2013年11月24日

土曜ワイド劇場 特別企画「冤罪死刑 逆転の誘拐!!一本の毛髪で作る警察組織の完全犯罪!?消えた身代金6000万円の謎…記者を待つ偽りの罠!!」(11月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場 特別企画「冤罪死刑 逆転の誘拐!!一本の毛髪で作る警察組織の完全犯罪!?消えた身代金6000万円の謎…記者を待つ偽りの罠!!」(11月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

通信社の大阪本社に勤務する恩田和志(椎名桔平)は、気骨あふれる記事を発信してきた社会部記者。一方で組織からはみだしがちな存在で、今も大学の補助金の不正プールを暴く取材で協力者の裏切りにあい、懲罰委員会にかけられている身分だった。上司の本郷真一(伊武雅刀)からも、3カ月以内に結果を出すよう釘を刺されている。
そんなとき、恩田の記事を読んだという弁護士・櫻木希久子(財前直見)が訪ねてくる。希久子は、3年前に発生した少女誘拐殺人事件の被告・山崎哲也(長谷川朝晴)の新たな弁護人で、山崎は無実だと主張。京都府警が失態を隠すために、犯人逮捕を急いだ末の冤罪だと断言する。
その事件は、外食チェーンの会社社長・春薗秀紀(丸山智己)の娘で当時10歳だった乙女が誘拐され、身代金6000万円が奪われた挙句、2カ月後に遺体となって見つかったという惨いもので、春薗家に出入りするディーラー・山崎が逮捕起訴され、すでに一審、二審で死刑判決を受けていた。当時、京都支社の遊軍記者だった恩田も取材に当たり、その後、山崎の心の闇を探るべく取材を重ねて記事を書いたものの、正直、動機すらつかめなかったという苦い思い出があった。そんな恩田に、希久子は山崎は府警に自白を強要されたのだといい、無実を立証するために協力してほしいと頼みこむ。
もし希久子の主張が真実だとしたら、大スクープだ…! 京都支社にいる後輩・佐々木太一(塚本高史)の協力のもと事件の洗い直しをはじめた恩田は、身代金受け渡し現場で山崎を目撃したと証言した小料理屋の女将・小鳥遊純枝(山下容莉枝)に関する不審な情報をつかむ。事件の直後、純枝の息子が仲間と共に大麻所持で逮捕されたにもかかわらず、ひとりだけ不起訴になったという。純枝は恩田の直撃に対し、山崎の顔をはっきり見たわけではないことを渋々、明かす。
恩田は、被害者の母・加奈子(浅見れいな)にも話を聞く。3年間そのままにしてあるという乙女の部屋を見せてもらった恩田は、ぬいぐるみに乙女の髪の毛が付着していることに気がつく。実は、山崎の逮捕の決め手となったのは、彼の車から見つかった乙女の毛髪だった。加奈子は事件の1週間前、山崎の勤め先である外車販売店にそのぬいぐるみを忘れ、届けてもらったことがあると恩田に打ち明ける。ぬいぐるみの件については加奈子も山崎も捜査一課の刑事・村上清孝(小林稔侍)に話したというが、調書にはまったくその記述はない。もしかしたら、逮捕を決めた唯一の物証――乙女の毛髪は事件1週間前のものではなかったのか…!? 
村上は恩田が10年前から懇意にしてきた叩き上げの刑事で、現在、病に倒れ入院中だった。病床の村上は恩田の追及に対し、自ら逮捕の決め手となった証拠をねつ造したと告白する…! その後、恩田と希久子は、別の連続少女殺害事件で死刑が確定している栗原稔(甲本雅裕)と山崎を結ぶ“見えない糸”に気がついて…!?
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

3年前、外食チェーン会社社長・春薗秀紀の娘・乙女が誘拐され殺害された。
身代金6000万円を奪いながらも乙女を殺害した犯人―――そう名指しされたのは山崎哲也。
こうして山崎が逮捕された。

恩田和志は社会部記者である。
そんな恩田に山崎の弁護士となった櫻木希久子が近付く。
希久子は山崎は冤罪であると主張する。
もしも、これが事実ならば大スクープである。
恩田は裏付け調査を始める。

