2014年04月10日

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年記念特別番組 松本清張ドラマスペシャル 時間の習俗 点と線の名刑事コンビ登場!相模湖畔で消えた女と福岡の変死体を結ぶ謎1000キロの距離と時間を超えた難事件…鉄壁のアリバイを崩せるか?真実はカメラが知っている」(4月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

年代物のカメラ、エキザクタがニューヨークのオークションハウスで落札された。みすぼらしい外見に似合わず落札価格は1億円。落札者は若手注目株の衆議院議員・峰岡周一(加藤雅也)。マスコミをにぎわすスターである。
警視庁の刑事・三原紀一警部補(内野聖陽)は峰岡が神奈川県の相模湖畔で起こった殺人事件に関わっているのではないかと疑いを持つ。理由は被害者の大手新聞記者・土肥武夫が峰岡の周りを嗅ぎまわっていたという証言を得たことと、その峰岡が敵対していたはずの被害者の葬儀に参列しているのを目撃したこと。事件当日、土肥は相模湖付近のホテルで女と密会した後、2人連れだって湖畔散策に出かけた。しかし、土肥は他殺体で見つかり、女は消えた。女が容疑者とみられるものの、行方は全くつかめない。峰岡の関与を怪しんだ三原だったが、峰岡には完璧なアリバイがあった。土肥が殺害された数時間後には相模湖から1000キロ離れた故郷の北九州市の和布刈神社で行われていた新年の神事を見物し、写真に収めているという完全すぎるアリバイ。鉄道、空港のダイヤを計算すれば犯行自体は可能だが、和布刈神事を撮影していたのが事実とすれば峰岡はシロとなる。カメラのトリックが見破れなければ峰岡のアリバイは崩れない。三原は福岡へ飛び、ベテラン刑事の鳥飼重太郎(津川雅彦)と落ち合い、捜査を開始する。そんな中、若い男の死体が水城で見つかる。捜査を進めるうちに、二つの事件の関連性が浮かび上がる。
消えた女の正体は?峰岡の関与は?はたして、三原は峰岡のアリバイを崩すことが出来るのか?三原と鳥飼の名コンビが時間と距離を超えた難事件に挑む!
(公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

その情報は世界を駆け巡った。
ニューヨークのオークションハウスにて、世界に1台しかないカメラ・エキザクタが落札されたのだ。
落札価額は1億円、落札者は若手衆議院議員として名を馳せる峰岡周一であった。
実はこれこそが後々重大な意味を持つことになるのだが……。

そんなある日、神奈川県相模湖畔にて男性の絞殺死体が発見された。
被害者はゴシップ記者の土肥武夫。
女性が同行していたとの証言もあり、その女性こそが犯人と思われた。

だが、これに反発する人物が居た。
『点と線』にて見事な推理を見せた警視庁の刑事・三原紀一警部補である。
三原は土肥の葬儀に現れた峰岡の様子から彼が犯人だと目星をつけたのだ。
これを裏付けるように土肥が峰岡の周囲を調べていたことが判明する。

しかし、峰岡には鉄壁のアリバイが存在していた。
土肥が殺害された数時間後に現場から1000キロ離れた北九州市に居たらしいのだ。
福岡県北九州市は峰岡の故郷、その和布刈神社で行われていた神事を写真に撮影していたのである。
しかも、その後に宿泊先の女将の姿を撮影しており、日付は間違いない。
これさえなければ、峰岡の犯行だと思われるのだが……。

結局、土肥と共に居た謎の女性の正体も掴めぬまま数日が過ぎた。

その頃、当の福岡でもある事件の捜査が壁にぶつかっていた。
身元不明の若い男性が水城で殺害されていたのである。
これまた『点と線』で三原とコンビを組み事件解決に大きく貢献したベテラン・鳥飼重太郎刑事は土肥の事件との関連を疑う。
しかし、具体的な証拠が出ない。

