2014年02月24日

「名探偵・神津恭介」が2時間サスペンスに華麗なる帰還を果たす!!金曜プレステージ「名探偵 神津恭介〜影なき女〜」が2014年3月14日に放送予定!!

「名探偵・神津恭介」と言えば、高木彬光先生のシリーズ探偵。
言わずと知れた大傑作にして大乱歩も絶賛した『刺青殺人事件』から始まる名作シリーズであります。

当然、2時間サスペンスでも題材として取り上げられており、1983年には「土曜ワイド劇場」で「探偵・神津恭介の殺人推理」にて近藤正臣さん主演でシリーズ化。
後には同じく「土曜ワイド劇場」にて「天才・神津恭介の殺人推理」として村上弘明さん主演でシリーズ化されました。

そんな「神津恭介シリーズ」が「金曜プレステージ」にて帰還を果たすことが明らかになりました。
その名は「名探偵 神津恭介〜影なき女〜」。
主演の神津恭介役に片岡愛之助さんを迎えたリメイク作品です。
キャストは他に、保険調査員・早乙女英美役に水野真紀さん、推理小説家・松下研三役に藤井隆さん、神奈川県警箱根中央警察署刑事課長・篠原継雄役に宇梶剛士さん、法医学者で神津の義父・古沢三郎役に里見浩太朗さんとのこと。

そしてこのドラマ版の原作は『影なき女』(光文社刊『神津恭介、密室に挑む』収録)。
原作のあらすじは次の通り。

<あらすじ>

眉目秀麗、頭脳明晰、白面の貴公子。輝かしい形容に彩られた名探偵、神津恭介。彼が挑むのは密室トリックの数々。鍵の掛かった部屋の外に残された犯人の足跡、四次元からの殺人を予告する男……。不可解極まる無数の謎を鋭い推理でクールに解き明かす! いつまでも燦然とした魅力を放つ神津恭介のエッセンスを凝縮した六つの短編を収録。傑作セレクション第一弾!
(光文社公式HPより)


奇しくも『影なき女』は近藤正臣さん演じる神津シリーズでも2作目にドラマ化された作品。
さらに、原作「神津恭介シリーズ」は2013年に光文社さんにて新装版が次々と発売されています。
ドラマとの相乗効果も期待したいもの。
要注目です!!
そんな金曜プレステージ版「名探偵 神津恭介〜影なき女〜」は2014年3月14日に放送予定!!
天才・神津からのホワイトデーに酔うべし!!

金曜プレステージ「名探偵 神津恭介〜影なき女〜 金田一・明智と並ぶ天才探偵を片岡愛之助熱演!資産家超豪邸で起きた密室殺人事件!消えた3億円のダイヤと黒ずくめの女!密室トリックに天才神津が挑む!」(3月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

ちなみにドラマ版のあらすじは次の通り。
果たしてその犯人は……あらすじ上からだとあの人なのか!?

<あらすじ>

財界の重鎮、森島興業の社長である森島信太郎が、アンドロメダの奇跡と呼ばれる3億円のダイヤを欲しがっている女性と宝石店の外商、久原諒一を仲介するため、箱根にある邸宅の応接室に呼びつけた。そこへ突如訪ねてきた“黒ずくめの女”。森島は、この“黒ずくめの女”と二人きりで値段の交渉をしたいと久原に話を持ちかけ、久原から渋々承諾を貰い応接室で商談を進めていた。しかし、しばらくたっても応接室からでてこない2人。妻の世津子と森島興業の専務、浜田和重が部屋に入ると、森島信太郎は殺害されていた。殺害現場は、何の抜け穴も隠れ場所もない密室…。しかし、忽然と姿を消してしまった“黒ずくめの女”と3億円ダイヤ。さらに、殺人はこれだけにとどまらず、第二、第三の殺人へと連鎖していく…。この連続殺人事件には、何か奥深い因縁があるのだろうか?!名探偵・神津恭介によって次々と暴かれていく新事実…。
(金曜プレステージ公式HPより)


◆関連過去記事
金曜プレステージ「名探偵 神津恭介〜影なき女〜 金田一・明智と並ぶ天才探偵を片岡愛之助熱演!資産家超豪邸で起きた密室殺人事件!消えた3億円のダイヤと黒ずくめの女!密室トリックに天才神津が挑む!」(3月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

『影なき女』が収録された「神津恭介、密室に挑む: 神津恭介傑作セレクション1 (光文社文庫)」です!!
神津恭介、密室に挑む: 神津恭介傑作セレクション1 (光文社文庫)





「神津恭介、犯罪の蔭に女あり: 神津恭介傑作セレクション2 (光文社文庫)」です!!
神津恭介、犯罪の蔭に女あり: 神津恭介傑作セレクション2 (光文社文庫)





「刺青殺人事件 新装版 (光文社文庫)」です!!
刺青殺人事件 新装版 (光文社文庫)





【関連する記事】
posted by 俺 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック