2014年02月02日

『仮面と覆面』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2014年2月号』掲載)

『仮面と覆面』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2014年2月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

<あらすじ>

『マスカレード・ホテル』スピンオフ!
山岸尚美が勤務するホテル・コルテシア東京。
そこに招かれざる客がやって来た……。
(集英社公式HPより)


<感想>

『ルーキー登場』に続く『マスカレード・ホテル』シリーズのスピンオフ第2弾。
『ルーキー登場』では新田が主役でしたが、今回は彼と並ぶもう1人の主人公・山岸尚美の活躍を描く。

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ルーキー登場』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2013年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

スピンオフと言えば「本編に登場した主役以外のキャラを主役に据えた別作品」をイメージしていた管理人。

え、待って……スピンオフ?
ということは『マスカレード・ホテル』の主人公は尚美じゃなかったの?
との声が上がりそうですが、ご安心を。

調べてみたところ、「スピンオフ」とは「派生作品全般を指すもの」とのことで、外伝や番外編なども広い意味での派生作品だそうで、その点では尚美が本編の主人公の1人だとしても「スピンオフ」と解してOKかと一安心。

そんな『仮面と覆面』。

「人気作家タチバナサクラの正体は玉村薫」である―――これは事実。
だが、この事実が作中にて如何に巧妙に形作られているかがポイントか。

さらに、『仮面と覆面』の意味が分かる終盤のサプライズは良かったですね。
玉村薫の仮面とタチバナサクラの覆面。
これにホテルとの舞台が絡んだときに生まれるストーリー。
ファン必読の作品と言えるでしょう。

<ネタバレあらすじ>

山岸尚美:ホテル・コルテシア東京に勤務する主人公。
タチバナサクラ:覆面作家。プロフィール上は27歳女性とされているが……。
玉村薫:タチバナサクラの正体。
望月:タチバナサクラ担当編集者。
今村:望月と同じ編集社に勤める男性。
目黒:???
犬飼:???


山岸尚美が勤務するホテル・コルテシア東京に奇妙なグループが現れた。
グループのリーダー格とみられる目黒と犬飼は自身らを「禁煙を目指す会」の者だと名乗る。
だが、どうにも様子がおかしい。

その理由はすぐに判明した。
目黒と犬飼の目的は禁煙では無く、ホテル・コルテシア東京に滞在する人気作家・タチバナサクラに一目逢う為だったのだ。
タチバナサクラは覆面作家、プロフィール上は27歳の女性とされており、その正体を探ろうとしているようだ。

もちろん、ホテルの従業員である尚美はその正体を知っている。
担当編集者の望月によれば、タチバナサクラの正体は玉村薫なる中年男性。
だからこそ、正体を知られるワケにはいかないのだと言う。

だが、尚美は玉村に不信感を抱いていた。
玉村は原稿を上げるべく部屋でカンヅメになっている筈なのに、日中に堂々と外出していたのだ。
さらに、玉村の不在中に部屋に電話があった際も誰か女性が応対していた気配があった。
どうにも怪しい……。

とはいえ、尚美には宿泊客のプライバシーを守る義務がある。
目黒や犬飼たちの挙動にも注意を払っていたのだが……。

目黒たちのタチバナサクラへの行動は激しさを増すばかり。
遂には、盗聴器騒動まで引き起こす。

流石に他の宿泊客にまで被害が及びかねない。
強硬手段も止む無しと思われたが……。

そんな中、望月の後輩編集者を名乗る今村が来訪。
タチバナサクラへの取り次ぎを願う。

確認するべく部屋へ電話を入れる尚美だが、隙を突かれて今村に受話器を奪われてしまう。
今村は自身がファンの1人であることを告白。
タチバナサクラの声を録音した上に「想像通りの美しい声の人で良かった」と述べると逃げるようにその場を去るのであった。

尚美には大きな疑問が残された。
宿泊客は玉村の筈だ。
何故、今村の想像通りの女性が電話に出たのか?
この答えは1つしかない。

尚美は従業員として秘密は守るから教えて欲しいと玉村に迫る。
そして明かされた玉村の秘密。

それは玉村以外にもう1人……しかも、女性が同じ部屋に宿泊しているとの事実であった。
玉村はその女性を尚美に紹介する。

彼女の名こそ薫。
玉村の娘であり、現役の受験生。
そして、タチバナサクラの正体であった。

実は薫は玉村にも内緒で新人賞に応募し受賞した。
玉村は薫が学生であり学業が本分であることから、この受賞は薫の将来の為にならないと考えた。
なんとか、受賞を取り止めに出来ないか……玉村は考えた。

