2013年08月07日

深町秋生先生『果てしなき渇き』(宝島社刊)が「渇き。」として映画化!!

深町秋生先生『果てしなき渇き』(宝島社刊)が「渇き。」として映画化されることが明らかにされました。

『果てしなき渇き』は「第3回このミステリーがすごい!大賞」を受賞作にして深町秋生先生のデビュー作。
映画化される『果てしなき渇き』のあらすじはこちら。

・原作ネタバレ書評(レビュー)へのリンクです。
『果てしなき渇き』(深町秋生著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

<あらすじ>

・上巻

「人物たちを突き動かす破壊的なエネルギーが凄まじい。これほどパワフルな新人も珍しい」 池上冬樹(文芸評論家)

失踪した娘の行方を追う元刑事の父親。親も知らなかった彼女の本当の姿とは――。

第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した、暗き情念の傑作が新装版になって登場です。元刑事・藤島秋弘のもとに、失踪した娘の加奈子を捜してほしいと、別れた妻から連絡があった。彼は一人、捜査に乗り出す。一方、三年前。中学生である瀬岡尚人は手酷いイジメにあっていた。自殺を考えていたところを、藤島加奈子に救われる。彼は彼女に恋をし、以前、彼女がつきあっていた緒方のようになりたいと願うようになるが……。

・下巻

「ざらついた刀のような、とんがった魅力。深町秋生はずば抜けた一人」 池上冬樹(文芸評論家)

一人の少女に狂わされた男たちの運命は?そして待ち受ける驚愕の結末!

第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した衝撃作、新装版の下巻です。元刑事の藤島が、失踪した娘・加奈子を追う現在のストーリーと、加奈子に恋をした少年・瀬岡の3年前のストーリーが交錯する、暗き情念の問題作。探れば探るほどに、深くなっていく「加奈子」という謎。果たして、彼女は天使なのか、悪魔なのか。ひとりの少女をめぐる男たちの狂気のゆくえは?そして用意された、驚愕の結末とは――?
(宝島社公式HPより)


この原作を映像化するのは映画『告白』でも知られる中島哲也監督。

そして、キャストが凄い!!

主役の藤島昭和役には役所広司さん。
その娘・加奈子役には小松菜奈さん。
事件の重要参考人となった藤島に密着する元部下で刑事の浅井役に妻夫木聡さん。
“家族”を何よりも大事に考える刑事・愛川役にオダギリジョーさん。
加奈子と同じ中学の不良少女・遠藤役に二階堂ふみさん。
失踪の原因を藤島に仄めかす加奈子の高校時代の友人・森下役に橋本愛さん。
加奈子の中学時代の担任・東役に中谷美紀さん。

うわわわ……これって視るしかないじゃん!!

そんな映画「渇き。」は2014年夏公開予定!!
注目せよ!!

◆関連過去記事
『果てしなき渇き』(深町秋生著、宝島社刊)ネタバレ書評(レビュー)

映画原作「果てしなき渇き (宝島社文庫)」です!!
果てしなき渇き (宝島社文庫)





「【コミック版】果てしなき渇き (Wonderland comics)」です!!
【コミック版】果てしなき渇き (Wonderland comics)





「新装版 果てしなき渇き 上 (宝島社文庫)」です!!
新装版 果てしなき渇き 上 (宝島社文庫)





「新装版 果てしなき渇き 下 (宝島社文庫)」です!!
新装版 果てしなき渇き 下 (宝島社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。