すると、意外な事実が次々と明らかになった。
まず、身代金受け渡し現場にて山崎を見たと証言した小料理屋の女将・小鳥遊純枝の証言が実は曖昧なものであったことが判明。

次いで、乙女の母・加奈子によれば、山崎は普段から春薗家に出入りしており、乙女の髪の毛が付着していても不自然ではなかったのだ。
だとすれば、これは証拠捏造に当たるのではないか。

恩田は懇意にしていた刑事の村上を追及する。
村上は病に倒れ余命幾許も無い状況であった。
そんな中、村上は捏造したことを認める証言を行う。

恩田はこれを受けて山崎が冤罪であるとの報道を開始。
後追いする社も現れ、一大キャンペーンにまで発展した。

そんな中、恩田は加奈子から乙女が秀紀の娘ではないことを知らされる。
結婚前夜、加奈子は見ず知らずの男たちに襲われており、乙女はその子供だと言う。
秀紀には黙っていたのだが、誘拐事件発生の1週間程前に秀紀がDNA鑑定の結果報告書を入手していたことが分かったらしい。
加奈子は秀紀が殺したに違いないと主張するが……。

その夜、帰宅した秀紀に詰め寄った加奈子。
ショックを受けた秀紀は自棄になり暴走し事故死してしまう。

後日、秀紀には乙女誘拐時に女性秘書と共に居たアリバイが判明。
秀紀は乙女が自身の娘ではないと知り加奈子の不倫を疑った。
その反動から女性秘書と不倫していたのだ。
すべては加奈子の思い違いだったのだ。

一方、希久子により連続幼女殺害の罪で死刑囚となっている栗原の存在が浮上する。
どうやら、犯行手口が乙女の場合もそっくりだったらしい。
矢先、栗原の唾液付きの乙女の衣服が発見される。
やはり、栗原の犯行だったのか?
あまりにも都合良く進むことに一抹の不安を憶える恩田だが……。

そんな中、栗原の死刑が執行された。
乙女殺害の嫌疑が加わったことが影響したことは間違いない。
確認出来ていないにも関わらず、乙女殺害についても栗原の犯行であるとの報道が為されることに。

この間、乙女殺害犯が別に居たことで山崎の刑が執行停止となった。
これを機に山崎は自身の善性を世に知らしめるべく、とある白血病患者のドナーとなった。

3日後、事件が大きく動いた。
栗原を担当していた刑務官2人が殺し合いを演じ相討ちとなり死亡したのだ。
死亡したのは、処遇部長・藤波と看守長・峰岸であった。
2人の傍には乙女誘拐事件の身代金6000万円が残されており、この配分を巡っての内輪揉めと思われた。
だが、この6000万円は何処から手に入れたのか?

これを知った恩田は「踊らされた!!」と叫ぶや否や、ある事実を調べ始める。

翌日、恩田は希久子を呼び出し「俺は誤った記事を書いてしまった」と告げる。
乙女殺害犯はやはり山崎であった。
栗原は乙女殺害については濡れ衣を着せられただけだったのだ。

すべては希久子の筋書き通りであった。
希久子は藤波を山崎から手に入れた身代金6000万円で買収し、栗原の唾液を手に入れさせると罪を被せるよう証拠を偽造したのだ。

希久子はどうしても山崎を釈放させる必要があった。
何故なら、希久子の娘・優希は白血病を患っており、これに適合するドナーこそ山崎だったのだ。
白血病の移植手術を行う為に希久子は栗原に罪を着せ山崎を救った。

恩田は希久子にこの事実を突き付けるが、希久子はこれを否定する。
希久子に否定されてしまえば恩田にはどうしようもない。
恩田は「それでもいい、俺は真実を記事にするよ」と主張する。

優希の手術は無事に終了した。
希久子は大粒の涙を流す。

恩田は希久子のことを記事にする。
一方、恩田の記事が人々の目に触れる前に、目的を遂げた希久子は出頭した。
山崎は再び逮捕されることとなった―――エンド。

<感想>

1年に1度訪れる椎名桔平さん主演による「土曜ワイド劇場特別企画」のシーズンが今年もやって参りました。
2011年が安東能明先生原作『殺人予告』、2012年が貫井徳郎先生原作『灰色の虹』のドラマ化。
そして、今年は緒川怜先生原作『冤罪死刑』(講談社刊)のドラマ化となりました。