そして、あることに目を付けた。
薫は応募時のプロフィールで女性であると明かしていた。
そこで、玉村は自分がタチバナサクラを名乗ることにしたのだ。
経歴詐称で受賞取消になることを狙ったのである。

だが、望月はタチバナサクラに惚れ込んでいた。
其処で玉村を覆面作家・タチバナサクラとしてデビューさせたのだ。
そして、タチバナサクラはヒットメーカーとなった。

その作品はすべて薫の手によるものだそうだ。
玉村自身は別に本業を抱えており、日中によく出かけていたのもその為であった。
今回、カンヅメに至ったのも薫が試験期間中の為に締切をオーバーしてしまったからであった。

つまり、タチバナサクラは本当に女性なのだ。
だが、これを知らない望月が覆面作家に仕立てあげてしまったのである。
玉村親娘によれば、薫が卒業する頃には真実を打ち明ける予定なのだそうだ。
これを聞いた尚美は玉村親娘の為に協力を約束する。

それから数分後、望月から尚美に連絡が入った。
目黒たちに情報を流していた内通者が判明したのだそうだ。
内通者は今村。
どうやら、今村はアルバイトとして編集部に潜り込んでいたらしい。
既に退職処分にしたが気を付けて欲しいとの連絡であった。

尚美は思う。
今村は薫の声を録音していた。
此のことを望月が知ったらどう考えるのだろうか、と。

そして、数年後に薫が仮面を脱いだ時、望月は自身が作り出した筈の覆面作家の正体に驚かされるのだろう―――エンド。

◆関連過去記事

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ2作目『眠りの森』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『眠りの森』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ7作目『赤い指』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『赤い指』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目『新参者』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『新参者』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目『麒麟の翼』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『麒麟の翼』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ10作目『祈りの幕が下りる時』ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

・ドラマ版「眠りの森」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
新春ドラマスペシャル「眠りの森 人気No.1熊川哲也Kバレエ監修 加賀VS美しきダンサー シリーズで初めて加賀が女性に惑わされる!!容疑者はバレエ団全員 涙の真実と哀しき愛」(1月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【東野圭吾先生原作ドラマ関連】
金曜プレステージ「東野圭吾3週連続スペシャル 11文字の殺人 あの日恋人はなぜ殺されたのか?無人島より殺意を込めて…11文字に込められた悲しき殺意!クルーズツアーで何が起きたのか?」(6月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第二弾!“ブルータスの心臓” 完全犯罪殺人リレー バトンは死体!大阪〜名古屋〜東京をつなぐトリックと殺意!悪女に翻弄されるエリート研究者の運命は!?」(6月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「東野圭吾・3週連続スペシャル第三弾!“回廊亭殺人事件” 最愛の恋人を殺され復讐の鬼と化した女…整形で顔を変え巨額遺産をめぐり欲望渦巻く一族に潜入!愛を奪った犯人は誰なのか?」(6月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 東野圭吾スペシャル 探偵倶楽部「大ヒット原作ドラマ化!名探偵最強コンビ誕生!大物社長突然の失踪に隠されたセレブ一族の醜い骨肉の争い…消える死体…驚愕密室トリックを暴け!」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「流星の絆」(TBS系、2008年)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(前編) 病院に届く謎の脅迫状…犯人の狙いは?」(11月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ドラマスペシャル「使命と魂のリミット(後編) 極限状況の大手術!結末に待つものは?」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

日曜洋画劇場「特別企画 ミステリースペシャル さまよう刃 地上波初!娘を奪われた父の復讐 電話が告げる真犯人!衝撃の結末」(8月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

木曜劇場「東野圭吾ミステリーズ」(フジテレビ系、2012年)まとめ

【東野圭吾先生著作ネタバレ書評(レビュー)】
「探偵倶楽部」(東野圭吾著、角川書店刊)

「白夜行」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「幻夜」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「殺意取扱説明書(毒笑小説より)」(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「夜明けの街で」(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

「11文字の殺人」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ブルータスの心臓」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「回廊亭殺人事件」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「ゲームの名は誘拐」(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『秘密』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『犯人のいない殺人の夜』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『使命と魂のリミット』(東野圭吾著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『分身』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『プラチナデータ』(東野圭吾著、幻冬舎刊)ネタバレ書評(レビュー)

