2014年04月05日

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦50回特別企画 内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ50 貴賓室の怪人 超豪華大型客船で巻き起こる密室殺人!死体消失と仮面の怪人の謎を追え 山形〜ロシア股に掛け浅見史上最大の事件に挑む!」(4月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

推理作家・内田康夫(伊東四朗)に届いた1通の怪文書。そこには「貴賓室の怪人に気をつけろ」と書かれていた。
内田から怪文書の調査を引き受けたルポライター・浅見光彦(中村俊介)は、取材を表向きの理由として、内田が乗船するはずだった豪華客船・飛鳥IIに調査のため乗り込む。山形の酒田港を定刻通りに出港し、ロシア・ウラジオストクへと向かう飛鳥II。出港して間もなくして、浅見はフロントオフィサー・堀田久代(藤澤恵麻)と知り合う。堀田から船内を案内してもらっていると、彼女の携帯に「ロイヤルスイートに不審者が現れた」と連絡が入る。“ロイヤルスイート”つまりは“貴賓室”に仮面をつけた怪しい男が現れたという。浅見は怪文書との関係を疑う。
その夜に開かれた豪華絢爛なウェルカムパーティー。と、突然響き渡る女性の悲鳴。その視線の先には仮面の男がいた。浅見は男を追いかけるも逃がしてしまう…。
その後、飛鳥IIはウラジオストクへと到着。一時下船した浅見と掘田が市内観光を楽しんでいると、飛鳥IIの保冷庫内で男性の死体が発見されたとの連絡が入る。急いで現場に駆けつける浅見。そこには船長の八田野英之(綿引勝彦)がいて、浅見は八田野に事件の調査を頼まれてしまう。
貴賓室に現れた仮面の男と内田に届いた怪文書に関係は!?
名探偵・浅見光彦が豪華客船・飛鳥IIという巨大な密室で起きた殺人事件の謎を追う!
(金曜プレステージ公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

豪華客船「飛鳥2」に乗り込んだ浅見光彦。
これには理由があった。

事の発端は推理作家・内田康夫に届いた1通の怪文書。
内田は、ある編集者に勧められ「飛鳥2」に乗船予定であった。
ところが、「貴賓室の怪人に気をつけろ」と書かれた怪文書が届いたのだ。

こうして、内田から相談された編集長・藤田の意向もあって浅見が調査に乗り出したのだ。

「飛鳥2」の乗船者は次の通りである。

まずはスタッフから。
船長の八田野英之。
航海士の福田。
機関長の勝俣。
フロントオフィサーの堀田久代。
マジシャンの志藤。
看護師の植竹ひで子。

続いて乗船客。
山形にある病院の理事長・神田夫妻。
貿易会社元社長である松原夫妻。
高名な代議士を父に持つ岡野姉妹。
元刑事の後藤夫妻。
浅見と同室になった村田満。
そして……そもそも内田に「飛鳥2」に乗船するよう勧めていた丸山書房の編集者・和田隆正。

全員が一癖も二癖もありそうな人物ばかりだ。

そんな中、出港後間もなくして貴賓室に仮面の怪人が現れる。
その夜、豪華絢爛なウェルカムパーティーが開催。
すると、其処に例の怪人が姿を現す。
怪人を追った浅見だが、逃げられてしまう。

それから数日後、「飛鳥2」内で村田の死体が発見される。
村田は怪人の装束を着込んでいた。
怪人の正体は村田だったのだ。
村田の爪には木屑が残されていたが……。

一体、誰が犯人なのか!?
浅見は藤田と連絡を取り、村田の身辺を調べ始める。
すると、村田が多くの人間に恨まれていたことが判明する。

まずは、「アイビス貿易」社長であった松原恭一郎。
松原は村田に不倫をネタに脅迫されていたのだ。

さらに、岡野姉妹。
妹の真知子のフィアンセが村田の恐喝により自殺していたのだ。

村田は卑劣な恐喝者だったのだ。

そんな中、和田が元毎朝新聞山形支局の記者であったことが明らかに。
さらに、志藤のマジックを見ていた浅見は村田の爪に残されていた木屑が志藤が用いていた箱のモノであると気付く。

さらにさらに、藤田が和田を調べたところ、和田がある事件を追っていたことが判明。
和田は17年前の8月5日に山形県で発生した婦女暴行事件を調べていたのだ。
事件の被疑者でマジシャン志望の堀内清孝は自殺、これにショックを受けたその母・堀内貴子も死亡していた。

