2013年05月25日

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 女検視官・江夏冬子2 復讐の血脈 孤独な女の焼死体が導く連続殺人の記憶!17年前の一家惨殺…死人の女が描いた積年の復讐劇!ラスト3分の大転覆」(5月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 女検視官・江夏冬子2 復讐の血脈 孤独な女の焼死体が導く連続殺人の記憶!17年前の一家惨殺…死人の女が描いた積年の復讐劇!ラスト3分の大転覆」(5月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

江夏冬子(かたせ梨乃)は、京都府警捜査一課の美人検視官。いとこである五十嵐千秋(山村紅葉)の家族のもとで居候をしている。ある夜、千秋や夫の龍一(山口竜央)らとともに、いつものように過ごしていると冬子の携帯が鳴る。事件現場に駆け付ける冬子。現場は、一軒家が全焼した後で、京都府警捜査一課刑事の岩淵政義(升毅)と、警部補の小川亮介(黄川田将也)が捜査を始めていた。全身炭化した女性の遺体の検視を始める冬子。岩淵が死因を自殺か、逃げ遅れた事故だと話すと、「捜査一課も質が落ちたな」と所轄刑事の白石太郎(渡辺哲)が現れる。白石は冬子に、遺体の生活反応を尋ねる。冬子も同じことを考えており、通常の焼死体の皮膚にできるはずの赤い腫れや水ぶくれが見られないと答え、殺人事件だと断定する。
京都府警では、捜査一課長の杉原文雄(高橋英樹)を中心に、捜査会議が行われた。岩淵、小川らが、被害者と見られる佐々井優子(酒井美紀)について報告をする。被害者が佐々井だと断定した根拠については、白石が現場に残っていたブラシに付着した毛髪のDNA鑑定結果待ちだが、ほぼ間違いないと報告する。冬子は、京都府警・科学捜査研究所で研究所職員の二戸部麗子(高岡早紀)にDNA鑑定結果を尋ねると、遺体のDNAと白石が持ち込んだ毛髪のDNAが一致したと言う。しかし、冬子はその鑑定に結果に、ある疑問を抱く…。
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

焼死事件が発生。
冬子も捜査に参加する。

被害者は一軒家に引っ越してきたばかりの若い女性。
名を佐々井優子と言うらしい。
焼死体は濃いマニキュアを塗り爪を伸ばしていたが……。

この事件の捜査に所轄署の白石も参加。
冬子は激しく動揺する。
これには理由があった。

冬子のトラウマになっている17年前の事件。
それは、刑事の八木が自殺した事件であった。
八木に恨みを持つ鎌田幸一が共犯2人と共に、八木の留守中に八木宅に上り込み八木の妻子を殺害していた。
鎌田は犯行後に、八木宅へ放火。
その炎の勢いは凄まじかったそうだ。
八木の娘・仁美などは、八木が贈ったアクセサリーが無ければ判別が不可能なほどだったと言う。

それから数日後、鎌田が何者かに殺害された。
犯行現場にはお守りが落ちていたが、これを当時の二戸部検視官が隠蔽した。
その現場を冬子は目撃し告発することとなった。
二戸部はこれが原因で失脚、精神を病み入院してしまう。
二戸部の娘・麗子は冬子を恨むように。

二戸部が隠蔽したお守りは八木刑事のものであった。
冬子は八木が妻子の復讐の為に鎌田を殺害したことを立証。
追い詰められた八木は自殺してしまう。

これこそが17年前の事件の全貌であった。
そして、当時の八木の相棒こそが白石だったのだ。
当然、冬子を恨んでいるに違いない。

冬子は白石に過去のトラウマを見ていたのである。

だが、冬子はトラウマを乗り越えるべく捜査を続ける。
被害者に火傷などの生活反応が無かったことから、殺害された後に焼かれたと判断する。
つまり、殺人事件だ。

次いで、焼死事件の焦点は被害者が優子かどうかへと移った。
これについては、白石が優子の物と思われるブラシを発見しており、その髪の毛のDNAと遺体のDNAが合致したことで優子であると思われた。

だが、科学捜査研究所の麗子は、ブラシの毛髪が第3者により採取されたものを強引にブラシに付着させた可能性があると指摘。
さらに、優子の転居前の知人・ミナミちゃんから、優子が組紐が得意だったことを聞き出す。

長い爪では組紐は出来ない。
冬子は優子の写真を入手すると、優子と被害者は別人であると判断する。
つまり、犯人は優子の可能性が高い。

しかも、優子が職場を移り引越した直後の犯行である。
職場の誰かを殺害する為に優子が引越ししたと考えた冬子は、遠山彩という女性の存在を掴む。

遠山彩には過去に犯歴があった。
なんと、あの八木刑事の妻子を殺害した3人組の1人だったのだ。

彩の私物と遺体のDNAが一致した。
つまり、優子と思われた被害者は彩だった。
さらに、冬子はこの誤認を誘発した証拠のブラシが白石に仕組まれた偽造証拠であると断言するが……。

直後、上からの命令で事件は監察案件にシフトする。
やはり、白石が証拠品であるブラシを偽造していたのだ。
こうして、冬子を含む4人による捜査体制に移行する。

冬子は白石にこそ手掛かりがあると判断。
その私物を調べ、若い白石が赤ん坊と一緒に写った写真を発見する。

しかも、優子が17年前の事件と関与していた可能性が浮上。
なんと、八木仁美と同級生だったのだ。
もしや、親友であった仁美の為の復讐なのか?

