2014年04月10日

「亡霊校舎の殺人」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

「亡霊校舎の殺人」第2話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)です!!

「金田一少年の事件簿R」第2弾は「亡霊校舎の殺人」!!
舞台は「黄金島」。
第一の被害者はあの人なのか……。


【「亡霊校舎の殺人」登場人物一覧】
金田一:主人公。最終エピソードまで犯人にも被害者にもならないでしょう。
美雪:言わずと知れた金田一少年のベストパートナー。最終エピソードまで犯人にも被害者にも(以下略)。

赤熊猛:フリーのツアコン。
巴荘十郎:ベテランのトレジャーハンター。
首木友郎:どうにも怪しい雰囲気の持ち主だが……。
矢森雪雄:廃墟探索部のメンバー。目つきが悪い男性。
鬼城歩夢:廃墟探索部のメンバー。目つきが悪い女性。
花泉響也:廃墟探索部のメンバー。イケメン。
鶴野冬華:廃墟探索部のメンバー。ロングヘアの勝ち気そうな美女。
遠間もえぎ:廃墟探索部のメンバー。ショートヘアの元気少女。
室ノ井蘭:廃墟探索部のメンバー。おっとり系の美女。

高遠:ご存知「地獄の傀儡師」。今回も暗躍する!?
幽城玄将:亡霊教頭の正体とされる人物だが……。
亡霊教頭:今回の犯人だそうだが……。

蝶田:不動高校の教諭。某レスラーに似ている。
マスター:カフェふくろうのマスター。
ホー之介:マスターが飼ったふくろう。

<あらすじ>

・前話はこちら。
「亡霊校舎の殺人」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

隠し財宝を求めて黄金島に上陸した廃墟探索部一行。
1人先行する金田一だが、その肩を叩く人影が……。
島内には誰も居ない筈なのに、一体誰が!?

驚く金田一だが、その正体は剣持であった。
さらに明智も同行していたのである。

赤熊に身分を隠し、一行に合流する明智たち。
どうやら、何かを捜査しているようだ。

そんな中、首木から亡霊教頭について話題が触れられる。
亡霊教頭とは旧黄金島中学校の教頭にして、黄金島に最後まで生活していた幽城玄将のことを示すらしい。
そして、この幽城こそが財宝を隠した当人であった。

一方、一行は赤熊から旧黄金島中学の校舎へと案内される。
其処こそが島内で唯一の宿泊可能な建物だそうだ。
赤熊によれば、建物内を水流が巡っており水には事欠かない。
さらに、温泉らしきものまであると言う。

温泉と聞いて鼻の下を伸ばす金田一。
その脳裏にはあのことしかない。
しかし、幼馴染の美雪は彼の性癖を熟知していた。
哀れ、金田一は行動に移す前に柱に縛り上げられてしまう。

こうして安全を確保した美雪たち女性陣は温泉へ。
そんな中、周囲に隠れて女性陣の1人・鬼城歩夢が自分宛の手紙に気付く。

其処には「教頭」を名乗る人物から2階の音楽室へと歩夢を呼び出す内容が記されていた。
これを目にした歩夢は顔色を変える。

「あいつらは教頭だとは知らなかった筈。だとすれば、本人が生きていたと言うの?」
1人、何事かを呟く歩夢。
そんな歩夢を影から眺める何者かの存在。

事件の舞台は整いつつある。
果たして、何が起こるのか!?
その手掛かりは今週号の『週刊少年マガジン』にある、読むべし!!―――3話に続く。

<感想&推理>

「金田一少年の事件簿」が「金田一少年の事件簿R」として帰って来ました。
その第2弾はクローズドサークルの王道「孤島での殺人事件」です!!

今回は2話と言うことで、舞台についてより深い説明が為されました。
そして、どうやら第一の被害者は歩夢となりそうです。

そんな2話ですが、個人的にはなかなか興味深い情報が幾つか出て来たように思います。
其処で、次の3つのポイントから2話を分析して行きましょう。

1.動機
2.トリック
3.犯人

まずは1の「動機」から。
今回、歩夢宛に「教頭」を名乗る人物から呼び出し状が届きました。
これによると、「教頭」なる人物は歩夢たちにより命に係わる被害に遭ったらしい(おそらく本人は死亡)。
さらに、歩夢は「教頭」がその事件で死亡したと思っていた様子。
しかも、他の関係者は死亡した人間が「教頭」であるとは知らなかったようだ。

此処から考えれば歩夢たちが「教頭」なる人物を見殺しにしたか、殺してしまったのではないだろうか。

ただ、気になるのはこの「教頭」なる人物が、すなわち「亡霊教頭」こと「幽城玄将」なのかどうか。
今回、気にかかっていた「亡霊教頭」なる怪人名。
何故、「亡霊理事長」あるいは「亡霊校長」では駄目だったのか?
その理由が此処にあるのではないだろうか。