そんな中、その担当刑事が後藤であることが分かる。
しかも、看護師・植竹ひで子こそが暴行事件の被害者であった。
当のひで子は堀田の推薦で「飛鳥2」に乗船したらしい。

これらの情報から浅見はある仮説に辿り着く。
乗船客を一同に集めた浅見は事件の真相を告げる。

浅見は語る「被害者同盟だったのだ」と。
そう、神田、松原、岡野、後藤、和田、志藤、ひで子による犯行計画だったのだ。

17年前の8月5日、ひで子は仮面を着用した男に襲われた。
捜査した後藤は堀内清孝を被疑者として取り調べた。
和田はこれを大々的に報道した。
清孝は無実を訴えつつ自殺。
これにショックを受け、貴子も死亡。
実は、貴子と清孝は神田夫妻の娘と孫であった。
神田夫妻は真犯人を強く恨んだ。
さらに、清孝は志藤の弟子であった。
志藤もまた真犯人を強く恨むことに。

そして最近になって、ひで子が犯人に気付いた。
もちろん、村田である。
清孝の無実を知ったひで子は後藤に訴えたが一蹴された。
其処で、久代に相談。
久代は記者だった和田に相談。
和田が調査した結果、遂に村田が真犯人だとの確証を得た。
和田と後藤は過去の自身の行いを恥じた。
和田たちは神田たちと連携することに。

これに、村田に恐喝されていた松原夫妻と岡野姉妹を加え、村田への復讐計画がスタートしたのだ。

村田が「飛鳥2」を利用することを知った彼らは同乗することに。
ひで子は久代に頼み込み、看護師として乗船した。

ところが、この動きに村田が気付いた。
村田は先手を打つべく仮面を着用し、神田夫妻を脅迫した。

これに神田夫妻は怒り狂った。
メンバーを集め、村田を詰問することに。
しかし、村田に反省の色は無い。
逆上した神田夫妻は、志藤たちの前で村田を殺害してしまう。
このとき、村田が志藤の箱に傷を残したのだ。

こうして事件の真相が明らかになった。

日本へと帰港した「飛鳥2」。
ところが、神田夫妻が遺書を残し姿を消してしまう。
神田夫妻はその中で単独犯行を主張していた。
他のメンバーを庇ったのだ。

そして、怪文書の差出人は久代であった。
久代はひで子たちの計画に気付いた。
其処で内田に助けを求めたのであった―――エンド。

<感想>

今回の感想には、有名過ぎるほど有名なある名作のネタバレが含まれます。
アガサ・クリスティーのあの作品です。
未読の方は注意されたし!!


原作は内田康夫先生『貴賓室の怪人』(角川書店、講談社刊)。

<あらすじ>

まさかの迷宮入り?
船上の「罪と罰」に浅見光彦と岡部警視、2人の名探偵が挑む!

浅見光彦に豪華客船「飛鳥」での世界1周旅行の取材依頼が舞い込む。大海原へ華々しく出航する直前の浅見に「貴賓室の怪人に気をつけろ」との謎の手紙が届く。不吉な空気が漂う中、洋上の密室と化した船内でついに殺人事件が起こる。乗船客には作家・内田康夫夫妻が、そして岡部警視との競演も! 浅見光彦、初の海外シリーズ。
(講談社公式HPより)


これのドラマ版にして、フジテレビ版浅見光彦シリーズ50弾。
前作は2014年1月17日に放送されているので、ほぼ3ヶ月ぶりと短いスパンでの新作になりますね。
前作のネタバレ批評(レビュー)もありますね。
興味のある方は感想の後に過去記事があるので、どうぞ!!

ちなみに『貴賓室の怪人』には、同じ角川書店から『イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2』との作品も発表されています。
さらに『貴賓室の怪人』それ自体は、過去に火曜サスペンス劇場にてドラマ化され、DVDも発売されています。
こちらに興味のある方は本記事下部のリンクをどうぞ!!

では、ドラマの感想を。

ある意味、内田先生版『オリエント急行の殺人』でしたね。
あちらが陸の列車に対し、こちらは海の船と対照的でした。
『オリエント急行の殺人』は名作なので未読の方で興味を持たれたら是非!!

