2013年11月05日

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 美女(原作IgE)』第1話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 美女(原作IgE)』第1話(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
御手洗潔:言わずと知れた名探偵。
石岡:御手洗の助手にしてベストパートナー。

秦野大造:著名な声楽家。今回の依頼人。
美女:秦野が出会った謎の美女。
ファミレスの店員:もう1人の依頼人。


御手洗の事務所に依頼人が訪れた。
依頼人の名は秦野大造、高名な声楽家である。
秦野によれば、ある美女について悩んでいるらしい。

その美女は、教え子として突然に秦野の前に現れた。
彼女の美貌に惹かれる秦野。
また、彼女も秦野を頼る素振りを見せる。

秦野は再三、彼女に誘われ様々な場所へ出向いた。
だが、彼女は現れる時もあれば、約束をすっぽかす時もあった。
そんな彼女の奔放さにさらに魅力を感じる秦野。

やがて、彼女は秦野に助けを求めるようになった。
何者かに狙われているらしい。
矢先、彼女が姿を消した。

秦野は彼女を見つけ出し、救いたいらしい。
其処で御手洗に依頼を持ち込んだのだ。
これを聞いた御手洗は依頼を引き受ける。

一方、もう1つの依頼が御手洗に持ち込まれた。
依頼主はファミレスの店員。
彼によれば、勤務先の男性用トイレに据え付けられた小便器が壊され盗み出されてしまうらしい―――2話へ続く。

<感想>

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』の第5弾。
今回、コミカライズ化されたのは短編集『御手洗潔のメロディ』に収録された『IgE』。
その全4話中の第1話でした。
原作短編『IgE』に興味のある方は、こちらをどうぞ!!

『IgE』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔のメロディ』収録)ネタバレ書評(レビュー)

本作のテーマは奇妙な導入部から意外な結末までの展開の妙。
終盤にて、御手洗の口から明かされる「謎の美女」と「盗まれる小便器」の意味には驚かされる筈。
其処に注目して読むと楽しめるでしょう。

今回コミカライズされたパート、ほぼ原作に忠実でしたね。
果たして謎の美女の目的とは!?
ファミレスから盗み出される小便器の意味とは!?
次回にも期待です。

◆関連過去記事

【島田荘司先生作品】
『UFO大通り』(島田荘司著、講談社刊 収録作『UFO大通り』『傘を折る女』)ネタバレ書評(レビュー)

『山高帽のイカロス』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔のダンス』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『数字錠』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔の挨拶』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『IgE』(島田荘司著、講談社刊『御手洗潔のメロディ』収録)ネタバレ書評(レビュー)

【ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―】
『糸ノコとジグザグ』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』3号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 傘を折る女』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)まとめ

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 山高帽のイカロス』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』4号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録― 数字錠』(島田荘司原作、原点火画、講談社刊『週刊モーニング』3号連続掲載)ネタバレ批評(レビュー)まとめ

【ドラマ】
「探偵Xからの挑戦状!夏休み・島田荘司スペシャル『ゴーグル男の怪』(島田荘司著)真夏のミステリーSP夜霧の街に現れた恐怖の殺人鬼・犯人は誰か謎を解くのはあなた!!」本放送(8月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
【新刊情報】『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』コミック1巻が2013年1月23日に発売予定!!

『ミタライ ―探偵御手洗潔の事件記録―』第3弾の内容判明!!コミカライズ作品は『山高帽のイカロス』(講談社刊『御手洗潔のダンス』収録)に!!

「ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(2) (モーニングKC)」です!!
ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(2) (モーニングKC)





2013年1月23日発売「ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1) (モーニングKC)」です!!
ミタライ 探偵御手洗潔の事件記録(1) (モーニングKC)





コミカライズされる『IgE』収録「御手洗潔のメロディ (講談社文庫)」です!!
御手洗潔のメロディ (講談社文庫)





『数字錠』収録「御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)」です!!
御手洗潔の挨拶 (講談社文庫)





「島田荘司 very best 10 Reader's Selection/Author's Selection (講談社BOX)」です!!
島田荘司 very best 10 Reader's Selection/Author's Selection (講談社BOX)





『山高帽のイカロス』収録「御手洗潔のダンス (講談社文庫)」です!!
御手洗潔のダンス (講談社文庫)





『傘を折る女』収録「UFO大通り (講談社文庫)」です!!
UFO大通り (講談社文庫)





『糸ノコとジグザグ』を収録した「毒を売る女 (光文社文庫)」です!!
毒を売る女 (光文社文庫)





「マイ・ベスト・ミステリー〈3〉 (文春文庫)」です!!
マイ・ベスト・ミステリー〈3〉 (文春文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。