そんなある日、同窓会に参加した三原は同性の旧友から愛を告白される。
彼は同性愛者だったのだ。

これに三原は気付きを得た。
もしかして、消えた女性の正体は女装した男性なのではないか。

この線で捜査を進めた三原は「パピヨン」なるショーパブにて「シズカ」こと須貝新太郎が消えたことを突き止める。
この須貝こそが、鳥飼が担当する身元不明死体であった。

こうして、須貝が土肥を殺害したことが明らかになった。
しかし、当の須貝も何者かに殺害されている。
また、華奢な須貝1人では土肥の殺害は難しい。
三原と鳥飼は改めて峰岡の関与を確信し、捜査を続行する。

鳥飼は峰岡が証拠として提出した神事の写真が8枚しかないことに注目。
あまりに少ない上に、撮影場所は狙ったように重要ポイントばかりである。
これは素人の峰岡では難しい。

峰岡に代わり別人が撮影したに違いないと考えた三原たちは、峰岡の周囲を調べ始める。
すると、峰岡が所属した郷土史研究会に梶原なる男性カメラマンが存在することが判明。
当の梶原は事件発生直後に東京へとカメラ修行に出ていた。

鳥飼は「峰岡が事情を伏せた上で神事の撮影を依頼し、その見返りに修行先を用意したのでは」と推測。
梶原こそが事件解決のキーマンであると、その行方を追う。

しかし、この動きを峰岡が察した。
梶原は青森にて事故に偽装され、殺害されてしまう。

こうして、峰岡に繋がる手掛かりは途絶えてしまった……かに見えた。

鳥飼は須貝の動機に注目。
峰岡の為に殺害に協力するほどの理由が存在するのだ。
徹底的に調べたところ、ある証拠が……。

一方、三原は梶原個人が撮影したデジカメ写真に何か証拠が無いか必死に調べていた。
すると、その写真の中に本来ある筈の無い物を発見する。

その翌日、パーティーを行う峰岡の前に三原と鳥飼が立ち塞がった。
あくまで犯行を否定する峰岡に2人は決定的な証拠を突き付ける。

まずはパピヨンのロッカーから出て来た須貝の携帯である。
その待ち受け写真には眠りこける峰岡にそっと寄り添う須貝が映っていた。
峰岡と須貝は9年前から交際していたのだ。

峰岡と須貝の愛は世を忍ぶものであった。
当然、写真はご法度である、
おそらく、須貝がこっそりと撮影したものと思われた。
須貝は峰岡を本気で愛していたのだ。

そんな須貝との関係を土肥が知り脅迫した。
だからこそ、須貝は峰岡に協力し土肥を殺害したのであった。

この際、峰岡はアリバイを作るべく梶原に神事の様子を撮影させていた。
その写真を自分の物として提出したのだ。

後は秘密を知る者の口封じだ。

峰岡は須貝を水城で殺害。
さらに、事情を知らない梶原をも殺害したのだ。

しかし、峰岡はこれを認めない。
須貝との関係はプライベートなことで、殺人の証拠にはならないと主張したのだ。

これに三原は最後の証拠を見せる。
それは梶原のデジカメ写真。

「あなたは何を撮影するべきかは指示したが、何を撮影してはいけないかは指示しなかったようですね」

三原に指し示された写真を目にした峰岡は凍り付く。
其処には世界に1台しかない筈のエキザクタを首から下げる梶原が映っていた。
日付は土肥の殺害当日だ。

「あいつらに価値は無いんだ」
逃げ場を失った峰岡は狼狽しつつ叫ぶ。
須貝からの愛を踏みにじり、梶原の信頼を裏切った男は罪を認めたのだ。

「あんたには中身が無いんだよ」
そんな峰岡に、三原が吐き捨てるように告げた―――エンド。

<感想>

原作は松本清張先生『時間の習俗』(新潮社刊)。
『時間の習俗』は過去にネタバレ書評(レビュー)してますね。

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

では、ドラマの感想を。

原作からはかなりアレンジしているものの、このアレンジは成功していると思います。
あらすじをご覧頂いてもお分かりの通り、恣意的に過ぎる原作よりも上手くまとめられているほど。