さて、そんなドラマ版『貴賓室の怪人』ですが、舞台設定の豪華さに比して、いろいろ疑問が残るかなぁ……。
原作は記念碑的作品らしいし、ドラマのボリューム上で2時間に収める為に涙を呑んでカットした部分も多いのだろうとは思うのだけど。

まず、和田は浅見から怪文書について知らされたときに動じなかったのは何故だろう。
当初は、和田が怪文書の差出人だからと思っていたけど、違うのにあんなこと言われたらメンバーの中に裏切り者が出たと動揺しても不思議では無い気が。

そして、久代。
「貴賓室の怪人に気を付けろ」の怪文書を送ることが出来た以上、村田の行動を予測できたのか?
と言うか、怪文書に合せて村田が行動したような気がしないでもない。

当の村田。
乗船するまでは神田たちの行動に気付いていなかった筈(気付いていれば乗船しないだろう)なのに、怪人の衣装を用意出来たのは何故か?
志藤から盗んだのか?
だとすれば、その意味は何なのか?
そもそも、怪人に扮して神田夫妻を脅迫する必要はあったのか?
特にウェルカムパーティーにまで登場する必要はあったのか?
幾ら罪の意識が薄いとはいえ、目立ち過ぎだろう。

それと、村田殺害の動機は17年前の復讐だけで良かった気もする。
それだけで、神田夫妻、志藤、後藤夫妻、和田、ひで子と計7人。
もう十分だろう。
果たして、松原夫妻と岡野姉妹は必要だったのか。

さらに、あれだけの人数が仲間なら、トリックは互いに偽のアリバイを証言し合うだけで良かったと思うのだが。
何故、下手な工作を施したのか……。

とはいえ、原作だと岡部警部も登場するらしいし、お祭り作品的な色合いが濃かったのだろうか。
だとすると、記念作的な物だろうし、気にするのは野暮なのかもしれないなぁ。

一方、浅見光彦シリーズ原作ですが、内田康夫先生が2012年に完結する旨を2011年に宣言されています。
2012年は既に終わってしまいましたが、今のところこれについては続報がありませんね。
こちらの動向も注目です。

内田康夫先生から浅見光彦シリーズ完結宣言が!!「最後の事件」は2012年に!!