土曜ワイド劇場 特別企画「殺人予告〜完全犯罪は一本の電話で始まった!!特命班が追う警官殺しと折れたタクトの謎!?」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ドラマスペシャル「灰色の虹〜刑事、検事、弁護士…7年目の殺人連鎖!!浮かび上がる全てを奪われた男!?暴かれる姿なき殺人者の驚くべき真実!!全てを奪われた家族の結末とは…」(2012年5月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

全体的に「冤罪」というテーマは「灰色の虹」。
主人公が記者であるという点は「殺人予告」と似通うか。

そんなドラマ原作『冤罪死刑』は過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。
興味のある方はこちら。

『冤罪死刑』(緒川怜著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

さ〜〜〜て、ここからドラマ版感想です。

椎名桔平さん熱演でしたね。
かな〜〜〜り、良かった!!
本郷役の伊武雅刀さんも燻し銀の魅力を存分に発揮されていました。

以上、キャストには文句なしです。

次に、ストーリーに関して。
これについては原作とドラマ版の違いについて触れざるを得ないでしょう。

原作とドラマ版との違いについて。

全体的にドラマ版の方がかなりマイルドだったかな。
それにより、良かった点もありますが些か不満も残ることとなりました。
異なっていた点を箇条書きで上げて行くと……。

1.原作だと小鳥遊は自身の行動を悔いてはっきり偽証を認めていますが、ドラマ版だと曖昧な供述に留まる。
2.原作だと村上は余命幾許も無いことを悟り、はっきりと自身らの行為を悪であると断じ組織を告発して死亡。
3.原作だと希久子が刑務官を抱き込む際も、買収だけではなくて籠絡したりハニートラップまでも駆使していたんだけど、ドラマ版は省略。
4.夫の死に責任を感じた加奈子の自殺未遂がドラマ版だと省略。
5.希久子が罪を認めたのは、刑務官との通信履歴が残っていたから捜査の手が及ぶことを確信して。
6.希久子が恩田を選んだのは亡き夫に雰囲気が似ていたから。

こうして振り返ってみると、原作では事件に関係した全員が自身の行いを最終的に反省する形だったと思う。
ドラマ版だと視聴者の想像に任せる余地も多いかな。

あまりドギツイ描写を入れても人を選ぶのでこれらの改変は良かったかなと思う反面、原作の持つ訴求力は失われたかなと思う。
原作ネタバレ書評(レビュー)でも述べたけど、この世界観に嵌れないとラストで壁本になりかねない結末(一周回って山崎がやっぱり犯人)なので、訴求力が原作に比べて弱いドラマ版は此の点が厳しかったかもしれない。

例えば、先の3があることで原作では希久子の「娘を救う為ならば手段を選ばない側面」がより強調されていた。
他にも、4の加奈子の自殺未遂が希久子に悔悛の情を呼び起こさせる契機にもなるので、ドラマ版の扱いだと加奈子が出て来た意味が薄くなったかな。
5と6が希久子が罪を認めた理由にもなってるし。

最終的な結論を述べると、原作は「ハードボイルド」と「サスペンス」だったのに対し、ドラマ版は「サスペンス」のみになった印象。
これにより、人によっては受け入れ易くなったし、逆に受け入れ難くもなったと思う。
でも、先に述べた通りドラマ化する以上は尖ったところが無くとも拒否されることを避けるべきと思われるので万人受けを狙うべきだとしたら、マイルドになるのも致し方がないのかもしれないなぁ……。

◆関連過去記事
【椎名桔平さん出演の作品はこちら】
「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」最終話(最終回)「百年の孤独」(12月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

恩田和志(おんだ・かずし):椎名桔平(しいな・きっぺい)
通信社の大阪本社・社会部記者。独自の嗅覚で集めた情報(ネタ)をもとに、粘り強い取材で記事を書く。すれ違いの生活がたたって、妻とは2年前に別居した。
3年前、“春薗乙女誘拐殺人事件”に遊軍記者として参加、犯人・山崎哲也と書簡でやりとりを重ねて記事を書いたものの、彼の真の姿をつかむことができなかった。
そんなとき、新たに山崎の弁護士となった櫻木希久子と出会う。
「京都県警がねつ造した冤罪」という希久子の言葉に触発され、真実を追いはじめる。

