2014年02月15日

「思春鬼のふたり」第1話「出逢ったふたり」(反転邪郎作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「思春鬼のふたり」第1話「出逢ったふたり」(反転邪郎作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
辻:WCO(世界お掃除機構)に所属する連続殺人鬼。
白雪:辻に恋焦れる少女。

<ネタバレあらすじ>

辻にとって白雪との出逢いは衝撃的であった。

中学時代が終わりを迎え、その卒業の日。
告白を偽装し、旧校舎へと呼び出した女子生徒を殺害した辻。
その殺害現場を白雪に目撃されたのだ。

だが、白雪は目の前で行われている殺人にも興味を示さず、辻に第2ボタンをねだる。
自身の行動を棚に上げ、呆気にとられる辻。
目撃者は消さねばならないのだが……。

口封じすべく凶器に手を伸ばす辻だが、白雪に怯えの色は無い。
それどころか、やっぱり第2ボタンをおねだりするのだ。
通常ならば、慌てるなり逃げるなりすべきところだろう。
どうにも白雪の反応は常識を逸脱している。
すっかり白雪のペースに乗せられた辻は遂に第2ボタンを手渡してしまうのであった。

その夜、辻は自宅でへこんでいた。
白雪に目撃された上に、死体の処理までさせることになってしまったからである。

実は辻はWCO(世界お掃除機構)に所属する殺人鬼。
WCOが指定する「罪人」を殺害することにより裁いているのである。
辻は娘を虐待する親などをも処刑しており、今回の殺人もイジメにより3人を死に追いやった人物への処刑であった。

そんな辻を呼ぶ声があった。
声の主はスマホから呼びかけている。
その正体はWCOのナビゲーターであった。
彼女は目撃者である白雪を殺さなかったことを批難する。

これを受けた辻は、改めて機会を窺うべく白雪をデートに誘うことに。
白雪はこれを知ってか知らずか大喜びで了承する。

そしてデート当日。
隙を窺う辻だが、天真爛漫な白雪に振り回されてしまう。
白雪はボイスレコーダーまで持参する念の入れようだ。
その笑顔に惹かれた辻は、最後まで白雪を殺すことが出来なかった……。

別れ際、辻は自分が白雪を殺そうとしていたことを打ち明け、今後は距離を置くように伝える。
だが、白雪は辻に殺されるのならむしろ本望と笑うのみである。

白雪と別れた辻の前を自転車が通り過ぎて行く。
ふと、辻は白雪が落としたボイスレコーダーに気付く。
何気なくこれを聞いた辻は「あいつを殺さなければ……」と呟くのだが……。

数分後、辻とのデートの余韻に浸る白雪の背後に影が迫っていた。
影は刃物を持ち出し白雪に切りつけようとして、何者かに切り伏せられてしまう。

物音に驚く白雪の目に飛び込んで来たのは……。

倒れ伏す自転車の運転手と、これを手にかけた辻の姿であった。
実は自転車の運転手は辻が追う連続通り魔だったのだ。
白雪は通り魔に狙われており、辻が「殺さなければ」と考えたターゲットは通り魔であった。

奪うべき相手の命を救った辻。
奪われそうであった命を救われた白雪。
この2人の間には、過去にもこのようなことがあったのである。

過去、白雪は親に虐待を受けていた。
そんな苦痛を感じ続ける日々を終わらせたものこそが、辻だったのだ。
辻が虐待を繰り返していた親を殺害し、白雪は解放されていたのである。

中学に入学した白雪は其処で辻に出会い、彼があのときの殺人者であると気付いた。
辻は知らなかったが、白雪にとって辻は恩人だったのだ。
ボイスレコーダーには白雪が辻への想いを吹き込んでいたのだ。
これにより、辻は白雪を殺すことが出来なくなった……。

同じ高校に進学した辻と白雪。
新生活に胸を膨らませる2人。

その入学式のことである。
白雪のこめかみに銃を突き付ける女子生徒が居た―――2話に続く。

<感想>

「コミックフラッパー」にて「モコと歪んだ殺人鬼ども」を連載中の反転邪郎先生の新作が「週刊少年チャンピオン」で連載開始です。

その新作「思春鬼のふたり」はなかなかにぶっ飛んだ設定が印象的な作品。
思春期真っ盛りの主人公・辻は悪を滅する連続殺人鬼。
そんな辻の正体を知りつつ、彼を愛する少女・白雪。
果たして、2人はどうなるのか……的なストーリー。

見たところ、「未来日記」的な雰囲気を持った作品と呼ぶべきでしょうか。

少年エース連載「未来日記」(えすのサカエ作)が遂に完結&最終話ネタバレ批評(レビュー)

親から虐待を受けた白雪は由乃。
そんな白雪の恩人であり心の支えである辻は雪輝。
白雪から辻への愛は、由乃から雪輝への愛を髣髴とさせるし。
端末を用いるところは「未来日記」の携帯が該当して、担当さんはムルムルポジションか。
やはり、どことなく「未来日記」を思い起こすなぁ……。

となると、辻だけではなく白雪自身にも何か秘密がありそうだなぁ。
ボイスレコーダーにわざわざ事情を吹き込んでいて、それを辻に拾わせたのはどうにも作為的だし。
中盤で白雪無双状態になり、終盤になって自身の正義に悩む辻と対立することもあるかも。
それと、1話ラストの少女は何処となくみねねっぽいところもありました。

しかも、不思議なことに本作は活字にするとシリアス調に感じるんだけど、内容はシリアスかつギャグ。
う〜〜〜む、得体が知れないと言うか、何とも判断の難しい作品だ。
だが、人の目を惹く力はある。
この力が今後も続くのかどうか……注目してみたいと思う。

本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は「名探偵マーニー」、「実は私は」や本作など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
少年エース連載「未来日記」(えすのサカエ作)が遂に完結&最終話ネタバレ批評(レビュー)

「モコと歪んだ殺人鬼ども 1 (フラッパーコミックス)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 1 (フラッパーコミックス)





「モコと歪んだ殺人鬼ども 2 (フラッパーコミックス)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 2 (フラッパーコミックス)





「モコと歪んだ殺人鬼ども 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)」です!!
モコと歪んだ殺人鬼ども 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)



【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック