2013年06月17日

「ガリレオ」第10話「最終章・聖女の救済−前編−愛という名の完全犯罪!!」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第10話「最終章・聖女の救済−前編−愛という名の完全犯罪!!」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)です。

<あらすじ>

大学の湯川(福山雅治)の元を訪れた美砂(吉高由里子)は、会社社長・真柴(堀部圭亮)が毒殺された事件について相談する。事件当日、自宅で仕事をしていた真柴は、午前10時のテレビ会議の時までは元気だった。だが、午後4時の会議の際に連絡が取れなくなり、駆け付けたホームセキュリティー会社の社員が、自宅のダイニングで倒れている真柴を発見した。真柴が飲んでいたコーヒーから猛毒の成分が検出されたため、計画殺人の可能性が高かった。また、午後2時過ぎに、女性と思われる人物が真柴を訪ねていたという。さらに美砂は、事件当日には北海道へ里帰りしていた真柴の妻が、湯川の中学校時代のクラスメート・綾音(天海祐希)だと告げる。

綾音(天海祐希)が留守中に夫・義之(堀部圭亮)が自宅で猛毒であるヒ素が混入したコーヒーを飲み亡くなった。貝塚北署の刑事・岸谷美砂(吉高由里子)は、綾音が湯川学(福山雅治)の中学時代の同級生と知ると湯川のもとへ訪れる。湯川も美人でしかも同級生が関係している難事件に断る理由はなかった。そして二人は葬儀会場で切ない27年ぶりの再会を果たす。
その後の捜査で、綾音は義之から離婚を切り出されていたことが判明、綾音に疑いの目が向けられるが事件当日、綾音には北海道にいたという完全アリバイがあった。さらには湯川も毒物混入の犯行手段の解明に手こずっていた。
(公式HPより)


では、続きから(一部、重複アリ)……

その日の午前、Mシステムズの社長・真柴義之は自宅で珈琲を作っていた。
空になったペットボトルをゴミ箱に捨てる。

続いて珈琲を手にテレビ会議に参加。
夕方4時にリアル会議に参加することを告げると、ログオフした。
午前の予定はこれで終わりだ。
さて……と腰を浮かしかけ、来客に気付く。

相手は玄関前で紫色の傘を差していた。
義之が待ちかねていた相手であった。

同時刻、北海道―――義之の妻・綾音は其処に居た。
その夜、綾音は中学時代の同級生と久しぶりの食事を楽しんでいた。
話題に上ったのは「悪魔の手」事件。
犯人が名指ししていたT大学Y准教授が湯川であると知り、綾音は驚く。

そんな綾音のもとにMシステムズ・加藤から電話が入った。
要件は4時の会議に義之が現れなかったことで、居場所の心当たりを尋ねるモノであった。
自宅に居る筈と連絡を取る綾音。
電話の着信音が響く自宅では、義之が死亡していた……。
其処にあの女性の姿は無い。

翌日、義之の訃報が届き、綾音が北海道から戻って来た。
出迎えた美砂たちは状況を説明する。
どうやら、義之はダイニングで珈琲を飲み死亡したらしい。

自宅に戻り、花に水を遣りたいと主張する綾音。
キッチンの水道水から水を汲むと、花に水遣りすることに。
美砂の先輩である太田川は綾音の姿に「可憐だ」と洩らす。

翌日、帝都大学の湯川研究室を訪れた美砂。
湯川はインスタントからコーヒーメーカーに切り替えていた。
どうやら、大学のイベントで優勝しコーヒーメーカーをゲットしたらしい。
コーヒーメーカーも悪くないと湯川。
とはいえ、インスタントの味が出せないのが欠点だと零すが……。

そんな湯川に美砂は一方的に事件を説明。

義之は午後に淹れたとみられる珈琲に混入された亜ヒ酸で死亡していた。
10時までは義之は健在だったことがテレビ会議により証明されている。

コーヒーフィルターや薬缶からは亜ヒ酸の成分が検出された。
紙フィルターやミネラルウォーターからは同成分は検出されていない。
其処から、捜査陣は薬缶に毒が混入されたと考えていた。

義之宅ではホームセキュリティーを導入しており、その記録から1人の訪問者の存在が明らかになっている。
顔は確認されておらず、紫の傘の女とのみ分かっているようだ。

そして、4時。
加藤が義之に連絡を取るが繋がらない。
其処で義之の妻に連絡し、其処からホームセキュリティー会社の担当者が確認に赴き事件が判明していた。

「物理には関係ない」
美砂の説明にも興味を一切抱かない湯川。
だが、美砂は此処で切り札を持ち出す。

義之の妻・綾音、その名を聞いた湯川が反応する。
そう、湯川と綾音には面識があったのだ。
何故なら、2人は中学時代の同級生だったのだから……。

義之の葬儀が行われた。
ひまわり会の児童たちが参列していた。
綾音は結婚前に幼児教室の運営に参画していたのである。
綾音は子供好きだが、義之との間には子供が居なかったようだ。