櫻木希久子(さくらぎ・きくこ):財前直見(ざいぜん・なおみ)
刑事事件担当の人権派弁護士。恩田の記事によって春薗乙女誘拐事件に興味を持ち、自ら犯人・山崎哲也に接見、冤罪の匂いを嗅ぎつける。
以後、恩田と二人三脚で、山崎の冤罪を晴らすため、動きはじめる。
夫は12年前に事故死、ひとり娘の優希を女手ひとつで育てている。

佐々木太一(ささき・たいち):塚本高史(つかもと・たかし)
通信社の京都支局社会部記者。春薗乙女誘拐殺人事件が本格的な初仕事であり、当時、京都市局に所属していた恩田に記者としてのイロハを叩き込まれる。
恩田の調査に協力する。

高嶋健一(たかしま・けんいち):吉田栄作(よしだ・えいさく)
京都府警捜査一課刑事。春薗乙女誘拐事件当時、先輩・村上清孝の下で懸命に捜査に当たった。山崎哲也の逮捕に立ち会い、取り調べにも参加している。
村上を尊敬し、信念を持って刑事という仕事に従事する熱血漢。山崎の冤罪を立証しようとする恩田と対立する。

栗原 稔(くりはら・みのる):甲本雅裕(こうもと・まさひろ)
連続少女殺害事件の犯人で、すでに死刑が確定し、大阪拘置所に収監されている男。恩田と希久子の調査により、春薗乙女誘拐殺人事件の真犯人として浮上するが…!?

山崎哲也(やまざき・てつや):長谷川朝晴(はせがわ・ともはる)
春薗乙女誘拐殺人事件の被告。櫻木希久子という信頼できる弁護士と出会ったことから、上告審を前に冤罪を訴えはじめる。

春薗秀紀(はるぞの・ひでき):丸山智己(まるやま・ともみ)
被害者・春薗乙女の父。全国展開する外食チェーン店の代表取締役。娘の誘拐殺人事件に関与した疑惑が…!?

春薗加奈子(はるぞの・かなこ):浅見れいな(あさみ・れいな)
春薗乙女の母親。主婦。3年前、身代金の受け渡し役を担当した。恩田を信頼し、衝撃の真実を打ち明けるが…!?

岩瀬厚一郎(いわせ・こういちろう):小木茂光(おぎ・しげみつ)
京都府警捜査一課長。春薗乙女誘拐殺人事件で捜査の指揮を執った。

村上朱美(むらかみ・あけみ):鷲尾真知子(わしお・まちこ)
京都府警捜査一課刑事・村上清孝の妻。仕事一辺倒の夫を支え続けてきた。恩田とも旧知の仲。

池端仁美(いけはた・ひとみ):高岡早紀(たかおか・さき)
死刑囚・栗原の前妻。逮捕されてからも栗原を愛し続け、静かに、そして気丈に、彼の刑を受け止め、見届けようとしている。

大谷俊雄(おおたに・としお):平田 満(ひらた・みつる)
大阪拘置所の心理技官。死刑囚の栗原と接見を繰り返し、栗原という人間を解き明かそうとしていた。その最中、春薗乙女誘拐殺人事件との共通点に興味を抱いて…。

本郷真一(ほんごう・しんいち):伊武雅刀(いぶ・まさとう)
通信社の大阪本社・社会部部長。いつもは昼行灯のような存在だが、熱い記者魂を内に秘めており、部下への思いやりも忘れない。愚直に突き進む恩田の記者としての姿には好感を抱いている。

村上清孝(むらかみ・きよたか):小林稔侍(こばやし・ねんじ)
京都府警捜査一課刑事。叩き上げで、正義感が強く、自分は警察という組織に育てられたと信じている。
恩田とは10年前のある事件を機に信頼関係で結ばれ、お互いに腹を割って話せる間柄。山崎哲也の取り調べを担当し、春薗乙女誘拐殺害の犯人として立証した。府警を守るため、恩田にある告白を…!? ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


こちらは文庫版「冤罪死刑 (講談社文庫)」です!!
冤罪死刑 (講談社文庫)