さらに、優子の転居先と白石の異動先が合致していることが判明。
白石も相棒・八木の復讐との動機もある。

親友の為の復讐。
相棒の為の復讐。
いずれにしろ、標的は17年前の事件の犯人、その最後の1人―――。

残る1人は上川康子。
宮津市にて生活しているらしい。

宮津へと向かった冬子は、康子を襲おうとしている優子を発見。
康子の代わりに刺されてしまう。

だが、冬子の怪我は軽かった。
冬子は真実を突き止め、繰り返さない為にさらなる捜査を続ける。

優子は黙秘してしまう。
こうなると現在判明している中学時代にまで遡るしかない。

冬子は其処で八木仁美が手芸部に所属していたことを知る。
現在の優子の趣味は組紐であった。
さらに、優子は仁美の事件直後から姿をくらましていたことも判明。

冬子は優子を名乗る女性こそが仁美ではないかと疑っていた。
其処で優子から事情を聞き出す。

あの日、八木親子と優子はカレーを作っていた。
だが、八木の好物であるナスを買い忘れていることに仁美が気付いた。
其処で、母と優子を残し、仁美は買い出しに出かけた。

帰宅してみると、火が回っていた。
そして、逃げ出す鎌田たちの姿。
仁美は慌てて鎌田たちを追った。

だが、その途中で高台から転落。
目覚めた時には、八木の自殺も含めすべてが終わっていた。
以来、母と優子の仇を追い復讐することを目的に17年を費やしたのだそうだ。

そして、遂に彩を見つけた。
優子……いや仁美は復讐を実行に移した。
引越し先に彩を招き殺害、放火したのであった。

自分の死亡を偽装したのは、康子殺害の時間を稼ぐ為だったらしい。

一方、白石は康子を狙っていた。
それを阻止するべく、担当捜査官に白石の射殺命令が下った。
結果、康子の前に現れた白石は発砲されてしまう。

だが、白石は銃で撃たれ負傷しながらも、康子の店に立て籠もってしまう。
白石は冬子に連絡を入れる。

彩を殺害したのは自分だと語る白石。
白石は明らかに優子(仁美)を庇っている。

冬子は秘策を胸に、白石のもとへ。
冬子の秘策は仁美を連れて行くことであった。
仁美の姿を目にした白石は投降し、逮捕された。

白石にとって仁美は生き甲斐であった。
だから、八木の鎌田殺害にも協力した。
だが、これが二戸部検視官を退職に追い込み、八木が自殺することに繋がった。
仁美が生きていることを白石が知ったのはその後のことである。
彩と康子を調べている中で、同じくこれに復讐しようとする仁美を見つけたのだ。

白石は八木の代わりに鎌田を殺害すれば……と後悔していた。
そうしていれば、八木は親娘で再会出来ていたのだ。
罪の意識を感じた白石は仁美を庇い、康子を殺害しようとしたのだ。

白石は冬子を恨んでいないと語る。
それは刑事として当然だったからである。

こうして、仁美と白石が逮捕された。
仁美は白石に感謝の言葉を述べる。

仁美が17年間、1人で生きて来られたのは裏で白石が手を回していたからであった。
さらに、彩の殺害当日、一酸化炭素により倒れた仁美を救ったのも白石であった。

「お父さん、待っててね」
仁美は白石に告げる。

仁美は白石の実の娘だったのだ。
白石の妻は仁美を産んだ後に死亡。
困った白石は相棒であった八木夫妻に仁美を養子に出したのであった。
八木は、これを幼い頃から仁美に教えていたのだ。

ミナミちゃんを訪ねた冬子は仁美のメッセージ「箱の中身を見なさい」を伝える。
メッセージに従ったところ、其処には「未来を生きなさい」と記されていた。
さらに、赤ん坊の仁美と白石の写真が……。
白石が仁美を想ったように、仁美もまた白石を想っていたのだ。

そして、二戸部を訪問した冬子。
ある驚きの体験をすることに。

「白石のことは残念だった」
車椅子姿にてこれまで一切言葉を発しなかった二戸部が突然、口にしたのだ。
さらに「私がこうしているのにはワケがある。いずれ分かる」と。

混乱する冬子。
二戸部の意図は一体!?―――エンド。

<感想>

「女検視官・江夏冬子」第2弾。
前作は2012年5月11日に放送されているので、ほぼ1年ぶりのシリーズ新作となります。
本来ならば2012年11月16日に放送される予定でしたが、1度の延期を経ての放送となりました。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)ありますね。
興味のある方は過去記事をどうぞ!!

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

原作は山村美紗先生『謎の焼死体』(徳間書店刊『女検視官・江夏冬子 京都殺人地図シリーズ 寒がりの死体』収録)。
同書には光文社よりキンドル版も発売されているようです。
興味のある方は過去記事リンク後のアマゾンさんリンクをどうぞ!!

