2013年09月17日

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

浅見家に“富山売薬”の梶川尋助(山本圭)がやって来た。
旅雑誌「旅と歴史」から“富山の売薬さん”の特集記事を依頼されていた光彦(速水もこみち)は梶川への同行取材を頼み込む。
富山へと取材の旅に出向いた光彦は、まずは漢方薬の専門知識を学ぶため、富山薬科大学の准教授・高津雅志(葛山信吾)を訪ねる。そこで、高津が優秀な医師であり、東京中央薬科大学の学長の娘婿となることを知った。
梶川と合流し漁師町を一緒に巡った光彦は、梶川が売薬さんとしてどこの家族からも歓迎されていることに驚く。それは確固たる薬の知識と長年に渡って築き上げた信頼によるものだ。しかし、金沢で偶然会った和泉冴子(三浦理恵子)だけが梶川にそっけない態度をとった。
懐かしそうに声をかける梶川に対して、人違いだと言う冴子。腑に落ちない梶川の視線の先には、幹瀬由起仁(黄川田将也)と恋人同士のように映る2人の姿があった。
その後、舞鶴の旅館で人に会うと光彦に言い出かけた梶川が撲殺され帰らぬ人となり発見された。警察に駆けつけた梶川の孫娘・優子(渋谷飛鳥)と出会った光彦は殺人事件の謎を追うことになる。
警察の調べで、梶川を呼び出したと思われる人物が、夜7時に舞鶴市内の公衆電話から梶川の携帯電話に連絡していることが分かった。その人物は冴子なのか?
少しでも情報が欲しい光彦と優子は、大陸からの引揚者だった梶川の手がかりを求めて舞鶴港にある引揚桟橋へと向かう。そこで二人は、訃報を聞き駆けつけた雪江(佐久間良子)と出くわした。
光彦と雪江は、金沢で開かれている加賀友禅の大家、幹瀬丈一郎(綿引勝彦)の個展に立ち寄り、偶然にも冴子と再会した。
しかし、光彦が大きなヒントを掴むと同時に、第2の殺人事件が起こってしまう。
謎は蜃気楼のように幻と消えてしまうのか? はたまたこの悲劇の結末を光彦は紐解くことができるのか?
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

浅見家に顔馴染みの“富山の売薬さん”こと梶川が訪れた。
光彦は取材の為に梶川の旅に同行することに。

富山にて浅見は、専門家からも取材をしようと思い立った。
其処で、富山薬科大学の准教授・高津雅志に協力を依頼する。
光彦自身は忘れていたが、彼は幼い日に光彦と共に遊んだ友人であった。
高津は成功を収めており、近く東京中央薬科大学の学長の娘婿となるらしい。

梶川の旅は、光彦にとって温かいモノであった。
何処を巡っても、梶川は長年の友人、あるいは遠縁の親戚のように厚遇されていた。
それは梶川が長年に渡って築き上げた信頼によるものであった。

そんな中、金沢で再会した和泉冴子だけは梶川に冷たい態度を取る。
「ご主人、成功なされましたねぇ!!」
梶川の知る“彼女”の夫は大成功を収めていたのだ。
ところが、“彼女”に喜ぶ様子はない。
それどころか、“彼女”と同行している男性―――幹瀬由起仁にも見覚えのない梶川は違和感を拭えなかった。
梶川が知る“彼女”は冴子では無いし、また夫も幹瀬とは異なっていたからである。
まるで、見知らぬ人物のようだ―――梶川は思った。

その夜、梶川が何者かに殺害された。
光彦は梶川の孫娘・優子と共に犯人を追うことを決意する。
光彦の脳裏に冴子の顔が浮かぶ……。

手掛かりを求めていた光彦は、金沢で開かれている加賀友禅の大家・幹瀬丈一郎の個展に立ち寄ることに。
すると、偶然にも冴子と再会出来た。
冴子は丈一郎の弟子だったのだ。
しかも、冴子は丈一郎の息子・由起仁からプロポーズされているらしい。
だが、同じく加賀友禅に携わっている浅岡によれば、2人の結婚は絶対に認められないらしい。