こちらは単行本キンドル版「冤罪死刑」です!!
冤罪死刑





「殺人予告 (朝日文庫)」です!!
殺人予告 (朝日文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
質問です。
ドラマの最後に山崎が再逮捕されそうになって
怯えるシーンがありましたが、あれも原作通りなのですか?
原作ネタバレレビューには山崎の末路が書かれていなかったので、
無罪とか一事不再利絡みで
山崎が勝ち逃げするような最悪の結末みたいに
受け取れるのですが…。
Posted by 翔 at 2013年11月24日 01:04
もう一つ書きます。
ドラマを見た限りでは山崎は既に
一審二審で有罪が出て最高裁を控訴する手前の状態でした。
ですから無罪を勝ち取った時点で、既に一事不再利確定です。
あの後に希久子が出頭して真実を語ろうが、これは揺るがない。

にも関わらず、ドラマの最後では
山崎の元に刑事らしき人物が近寄っていって終わる。
あれが幻覚ではなく本物の刑事だとしたら、
一体何の罪で山崎を逮捕するつもりなのでしょうか?

これはひょっとして、犯人が裁かれなかった原作を
ドラマ化する際によくある改変って奴でしょうか…?
例えば浅見光彦シリーズの志摩半島殺人事件は、
原作で唯一光彦が犯人を見逃す(自殺もしない)のですが
ドラマだときっちり逮捕されます。
福田和代の怪物も、こちらのレビューで見た通り
ドラマだと最後に主要人物が逮捕されるような
原作にない描写を勝手に追加しています。

悪人が勝利、勝ち逃げする結末はどんな原作でも
ドラマ化の際ほぼ必ず改変されている気がします。
それならそれで別に構わないのですが、
何故納得がいかない描写に改変するのでしょう?
一事不再利で裁けないのに山崎の元に刑事を向かわせる改変にするぐらいなら、
何もかも失った加奈子が外を歩いている山崎を
復讐で刺し殺す改変の方が極めて解り易いし
視聴者の溜飲も下がると思うのですが…。
Posted by 翔 at 2013年11月24日 02:13
ブログ読ませていただきました。
ドラマの最後の15分ほど見られなかったので結末が気になっていました。わかりやすい丁寧な書き方で、さすがたくさん記事を投稿されてるだけあるなあと感じました。
ドラマと原作の違いも分かってよかったです。助かりました!
Posted by リオ at 2013年11月24日 05:25
主演が椎名桔平で、職業が記者というと、桶川ストーカー殺人事件の再現ドラマ『実録ドラマ 遺言・桶川ストーカー殺人事件』を思い出しました。あれは日テレですが。
Posted by 浩一 at 2013年11月25日 00:00
こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!


Re:翔さん

管理人による推測も含めて分かる範囲となりますが、ご質問にお答えしたく思います。

まず、原作の山崎についてですが、希久子が出頭する前の台詞で「(山崎が)5日程度の自由になったけど」的な物があったので、大意としてはドラマ版に沿うと思います。

次に「一事不再理」についてですが、あの時点での山崎は「無罪」ではなく「刑の執行が停止された状態」だったと思われます。
これについては「あの時点での山崎の立場は保留中だった」との理解です。

ですので、山崎は希久子の出頭により、希久子暗躍前の状態(二審判決が出た直後の状態)に戻ったと考えるべきなのかもしれません。


Re:リオさん

当ブログは管理人による視聴日記のようなものとなってまして、お役に立てたなら物凄く嬉しいです!!
記事更新の励みにさせて頂きます(^O^)/!!


Re:浩一さん

椎名桔平さん、良い俳優さんですよね!!
TBS系列で放送中の「刑事のまなざし」のように、ひたむきに真実を追う姿が格好良いです。
その点、記者役はまさにはまり役なのかも。

実は……管理人の大好きな俳優さんの1人だったりします(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年11月25日 23:53
管理人さん、こんばんは

「刑事のまなざし」の椎名桔平さん、あたたかい感じで素敵ですね。この記者役も同じような感じでよかったです。

山崎は一時的に保釈になって、その間に骨髄提供したのですね。再審は行われていなかったのですね。

母親の気持ちとしてたとえ数日でも出てきてこどもを救ってもらえるなら、どんな罪を犯してもかまわないという気持ちがわかるような気がします。弁護士より母ですよ。

でも子供の命が助かったら、もう本当のことを正直に話すだろうとも。

やさしいまなざしの椎名さんが素敵ですが、ときどき風祭モータースの風祭警部の記憶がよび覚まされます。幅の広い役者さんです。
Posted by あおによし at 2013年11月26日 20:50
Re:あおによしさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

