2014年04月03日

倉知淳先生『運命の銀輪』続編か!?あの刑事が『皇帝と拳銃と』(東京創元社刊『ミステリーズ! vol.64』掲載)に登場!?

倉知淳先生『運命の銀輪』と言えば、短編集『なぎなた』に掲載された短編。
作中では、死神のような風貌をした乙姫警部が登場し、ラストにて警部がまさに犯人にとって完全犯罪の息の根を止める「死神」であったことが判明する作品。
あの流れには痺れました。

その乙姫警部がどうやら再度、読者の前に姿を現してくれるようです。

なんと、2014年4月12日発売予定の東京創元社刊『ミステリーズ! vol.64』に『皇帝と拳銃と』のタイトルで新作短編が掲載されることが明らかになりました。

『皇帝と拳銃と』のあらすじはこちら。

<あらすじ>

“皇帝”と綽名される大学教授が仕組んだ完全犯罪。
計画を遂行した彼の前に、死神のような風貌の刑事が現れる。
(東京創元社公式HPより)


おおぅ、これはやっぱり乙姫警部登場じゃない!?
うむむ……どうやら、倉知淳先生ファンにとって『ミステリーズ! vol.64』は必読となりそうです!!

◆倉知淳先生関連過去記事
【ネタバレ書評(レビュー)】
『壺中の天国』(倉知淳著、東京創元社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『シュークリーム・パニック 生チョコレート』(倉知淳著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『シュークリーム・パニック Wクリーム』(倉知淳著、講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『現金強奪作戦!(但し現地集合)』(倉知淳著、講談社メフィスト掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『限定販売特性濃厚プレミアムシュークリーム事件』(倉知淳著、講談社メフィスト掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『強運の男』(倉知淳著、講談社メフィスト掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『名探偵南郷九条の失策 怪盗ジャスティスからの予告状』(倉知淳著、講談社メフィスト掲載)ネタバレ書評(レビュー)

『夏の終わりと僕らの影と』(倉知淳著、講談社メフィスト掲載)ネタバレ書評(レビュー)

「ミステリ愛。免許皆伝!メフィスト道場 」&「ミステリ魂。校歌斉唱!メフィスト学園」(講談社刊)ネタバレ書評(レビュー)
(収録作『Aカップの男たち』について)

【その他】
倉知淳さんの「猫丸先輩」が舞台化!!

倉知淳先生の作品集「なぎなた」&「こめぐら」は東京創元社さんより9月30日発売!!

倉知淳先生短編集が講談社さんより2013年10月発売予定!!

倉知淳先生、短編集はよもやの2ヶ月連続刊行予定!!2013年10月『シュークリーム・パニック 金(仮)』に『銀』が続く!?

倉知淳先生の新作『皇帝と拳銃と』が掲載される「ミステリーズ! vol.64」です!!
ミステリーズ! vol.64





『運命の銀輪』収録「なぎなた (創元推理文庫)」です!!
なぎなた (創元推理文庫)





11月7日発売「シュークリーム・パニック ―Wクリーム― (講談社ノベルス)」です!!
シュークリーム・パニック ―Wクリーム― (講談社ノベルス)





10月8日発売「シュークリーム・パニック ―生チョコレート― (講談社ノベルス)」です!!
シュークリーム・パニック ―生チョコレート― (講談社ノベルス)





【関連する記事】
posted by 俺 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。