義之の遺体の前、綾音は義之の言葉を思い出す。
「あの約束、覚えているよね……」

ふと、過去を思い出していた綾音の前に人影が立つ。
その正体は―――湯川である。
ここに数十年ぶりの再会が果たされたのだ。

湯川は捜査に乗り出すことを宣言。
殺害現場である義之の自宅を訪れる。

義之はダイニングで死亡していた。
綾音によれば、義之はミネラルウォーターか浄水器の水しか使わなかったそうである。
湯川は浄水器に興味を示すが、特に最近になって触れられた痕跡はない。

一方、美砂はダイニングに飾られたタペストリーに目を止める。
このタペストリーは1年かけて綾音が制作したものだそうだ。

その夕方、美砂は綾音とお茶を共にする。
綾音によれば、湯川は中学時代の同級生で初恋の相手らしい。
綾音と意気投合する美砂。
去り際、綾音は「私が北海道に行かなければ義之は死ななかったのかも」と呟く。

その夜、美砂はひまわり会の女性教師の1人と出会う。
彼女によれば、義之と綾音の結婚は綾音が妊娠したことが契機だったそうだ。
ところが、流産してしまった。
流産の原因は、綾音が自転車に轢き逃げされた為らしい。
女性教師は、義之の過去の交際相手が犯人かもしれないと示唆する。

矢先、義之の過去の交際相手が浮上する。
その名は津久井潤子。
義之が綾音を選んだ為に捨てられ今は静岡の実家に帰っているらしい。

同じ頃、湯川研究室を綾音が訪れていた。
綾音はひまわり会の子供たちに面白い実験を実演して欲しいと依頼する。
しかし、湯川は子供が苦手である。
あっさりと断ろうとするが……綾音の顔を見ると言い出せない。

此処で、湯川は綾音宅に植えられた薔薇について尋ねる。
結局、薔薇を凍らせる実験ならば……と引き受けることとなった。

翌日、ひまわり会に湯川の姿があった。
子供が苦手な湯川は実験に集中することで、気を逸らしている様子。
必死の湯川が取り出したのは、電気ポット1つ、耐熱ガラス3つ、水。
其処に薔薇は無い。

まず、ポットでお湯を沸かす湯川。
其処に派手さは無い。
淡々と実験が進み、湯川は耐熱ガラスにお湯を注ぐ。

「お湯は何色かな?」
湯川の問いに子供たちは口々に叫ぶ。
「「「透明」」」
だが、それは変哲のないお湯である。
「つまんな〜〜〜い」
一斉に大合唱されてしまう。

ところが、此処からが違った。
再度、電気ポットでお湯を沸かす湯川。
2度目に注いだそれは赤色であった。

そして、3度目。
今度は紫色。
子供たちから歓声が湧き上がる。

いよいよ、湯川から種明かし。
電気ポットの蓋に溶解温度の異なるゼラチンを2つ貼り付けていた。
それぞれには、赤い絵の具と青の絵の具が含まれている。
最初はゼラチンが溶けず、普通のお湯。
2度目は赤の絵の具が溶け出し、赤いお湯になった。
3度目は青の絵の具が溶け出し、赤と混ざって紫になったのだ。

湯川の説明に興味を示す子供たち。
ところが……。

「全然、わかんな〜〜〜い」
「なんで、紫のお湯が出たの〜〜〜?」
「ゼラチンってな〜〜〜に〜〜〜?」
「ねぇ、どうなってるの〜〜〜?」

質問の雨霰である。
遂には湯川に向け詰め寄り始める。
及び腰になり困惑する湯川。
そんな湯川を綾音が冷静に見つめていた……。

その頃、美砂は綾音が自転車に轢き逃げされた現場を訪れていた。
美砂は自転車の女と紫の傘の女が同一人物ではないかと考えていたのだ。

一方、太田川の捜査の結果、潤子が1年前に自殺していたことが判明。
彼女には義之殺害が不可能であることが分かる。

どうあの場を切り抜けたモノやら、教会で一息つく湯川。
そんな湯川に綾音が話しかける。
「救済には時間がかかるものなのよね……」

「何故、あの実験だったの?」
重ねて湯川に問う綾音。
あの実験は明らかに義之殺害の犯行方法を模索してのモノであった。

そう……湯川は事前に仕掛けられた毒物が何らかの装置により効果を発揮した可能性を検討していたのだ。
その一環がゼラチンだったようである。
だが、湯川はゼラチン説は早期に捨てていた。

しかし、この湯川の検討はある大きな疑惑を示していた。
すなわち、綾音にも犯行可能であること。

過去、綾音は薔薇が嫌いだと語っていた。
棘が嫌いなのだそうだ。
ところが、今の綾音は薔薇を自ら育てている。

湯川は過去の綾音と今の綾音に何らかの差異があると察していた。
そして、常識を疑ったのだ。
湯川は綾音に宣言する。
「愛する夫を殺された妻、その構図……それ自体から疑う必要があるのかもしれない」と。