椎名桔平さん、やっぱり良いですね!!
「刑事のまなざし」だと、まさにタイトル通り目で物事を語るようなシーンが多いですが、何と言っても眼力があります。

そして、希久子がどうなったのか。
残された娘・優希についても気になりますね。

そう言えば、風祭警部も椎名さんが演じてらっしゃいましたね。
剽軽キャラも演じることが出来る演技力のある役者さんだなぁと再確認出来ました(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2013年11月28日 00:47
今回 ドラマ冤罪死刑見ました。原作小説も読もうと図書館に行きましたが、県内図書館在中で取り寄せ中です。二転三転するドラマでしたが、原作との違いも分かり 有益なコメントで
よくわかりました。そこで同じ椎名桔平出演の昨年かの貫井徳郎の原作「灰色の虹」読みました、冤罪事件でした。
新作放送の前に旧作再放送されることが多いのですが、過去の原作ドラマ再放送を是非見たくなりました。もし情報があれば教えて下さい。
Posted by ヒロリン at 2013年11月28日 22:26
Re:ヒロリンさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

お役に立てたなら嬉しいです!!
原作とドラマの比較により、テーマが明確になる場合もあります。
また、1つの作品で2度味わえて、それぞれがより味わい深くなるのも良いですよね(^O^)/!!

お尋ねの件についてですが、ドラマ版「灰色の虹」の再放送についてですね。

調べたところ、分かる範囲ですと「テレビ朝日系列にて2013年11月22日14時04分から」既に放送済みのようです。
それと、調べた範囲内では今後の再放送予定については分かりませんでした。

なお、2012年ドラマ版「灰色の虹」放送時にはその前年度(2011年)に放送された「殺人予告」が再放送されています。
「灰色の虹」と「殺人予告」の関係は椎名桔平さん主演の特別ドラマとの点で「冤罪死刑」と「灰色の虹」のソレとほぼ同じと思われます。

その上で、2012年の再放送以降「殺人予告」については未だ再放送が為されていない様子。
同様に「灰色の虹」の再放送も直近では行われない可能性が高いかもしれません。

一般的に、2時間ドラマの再放送は本放送から2〜3年ほど間が空くケースが多いようです。
「灰色の虹」単体での再放送についてもこれに該当するかもしれません。

一方、「原作ありのドラマ全般の中から再放送を」ということでしたら、関東地方にお住まいの方限定となりますが、内田康夫先生『長崎殺人事件』(角川書店刊)を原作とした「浅見光彦シリーズ37 長崎殺人事件」が2013年12月2日(月)14時からフジテレビ系列にて再放送予定だそうです。

管理人に分かる範囲ですと、以上となります。
あらすじやドラマ版の雰囲気については、当ブログの過去記事で味わって頂くことも可能かとは思うのですが、これは管理人と言うフィルタを通しての物となります。
やはり、その作品を完全に楽しむ為には直接ドラマを視るのが一番だと思います。
これについては、お役に立てず申し訳ないです……。
Posted by 俺 at 2013年11月29日 23:37
こんにちは
一つ質問なのですが、希久子は山崎からどうやって6000万のありかを聞いたのでしょうか?
山崎は希久子にも犯行を否認していたのに本当は自分が犯人だということを喋ったのでしょうか。
Posted by かず at 2013年12月14日 17:18
Re:かずさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

返信遅くなってしまいました。
お尋ねの件についてですが、分かる範囲でお答えしたく思います。

ドラマ版では特に描かれていませんでしたが、原作だと弁護士と依頼人の立場上、立ち会いが無い状況で話が出来たので、その際に希久子が山崎に対して「自由にしてあげるから、真相を明かすよう」に取引を持ちかけています。
これに山崎が応じ、6000万円の在処とその権利を希久子に譲った―――との流れになっていました。

此の点は、説明を盛り込める活字媒体たる原作の方が詳しいですね。
Posted by 俺 at 2013年12月20日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック