2013年08月02日

「第10回ミステリーズ!新人賞」受賞作発表!!第11回も募集中!!

「第10回ミステリーズ!新人賞」最終選考の結果が東京創元社さんより発表されました!!

新人賞受賞の栄冠に輝いたのは次の作品。

櫻田智也先生『サーチライトと誘蛾灯』

佳作はなし。

受賞おめでとうございます!!

櫻田智也先生のプロフィールはこちら。

1977年北海道生まれ。埼玉大学大学院修士課程修了。現在アルバイト。
(東京創元社公式HPより)


櫻田先生、36歳の方ですね。
「第9回ミステリーズ!新人賞」で二次選考通過をご経験されており、遂に受賞。
これからが楽しみな方です。

それにしても『サーチライトと誘蛾灯』とのタイトルが気になりますね。
どちらも光を放つ器具。
これがどう物語に関わるのか―――注目です!!

『サーチライトと誘蛾灯』(櫻田智也著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.61 OCTOBER 2013』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

そして、今回佳作は無しでした。
これは票が割れなかったことを意味するのか。
選評が気になるなぁ……。

ちなみに「第10回ミステリーズ!新人賞」の応募総数は562編。
2013年5月20日におこなわれた第一次選考の結果、101編が通過。
2013年6月21日に行われた第二次選考の結果、47編が通過。
2013年7月1日に行われた第三次選考の結果、8編が通過。
2013年7月31日に行われた最終選考の結果、1編が選ばれました。

新人賞受賞作は562分の1の激戦を潜り抜けた末の受賞となりました。
本当に凄いです!!

一方、「第11回ミステリーズ!新人賞」も募集中。
新たなる波に対しベテラン勢が意地を見せるか、それとも、さらなる新世代が台頭するのか?
それを決めるのは、応募するあなたかもしれません!!

◆関連外部リンク(外部サイトに繋がります)
・ミステリーズ!新人賞公式HP(東京創元社公式HP内)
http://www.tsogen.co.jp/tanpensho/index.html

◆関連過去記事
【「第10回ミステリーズ!新人賞」受賞作関連記事】
「第10回ミステリーズ!新人賞」第一次選考結果が発表!!通過作品は101編に!!

「第10回ミステリーズ!新人賞」第二次選考結果が発表!!通過作品は47編に!!

「第10回ミステリーズ!新人賞」第三次選考結果が発表!!通過作品は8編に!!

【「第9回ミステリーズ!新人賞」受賞作関連記事】
「第9回ミステリーズ!新人賞」受賞作発表!!第10回も募集中!!

『かんがえるひとになりかけ』(近田鳶迩著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.55 2012年10月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『清然和尚と仏の領解』(天野暁月著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.56 2012年12月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『○の一途な追いかけかた』(中村みしん著、東京創元社刊『ミステリーズ!vol.56 2012年12月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【「第8回ミステリーズ!新人賞」関連記事】
「第8回ミステリーズ!新人賞」最終選考結果が発表、意外な結末に……一方、第9回の募集も開始される

【「第7回ミステリーズ!新人賞」受賞作品ネタバレ書評(レビュー)】
「オーブランの少女」(深緑野分著、東京創元社刊「ミステリーズ vol.44」掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「商人の空誓文」(明神しじま著、東京創元社刊「ミステリーズ vol.44」掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「強欲な羊」(美輪和音著、東京創元社刊)

【第7回以前のものはこちら】
「第7回 ミステリーズ!新人賞」締切まで3ヶ月!!&「砂漠を渡る船の道」ネタバレ批評(レビュー)

・2008年度受賞作「砂漠を走る船の道」を収録した「叫びと祈り」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「叫びと祈り」(梓崎優著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)」です!!
叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)





【関連する記事】
posted by 俺 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説賞関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。