2013年05月15日

『未来日記リダイヤル』プロローグ(えすのサカエ作、角川書店刊)ネタバレ批評(レビュー)

2013年7月26日に発売が決定した『未来日記リダイヤル』(えすのサカエ作、角川書店刊)。

「未来日記リダイヤル」2013年7月26日発売決定!!予約が開始される!!

以前には、そのプロローグ部分が「少年エース」にて掲載。
そして、2013年5月現在では「角川書店公式HP」上にて「お試し」としてこの掲載部分が確認出来るようになっています。
この「お試し」部分、プロローグとなっており、読んでみると本編に期待出来る良い印象。
と言うワケで、プロローグ部分をネタバレ批評(レビュー)にてご紹介。

とはいえ、少しアレンジを加えているので公式HPと比較しつつご覧頂き、共に『未来日記リダイヤル』への期待を高めようではありませんか!!

では、早速ネタバレあらすじスタートです。

<ネタバレあらすじ>

此処は3周目世界。
その世界の住人である我妻由乃は、今日も物足りなさを感じつつ、自宅のベット上にて朝を迎えていた。
2周目世界の雪輝の来訪と退去―――あれから2年が経過していた。

だが、由乃には「2周目の記憶」はない。
当然だ、彼女は1周目世界の由乃とは異なる3周目世界の由乃なのだから。
しかし、2周目の記憶はムルムルの工作により、密かに受け継がれていたのである。

その記憶の断片は夢となって、由乃を苦しめていた。
その一方で、常に由乃と共にある“男子生徒”の記憶が彼女の胸を焦がしていた。

今日も“彼”を夢に見た由乃。
物思いにふける余り、些か寝過ごしてしまった。

2年前のあの事件により奇跡的に家族の形を取り戻した両親に見送られつつ、由乃は家を飛び出す。

駆ける由乃は、通学路にて良く見知った顔に出会う。
日向とまおだ。
気さくな性格の日向、日向ラヴなまお。
世界は違えど相変わらずの2人と共に登校する由乃。

その横を高坂が走り過ぎる。
彼もまた相変わらずの高坂ぶりである。

どこからどうみても平和な日常であった。
だが、由乃は夢の内容に拘っていた。

放課後、同級生の誘いを断り、廃工場へと一直線に向かう由乃。
その目的は、廃工場2階に隠している望遠鏡を使いある人物を観察することであった。

その対象は―――由乃にとって夢の人物に似ている隣のクラスの男子生徒。
3周目世界の由乃は知らないが、もちろん雪輝である。
とはいえ、これまた由乃の存在を知らない3周目の雪輝だ。
下校中の雪輝の隣には若葉萌絵の姿もある。
萌絵と肩を並べて歩く雪輝は2周目の彼の姿からは想像もつかないほど、幸せそうな笑顔を浮かべている。

そんな雪輝を遠くから見詰めることしか出来ない由乃。
自分でも良く分からない感情のままに突き動かされている由乃だが、雪輝にとって彼女は見知らぬ人でしかあり得ない。
その距離は大きく、虚しい……。

それに気付かない由乃ではない。
思わず洩れる溜息。
そして、その視線が走り寄る自転車を捉えた。

自転車の正体に気付き、慌てて逃げ出そうとする由乃。
だが、自転車は勢いを殺さず廃工場内へ突入して来る。

由乃のストーカー行為を咎め立てする自転車の主。
その正体は、探偵見習・秋瀬とその助手・豊穣礼佑であった―――『未来日記リダイヤル』本編へ続く。

<感想>

コミック版『未来日記』では最終話中盤直後、アニメ版「未来日記」では最終回直後を3周目世界の由乃側から描いた作品。
そのプロローグ部分となっています。

少年エース連載「未来日記」(えすのサカエ作)が遂に完結&最終話ネタバレ批評(レビュー)

まさにもう1つのエピローグに相応しく、2周目世界のキャラの3周目世界での姿が描かれていますね。
このプロローグ部分だけで、日向、まお、高坂、秋瀬、豊穣礼佑、若葉萌絵らが描かれました。
良かったですね。
もう、ここだけでグッと来た。

この後に、他の未来日記所有者たちも登場するのだろうし、もっと盛り上がるんだろうなぁ。
他のキャラはどうしているんだろう……。

バックスは『未来日記』最終話から、かまどと交際してそうな感じかな。
来須圭悟は家族と共に居そうだし、火山は逮捕されていそう。
平坂は自警活動を続けていそうだし、春日野は秋瀬の追っかけをしてそう。

気になるのは、2周目から3周目に渡った雨流みねねか。
3周目由乃、1周目ムルムルを除き、唯一、2周目の記憶を持つ彼女がキーとも思われるんだけど。

連載版の最終話に沿えば、デウスと由乃が出会う必要がある。
コミック版の最終話に沿えば、3周目由乃が1周目の力に目覚める必要がある。
いずれにしても、いろいろ気になるところ。

まさに「未来日記NEXT PROJECT」の名に相応しい本作。
多くのファンが補完していたパートが明かされることもあり、『未来日記リダイヤル』に注目だ!!

◆関連過去記事
少年エース連載「未来日記」(えすのサカエ作)が遂に完結&最終話ネタバレ批評(レビュー)

「ビッグオーダー1巻」(えすのサカエ作、角川書店刊)ネタバレ批評(レビュー)

「未来日記」がよもやのドラマ化!!その名は「未来日記-ANOTHER:WORLD-」!!

アニメ版「未来日記」完結……も「NEXT PROJECT始動」って!?

「未来日記NEXT PROJECT」正体判明!!「未来日記」に幻の追加エピソードが!!その名も「未来日記リダイヤル」!!

「未来日記リダイヤル」2013年7月26日発売決定!!予約が開始される!!

2013年7月26日発売予定「未来日記リダイヤル オリジナルアニメDVD同梱」です!!
未来日記リダイヤル オリジナルアニメDVD同梱





ゲーム化ふたたび!!「未来日記 13人目の日記所有者 RE:WRITE (限定版)特典「13人分の壁紙所有者」 ディスク& Amazon.co.jpオリジナル特典ヤンデレリバーシブルジャケット付き」です
未来日記 13人目の日記所有者 RE:WRITE (限定版)特典「13人分の壁紙所有者」 ディスク& Amazon.co.jpオリジナル特典ヤンデレリバーシブルジャケット付き





遂に物語も完結……「未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)」です!!
未来日記 (12) (角川コミックス・エース 129-19)





物語は此処から始まる……「未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))」です!!
未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))





「未来日記 コミック 全12巻 完結セット (角川コミックス・エース)」です!!
未来日記 コミック 全12巻 完結セット (角川コミックス・エース)





1話から最終話までの裏設定などが満載!!
「未来日記フラグメンツ 公式ガイドブック (角川コミックス・エース 116-6)」です!!
未来日記フラグメンツ 公式ガイドブック (角川コミックス・エース 116-6)





「未来日記 Blu-ray限定版 第1巻」です!!
未来日記 Blu-ray限定版 第1巻





こちらはDVD版!!
「未来日記 DVD第1巻 [DVD]」です!!
未来日記 DVD第1巻 [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。