2013年09月18日

芦辺拓先生が描く明智小五郎と金田一耕助が帰って来た!!『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』が角川書店刊『小説野性時代』に掲載!!

2013年9月23日に放送が予定されているドラマ「金田一耕助VS明智小五郎」。
その原作は東京創元社さんより発売された芦辺拓先生『明智小五郎対金田一耕助』。
この作品は過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『明智小五郎対金田一耕助』(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

本作は後に角川書店さんからも刊行され、こちらにはボーナストラックとして『金田一耕助対明智小五郎』が追加されました。

『金田一耕助VS明智小五郎』(芦辺拓著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

この時点でも混乱を招きかねないこの2作品。
繋がりがあるとはいえ、タイトルが紛らわしい!!
ところが、これにさらなる混乱を招きかねないタイトルが加わりました。

なんと、2013年9月12日に発売された角川書店刊『小説野性時代』に『明智小五郎対金田一耕助ふたたび』という短編が掲載されたのです。
しかも、この短編前後篇です。

『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』(芦辺拓著、角川書店刊『小説野性時代』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

この4作が1列に並んだ時に、どれがどれやら戸惑う自信が管理人にはあります。
なにしろ……。

『明智小五郎対金田一耕助』
『金田一耕助対明智小五郎』
『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』
『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(後篇)』

しかも、短編集のタイトルと表題作のタイトルの別もあるし、版元も東京創元社さんだったり角川書店さんだったり原書房さんだったりする。
でもって、ドラマ版のタイトルは『金田一耕助VS明智小五郎』ですが、実際の原作は『明智小五郎対金田一耕助』だったりするワケです。

これは怪人20面相の罠ではなかろうか……そう考えてしまうほど紛らわしいのです(力説)!!
もう、この罠を回避する為には内容をしっかり把握しておくしかない。
そういうワケで皆さん、きちんと読んでチェックしておきましょう!!

『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』は2013年9月12日に発売された角川書店刊『小説野性時代』に掲載です!!

【ドラマ化情報】
【至急報】謎の推理ドラマ情報が!!果たして「KvsA」とは!?

「KvsA」の正体判明!!土曜プレミアムSPドラマ「金田一耕助vs明智小五郎」だった!!

◆関連過去記事
【森江春策シリーズ関連】
・森江春策シリーズ第1作にして初々しい学生・森江青年が初登場する作品はこちら。
「殺人喜劇の13人」」(芦辺拓著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「綺想宮殺人事件」(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・土曜ワイド劇場版「森江春策」シリーズ第1作となった「弁護士・森江春策の裁判員法廷 殺人レシピのさしすせそ」のネタバレ批評(レビュー)も含んでます。
「裁判員法廷」(芦辺拓著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・「探偵Xからの挑戦状!」にあなたも挑戦!?「森江春策の災難」ネタバレ批評(レビュー)です。
「森江春策の災難」(芦辺拓著)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
『明智小五郎対金田一耕助』(芦辺拓著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『金田一耕助VS明智小五郎』(芦辺拓著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』(芦辺拓著、角川書店刊『小説野性時代』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【ドラマ版】
土曜ワイド劇場「弁護士森江春策の事件 殺人同窓会・すり替った友人の死体〜君は一体誰!!密閉空間の移動トリックで法廷が踊る!?」(8月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「弁護士・森江春策の事件 透明人間の完全犯罪!!偽装結婚で殺された病院長!?死のカプセルが相続人を狙う」(10月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『明智小五郎対金田一耕助ふたたび(前篇)』が掲載された「小説 野性時代 第119号 (KADOKAWA文芸MOOK 121)」です!!
小説 野性時代 第119号 (KADOKAWA文芸MOOK 121)





「金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫)」です!!
金田一耕助VS明智小五郎 (角川文庫)





「明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)」です!!
明智小五郎対金田一耕助 (創元推理文庫)





「ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)」です!!
ルパン対ホームズ (新潮文庫―ルパン傑作集)





「真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫)」です!!
真説ルパン対ホームズ―名探偵博覧会〈1〉 (創元推理文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。