当初こそ、原作の三原がクールなだけに、ドラマ版の三原がエネルギッシュ過ぎて野獣みたいだと反発を感じましたが、視聴を続けるうちにこちらの方が良いことに気付きました。
おそらく、原作の三原だと映像化してしまうと薄味に過ぎたでしょう。
敵役の峰岡がクールな役柄だけに、対照的でエネルギッシュなタイプにしたことで三原のキャラが強調されていました。
これも成功だと思います。

トリック自体も別物でしたが、現代を舞台にしているだけに仕方のないところもあるでしょう。
寧ろ、そんな中で良くまとめあげられていると思います。
特にエキザクタを使用したからこそのラストは脱帽。
きちんとエキザクタに始まり、エキザクタに終わった点も素晴らしかった。

キャラも須貝などを使い捨てることなく、きちんと使い切っていたし、良かった!!

個人的に高評価です。
同じキャスト、同じスタッフで『点と線』も映像化して欲しいくらいでした!!

ちなみに松本清張先生『強き蟻』がテレビ東京さんにてドラマ化されるそうです。
主演は米倉涼子さん。
こちらも注目です!!

<キャスト>

内野聖陽 
加藤雅也 
木南晴夏 
田村亮 
津川雅彦 ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


◆松本清張先生関連過去記事
【小説】
「霧の旗」(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「書道教授」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

「球形の荒野」(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『寒流』(松本清張著、新潮社刊『黒い画集』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『市長死す』(松本清張著、光文社刊『青春の彷徨』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『熱い空気』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『波の塔 上下』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『危険な斜面』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『疑惑』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ批評(レビュー)

『十万分の一の偶然』(松本清張著、文藝春秋社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『事故』(松本清張著、文芸春秋社刊『事故―別冊黒い画集1』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『留守宅の事件』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『黒い福音』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

『小説 3億円事件 「米国保険会社内調査報告書」』(松本清張著、新潮社刊『水の肌』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『密宗律仙教』(松本清張著、文藝春秋社刊『証明』収録)ネタバレ書評(レビュー)

『時間の習俗』(松本清張著、新潮社刊)ネタバレ書評(レビュー)

松本清張先生原作「砂の器」が5回目のテレビドラマ化決定。テレビ朝日制作、主演は玉木宏さん!!&「砂の器」ネタバレあらすじ

【ドラマ】
月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年スペシャル「中央流沙」(12月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン特別企画 松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ『火と汐』(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張ドラマスペシャル「顔」(12月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル『顔』 清張作品の原点 傑作がドラマで甦る!大女優へのぼり詰めた女には“殺人”という秘密の過去があった。顔がスクリーンに映し出される前に過去を消さなければ」(10月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「松本清張ドラマスペシャル 山峡の章」(1月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

生誕100年記念作 松本清張ドラマスペシャル〜霧の旗「歌舞伎界のプリンスが現代劇初主演!原作と異なる衝撃のラスト!魔性の女3人に振り回される傲慢敏腕弁護士誰もが陥る心の闇と罠の先に待つ真実の幸せとは?真犯人は誰?」(3月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 文化庁芸術祭参加作品 松本清張2夜連続SP球形の荒野・前編「連続殺人の裏に隠された昭和史の光と影〜奈良古寺に残る亡霊の筆跡!」(11月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜プレミアム 松本清張2夜連続SP球形の荒野・後編「昭和39年東京オリンピック開催日にすべての謎は明かされる!刑事も涙した戦争で引き裂かれた父娘の結末」(11月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に放送へ!秋田−東京−伊勢−出雲、日本縦断3000キロの殺人捜査!!操車場の死体とカメダの謎!?二人の刑事が追う宿命…」(9月10日放送)ネタバレ批評(レビュー)

