケで、同じく集英社さんの特集ページの内容紹介がこちら。

<あらすじ>

定年間近の刑事・香西の心残りは3ヶ月前に時効を迎えた未解決の幼女誘拐殺害事件。「奴の部屋には殺人の匂いが残っていたのに」…香西には、生物が死んだ場所で「死の匂い」を感知するという特殊な能力があったのだ。定年まであと1ヶ月。すでに主軸から外されている香西は、失踪者・橋爪の足取りを単独で捜査中、訪れた最新鋭のゴミ処理施設で思いがけず「あの匂い」を嗅いでしまう。部屋の主は、すべてを溶かす水−−亜臨界水の若き研究者・真崎亮。植物のようなたたずまいのこの青年が、「骨も溶かせる」というあの装置を使って橋爪を溶かしたのだろうか。真崎を追い始めた香西に、ある日「幼女誘拐殺害事件の犯人を知っている」という女から電話がかかってくる……。
(集英社特集公式HPより)


うん、かなり内容がクリアになりました。
そんな『怪物』ドラマ版のキャストですが……。

香西役に佐藤浩市さん。
真崎役に向井理さん。
他に多部未華子さん、栗山千明さんも出演されるそう。

でもって、ドラマ版『怪物』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

左遷直前の刑事・香西武雄(佐藤)は、コンビを組む刑事・石川えみ(栗山)の目を盗み、15年前の殺人事件の真犯人・堂島明(要潤)を罠にはめる計画を立てるが、それを手伝っていた藤井寺里紗(多部)が、堂島を正当防衛で死なせてしまう。香西は、里紗を守るためDNAも分解してしまう最新のごみ処理技術の研究者・真崎亮(向井)に分解処理を頼む。しかし、この男こそ、底知れない闇を持つ“怪物”だった……。
(シネマトゥデイさんより)


あれれ、原作に比較すると改変点が幾つかありますね。
香西の定年設定が特に触れられてないし、石川が女性になってるし……。
これは原作もチェックしておくべきかもしれないなぁ。

そんないろいろ気になるドラマ『怪物』。
日本テレビ系列にて2013年夏放送予定!!

2013年5月18日追記

放送日が2013年6月27日(木)に決定したとのことです。
あくまで予定とのことですが、期待大!!

追記終わり


◆関連過去記事
読売テレビ開局55周年記念ドラマ「怪物 怪物として生きるか人間として死ぬか…!究極の本格サスペンスを豪華出演者で映像化…刑事が出会った男は美しい顔を持つ怪物だった!一人の女を巡る壮絶な闘い」(6月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「怪物 (集英社文庫)」です!!
怪物 (集英社文庫)





単行本版「怪物」です!!
怪物





【関連する記事】
posted by 俺 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。