2013年07月07日

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 東京〜金沢、未解決誘拐殺人ルート!加賀老舗旅館の嫁姑争い!12年前の黒百合に隠された密室トリック!!」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 東京〜金沢、未解決誘拐殺人ルート!加賀老舗旅館の嫁姑争い!12年前の黒百合に隠された密室トリック!!」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

警視庁刑事・片岡悠介(寺島進)と奥村澪(原沙知絵)が所属する特命捜査対策室、通称“再捜査班”は、主として未解決事件の継続捜査を行う部署である。“再捜査の鬼”の異名を持つ悠介は、これまで数々の未解決事件の真相を暴きだしてきた。

ある日、悠介たちは捜査一課の刑事・本田勇蔵(不破万作)から、12年前に石川・金沢で起きた未解決の誘拐事件の再捜査を持ちかけられる。友人の石川県警刑事から協力を頼まれたのだが、本田は捜査一課刑事・榎本香織(南果歩)らとともに銀座のクラブママ・倉田典子(遠野なぎこ)が殺害された事件の捜査にあたっており、協力ができないという。
休暇を取ってさっそく金沢に赴いた、悠介と澪。その誘拐事件は12年前、能登半島・加能岬で少女・宮坂茜(加々美瑠菜)の溺死体が見つかったことが発端だった。茜は老舗旅館の社長・宮坂勇(金山一彦)と若女将・藍(佐藤藍子)のひとり娘で、誘拐されたあと、犯人から電話で「警察に届けたら命はない」と脅されていたため、勇の母で大女将の澄乃(根岸季衣)が通報を控えたという。その夜、身代金5000万円を指定場所に届けたが、犯人からの連絡はそれきり途絶えてしまい、翌日警察に届けたものの、時すでに遅く、茜は変わり果てた姿で見つかった…という痛ましい事件だった。
手がかりを求め、藍を訪ねた悠介と澪。彼女は事件のあと、勇と離婚して旧姓の“嶋村”に戻り、亡き父の跡を継いで加賀友禅の作家になっていた。藍は悲しみをこらえて、事件を振り返るが…!?

そんな中、浮上したある容疑者の名前を聞くと、なんと、つい先日殺されたクラブのママ・倉田典子だった。典子は当時、勇の愛人で、多額の借金を抱えていたという。だが、誘拐事件当日、典子と勇は越中八尾に旅行に出かけており、犯行は不可能だと判断されていた。
すぐさま、典子が殺された事件を捜査中の香織に確認したところ、典子は息を引き取る間際、「ビョ・・・ケイコ・・・ミエ」という謎の言葉を残したという。また、殺害現場に黒百合の花が一輪、落ちていたのも謎だった。
 
はたして、12年前の誘拐事件に潜む嫁姑の争いの真相とは…!? 
そして銀座クラブママ殺害に潜む秘密とは…!? 
悠介が、ダイイングメッセージと黒百合の謎に挑む…!
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

片岡たちは12年前の誘拐殺人事件の再捜査を行うこととなった。
被害者は宮坂茜、老舗旅館の社長・宮坂勇と若女将・藍のひとり娘である。
勇の母で大女将の澄乃は茜を溺愛しており、通報せずに身代金を支払った。
ところが、茜は無惨な姿で発見されたのである。

12年後の今では藍は勇と別れ、独立して生活していた。
藍は母親に捨てられた経験があり、その分だけ茜を愛していたのだ。
その茜を失ったショックが大きかったのだろう。
そんな藍に勇は復縁を迫っていたらしいが……。

一方、銀座のクラブママ・倉田典子が何者かに殺害された。
典子は息を引き取る直前に「ビョ…ケイコ…ミエ」と謎の言葉を遺しており、現場には黒百合の花が落ちていた。
これは一体、何を意味しているのか?

典子は着物に興味を持っており、自宅に立派な衣桁屏風を飾っていた。
上総屋呉服店の松島雪子とは親しい仲だったようだ。

矢先、12年前に典子が勇の愛人であったことが判明。
茜の事件以後、2人は別れていたようだが……。

次いで、勇も何者かに殺害されてしまう。
片岡は典子殺害と勇殺害が連続殺人であると考える。
さらに、片岡は「屏風の本当の姿は蛍光灯の下では見えない」ことを藍から教わる。

片岡は勇と典子が共謀し、茜の狂言誘拐を実行したと推測。
2人は当時愛人関係にあったが、共に金銭的に困窮していた。
其処で、茜を利用し澄乃から大金を奪おうと仕組んだのだ。

ところが、此処で予想外の出来事が起こった。
茜が事故で死亡してしまったのだ……。

今回の殺人はこの復讐なのではないか―――片岡は典子の死亡時の状況を再現する。
すると、典子が死の間際に「クラブ・FOLDING」を指さしていたことが分かる。
「FOLDING」との意味は「折り畳む」、「折り重ねる」。
つまり、「屏風」だ!!

