2013年06月25日

月曜ゴールデン「オバベン 〜京都ふたりの女弁護士〜 白装束の遺体がスーツケースの中に!?老舗の旅館の跡取り息子が殺された 犯人は毒嫁?目撃者は左ピアスの男?新コンビが挑む」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「オバベン 〜京都ふたりの女弁護士〜 白装束の遺体がスーツケースの中に!?老舗の旅館の跡取り息子が殺された 犯人は毒嫁?目撃者は左ピアスの男?新コンビが挑む」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

京都市内のゴミ置き場でスーツケースに詰め込まれた老舗料亭の若社長・歩川大介(遠山悠介)の死体が発見された。  
鴨川西署の小金井研四朗(山田純大)警部が捜査を開始する。世間の関心も高い事件とあって、派手に報道された。
間もなく、大介の妻・マリア(山下裕子)がスーツケースを運んでいる姿を見たと証言する人物が現れ、小金井はマリアの取り調べを始めた。
マリアの担当となった国選弁護人の笠木一子(杉田かおる)は、司法研修時代の同期である富永優美子(羽田美智子)に声を掛け、二人で事件に取り組むことに。
マリアは大介より17歳年上で、元ホステス。料亭の大女将で義母の佐知代(高田美和)と大介の二人の姉、春海(棟里佳)と夏子(遊井亮子)は、マリアが大介と結婚して若女将に納まったことを快く思っていない。というのも実は、ほかに婚約者がいた大介が、マリアに騙されて結婚するはめになったと疑っていたからだ。
マリアは接見に訪れた優美子と一子に反抗的な態度をとる。そして犯行時刻には、橋のたもとで初めて会った男性と話をしていたと語る。それが証明できればマリアのアリバイは成立するが、優美子たちにはその話が事実なのか確信が持てなかった。
優美子と一子が不安を抱えたまま裁判が始まった。事件当日の目撃者や大介の元婚約者が証言に立ち、次々と事実が明らかになる。なかにはマリアに不利な事実もあり、優美子たちは苦戦を強いられる。
そんな最中、一子が担当する別の案件の依頼人・森下忍(川崎亜沙美)の死体が京都の山中で発見された。動揺して集中力を欠く一子を優美子が一喝する。
改めて事件のいきさつを整理する優美子と一子を前に、一子のアシスタント・熊野マキ(青山倫子)がある事実を指摘する。そのひと言をヒントに、優美子は見落としていた盲点に気付いた。それが糸口となり、意外な真実が明らかに…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複アリ)。

若社長・歩川大介の死体がゴミ置き場で発見された。
何者かに殺害されたモノと思われたが……。

容疑者として大介の妻・マリアが逮捕される。
大介の遺体を遺棄するマリアを見たとの目撃証言があったのだ。
また、大介の母親・佐知代によれば、大介はマリアと別れると繰り返していたらしい。
離婚すれば、マリアに財産は入らない。
当然、マリアには殺害動機もあることになる。

この事態に、マリアの弁護を引き受けたのは笠木一子と、一子の同期で所属事務所を誤解で追われた富永優美子の2人。
2人はマリア不利の状況を覆すべく法廷に臨む!!

マリアによれば大介の死亡時刻には、初めて会った男性と一緒に居たらしい。
だが、当の男性が見つからない。

矢先、森下忍が何者かに殺害される。

事態が混迷する中で、真相に近付く一子と優美子。
以前、マリア不利のまま第3回公判へともつれ込む―――。

証人として証言台に立ったのは佐知代。
佐知代は大介がマリアと離婚すると約束したと主張する。

これに対し、マリアが反論する。
なんと、大介はギリギリで離婚の意志を翻したのだそうだ。
だが、そんな大介に呆れ果てたマリアが大介を捨てたのである。
大介は別れる直前まで、離婚するくらいなら死んでやると叫んでいたらしい。

つまり、大介の死は自殺だったのだ。
それを第三者が他殺に偽装したのだ。
どう考えてもマリアに罪を着せる為である。

一子は大介の死体がゴミ置き場に遺棄されながら、綺麗に着つけられていたことに注目。
大介に愛情を持っていた人物による偽装であると指摘。
この偽装が佐知代によるモノと断言する。

