2013年06月25日

「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)第1話から第36話までネタバレ批評(レビュー)まとめ

「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)第1話から第36話までネタバレ批評(レビュー)まとめです!!

本記事は各話のネタバレ批評(レビュー)への過去記事リンクをまとめたものです。

シャーロッキアン!1


〜〜〜これまでのあらすじ〜〜〜〜〜

エル文化大学に通う女子大生・原田愛理はシャーロッキアン。
同じくシャーロッキアン(ホームズ譚の実在を信じる熱狂的なファン)である車教授と親交を結ぶことに。
ここから愛理の見つけて来た謎に車が挑むとの名コンビが結成された。

やがて、愛理と車教授の間には愛が芽生える。
だが、車は亡き妻を想うばかりに素直になれない。

そんな中、愛理が病気の為に倒れてしまう。
此処に至り、車は愛理への気持ちを告白。
遂に2人は相思相愛の仲になるのであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<各話リンク>

・1話から27話までのまとめです。
「シャーロッキアン!」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)まとめ

・連載再開!!愛理のバイト先の先輩・花丘の悩み……それは夫のことであった。
「シャーロッキアン!」第28話「カレーの問題(前編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・花丘の夫の真意とは!?そして夫婦愛とは!?車との関係を花丘夫婦に重ねる愛理。
「シャーロッキアン!」第29話「カレーの問題(後編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・車の誕生日プレゼントに悩む愛理。其処へBSIの団長が掘り出し物を……。
「シャーロッキアン!」第30話「追跡!ビートンのクリスマス年鑑(前編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・「ビートンのクリスマス年鑑」、本物ならば計り知れない価値があるが……。
「シャーロッキアン!」第31話「追跡!ビートンのクリスマス年鑑(中編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・愛理が手にした「ビートンのクリスマス年鑑」の正体とは!?
「シャーロッキアン!」第32話「追跡!ビートンのクリスマス年鑑(後編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・夏目漱石とシャーロック・ホームズは知り合いだった!?
「シャーロッキアン!」第33話「騎士と漱石」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・有名女流作家・来生妙子が謎の失踪!!車がこれに関わることに!?
「シャーロッキアン!」第34話「アガサ・クリスティの失踪(前編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・来生妙子は車に助けを求めに来たのか?愛理は車への愛に思い悩む……。
「シャーロッキアン!」第35話「アガサ・クリスティの失踪(中編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)

・愛理、車、妙子……3人の結末は!?
「シャーロッキアン!」第36話「アガサ・クリスティの失踪(後編)」(池田邦彦著、双葉社刊「漫画アクション」連載)ネタバレ批評(レビュー)……は欠番です。
幻の結末は2013年7月12日発売予定の「シャーロッキアン!」コミックス第4巻にて確認せよ!!

なお、36話以降は再び休載中となっています。

<感想>

シャーロッキアンの意外な真実を縦軸に、車教授と愛理の関係を横軸に置いた作品「シャーロッキアン!」。
27話にて一旦完結を迎えましたが、本家さながらに堂々完結からの帰還となりました。

27話時点にて車と愛理の愛が確認され、これにより28話以降は純粋に意外なエピソードの謎を追う形式に―――と思いきや、34話より来生妙子が登場し再び愛理は車への愛に悩むことに……。
この結末は2013年7月12日発売予定のコミックス最新4巻で確認せよ!!

ちなみに、再開後に連載されたのは28話から36話まで計8話。
36話以降は2013年6月現在も休載中。
とはいえ、「漫画アクション」公式HPに連載作品として名前が挙がっており、また戻って来る可能性は極めて高い。
当然、その帰還が楽しみな作品となっています。
車教授と愛理……その活躍をまた読みたいぞ!!

2013年7月12日発売予定シリーズ最新刊(2013年6月時点)「シャーロッキアン! 4 (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン! 4 (アクションコミックス)





「恐喝王ミルヴァートン」収録「シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)





「シャーロック・ホームズに愛をこめて (光文社文庫)」です!!
シャーロック・ホームズに愛をこめて (光文社文庫)





「シャーロック・ホームズ家の料理読本 (朝日文庫)」です!!
シャーロック・ホームズ家の料理読本 (朝日文庫)





2012年4月28日発売。
「シャーロッキアン!(3) (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン!(3) (アクションコミックス)





2012年2月23日発売。
「シャーロッキアン!(2) (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン!(2) (アクションコミックス)





2011年2月28日発売。
「シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)」です!!
シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)





柴田錬三郎著「赤い怪盗」が収録された「日本版 シャーロック・ホームズの災難」です!!
日本版 シャーロック・ホームズの災難





「シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)」です!!
シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)





真実は此処にある!?
「シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)」です!!
シャーロック・ホームズ―ガス燈に浮かぶその生涯 (河出文庫)





「シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで」です!!
シャーロッキアンへの道―登山口から5合目まで





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。