では早速、ドラマ版の感想を。

第1弾で取り沙汰されていた17年前の事件が遂に明らかになりました。
そして、これを乗り越えた冬子。

でも、代わりに二戸部の謎がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!
おそらく、これまでに登場しながらもクローズアップされていない菊池麻衣子さんについてなんだろうなぁ……。
これに杉原が絡んで来るかどうかがポイントか。
二戸部は組織的な犯行を調べているのか、それとも個人的な犯行を調べているのか?
前者ならば杉原も関連しているだろうし、後者ならば菊池さんだろうなぁ。
いずれにしろ、確実に第3弾も狙ってるね。
気になるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ……。

物語的には、入替りはバレバレでしたね。
30分経過時点で八木家の事件が出て来たことでさらに確定。
にも関わらず、2度も3度も仁美と優子の回想シーンを出すものだから何か裏があるのかと必死に視ちゃいました。
結局、仁美と優子の入替り、仁美と彩の入替りだけとなりましたが、これは逆に混乱したかなぁ……。
なので、あらすじでは1回だけにしてます。
此の点、ドラマはちょっと見せ方に難があったように思いますね。

ただ、仁美に関連して白石がサポートしていたとの点は良かった。
就職時や転居先の保証人問題なども白石で解決出来るしね。

ただ、写真で伏線を張っていたとはいえ、白石と仁美の実の親娘設定は蛇足かなぁ。
八木に会わせてやりたかったとの白石の言葉が軽くなるからなぁ……。
あのシーンでグッと来ていただけに……。
どんでん返しも善し悪しだと思う。

ただ、ラストの急転直下は面白いので、次回も期待!!

<キャスト>

かたせ梨乃
高橋英樹
高岡早紀
山村紅葉
黄川田将也
升毅
酒井美紀
渡辺哲 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)】
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ(14)京都・華やかな密室殺人事件!容疑者は馬に乗った愛人!?妻殺しを暴いた1+1=1のネックレス」(10月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)】
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第12弾 京都香道伝説殺人事件〜千年の都の香りが呼ぶ女優連続殺人!?平安絵巻・曲水の宴の惨劇!死のメッセージ“ぬ”の謎とは」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【赤い霊柩車シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・20周年第30作!!2週連続SP龍野武者行列殺人事件前編 山村美紗未完の遺作×西村京太郎共作幻の原作映像化!封印された町の女帝が隠す血の秘密…二大巨匠の悲劇の連続殺人開幕(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30前編)」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・第30作放送開始20周年記念!龍野武者行列殺人事件後編 山村美紗×西村京太郎〜二大巨匠幻の共作22年前の白骨死体が語る女系一族の血の歴史葬られた女が今甦る!三世代の愛憎劇完結(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30後編)」(10月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス赤い霊柩車31 追憶の彼岸花 鬼母と呼ばれた女…我が子を殺し消えた母と無実を信じる悲劇の少女!彼女が描く一枚の画が女たちの殺意を暴く」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【空港警察・刑事課 今井陽子シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第4弾 黒の滑走路2〜花婿がみた悪魔〜不倫美女、浮気妻、元秘書と弟…怨念宿る復讐劇に魂を捧げた悪魔が仕掛けた驚愕トリックとは!?」(5月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【不倫調査員・片山由美シリーズ】
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美12 黒の環状線…女と男嫉妬と金欲の連続殺人京都〜東京密室と錯覚Wトリックを暴け!(黒の環状線〜京都〜東京横浜連続殺人!!由美が容疑者になる)」(8月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【作家探偵・山村美紗シリーズ】
水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗!京都東山〜密室トリック殺人事件 京友禅に描かれた死者からのメッセージ!5つの文字が隠す禁断の愛憎劇(京友禅に描かれた鏡文字は死者からのメッセージ)」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗2 京都紅葉寺殺人事件 隠れ湯に散った愛憎劇 七草呪いの殺人連鎖がオペ室の巨悪を裁く(〜秋の七草の秘密〜 秋の七草が隠す4人の女の不倫愛憎の秘密)」(12月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【小京都連続殺人事件シリーズ】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 小京都連続殺人事件2〜佐野足利・七草に秘められた叫び〜惨殺トリックの鍵は七草にあり!!佐野足利郷土料理〜渡良瀬橋に戦ぐススキの怪!?冤罪か完全犯罪か…女料理記者が解く殺人連鎖」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第3弾 推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜主演女優が撮影中に毒殺!私の書いた台本で人が死ぬ…華やかな女優の世界に潜む嘘と殺意を徳島の渦潮が見た!」(5月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ 京都・奥嵯峨保津川渓谷殺人事件!不倫と殺意の秘密を隠す多重トリックの罠(京都奥嵯峨に救命のナースコール)」(7月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

キンドル版「寒がりの死体 (光文社文庫)」です!!
寒がりの死体 (光文社文庫)





「柚子の寺殺人事件」収録「京都紅葉寺殺人事件 (集英社文庫)」です!!
京都紅葉寺殺人事件 (集英社文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。