最初こそ否定する佐知代だが、母の愛について語られたことで真相を明かす決意を固める。
佐知代は大介がマリアと離婚する際にトラブルになることを怖れていた。
其処で、様子を見に足を運んだのだ。
ところが、大介はマリアと離婚するどころか彼女に捨てられ自殺していた。
すべてマリアの所為だ……恨んだ佐知代はマリアに罪を着せるべく変装すると大介の遺体を遺棄したのである。

すべては上手く行くかに思われた。
しかし、意外なところからマリアのアリバイが判明した。
なんと、マリアが密会していた男性こそ、男装した忍だったのだ。
忍はマリアのアリバイを証明しようとしていた。
これを佐知代は買収することで阻止した。
だが、忍は良心の呵責からアリバイ証言しようと決めてしまう。
其処で、佐知代が口封じに殺害したのだった。
それだけマリアが許せなかったのだ……。

こうして、マリアは無罪を勝ち取った。
数日後、マリアは大介の遺産の相続を放棄する。
彼女なりの大介への愛らしい。

一子と優美子は今日も無実の人の為に戦っている―――エンド。

<感想>

「オバベン 〜京都ふたりの女弁護士〜」シリーズ1作目。
早速、感想を!!

此処から「オバベン」に関する感想となりますが、かなりモヤモヤをぶつけてます。
読むといや〜〜〜な気持ちになる可能性があります。
此の点に注意してお進みください。


「ガリレオ」最終話「聖女の救済・後編」との並行視聴となりました。
メインは「ガリレオ」です。

「ガリレオ」最終話(第11話)「最終章・聖女の救済−後編−実に、実に、面白い!!さよなら!湯川先生」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

なので、あまり集中して視聴出来てません。
でも、視た範囲だと本作を流し見したことに特に後悔は無いかなぁ……。
タイトルこそインパクトがありましたが、内容は特に目立つ点がありません。
いろいろネタドラマ的な展開こそ、ちらほら見受けられましたが……ああ、その意味では見逃したと言えるか。
でも、まぁいいや―――そんな感想です。

とりあえず、大介は「店の後継者であること」と「マリアの夫であること」共に成立させようとして果せず潰されたのでしょうね。
「愛するマリアに逃げられたから」よりはそんな印象を受けました。

そう言えば、全体的にとってつけたようなシーンが多過ぎなのも……。
普通のドラマだと、白い背景に大介の死体とそれを拭い続ける佐知代のシーンで親子愛を感じる筈なのですが、このドラマに限っては何故かネタに見えた管理人は性根が歪んでいるのでしょうか?
そして、大介の死体を佐知代が発見した際、花弁がぼとりと落ちるシーンで涙が流れる筈なのですが、爆笑してしまった管理人は性根が歪んでいるのでしょうか?
うん、きっと歪んでるんだろうなぁ……反省。

それと、なんとなく、この28日に「金曜プレステージ」で放送予定の「鬼女」へのアンチテーゼ的なものを感じたのも気の所為なのでしょうか?

とりあえず、本作は微妙に薄味、微妙に濃い味で微妙な印象。
シリーズ次回があれば改善を期待したいけど、そもそも次回をそんなに求めない。
管理人的には首を傾げる作品となりました。

<キャスト>

富永優美子:羽田美智子

笠木一子:杉田かおる

熊野マキ:青山倫子

笠木 駿:林 大暉
小金井研四朗:山田純大
三浦博司:いわすとおる
歩川マリア:山下裕子

歩川佐知代:高田美和
歩川大介:遠山悠介
歩川春海:棟 里佳
歩川夏子:遊井亮子
歩川真一郎:野元学二

森下 忍:川崎亜沙美
布施信彦:渋谷哲平 ほか
(公式HPより、敬称略)


「苦節23年、夢の弁護士になりました」です!!
苦節23年、夢の弁護士になりました





「私が弁護士になるまで」です!!
私が弁護士になるまで





「同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術」です!!
同業の弁護士から「どうしてそんなに仕事ができるの」 と言われる私の5つの仕事術





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。