2014年03月01日

「最強少女さゆり」第1話(6話)「さゆりと絵日記」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第1話(6話)「さゆりと絵日記」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です。

ネタバレあります、注意!!

登場人物一覧:
さゆり(彩百合):謎の少女。4歳ながらとてつもない怪力を誇る。
権藤:さゆりの祖父。普通の人。
バニー・ラビット:宇宙警察の刑事。
リコス:バニーが追う逃亡犯。
源さん:さゆりの体当たりを受け止めることが出来る地球人。愛の力は偉大だ。
駐在さん:最近赴任してきたばかりの若い警官。集中連載1話でさゆりの三輪車に撥ねられトラウマに。
ヨシさん:隣町の住人。さゆりを侮ったが為に……。
恭也:さゆりが出会った年上の少年。さゆりに自身を「師匠」と呼ばせる命知らず。
メタボ:ヤスの兄貴分。
ヤス:メタボの弟分。

<ネタバレあらすじ>

〜〜〜前回までのあらすじ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宇宙刑事であるバニー・ラビットは凶悪犯リコスを追って地球に飛来。
あと一息というところまで追いつめるが、現地の少女・さゆりにリコスともどものされてしまう。
こうして、さゆりの家に保護(囚われた)されることに。
仲間に救助を依頼するが助けは未だにやって来ない。
さゆりを通じ、何時の間にやら凶悪犯のリコスが善良になりつつあるなど、想定外な要素を抱え過ぎた彼女の明日はどっちだ(嘘)!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「さゆりとサヨナラの日」にて、さゆりの活躍により隣町のサッカークラブに勝利した源さん。
それにより、今年の祭りはさゆりの町主催で行うこととなった。

早速、賑やかな縁日が開催され源さん含め町の人々は上機嫌である。
さて、この立役者であるさゆりはと言えば……祭のテンションに大喜び。
陽気に誘われて、何かを手伝おうと源さんに申し出ていた。

さゆりはまだ4歳。
第一、あの力では持て余すに決まっている。
だが、さゆりラブな源さんがさゆりの要望を断る筈がない。

こうして、まずはフランクフルトづくりに勤しむことに。
すなわち、ウィンナーに串を指す作業だ。

しかし、やはり慣れないさゆりの手つきは覚束ない。
見かねたリコスが向かい側から協力しようとするが……。

良く見れば、さゆりが握り締めたウィンナーがたわんでいる。
嫌な予感を察知したリコスは本能的に仰け反るが遅かった。

押さえつけられていたウィンナーがさゆりの手を飛び出した。
それは勢いよくリコスの鼻の穴へとねじ込まれた。
大きさはもちろん、熱々なのは言うまでもない。
リコスは痛みに耐え兼ね、その場をのた打ち回る。

さゆりという戦禍を共に潜り抜けて来た僚友の凄惨な被害振りに恐れ戦くバニー。
しかし、次はバニーの番である。

フランクフルトに挫折したさゆりはお好み焼きにソースをかける手伝いに切り替えた。
力強くソースの容器を握るさゆり、いや、握り潰してすらいる。
だが、肝心のソースは容器から出て来ない。
蓋が閉まっていることに気付いたバニーがこれに近付くが……。

さゆりの握力にひしゃげた容器が悲鳴を上げた。
押し出された蓋はバニーの額に直撃。
バニーはテンプルにパンチを喰らったボクサーのように仰向けに倒れ伏した。

こうして、2人が2人ともに身体を張ってさゆりの犠牲になっていた頃、とある露店の前では騒ぎが起こっていた。
メタボとヤスの2人組が露店商に絡んでいたのだ。
露店商の幼い息子・恭也は心を痛めるが、どうしようもない。

其処へ騒ぎを聞きつけたさゆりが駆け付ける。
これを目にした周囲の大人たちは誰もがメタボとヤスの魂が安らかなることを祈った。
しかし、当のメタボとヤスはさゆりの脅威を知らない。
当然、4歳児とて容赦せずに威圧する……のだが。
さゆりにそれが通用する筈もない。

「言っても分からないなら、お仕置きしかありましぇんね」
言うや、振り被るさゆり。
もはや、惨劇は目の前である―――怒涛のラストに続く。

<感想>

「週刊少年チャンピオン」にて短期集中連載されていた福田やすひろ先生の作品「最強少女さゆり」。
そんな本作が正式な連載として帰って来ました!!
ファン大歓喜だぜ、ヒャッホウ(^O^)/!!

