2013年12月12日

「雪鬼伝説殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「雪鬼伝説殺人事件」第3話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

「金田一少年の事件簿」が「金田一少年の事件簿R」として帰って来た!!
記念すべき第1弾は雪の山荘での殺人事件!?


【「雪鬼伝説殺人事件」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

相馬真紀:金田一と美雪を誘った張本人だが、現地には居ない……筈。
影平文芽:イメージガール候補の1人。
月見里光:有名ネット掲示板「うぇぶすれっど」CEO。イケメン。
黒木守:月見里の秘書。地元出身らしい。雪鬼にも詳しい。
松島田学:月見里が用意したシェフ。
鯖木海人:ゲストモニターの1人。
雲沢夏樹:ゲストモニターの1人。2号コテージに滞在。
椿原紅湖:ゲストモニターの1人。スキー部所属。
鷹山翼:ゲストモニターの1人。プロスキーヤー。
斧寺空美:ゲストモニターの1人。
柊森一郎:ゲストモニターの1人。スキー部所属。

<3話あらすじ>

・前回のあらすじはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

山荘で一夜を明かした「うぇぶすれっど」の面々。
CEO・月見里に午前4時まで付き合わされた黒木と松島田たちはふらふらである。
月見里がソファーで爆睡する中、黒木は10分の仮眠、松島田は徹夜のまま朝食の準備に入ることに。

一方、金田一は午前5時起床。
主催者側のバイトとして、ゲストを出迎える準備に駆り出される。
とはいえ、5時起きはなかなかにキツイ。

そんな金田一の気も知らず、ゲスト連は悠々と山荘に集まって来る。
中でも斧寺は昨日の影の薄さも何処へやらやたらと元気が良い。
さらに、金田一の反感を買ったイケメン・柊も今日もご機嫌である。
相変わらずなのは、鯖木ぐらいか。

と……此処でゲストが1人足りない。
雲沢夏樹がいつまでたっても現れないのだ。

月見里と黒木の要請で金田一が2号コテージに様子を見に赴くことに。

途中、雪に翻弄されつつ何とかそれらしきコテージに辿り着く金田一。
コテージの扉には「2」と記されている。
此処で間違いないだろう。

扉には鍵もかかっていないようだ。
不審に思いつつ、中を覗いてみると……雲沢は不在。
ひょっとして外出中!?と思いきや、服や下着が室内に干されていた。
もしも、外出したとすれば相当な薄着になるだろう。
外出よりはどうやら何かあった様子。

金田一は月見里や黒木たちを2号コテージに呼び寄せる。
もしや、そもそもコテージに戻らなかったのでは……と洩らす黒木。
だが、昨晩、インターフォンにて雲沢がコテージに居ることを確認したのは他ならぬ黒木である。
やはり、雲沢はコテージから忽然と姿を消したのだ。

此処で、金田一は布団の温度から雲沢がコテージから消えたのは深夜と判断。
月見里たちもこの金田一の判断に賛同を示す。

だとすれば、雲沢には命の危機が迫っている。
……いや、既に落命しているかもしれない。
服装から考えても長時間、外に居られる筈がないからであった。

さらに、全員分のスキーが盗まれ、無線も何者かに壊され、リフトも動かない。
つまり、外界から完全に遮断されてしまったのだ。
陸の孤島である。

そんな中、ふと雲沢の消えた理由に思い当たる一行。
もしや、コテージ滞在中に何者かに襲われ逃げ出したのではないか。
様々な不安が過る中、斧寺が雪鬼伝説を持ち出し金田一たちの恐怖を煽る―――4話へ続く。

<感想&推理>

「金田一少年の事件簿」が「金田一少年の事件簿R」として帰って来ました。
記念すべき第1弾は雪の山荘での殺人事件です!!

消えた雲沢……一体、何処に!?とのことですが、どうやらその遺体自体が未だに見つからないところから犯人により殺害された……あるいはこれから殺害される(これについては後述)と見て間違いないか。
少なくとも、雲沢夏樹によるバールストン先攻法は消えた。
もし、これならば今回の時点で首なし死体が見つかっている筈だから。

さらに、この時点で死体が発見されていないということは、死体を見せられない事情があるから。
当然、この事情とはトリックに直結するものでしょう。
となれば、今回の場合はアリバイトリックと思われます。

此処から考えれば、現在アリバイのある人物が犯人と言えるでしょう。
ゲスト連は個別にコテージで就寝するから、恐らくアリバイはない。
金田一も美雪たちも同様。
だとすると、アリバイがあるのは午前4時まで一緒だった月見里、黒木、松島田の3人だけ。
その中でも、黒木の存在感と来たら!!

さて、此処でこの3人を犯人とした場合にどのようなトリックが可能かを考えてみましょう。
まずは、超本命の黒木。

黒木は事前に2号に偽装した別のコテージ(A)を用意する。
看板を工作し、2号コテージの位置を誤誘導する。
その後、雲沢に対し別のコテージ(A)を2号だと教える。
雲沢は素直にそちら(A)へ、此処で一晩を明かす。
2号ではなくAへ繋いでいたインターフォンで雲沢の生存を確認させる。
翌朝、黒木は仮眠を取ると嘘を吐き、この10分間に雲沢を襲撃し殺害する。
その上で、金田一に2号コテージの様子を見に行かせる。
事件が発覚し、雪の状態などからアリバイ成立。

場所誤認ですね。
これだと2話ラストで雲沢が挙げた悲鳴は午前4時過ぎだったことになります。
ただ、この場合だと次の2点が疑問となる。

1.雲沢に提供する偽のコテージが必要になるが、その存在が確認されていない。
2.看板に工作した場合、他のゲストもコテージを迷うことになるのではないか。
3.10分間で往復しつつ雲沢殺害か可能かどうか(コテージAの位置にもよる?)。

1は今後の情報如何とは言え、2つほど疑問が残る。
其処で少なくとも3だけでも解消出来るトリックを考えてみた。
ちなみに、こちらだと月美里も松島田も犯行が可能になる。

こちらのトリックのポイントは、3話ラスト時点で雲沢が未だ存命であること。
ただし、睡眠薬などにより意識が無く身動きが取れない状態と仮定する。

では、トリックの内容について。
此処では仮に黒木で説明する。

黒木は事前に2号に偽装した別のコテージ(A)を用意する。
看板を工作し、2号コテージの位置を誤誘導する。
その後、雲沢に対し別のコテージ(A)を2号だと教える。
雲沢は素直にそちら(A)へ、此処で一晩を明かす(コテージに用意されていた睡眠薬入りの飲料などにより眠り込む)。
その前に、2号ではなくAへ繋いでいたインターフォンで雲沢の生存を確認させる。
翌朝、犯人は仮眠を取ると嘘を吐き、看板の工作を元に戻す。
その上で、金田一に2号コテージに様子を見に行かせる。
その後(4話あたりか)、隙を見て別のコテージ(A)で眠り続ける雲沢を殺害する。

場所誤認と殺害時刻自体を誤認させる併せ技だ。
おっ、何だか良さそう……と思ったが、このトリックも結局3つの壁が存在する。

1.雲沢に提供する偽のコテージが必要になるが、その存在が確認されていない。
2.看板に工作した場合、他のゲストもコテージを迷うことになるのではないか。
3.雲沢が2話ラストで驚いた物の正体は何か?

1と2はいずれのトリックにしても解消出来ないのだ。
特に2の壁は非常に大きいように思われる。
これを崩せる何かが今後に出て来るかどうかに注目したい。
場合によってはご破算も有り得るな。

また、現状だと後者よりはシンプルな前者の方がトリックとして有り得ると思われる。
となると、必然的に黒木が犯人に絞り込まれるんだけど……いいのかなぁ。

とりあえず、スキーの上手い下手はスキーボードが消えたことでトリックには用いられない様子かなぁ。
となると、コテージ系のトリックがメインになるのか?
だとすると、次回(第4話)で大勢が決する可能性もありそうだが……次回にも注目!!

ちなみにドラマ版の情報に続き、まさかの「高遠少年の事件簿」もありますね。
こちらも期待!!

【朗報】スペシャルドラマ版「金田一少年の事件簿」制作発表さる!!

◆「雪鬼伝説殺人事件」関連過去記事
「雪鬼伝説殺人事件」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「雪鬼伝説殺人事件」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿」より「薔薇十字館殺人事件」のまとめはこちら。
「薔薇十字館殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版





「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]





こちらはゲーム。「金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海」です!!
金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。