そう、典子宅には「衣桁屏風」があった。
早衣桁屏風を確認した片岡は藍の言葉「屏風の本当の姿は蛍光灯の下では見えない」を思い出す。
まさか……典子が遺した謎の言葉「ビョ…ケイコ…ミエ」とは「びょうぶの本当の姿はけいこうとうの下ではみえない」だったのではないか。

早速、蛍光灯ではなく蝋燭の灯りで照らし出すと……屏風の中にある便箋が。
それは典子が遺した告白文であった。
典子は勇を脅迫し金を要求しており、口封じに殺害されることを怖れて告白文を用意していたらしい。
其処には茜誘拐が勇と典子の犯行であることが記されていた。

さらに、遺体の茜の手の縛り方が「縄かけ結び」であったことが判明。
これは植木職人が竹垣などい行う結び方。
そして、典子は植木職人の娘であった。

やはり、告白文の内容は間違いないようだ。

しかも、典子の所持する衣桁屏風が別の糸で補修されていたことが分かる。
つまり、隠された告白文を秘密裏に読んだ人物が居たのだ。
その人物が犯人である。

翌日、片岡たちは松島雪子の前に姿を現した。
そう、犯人は雪子だったのだ。

雪子は典子と親しく、自宅にも出入りしていた。
そんな中で、告白文に気付いたのだ。
雪子は典子に謝罪を迫った。

だが、典子は開き直った。
其処で、逆上した雪子に殺害されたのだ。
この際、雪子は茜に備える為に黒百合を所持しており、現場に落としたのである。

その後、勇が藍に執拗に復縁を迫っていたことを知り、藍の為に勇を殺害した。
自身の都合で茜を殺すような男に付きまとわれる藍を助けたかったのだそうだ。

これに藍は「何故、其処までしてくれるのか?」と雪子に尋ねる。

雪子は藍を捨てたとされる母であった。
実は、雪子は姑から嫌われ藍を置いて出て行くよう強要されていたのである。
以後、遠くからではあるが藍を見守り続けていたのだ。

「藍を強く抱きしめたかった」
そう、泣きながら連行されて行く雪子。

「屏風の本当の姿は蛍光灯の下では見えない」
これを片岡に教えた為に母が捕まったと悔やむ藍。
「ずっと見守っていてくれたなんて……」とこちらも涙を流す。

片岡の今夜の酒は苦い物になりそうである―――エンド。

<感想>

「再捜査刑事・片岡悠介」の第5弾、オリジナルシリーズなので原作はありません。
前作は2012年9月29日に放送されているので、実に10ヶ月ぶりの続編となります。
これまでのシリーズについてはネタバレ批評(レビュー)がありますね。
興味のある方は、過去記事リンクよりどうぞ!!

では、第5弾の感想を。

なかなか渋かったですね〜〜〜。
でも、なんだか「再捜査」よりも、どんどん「おみやさん」になっているような気がする。

それと、典子はわざわざ自身の旧悪の証拠になる告白文について遠回しに言い残さなくても良いのにね。
まず、告白文が見つけられたら典子にとって不都合だし。
次に、それが有効なのは典子殺害が勇の犯行である場合だけだし。
今回は雪子の犯行だからそぐわないね。

それだったら、直接「雪子にやられた」と伝えた方が良かったね。
クラブを指さしながら「屏風の本当の姿は蛍光灯の下では見えない」よりは「雪子にやられた」の方がシンプルだね。

そう言えば、今回は片岡、香織、澪、浅野とメンバーも充実してましたね。
これに美知恵を加えた面子がフルレギュラーになるのかな。
次回にも期待!!

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 時効まであと10日!東京〜山形天童、2つの迷宮入り事件を結ぶ15年前の殺人免許証」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 函館〜横浜・同窓会不倫殺人!ホスト殺しと迷宮入り事件を結ぶネイルの傷とバターの謎!!」(6月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 ワイナリー連続殺人 赤い死体は甘く香る!!ウソつき老人の証言と踏みつけられたブドウの謎!!」(3月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 死者が書き続ける!?岐阜〜美濃和紙の秘密23年前の毛筆に隠された美女連続殺人の謎」(9月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

片岡悠介:寺島 進
榎本香織:南 果歩
奥村 澪:原 沙知絵
浅野直樹:金子貴俊
本田勇蔵:不破万作
一二三祐希:吉田 羊
嶋村 藍:佐藤藍子
宮坂澄乃:根岸季衣
松島雪子:音無美紀子
片岡美知恵:吉行和子 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


「君は一流の刑事になれ」です!!
君は一流の刑事になれ





「捜査夜話」です!!
捜査夜話





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。