2014年01月02日

泡坂妻夫先生の幻の名作『生者と死者』(新潮社刊)が復刊とのこと!!

管理人が大好きなミステリ作家の1人・泡坂妻夫先生。
亜愛一郎シリーズ、曾我佳城シリーズ、ヨギ・ガンジーシリーズなど多くの名作群を世に輩出された大いなる巨匠の1人です。

とはいえ、その作品はメジャーな亜愛一郎シリーズ以外はなかなかに入手困難な物が多い。
他のシリーズは書店を数軒巡って手に入れば良い方で、ヨギ・ガンジーシリーズなどは『しあわせの書』以外はほぼ入手困難な状況が続いていました。
これは古書店を巡っても同様。
さらに、中でも『生者と死者』はある特殊なスタイルの作品である為に、仮に古書店で見つけたとしてもその本質を楽しめない状況にある可能性が高いことでファンを悩ませました。

このように、『生者と死者』はそもそもが入手困難であり、重ねて「一度、手に入れると手放したくなくなる作品である」為に市場に出回っている量が少ないことからも新規泡坂ファンの間では「名こそ知れど姿は見られぬ幻の作品」とされていました。

と・こ・ろ・が。
そんな新規泡坂ファンに朗報です!!

なんと、『生者と死者』が2014年1月20日ごろに版元の新潮社さんから復刊されることが明らかになりました。
これは新潮社さんのツイッターで明らかになったもの。

この朗報に、米澤穂信先生もいち早く反応。
米澤先生のツイッターから伝えられ、多くのファンが心待ちにすることとなりました。

もちろん、管理人自身も復刊版購入予定者の1人。
というワケで、当ブログも遅まきながらこの情報をお伝えした次第。

泡坂先生ファンの方は読むべし!!
いや、泡坂先生ファン以外の方も読むべし!!

ちなみに、泡坂妻夫先生と言えば『しあわせの書』が各所で取り上げられたり、亜愛一郎シリーズがドラマ化されたりと再注目されています。
これは……2014年にブーム再燃なるかも。

良作は何時になっても色褪せず輝き続ける。
それを証明するような朗報でした!!

『しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術〜』(泡坂妻夫著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

水曜ミステリー9「カメラマン 亜愛一郎の迷宮推理 “本物を見抜く眼”が暴く真実!写真は語る!?気弱な天才が完全犯罪に挑む」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

◆関連過去記事
『しあわせの書〜迷探偵ヨギ ガンジーの心霊術〜』(泡坂妻夫著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『乱れからくり』(泡坂妻夫著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

水曜ミステリー9「カメラマン 亜愛一郎の迷宮推理 “本物を見抜く眼”が暴く真実!写真は語る!?気弱な天才が完全犯罪に挑む」(11月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

曾我佳城 (奇術探偵曾我佳城全集)

これぞリアル!?ヨギ・ガンジー!?

【続報】遂に魔術師の演目判明!!『泡坂妻夫引退公演』収録作品はコレだ!!

マジシャンの本領発揮!!泡坂妻夫先生、最後の短編集『泡坂妻夫引退公演』発売決定!!

【続々報】『泡坂妻夫引退公演』発売日延期……も未収録短編2編が追加される!!

お洒落で異性にモテるミステリを知りたい……と思いませんか?

知人が「謎解きはディナーのあとで」でミステリにハマった!!では、次に奨めるべきミステリは?

再販される「生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)」です!!
生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)





「亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)」です!!
亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)





「亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)」です!!
亜愛一郎の転倒 (創元推理文庫)





「亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)」です!!
亜愛一郎の逃亡 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)





「亜智一郎の恐慌 (創元推理文庫)」です!!
亜智一郎の恐慌 (創元推理文庫)





「泡坂妻夫引退公演」です!!
泡坂妻夫引退公演





「泡坂妻夫 マジックの世界」です!!
泡坂妻夫 マジックの世界





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。