サスペンス特別企画「砂の器〜松本清張の最高傑作遂に完結へ!日本縦断3000キロの捜査が暴く連続殺人の罠!?二人の刑事が見た父子永遠の旅!!天才作曲家の殺意…衝撃の結末」(9月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 張込み〜平凡な幸福を壊す殺人者!美しい人妻の秘められた過去!密会現場で刑事が最後に見た真実(3週連続松本清張特別企画“張込み” 強盗殺人犯追う刑事逃亡の果てに昔の女は家族を捨てるか?)」(11月2日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張3週連続スペシャル 鉢植を買う女〜愛したから殺した!?金に執着する女2人の戦い!死体が語る消えた3000万と花壇の謎(3週連続松本清張特別企画“鉢植を買う女” 愛する殺人…優雅な暮らしの金貸し女が愛欲に溺れたとき、不幸は始まった)」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張企画最終章 聞かなかった場所〜謎に満ちた夫の急死!燃える山鹿灯籠が暴く愛人との密会…女性官僚が堕ちた獣道(3週連続松本清張特別企画“聞かなかった場所” 夫に愛人が?女性官僚が堕ちた罠…俳句に隠された密会の屋敷)」(11月16日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画『市長死す 死体になるまでの5日間に市長が見たものは何か?日記に隠された市長の意外な一面が驚くべき真実を浮かび上がらせる!たった一行の文章に秘められた誰も知らない12年前の出来事…53年ぶりに隠れた名作を映像化!』(4月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「ドラマスペシャル 波の塔 汚職官僚連続殺人!!捜査検事に仕掛けられた女の罠!?“点と線”に続く大ベストセラーを完全映像化!東京〜京都〜富士、証言者を追う1000キロの旅衝撃の結末」(6月23日放送)ネタバレ批評(レビュー)

松本清張没後20年特別企画「危険な斜面 偶然再会した元恋人によって、眠っていた“出世欲”に目覚めてしまった男…しかし芽生えたのは殺意だった!普通の男から悪魔へ…このまま男は昇りつめるか転落するか?」(9月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 松本清張没後20年特別企画第3弾「疑惑 夫殺しの疑いをかけられた若き悪妻はシロかクロか?個性派女性弁護士が史上最強の悪女と闘う〜無実だったら覚えていろ!衝撃の真相とは」(11月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画 事故〜黒い画集〜 疑惑の事故が招く連続殺人!不倫密会の代償点と線を結ぶ捜査が暴く死体移動トリック」(12月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

テレビ朝日開局55周年記念 松本清張没後20年 2週連続ドラマスペシャル「十万分の一の偶然〜激突!事故か殺人か!?東名高速四重衝突!!一枚の写真が暴く赤い火の玉の謎…結婚目前に消えた娘〜父の追跡」(12月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「松本清張没後20年スペシャル『寒流』〜黒い画集より〜エリート行員の不倫の恋が上司の嫉妬を生み運命が転がる!一体誰が悪で誰が善なのか?幻の名作の意外な結末とは」(1月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「松本清張没後20年特別企画『留守宅の事件』〜証明より〜妻は何故殺されたか?密会と密告の罪深い闇 空白5日間の不在証明を追う刑事達の執念」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 三億円事件 戦後最大の未解決事件〜衝撃の推理初映像化!!消えた真犯人VS保険調査員!!最後の真実」(1月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「テレビ朝日開局55周年記念 松本清張二夜連続ドラマスペシャル“黒い福音” 国際線スチュワーデス殺人事件!昭和最大の未解決事件に挑む定年刑事&若手エリート刑事!!真犯人は誰か!?衝撃の結末」(1月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【その他】
・『眼の壁』から出題がありました。
「ミステリーキューブ 名作ミステリーを凝縮▽華麗なトリックを見破り密室から脱出せよ!▽松本清張が仕掛けたわなに挑戦だ」(8月20日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【特報】松本清張先生、未収録短編発見さる!!その名も『女に憑かれた男』!!

「時間の習俗 (新潮文庫)」です!!
時間の習俗 (新潮文庫)





こちらはキンドル版「時間の習俗」です!!
時間の習俗





「松本清張サスペンス 傑作選[大映テレビ・TBS編] [DVD]」です!!
松本清張サスペンス 傑作選[大映テレビ・TBS編] [DVD]





【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。