矢先、浅岡が死亡してしまう。
どうやら、何者かに特別な毒薬を服用させられたようだ。

由起仁と冴子の結婚が認められない理由が冴子の過去にあると考えた光彦はこれを調べ始めることに。
すると、意外な事実が判明。

冴子の本名は多田真由美。
真由美は過去に同棲相手の生活を支える為に夜の仕事を行っていたらしいのだ。
そして、真由美と同棲相手のもとを梶川が売薬の為に訪問していたようなのだ。

梶川が真由美と同棲相手を知っていたからこそ殺されたと考えた光彦は真由美に真実を明かすよう迫る。
ところが、その翌日に真由美までもが何者かに殺害されてしまう。

犯人に怒りを禁じ得ない光彦は再度、真由美の過去を調べ、ある写真を入手する。
其処には真由美と同棲相手が写っていた。
その人物の正体とは―――。

高津のもとを訪れた光彦。
真由美の同棲相手は高津だったのだ。
真由美は苦学生であった高津の為に夜の仕事を行っていた。
そして、高津の出世の為に身を退いた。

ところが、最近になって梶川に出会ってしまった。
梶川は高津の事も新聞記事で知っていた。
危機感を抱いた真由美は高津に報告する。

高津は梶川に口止めしようとするが……。
梶川は高津の真由美への背信を責め立てた。
さらに、口外はしないが高津の意にも従わないと宣言した。
逆上した高津は梶川を殺害してしまった。

次いで、真由美の過去を知った浅岡が高津を脅迫して来た。
其処で、高津が浅岡を殺害したのだ。

さらに、高津の過去に光彦が迫りつつあることを悟った真由美は高津の手にかかることを選び、命を落としたのであった。

高津は逮捕されることに。

優子は梶川の跡を継ぎ、売薬さんになろうかな……と呟く。
光彦がこれに同意しようとしたところ、優子は光彦こそ梶川の後継者に相応しいのではないかと口にする。
慌てながらも力強く拒否する光彦。

帰宅してみれば「蜃気楼クッキー」が待っているのであった―――エンド。

<感想>

原作は内田康夫先生『蜃気楼』(講談社&新潮社刊)。

<あらすじ>

・講談社版
蜃気楼にも似た人間の業に浅見光彦は!?
現役最長老「越中富山の売薬さん」を訪ねる途中、魚津埋没林博物館で幸運にも蜃気楼に出会った浅見光彦。そこへ案内してくれた館員梶川優子の祖父急死の報が入ったが、その尋助こそ取材すべき人物であった。尋助の足取りを追う浅見の前に虚飾に満ちた世界が露わにされてゆく。話題の文芸ミステリー第4弾!!

・新潮社版
美しすぎる幻が人を殺人へ駆り立てる。殺意の軌跡を辿って、光彦は丹後路へ。内田康夫の代表作、待望の新潮文庫化。

富山と東京を往復する薬売りの老人が、舞鶴で遺体となって発見される。取材で富山の魚津に滞在中の浅見光彦は、殺される直前の老人と会った後に行方をくらませた謎の女性を追う。東京のファッション業界の関係者であった彼女も、また命を奪われ、さらに第三の犠牲者が――。蜃気楼の街・魚津から旅立ち、都会で失速した夢のかけらが、光彦の胸を刺す。果てしなき哀感漂う長編ミステリー。
(講談社&新潮社公式HPより)


これのドラマ版にして、TBS版浅見光彦シリーズ33弾。
前々作(31弾)にて、沢村一樹さんが浅見役を引退し、前回(32弾)から速水さんにバトンタッチされました。
前作は2013年2月25日に放送されているので、ほぼ7ヶ月ぶりの新作になりますね。
前作のネタバレ批評(レビュー)もありますね。
興味のある方は感想のあとにあるので、どうぞ!!

では、ドラマ版の感想。

浅見光彦シリーズと言えば、フジテレビ版とTBS版があります。
フジテレビ版が急展開に次ぐ急展開で物語のスピードを楽しむ作品。
TBS版がゆったりとした流れをじっくりと楽しむ作品。
こんな感じで認識しています。

今回のTBS版も確かにじっくりと流れを楽しむ作品だったとは思うのですが……ただ、余り内容が無かった気がする。
かと言って、物語の深さで泣かせて来るワケでもない。
どうにも困惑気味です。