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

中村俊介
藤澤恵麻
吉井怜
竜雷太
長谷川稀世
綿引勝彦
清水章吾
久野綾希子
山崎直子
雛形あきこ
不破万作
正名僕蔵
小倉久寛
榎木孝明
伊東四朗
野際陽子 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆関連過去記事
【内田康夫先生著作関連記事】
「死線上のアリア」より「死あわせなカップル」(内田康夫著、角川書店刊)ネタバレ書評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(フジテレビ版)】
金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ第36弾 鐘」(1月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ37・長崎殺人事件『肥前路島原・長崎〜父の殺人容疑の陰に悲恋の過去現場に残された短刀と蝶々夫人のロザリオに秘められた驚愕の真実とは?』」(4月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ38最新作・十三の冥府「呪われた津軽王朝〜古代史の謎を追う者は殺される!?20年前の産婦人科で何が起きた?連続殺人事件のカギは子守歌」(9月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 浅見光彦シリーズ39 遺骨「淡路島の古寺に隠された骨つぼに巨悪の影!秘密を知った者は次々殺される!絶対に知られてはいけない黒い過去とは?遺骨に隠された驚愕の真実」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第1夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 廃墟に消えた連続殺人の謎〜誰かが血塗られた遺産を狙う呪われた一族の憎悪と殺意!浅見を狙う8人の女とは」(5月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム「内田康夫作家30周年2夜連続浅見光彦第2夜!!シリーズ第40弾『棄霊島』 父娘と娘孫・三代に渡る出生の秘密時代を超えて暴かれる驚愕の真相!事件の鍵を握る天才ピアニスト哀しみの鎮魂歌が軍艦島に響き渡る」(5月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ41 佐渡伝説殺人事件 鬼伝説に隠蔽された遍路殺し!地獄からの手紙復讐告げる数え唄の謎同級生を襲う死の連鎖恩讐の彼方から蘇った“願”に込めた親子の業は?」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ42 悪魔の種子 岩手花巻仕組まれた殺人連鎖…稲穂を揺らす亡者の影血塗られた殺意とは?禁断の遺伝子研究に潜んだ巨悪!銀河鉄道の旋律に隠れた罪と罰」(11月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ43 還らざる道 故郷への道に消えた老人?死者から届いた白木の壺!?半世紀に及ぶ贖罪の念・木曽檜盗伐に潜む巨悪親子二代に及ぶ不審な殺人連鎖!」(1月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ44 砂冥宮 砂丘に消えた老人の謎?死者の声を届けたいと残した怨念 泉鏡花の詩がいざなう死の香り?悲しき基地闘争の記憶と熱き友への想いは」(4月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ45 志摩半島殺人事件 伊勢志摩の海女伝説磯笛が誘う連続殺人!有名作家が残した死の伝言?鍵は25年前の海難事故と数奇な運命その渦巻く業とは?」(7月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ46 はちまん 八幡巡りに消えた老人!亡霊の呪いが招く連続殺人の謎忌まわしき戦中の記憶破られた誓い!世紀を超えた悲恋が生んだ復讐と殺意の行方は?」(1月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ47 平城山を越えた女 見た者は呪われる!?盗まれた死を呼ぶ秘仏 古都に消えた女の謎…なりすまされた男の罠 哀しき親子の契りと業 血塗られた殺意とは」(5月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「浅見光彦シリーズ48 幻香 名探偵に死の挑戦状…幻の香水で連続殺人!女性調香師…悲劇の謎 日光〜川治温泉〜パリ浅見惑わす三人の美女 父娘の悲しき絆とは」(9月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形 消えた呪いの箪笥!?三角形に隠された暗号 老執事の死と失われた財宝を巡る欲望の殺人 名古屋〜松島を舞台に誓った母娘の秘密は」(1月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【浅見光彦シリーズ(TBS版)】
月曜ゴールデン 内田康夫作家30周年 浅見光彦シリーズ29「菊池伝説殺人事件〜火の国熊本で出会った謎の美女と名門一族を襲う連続殺人!一門の掟と哀しき恋・光彦が見た血塗られた記憶」(2月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ30回記念作品 化生の海・北海道〜加賀〜九州を結ぶ壮大なミステリー 古人形に隠された連続殺人の謎!?光彦が見た哀しき母子の運命」(9月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ31 箸墓幻想〜初恋の君青春の過ちが卑弥呼の呪いを呼び覚ます!女の業と怨念!奈良大和路で最後の事件に挑むさようなら光彦!」(9月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「浅見光彦シリーズ32 天河伝説殺人事件 奈良路に新光彦登場!能舞台の奇妙な殺人は宗家後継を巡る連続殺人の序章…伝説の鈴に秘めた愛…封印した涙と過去」(2月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 浅見光彦シリーズ33 蜃気楼〜魚津・金沢・舞鶴…新光彦が辿る謎 富山の売薬さんと加賀友禅美人絵師の連続死 幻の先の夢を求めた男と女…哀しい結末」(9月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【福原警部シリーズ】
土曜ワイド劇場「内田康夫の福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査“幸せなカップル”の心中の理由」(6月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査 私の夫が連続殺人犯?レモンの匂いと消えたハーブ畑の謎」(4月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「内田康夫サスペンス・福原警部 フグハラ体型の警部と美人刑事の殺人捜査白骨美女と心中した男…ヤマイモ+わさび=死のレシピ!?」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【鬼刑事と車椅子の少女シリーズ】
水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 多摩湖畔殺人事件 丹波篠山〜酒田〜秋田完全犯罪トリック旅路 車椅子少女の涙が動かす鬼刑事執念の捜査(胃痛刑事と美少女車椅子探偵が挑む丹波篠山〜酒田〜秋田を結ぶ殺人ルート1000kmの謎)」(7月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「内田康夫サスペンス 鬼刑事と車椅子の少女〜ドクターブライダル〜女性を狙う殺人結婚相談所!?輝く歯の死体の謎!囮捜査に罠が(残留フッ素の謎!?)」(5月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【内田康夫先生原作ドラマ】
月曜ゴールデン「内田康夫サスペンス 信濃のコロンボ〜死者の木霊〜伝説蘇る!!青森・信州・鳥羽3都時間差トリックの罠!?悲恋に燃えた花嫁の墜落…伊勢神宮2000年が見た死のルートは?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 内田康夫ミステリー・湯布院殺人事件「遺産相続を巡る旧家の呪い霧の里で起こった骨肉争いに次々人が消える犯罪心理のプロ和泉が暴く悲しい家族の怨念待望の新シリーズ!」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜ブレステージ「内田康夫旅情サスペンス岡部警部シリーズ〜シーラカンス殺人事件〜幻の魚奇跡の捕獲に仕組まれた完全犯罪物言わぬ生きた化石のみが知る陰謀とは!?」 (11月27日放送分)ネタバレ批評(レビュー)

【その他関連過去記事】
2010年6月12日、世田谷部文学館にて内田康夫先生講演会開催!!

