2013年05月02日

水曜ミステリー9「400回記念スペシャル 捜査検事 近松茂道13 せとうち望郷殺人事件 償い〜遠い海の記憶 殺意を秘めた再びの愛 真犯人が堕ちた罠!(容疑者は漁師の兄!30年前の辛い記憶)」(5月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「400回記念スペシャル 捜査検事 近松茂道13 せとうち望郷殺人事件 償い〜遠い海の記憶 殺意を秘めた再びの愛 真犯人が堕ちた罠!(容疑者は漁師の兄!30年前の辛い記憶)」(5月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

岡山に赴任してきた捜査検事の近松茂道(高橋英樹)は、事務官・藤森明子(池上季実子)に県内を案内してもらっている最中、下津井漁港で岡山県警の刑事・水野(石黒賢)らが、漁師の寺崎一雄(加藤雅也)に任意同行を求めている現場を偶然目撃してしまう。
事の起こりは、近松の赴任の1週間前。会社員の芦田秀則(菊池均也)が自宅で何者かに殺害された。芦田は妻の景子(酒井美紀)にたびたび家庭内暴力を振るっており、それを知った景子の兄・寺崎が逆上。犯行前日には、寺崎が芦田の会社に乗り込み、芦田を殴りつけている姿が目撃されていた。また、寺崎は過去にも傷害事件を起こし服役していたという前科があり、捜査陣は今回も寺崎の犯行ではないかと見ていた。
警察の読み通り、その後寺崎は犯行を自供。同僚の細見検事(倉石功)は、寺崎起訴に向けて動き出す。ところが、細見検事が急きょ入院することになり、寺崎の事件は近松が引き継ぐことになってしまった。そこで近松は、起訴状の作成を前に、事件の資料を全て読み込み、事件の概要を知ることに。すると、寺崎の供述内容には矛盾がないものの、物的証拠が乏しいことを知る。そこで近松は水野に相談の上、景子や、景子のアリバイを証言した職場の社長・内藤(冨家規政)に聞き取り調査を始めることにした。
すると、景子が勤めるジーンズ工房の取引先の社長・瀬川(徳井優)が、芦田が殺害された時間帯に、岡山城の展望台から望遠鏡で市内を見ていたところ、偶然後楽園に寺崎がいるところを見たと言い出す。急いで裏づけを取ると、確かに岡山城の展望台からは後楽園がはっきり見えることが判明する。
早速、近松は水野に事情を話し、寺崎にアリバイを証明する目撃証言が出たことを伝える。ところが、それを聞いた寺崎は、なぜかその目撃証言を否定。頑なに自分の犯行だと言い出す。
寺崎が何かを隠していると感じた近松は、起訴を取りやめ、さらなる捜査をするよう水野に命じる。しかし、寺崎は主張を変えようとせず…。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

岡山に赴任して来た近松検事。
今回、彼が担当するのは会社員・芦田秀則殺害事件。
容疑者は芦田の妻・景子の兄である寺崎。
芦田が日常的に景子に暴力を振るっていたことについて、止めようとして殺害してしまったらしい。

だが、近松が調べたところ、寺崎にアリバイがあることが判明。
瀬川という男性が、岡山城付近で寺崎を目撃していたのだ。

寺崎の犯行に疑問を抱く近松。
一方、寺崎を逮捕した水野刑事はこれに反発する。

寺崎が誰かを庇っていると考えた近松。
庇うとすれば景子しかあり得ない。
景子について調べ始めた近松は、景子が過去に結婚を約束した相手が居たことを知る。
だが、寺崎の傷害事件が原因で相手と別れたらしい。
景子とその相手は備前焼の花瓶を2人で作っていたそうだが……。

近松は過去に別れた筈の2人が今になって再度交際した為に事件が発生したと推測する。
矢先、景子が姿を消してしまう。

事務官の藤森に景子を探させる一方で、水野立会いの下で寺崎の聴取を行う近松。
近松は寺崎が誰かを庇っていると指摘。
その相手が水野であると断言する。
水野こそが景子の過去の恋人であったのだ。

必死に水野を庇う寺崎。
水野はと言えば「証拠が無い」と動じない。

だが、証拠はあった。
芦田の殺害現場から備前焼の花瓶が消えていた。
実は、その花瓶こそ水野と景子が2人で作った物だったのだ。
この消えた花瓶が、水野のロッカーから発見された。
しかも、花瓶の裏には水野と景子の名前が刻まれていた。

これを契機に罪を認める水野。
景子と再会し恋愛関係となった水野は、芦田に景子へ暴力を振るわないよう頼んだのだ。
だが、嫉妬に駆られた芦田が応じる筈もない。
揉み合う内に、逆上した水野が芦田を殺害してしまったのである。

寺崎は水野と景子を引き裂いた原因が自分にあると後悔しており、今度こそ2人を結びつけるべく庇っていたのである。

一方、藤森は消えた景子を発見していた。
藤森は自殺しようとしていた景子を説得して止めるのであった。

こうして、水野が逮捕され事件は解決した。

景子は反目していた寺崎と今回の事件を通じて和解することに―――エンド。

<感想>

捜査検事・近松茂道シリーズ13作目。
シリーズ原作は高木彬光先生「近松検事」シリーズ。
興味のある方は本記事下部にあるアマゾンさんのリンクよりどうぞ!!

ちなみに、シリーズ前作である第12弾は2012年8月22日に放送されており、およそ半年ぶりの最新作となりました。
シリーズ過去作については過去記事ありますね。
興味のある方はどうぞ!!

では、ドラマ感想を。

内容的にはシンプルでしたが、それだけに分かり易くて良かった。
事務官の藤森にも活躍の場があって面白かったですね。

過去、寺崎が罪を犯した時点で「仕事」か「愛」かの選択を迫られた水野。
結局、「仕事」を選んだワケですが、その時点でやり直しは効かなかったのでしょうね。
少なくとも、景子が水野以外の別の誰かと結婚した時点で割り切らなければならなかった。
でなければ、景子も、景子と結婚した相手(芦田)も、水野自身も幸せにはなれないのだから。

それにしても、夫の前で元恋人との想い出の花瓶を飾るのは景子もかなり酷いなぁ……。
しかも、花瓶の裏には名前が刻まれているワケだし……。
景子、怖い。

ちなみに、ラスト付近はある点から『後鳥羽伝説殺人事件』を思い出した。
あちらは島根、こちらは岡山か……割と近いからと言うのもあるかもしれないなぁ。

次回にも期待!!

◆関連過去記事
水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道12 帰れない故郷〜新潟佐渡殺人航路!許されない愛に憎み合う姉妹不自然な指紋が明かす真実と嵐の夜の秘密(新潟〜佐渡殺人航路 牧場姉妹にかけられた料理人殺害の疑惑!欠航嵐の夜の謎の密会)」(8月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道11 越中富山こきりこ哀歌 殺人事件の謎は秘湯の宿の密会に!愛したから殺した!?子守唄が暴く母娘の哀しい絆(雪降る村で凶悪逃亡犯を匿った女〜秘湯の女将涙の目撃証言)」(2月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「捜査検事 近松茂道10 上州白滝姫伝説殺人事件〜美しい桐生織に秘めた薄幸な女の覚悟13年前の冤罪を恨む男アリバイ黙秘の理由(桐生織伝説殺人事件〜元刑事を恨む謎の男空白の3時間!再会の連鎖が生む湖の悲劇)」(10月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜シアター9 旅情ミステリーSP 捜査検事・近松茂道(9)「みちのく安寿と厨子王伝説殺人事件〜赤い傘が隠した姉弟の別れ獄中死の父が堕ちた罠偽りの12年を暴く!(捜査検事 近松茂道9−安寿と厨子王伝説殺人事件−)」(3月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

近松茂道:高橋英樹
藤森明子:池上季実子
水野健史:石黒賢
寺崎一雄:加藤雅也
芦田景子:酒井美紀
寺崎民子:水野久美
中村宏美:大島さと子
内藤博史:冨家規政
瀬川晋:徳井優
細見壮一郎:倉石功
小山:小倉一郎
岡村哲也:土屋裕一
芦田秀則:菊池均也
福田刑事:坂田雅彦 ほか
(公式HPより転載、順不同、敬称略)


近松検事シリーズの1作、「霧の罠―近松検事シリーズ (光文社文庫)」です!!
霧の罠―近松検事シリーズ (光文社文庫)





「最後の自白―近松検事シリーズ (1967年)」です!!
最後の自白―近松検事シリーズ (1967年) (カッパ・ノベルス)







【関連する記事】
この記事へのコメント
個人的には、テレ東の水曜ミステリー9が脚本の作りが丁寧で好きですね。順序立てて、犯人が分かるようにしてくれているので。

下津井の話で盛り上がる、兄の事件で結婚あきらめる、備前焼の花瓶のセットで、犯人を明らかにしており、400回記念だけあり、精巧に作られていますね。さっと見ていると、急転直下で犯人が分かったような感もしますが、きちんと餌まきはされていますね。
Posted by やっさん at 2013年05月17日 02:45
Re:やっさんさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

シンプルかつ力強い作品でしたね。
物語の運びもなかなかでした。
次回にも期待出来そうですね(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年05月18日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。