まず、ヒロインの影が薄い気がする。
優子こそがヒロインだと思ってたけど、実は真由美だったのかなぁ……。

そして、光彦を売薬さんにスカウトするとはある意味、優子からのプロポーズだよなぁ……。
それを力強く拒否する光彦。
あれだけ売薬さんの仕事の素晴らしさを力説してたのに……。
まるで、鄙びた田舎を訪れて「いいところですねぇ」と褒めながらも「いや、住む気はないんで」と強調する人みたいだ。

でもって、高津を犯人と断定した決め手が推理ではなく実地に調査した末の写真とは……。
これ光彦である必然性は薄い物語だよなぁ……。

さらに、高津の真由美への行動は彼女の夢を叶える為とか言ってたけど「体の良い厄介払い以外の何ものでもない」よなぁ……。
だからこそ、本来は第3者である梶川も怒ったワケだし。
それを何故、率先して認めようとするのか光彦よ……。

今回の光彦はどこか生まれの良さを強調していたような気がするのも気にかかった。
あれは強調せずとも自然に醸し出されるモノだと思うのだが……。

そう言えば、最初の時点で真由美が梶川に高津と別れたことを素直に伝えていればこんな大事件に発展していなかったよなぁ……。
やっぱり、真由美も高津を心のどこかで恨んでいて、つい昔馴染みの梶川に本音に近い態度を取ってしまったのかもしれないなぁ……。

いろいろモヤモヤする……。
とりあえず、次回にこそ期待!!

一方、浅見光彦シリーズ原作ですが、内田康夫先生が2012年に完結する旨を2011年に宣言されています。
2012年は既に終わってしまいましたが、今のところこれについては続報がありませんね。
こちらの動向も注目です。

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

<キャスト>

浅見光彦:速水もこみち
浅見雪江:佐久間良子
浅見陽一郎:風間杜夫

高津雅志:葛山信吾
和泉冴子:三浦理恵子

梶川優子:渋谷飛鳥
幹瀬由起仁:黄川田将也
幹瀬丈一郎:綿引勝彦
大山警部:東 貴博

梶川尋助:山本 圭 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

こちらは講談社版。
「蜃気楼 (講談社文庫)」です!!
蜃気楼 (講談社文庫)





キンドル版「蜃気楼 (講談社文庫)」です!!
蜃気楼 (講談社文庫)





こちらは新潮社版。
「蜃気楼 (新潮文庫)」です!!
蜃気楼 (新潮文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
月曜ゴールデンの来月のラインナップですが、内田先生の「信濃のコロンボ」がスタートするそうです。放送日は10月7日です。

主人公・竹村警部役は寺脇康文さんです。
中村梅雀さんとはまた違う竹村警部が見れそうです。
Posted by Me at 2013年09月17日 21:01
今回もリメイク作品で、既に辰巳版を見ていたために内容は知っていました。悪くはないですが、少し内容が薄いですね。

犯人の高津ですが、沢村一樹さんが演じられた辰巳版といい、今回の速水版といい、逮捕されるときは抵抗もせず大人しく逮捕されていました。

原作では逮捕される際も相当悪あがきをして抵抗した挙句、刑事に一括されるなど、かなりひどい醜態をさらしまくっている印象があっただけに、ここはずいぶんとあっさりしている気がします。

しかし、渋谷さんといい、前回の黒川さんといい、中村版光彦の「志摩半島殺人事件」のヒロイン役が二人続けてというのは、妙な偶然です。

あと、高津の婚約者の役が小野麻亜矢さんというのも興味深かったです。
菊川怜さんが主演の「家庭教師が解く!」では、葛山さんとは夫婦役だったわけですから・・・。(小野さんのあのヒステリックな演技は、今見ても強烈過ぎます)
Posted by Me at 2013年09月17日 21:34
Re:Meさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

TBS版「信濃のコロンボ」がスタートするんですね!!
10月7日が楽しみだ。
これで、もう1つ看板シリーズが増えたらいいなぁ……。

原作の高津はかなり粘るんですね。
それはそれで視たかったかな。

さらに、関連するキャスティングの謎が浮上するとは!!
やっぱり、演じることの出来るキャストが限られているのかもしれませんね。

そして、あるドラマの出演者さんが別のドラマで意外な形で共演されると、驚くと共に嬉しいですよね。
これこそ2時間サスペンスの醍醐味(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年09月18日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。