『怪しい人びと』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『あの頃の誰か』(東野圭吾著、光文社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『さまよう刃』(東野圭吾著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

『東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ東野作品人気ランキング発表』(東野圭吾作家生活25周年祭り実行委員会編、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

【マスカレード・ホテルシリーズ】
『マスカレード・ホテル』(東野圭吾著、集英社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『ルーキー登場』(東野圭吾著、集英社刊『小説すばる 2013年7月号』掲載)ネタバレ書評(レビュー)

【探偵ガリレオシリーズ】
容疑者Xの献身(文春文庫版)&映画版

『聖女の救済』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「真夏の方程式」(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『虚像の道化師 ガリレオ7』(東野圭吾著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『禁断の魔術 ガリレオ8』(東野圭吾著、文芸春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

2夜連続ガリレオSP「ドラマレジェンド ガリレオエピソードΦ」(12月28日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

「ガリレオ」(フジテレビ系、2013年)まとめ

土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ 殺人犯移送の裏に隠された危険な罠と連続殺人!シリーズ出演者が豪華総登場の完全新作SP」(6月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【加賀恭一郎シリーズ】関連過去記事
・シリーズ7作目「赤い指」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「赤い指」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ8作目「新参者」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「新参者」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ9作目「麒麟の翼」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
「麒麟の翼」(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・シリーズ10作目「祈りの幕が下りる時」ネタバレ書評(レビュー)はこちら。
『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

・ドラマ版「新参者」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「新参者」(TBS、2010年)

・ドラマ版「赤い指」ネタバレ批評(レビュー)はこちら。
東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画「赤い指 シリーズ人気No.1ドラマ化最愛の人が殺人を犯したら!?加賀が解く涙の連鎖・家族の絆とは “新参者”加賀恭一郎再び!」(1月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
米国版「容疑者Xの献身」発売される!!タイトルは「The Devotion of Suspect X」!!

韓国版『白夜行』遂に上陸!!2012年1月7日(土)日本公開!!

東野圭吾先生「人気作品ランキング」中間結果発表!!

東野圭吾先生が中国でブームに!?

東野圭吾先生「容疑者Xの献身」が上海で舞台化!!

東野圭吾先生原作『浪花少年探偵団シリーズ』(講談社刊)がTBS系月曜20時枠にてドラマ化決定!!

「エドガー賞 最優秀小説(作品)賞」受賞作発表、モー・ヘイダー『Gone(ゴーン)』に!!

東野圭吾先生原作の映画版『麒麟の翼』『夜明けの街で』『さまよう刃』が台湾にて2012年4月20日より公開!!

東野圭吾先生『容疑者Xの献身』がエドガー賞候補に!!気になる結果は2012年4月26日!!でも、何故2012年の今なのか、知りたいと思いませんか!?

東野圭吾先生『プラチナデータ』(幻冬舎刊)が映画化!!公開は2013年を予定!!

フジテレビ系列木曜劇場にて東野圭吾先生原作作品を続々ドラマ化!!その名も「東野圭吾ミステリーズ」!!

東野圭吾先生『○笑小説』シリーズから3本の短編が実写ドラマ化!!

シネマトゥデイさんが“東野圭吾”先生の秘密に迫りました!!

映画「秘密」に海外版があった!?その名は「秘密 THE SECRET」

『ガリレオ』再度ドラマ化!!2013年4月期より月9ドラマに!!

韓国版『容疑者Xの献身』こと『容疑者X 天才数学者のアリバイ』が2013年4月20日より日本公開とのこと!!

東野圭吾先生『さまよう刃』が韓国にて映画化!!

『ガリレオ』スピンオフドラマ制作決定!!その名は『タガーリン(仮)』!!

東野圭吾先生、加賀シリーズ最新作(第10弾)発売決定!!タイトルは『祈りの幕が下りる時』とのこと!!

『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』に続くTBS版第4の「加賀シリーズ」実写ドラマ化判明!!2014年1月放送予定は『眠りの森』か!?

『仮面と覆面』が掲載された「小説すばる 2014年 02月号 [雑誌]」です!!
小説すばる 2014年 02月号 [雑誌]





『ルーキー登場』が掲載された「小説すばる 2013年 07月号 [雑誌]」です!!
小説すばる 2013年 07月号 [雑誌]





「マスカレード・ホテル」です!!
マスカレード・ホテル





【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。