湯川の声を耳にした綾音の脳裏を義之の言葉が過る。
「忘れていないよね……1年以内に子供が出来なければ別れるって、約束」
実は、綾音にも義之殺害の動機が存在したのだ。
綾音の表情が凍り付く―――最終話(11話)に続く。

「ガリレオ」最終話(第11話)「最終章・聖女の救済−後編−実に、実に、面白い!!さよなら!湯川先生」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<感想>

遂に放送された「ガリレオ」。
その第10話「聖女の救済 前編」。
原作は同名長編『聖女の救済』(文藝春秋社刊)。
過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

ドラマ版は、幾つか原作と変更点がありましたね。
もっとも大きな変更点は綾音が湯川の中学時代の同級生となったことか。

他にも原作の義孝が義之に変更。
綾音がパッチワーク作家から、ひまわり会の教師に。
綾音が過去に義之の子供を妊娠していた設定に変更。
同じく、自転車の轢き逃げで流産した設定に変更。

気になる点は、ひまわり会の女性が原作の宏美に当たるのかどうかですね。
たぶん、そうなのだと思いますが……。

そして、草薙のポジションを太田川が一部、負担していましたね。
それと、ドラマ版だと如雨露のエピソードは省かれそうな予感。
あるいは、太田川が如雨露を交換していた可能性は低そうだし。
其処を省いて、真犯人を追い詰める物語になりそうか。

ちなみに、真犯人自体は原作同様でしょう。
ただ、綾音を自転車で轢き逃げしたのは誰なのだろうか?
潤子か。
それとも、原作での宏美ポジションの女性か。
あるいは、潤子から義之を奪う為に妊娠したと嘘を吐いた辻褄を合せる綾音の狂言か。
可能性としては、原作から考えて綾音の狂言ぽいかなぁ……。

そう言えば、同日の月曜ゴールデンは「血痕4」。
こちらの主人公も湯川さんなんだよね。
今日は湯川さん対決でしたね。
では、「月曜ゴールデンの湯川さん」をこれから視聴することにします。

でもって、次回(第11話)は最終回。
内容は『聖女の救済―後編―』。
いよいよ、義之殺害の真相が明かされます。
既に前編で手掛かりは出尽くしている……筈。
果たしてあなたは真相を見抜けるのか?

原作『聖女の救済』自体は過去にネタバレ書評(レビュー)してますね、興味のある方はどうぞ!!

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

さらに、2013年6月22日には内海刑事主役のスピンオフスペシャルドラマ「愚弄ぶ」も放送。
こちらも期待!!

内海刑事がファンの前に帰って来る!!ガリレオスピンオフドラマ「ガリレオXX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」放送決定!!

ちなみに東野圭吾先生と言えば、その著作『さまよう刃』が韓国にて映画化されるとのこと。
こちらも注目です!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

そうそう、ガリレオ本編とは別にスピンオフドラマ『タガーリン』もお忘れなく!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『ガリレオの苦悩』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第1話「幻惑す‐まどわす‐帰ってきた変人!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第2話「指標す(しめす)死を呼ぶ水晶振り子!変人VS美少女」(4月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第3話「心聴る(きこえる) 復讐する亡霊社内連続怪死事件!」(4月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第4話「曲球る(まがる) 姿なき侵入者と魔球の謎!遠隔放火」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第5話「念波る(おくる) 距離200キロの目撃者!双子の神秘」(5月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第6話「密室る(とじる) VS女性科学者!!空白の20分の殺人術」(5月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第7話「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第8話「演技る(えんじる)VS狂気の女優 夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第9話「攪乱す(みだす) 狙われた湯川!!悪魔の手の恐怖実験」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第1話「幻惑す‐まどわす‐帰ってきた変人!」(4月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第2話「指標す(しめす)死を呼ぶ水晶振り子!変人VS美少女」(4月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第3話「心聴る(きこえる) 復讐する亡霊社内連続怪死事件!」(4月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第4話「曲球る(まがる) 姿なき侵入者と魔球の謎!遠隔放火」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第5話「念波る(おくる) 距離200キロの目撃者!双子の神秘」(5月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第6話「密室る(とじる) VS女性科学者!!空白の20分の殺人術」(5月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第7話「偽装う(よそおう)壁を抜ける!?天狗伝説殺人事件」(5月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」第8話「演技る(えんじる)VS狂気の女優 夜空に舞う花火の下で殺人劇場の幕が開く」(6月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

「ガリレオの苦悩 (文春文庫)」です!!
ガリレオの苦悩 (文春文庫)





「聖女の救済 (文春文庫)」です!!
聖女の救済 (文春文庫)





「容疑者Xの献身 スペシャル・エディション [DVD]」です!!
容疑者Xの献身 スペシャル・エディション [DVD]





2012年10月発売シリーズ最新作「禁断の魔術 ガリレオ8」です!!
禁断の魔術 ガリレオ8





「ガリレオ DVD-BOX」です!!
ガリレオ DVD-BOX





「ガリレオφ [DVD]」です!!
ガリレオφ [DVD]





「東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX」です!!
東野圭吾ミステリーズ Blu-ray BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。