2014年01月17日

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ(長いお別れ)』(早川書房刊)がNHKさんにて連続ドラマ化!!

レイモンド・チャンドラー著『ロング・グッドバイ(長いお別れ)』(早川書房刊)がNHKさんにて連続ドラマ化されることが明らかになりました。

『ロング・グッドバイ(長いお別れ)』はハードボイルドの代名詞「フィリップ・マーロウシリーズ」の第6弾。
過去には清水俊二先生や村上春樹先生により邦訳されており、また1973年にはエリオット・グールド主演による同名タイトルで映画化されています。
そんな『ロング・グッドバイ(長いお別れ)』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

『ロング・グッドバイ』は別格の存在である。そこには疑いの余地なく、見事に傑出したものがある。――村上春樹(「訳者あとがき」より) 社会現象となった『長いお別れ』新訳版、文庫に登場

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には悲しくも奥深い真相が隠されていた……村上春樹の新訳で話題を呼んだ新時代の『長いお別れ』が文庫版で登場
(早川書房公式HPより)


ドラマ版ではフィリップ・マーロウを私立探偵・増沢盤二と置き換えて、完全に日本風にアレンジ。
この増沢を演じるのが浅野忠信さん。
他にも綾野剛さん、小雪さん、古田新太さん、柄本明さん、太田莉菜さん、田口トモロヲさん、冨永愛さん、滝藤賢一さん、福島リラさん、岩松了さん、でんでんさん、泉澤祐希さん、やべきょうすけさん、堀部圭亮さん、渡辺大知さん、石田えりさん、遠藤憲一さん、吉田鋼太郎さんも出演。
気になるドラマ版のあらすじはこちら。

<あらすじ>

女優・原田志津香(太田莉菜)の夫・保(綾野剛)が妻殺しの容疑をかけられ台湾へ逃亡するが、現地で自殺する。保の親友で私立探偵の増沢(浅野忠信)はその死に疑問を抱くが、事件は時の権力者でメディア王である原田平蔵(柄本明)の手によってもみ消される。その後、別の事件で原田家の隣人たちと関わるようになった増沢は、酒に溺れた小説家・上井戸譲治(古田新太)、出版社の編集者(田口トモロヲ)、志津香の姉(冨永愛)らを巻き込みながら、事件の核心を握る絶世の美女・亜以子(小雪)にたどり着く。
(エイガドットコム公式HPより)


放送予定日は2014年4月19日から毎週土曜日NHK総合にて21時から。
連続5回予定とのことで注目すべし!!

「ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)」です!!
ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)





「3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― (ソリックブックス)」です!!
3冊の「ロング・グッドバイ」を読む―レイモンド・チャンドラー、清水俊二、村上春樹― (ソリックブックス)





「ロング・グッドバイ [DVD]」です!!
ロング・グッドバイ [DVD]





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。