・2010年5月30日まで開催されていました「ミステリーウォーク2010『記憶の中の公園』」についての記事です。
浅見光彦の住む町で推理に挑戦!?

2011年3月5日「小説舞台を巡る“名探偵★浅見光彦ワールド!横浜ミステリーWalk”」開催!!

あなたに内田康夫先生の本に登場する権利を上げよう!!by大日本印刷&角川書店

名探偵・浅見光彦さん、卒業証書授与される

「第10回北区内田康夫ミステリー文学賞」作品募集中!!

「貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 (「飛鳥」編) (角川文庫)





こちらはキンドル版「貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)」です!!
貴賓室の怪人 「飛鳥」編 (角川文庫)





「イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)」です!!
イタリア幻想曲―貴賓室の怪人2 (角川文庫 う 1-59)





こちらはキンドル版「イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)」です!!
イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 (角川文庫)





「火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]」です!!
火曜サスペンス劇場 浅見光彦スペシャル 貴賓室の怪人 [DVD]





「オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)





こちらはキンドル版「オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)」です!!
オリエント急行の殺人 (クリスティー文庫)





【関連する記事】
この記事へのコメント
はじめまして♪
すごいですね!!こんなに詳しく内容や批評もわかりやすく書いてあって、びっくりしました!!
ドラマを途中までしか観られなくて、続きが気になったものの、どのサイトもあまり内容が無かったり詳しく無かったり…。
こちらのサイトを見つけて、明け方ひとり感動し
思わずコメしてしまいました(^o^;)

観たこと無いドラマなども色々こちらで読み物として楽しめそうです☆
これからも色々な内容、批評、楽しみにしてます♪
頑張ってくださいo(^o^)o
Posted by リンリン at 2014年04月05日 04:12
またお邪魔します、今回も私の願いは叶えられませんでした、私の記憶違いでなかったら、井上純一・清水章吾・井田國彦・正名僕蔵の4名は2回目、綿引勝彦は3回目、今回夫婦役の不破万作・松井紀美江の2名は二人合わせて15回くらい出演しています、あと俳優名不明ですが船員役の一人に見覚えがありました。

今回のストーリーですが有名なアガサクリスティーの「オリエント急行殺人事件」のリメイクかと思いました。

他のサイトのブログオーナーの方も同じような事をかいています。

次回作に期待します。

Posted by 信濃のコロンボファン at 2014年04月07日 12:55
こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

Re:リンリンさん

こちらこそ、初めまして!!

お言葉ありがとうございます!!
お役に立てたなら、本当に嬉しいです!!

これからも宜しくお願い致します(^O^)/!!

Re:信濃のコロンボファンさん

なかなか初出演の方だけで固めるというのは難しいのでしょう。
やはり、安定感のある役者さんとなると限られていますし。
ただ、同じような希望をお持ちの方も多いと思います。
1度くらいは冒険した作品があっても良いかもしれませんね。

『オリエント急行殺人事件』―――間違いなく名作です。
それだけに後の多くの作品に影響を与えているのでしょう。
本作もその系譜に連なる作品なのかもしれません。
Posted by 俺 at 2014年04月07日 21:47
前回の続きです、「俳優名不明ですが船員役の一人に見覚えがありました」と書き込みしましたが判明しました(すでにご存知でしたらご容赦)菊池隆志さんでした、私は知りませんでしたが、なんと今回で刑事役3回を含む14回目の出演でした、おそらく浅見シリーズ最多出演俳優かも知れません、以前まで私は、神山繁か西田健が最多と思っていました。
Posted by 信濃のコロンボファン at 2014年04月11日 10:20
Re:信濃のコロンボファンさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

教えて頂き、ありがとうございます。
シリーズが50回目。
その中で14回出演とは凄い。

キャストからドラマを分析出来るのも「2時間サスペンス」の魅力の1つ。
此の点にも注目しつつ、楽しみたいですね!!
Posted by 俺 at 2014年04月12日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。