ちなみに連載になったことで本作のアプローチも多少変わった様子。
短期集中連載時は「さゆりを中心とし、人並み外れた怪力がありながら周囲の人々に保護される4歳児を描くハートフルコメディ」でしたが「人並み外れた怪力を有する少女と、これを温かく見守る周囲の人々を描いたハートフルコメディ」へと変わった印象あり。

つまり、何処が変わったかと言うと、短期集中連載時は「さゆりが中心だった」のに対し連載では「さゆりとその他の人々」にまで焦点の対象が広がったかな。
これは新キャラである恭也の登場にも顕著。
それに伴い源さんの「さゆりラブ」キャラに拍車がかかってます。
これにより、さゆり抜きでサブキャラたちのみ描かれる回も有り得ますね。
正直、個人的には短期連載時の「さゆり中心」のノリが好きだけど、連載が長期化することを見据えれば物語の幅を広げる意味で正しい判断だと思われます。
ただ、出来るなら主人公・さゆりの正体はもちろんのこと、リコスとバニーの掘り下げをもっとして欲しいかも。

そして正式連載は一挙2話掲載との快挙に。
初回からアクセル全開で、ファンとしては嬉しいけど少し心配でもあります。

そんな仕切り直しの1話(実質6話)。
さゆりのキャラ紹介もかねてのストーリーでしたが、相変わらず面白かった。
おそらく、2話目の「さゆりと師匠と落とし穴」に比較して短期集中連載時のカラーに近いからだと思う。
もちろん、2話目も好きだけどやっぱりこの1話目には勝てないかな。
1話ラストでの源さんの活躍も良かったし、新キャラとして恭也も登場。
とりあえず結論を述べると、それだけ1話目「さゆりと絵日記」は導入として大変良かったということ。
また楽しみな漫画が増えたと言えそうです。

本作の魅力は、あのファンシーな絵柄で驚きのアクションを魅せることなんだと思う。
とはいえ、おそらく此処で幾ら言葉を尽くしたところで本作の面白さは伝えられないだろうなぁ。
やっぱり本作は理屈じゃないな。
実際に読んで感じるべし。

彩百合の両親が謎ですね。
山中の病院で1ヶ月に1度のお見舞い……「となりのトトロ」を思い出しました。
さゆりの母は静養中なのでしょうか。
そう言えば、リコスはトトロっぽいと言えなくもないか。
入院中とのことですが、何か理由があるのでしょうか。
このあたりも謎だし、連載になった以上はいずれ明かして欲しい。

ちなみに、上記のあらすじは本作の魅力を伝えられるよう改変を加えてまとめてみましたが、残念ながらその面白さを伝えきれていませんね。
やっぱり、本作を直接読んで欲しい。

もう1度繰り返しましょう。
本作に興味を持たれた方には、是非、「週刊少年チャンピオン」本誌を捜して読んで欲しい。
最近の「週刊少年チャンピオン」は「名探偵マーニー」や「実は私は」など本当に粒揃いでクオリティが高い作品が多い。
注目の雑誌の1つと言えるでしょう。

◆関連過去記事
【短期集中連載版】
「最強少女さゆり」第1話「さゆりと宇宙人」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第2話「さゆりとチャンバラ」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第3話「さゆりとアルバムと私」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」第4話「さゆりと峠とお見舞い」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「最強少女さゆり」最終話(第5話)「さゆりとサヨナラの日」(福田やすひろ作、秋田書店刊「週刊少年チャンピオン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「平賀源内の研究 大坂篇―源内と上方学界」です!!
平賀源内の研究 大坂篇―源内と上方学界





「江戸文学 第38号 特集:中国小説と江戸文芸」です!!
江戸文学 第38号 特集:中国小説と江戸文芸





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック