2014年02月06日

『鏡の国の殺人 三』(貴志祐介著、角川書店刊『小説野性時代 2014年2月号 vol.123』掲載)

『鏡の国の殺人 三』(貴志祐介著、角川書店刊『小説野性時代 2014年2月号 vol.123』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<感想>

ドラマ化もされた「防犯探偵シリーズ」。
その2014年1月時点での最新作です。
当初は前後篇(上下)、後に前中後篇(上中下)と思われていましたが、三回以上続く集中連載と判明しました。

後篇と思いきや三。
これまで、「前」「中」と続いての「三」に、本誌を手に思わず「なんでやね〜〜〜ん」とツッコミを入れてしまいました。
おそらく、あと1、2話と思われますが……。

ちなみに、本作に先立ち2014年1月3日に既にドラマ版が放送されています。

「鍵のかかった部屋SP〜2つの密室事件と、鏡の国の殺人〜久しぶりだなぁ、榎本っちゃん!元気だった?」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

そんな『鏡の国の殺人』、その内容は「美術館長・平松殺害の容疑をかけられた榎本が如何に謎を解き、自身の無実を証明するか」といったもの。
ドラマ版とトリックが同じようなので、次はあのトリック解明か……興味津々。

<ネタバレあらすじ>

登場人物一覧:
榎本:言わずと知れた防犯探偵その人。
青砥:弁護士。榎本の相棒と言えばこの人。
平松館長:美術館館長。何者かに殺害される。
鈴木繁子:平松の秘書。
稲庭透:美術館に展示されていた「鏡の迷図」の作者。
玲子:稲庭のアシスタント。
山本:稲庭のアシスタント。
ハゲコウ:刑事。

・中篇のあらすじはこちら。
『鏡の国の殺人 中篇』(貴志祐介著、角川書店刊『小説野性時代 2014年1月号 vol.122』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

平松殺害事件の容疑が榎本に向かうこととなった。
容疑を晴らすべく榎本は青砥に依頼し、調査を開始する。

調査の結果、榎本は稲庭を犯人と考える。
しかし、稲庭には平松殺害は不可能とされていた。
平松が殺害された館長室に至るルートにはどのルートにも監視カメラがあったのだ。

稲庭の作品「鏡の迷図」こそがトリックの要であると考える榎本。
一方、青砥は「鏡の迷図」以外のルートに執着する。
遠近法を利用した書割など、さまざまなトリックを思案する青砥だが、そのすべてを榎本に否定されることに。
しかし、これが榎本にトリック看破の術を与えた。

榎本は寸分違わぬ「鏡の迷図」のミニチュアを用意。
稲庭が館長室へ向かえなかったとされる根拠は1つ。
「鏡の迷図」の入口と出口に設置されたカメラに、その姿が録画されていなかったこと。

榎本はまず入口のトリックを暴く。
ハンプティダンプティにより塞がれていたかに思われた入口。
だが、ハンプティダンプティは裏返すことで入口に人が通行可能なスペースを作ることが出来たのだ。

しかし、普通に考えれば裏返せば映像からすぐに分かる筈。
これを回避すべく稲庭が用いたのが「ホロウマスク錯視」であった。

これにより、カメラの映像上は表裏が判別出来ないよう工作されていたのだ。
こうして入口は条件をクリアした。
次は出口である―――『鏡の国の殺人 四(?)』へ続く。

◆関連過去記事
【ネタバレ書評(レビュー)】
『硝子のハンマー』(貴志祐介著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『狐火の家』(貴志祐介著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『鍵のかかった部屋』(貴志祐介著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡の国の殺人 前篇』(貴志祐介著、角川書店刊『小説野性時代 2013年12月号 vol.121』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『鏡の国の殺人 中篇』(貴志祐介著、角川書店刊『小説野性時代 2014年1月号 vol.122』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『悪の教典』(貴志祐介著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『罪人の選択』(貴志祐介著、文藝春秋社刊『別冊 文芸春秋 2012年7月号』)ネタバレ書評(レビュー)

「鍵のかかった部屋SP〜2つの密室事件と、鏡の国の殺人〜久しぶりだなぁ、榎本っちゃん!元気だった?」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
貴志祐介先生『新世界より』(講談社刊)アニメ化決定!!

貴志祐介先生『悪の教典』(文藝春秋社刊)が映画化!!

貴志祐介先生『鍵のかかった部屋』(角川書店刊)ドラマ化決定!?

貴志祐介先生『悪の教典』&『新世界より』コミック化決定!!

2011年ミステリ書籍ランキングまとめ!!

第1回山田風太郎賞受賞作決まる!!栄冠は貴志祐介先生に

『鏡の国の殺人 三』が掲載された「小説 野性時代 第123号 (KADOKAWA文芸MOOK 125)」です!!
小説 野性時代 第123号 (KADOKAWA文芸MOOK 125)





『鏡の国の殺人 中篇』が掲載された「小説 野性時代 第122号 (KADOKAWA文芸MOOK 124)」です!!
小説 野性時代 第122号 (KADOKAWA文芸MOOK 124)





『鏡の国の殺人 前篇』が掲載された「小説 野性時代 第121号 (KADOKAWA文芸MOOK 123)」です!!
小説 野性時代 第121号 (KADOKAWA文芸MOOK 123)





「鍵のかかった部屋 DVD-BOX」です!!
鍵のかかった部屋 DVD-BOX





「鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX」です!!
鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。