此処で管理人は仮説を2つ用意した。

ア.歩夢が殺した「教頭」は「亡霊教頭」=「幽城玄将」である。
イ.歩夢が殺した「教頭」は「亡霊教頭」=「幽城玄将」ではない。

それぞれに即した展開を予測すれば、アならば財宝を巡り幽城が歩夢らに殺されたことになる。
一方、イならば歩夢たちが過去に額面通り「(歩夢たちが所属する学校の)教頭」を事故なりで殺してしまったのかもしれない。
あるいは、この被害者は「教頭」なる仇名の人物でも良い。

いずれにしろ、歩夢が受け取った手紙の差出人は「教頭」だけであり「亡霊教頭」ではない。
これには意味があると考える。
しかも、先の「理事長」や「校長」では駄目な理由は此処にあるのではないか。

つまり、一見今回の事件が黄金島の亡霊教頭こと幽城を巡る殺人事件とミスリードしておいて、その本質は「歩夢ら探索部が関わった過去の事件・事故に基づく復讐殺人」なのではないか。
要するに、差出人が「亡霊教頭」と思わせておき全く別の事件の「教頭」が動機に繋がるのではないか。
この為に怪人名が「亡霊教頭」となったのではないか―――と思うのだが、如何だろうか。

そして「2.トリック」。
今回、旧黄金島中学校舎が舞台となった。
その特徴が利用されない筈がない。
此の舞台の特徴は「水圧」、「水流」、「温泉」……「流動物」である。
これを用いるとすれば、遺体を流れに乗せて運ぶことでアリバイを確保するパターンか。

さらに第一の殺人現場は2階にある音楽室になりそうだ。
これらと1話での印象的な「ホー之介」の描写(偽物と本物の入替り、90度角度を変える)を加えると次のようなトリックが予想される。

2階音楽室で歩夢が殺害される。
金田一たちが死体を発見するが、施錠されており中には入れない。
鍵を取り、現場に戻ったところ、遺体が消えていた。
暫くして、遺体が別の場所に忽然と現れる的なトリック。

もし、このトリックならば犯人は金田一たちと行動を共にした人物となる。
最初に発見した死体は「偽物」か「角度により見えなくなる仕掛け」が施されていた。
鍵を取りに戻る間に、本物の死体が旧校舎の水流に乗って運ばれ出現するのだ。

どうだろう……と思ったが、このトリックは思ったよりイマイチか。
うむむ、他にもっとスマートなトリックがあるのだろうか……。

そう言えば、黒い影の正体は剣持でしたね。
しかも、明智も参戦。

明智が登場したからにはその活躍を描く必要がある筈。
だとすれば、廃墟が舞台ということで瓦礫に埋められグループが分断され、金田一と明智それぞれが推理する展開あるかも……。
もし実現すれば、かなり盛り上がりが期待出来そう。

最後に「3.犯人」。
作中の描写によれば「教頭」の手紙を読む歩夢を監視する人物が居る。
この人物が「亡霊教頭」だろう。
だとすると、美雪と共に浴場を出た蘭は該当しない可能性が高そうだが……。
これで蘭が犯人は消えたか。
ただ、描写に過ぎない点が些か弱いのだが。

2話の分析は此処まで。
果たして、この推測は何処までが正しいのか!?
次回にも注目です!!

一方、2014年4月5日17時30分よりアニメ版「金田一少年の事件簿R」が放送中。
その第1エピソードはドラマ化もされた「香港九龍財宝殺人事件」!!
こちらも注目です!!

名作は戻って来る!!2014年4月5日(土)17時30分より「金田一少年の事件簿」再アニメ化とのこと!!土曜夕方はミステリアニメパラダイスか!?

アニメ版「金田一少年の事件簿R」第1話は「九龍財宝殺人事件」らしい!!

◆「亡霊校舎の殺人」関連過去記事
「亡霊校舎の殺人」第1話(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)ネタバレ批評(レビュー)

◆シリーズ関連過去記事
・「金田一少年の事件簿R」より「雪鬼伝説殺人事件」のまとめはこちら。
「雪鬼伝説殺人事件」(「金田一少年の事件簿R」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「薔薇十字館殺人事件」のまとめはこちら。
「薔薇十字館殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「香港九龍財宝殺人事件」のまとめはこちら。
「香港九龍財宝殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「暗黒城殺人事件」のまとめはこちら。
「暗黒城殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「人喰い研究所殺人事件」のまとめはこちら。
「人喰い研究所殺人事件」(「金田一少年の事件簿」、講談社刊「週刊少年マガジン」連載)まとめ

・「金田一少年の事件簿」より「ゲームの館殺人事件」のまとめはこちら。
「ゲームの館殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・「金田一少年の事件簿」より「錬金術殺人事件」のまとめはこちら。
「錬金術殺人事件」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・同じく「高度1万メートルの殺人」のまとめはこちら。
「高度1万メートルの殺人」まとめ(「金田一少年の事件簿」より)

・さとう先生による読み切り「トキメキトキナ消失宣言」のネタバレ批評(レビュー)はこちら。
「別冊少年マガジン」(講談社)より「トキメキトキナ消失宣言」ネタバレ批評(レビュー)

【ドラマ版】
ドラマ版「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件・アジア北米同日放送〜美雪誘拐!破滅の街の悲劇…死体出現密室トリックの謎はすべて解けた!」(1月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 マレーシアのジャングルで合宿中の生徒達が次々と消えた…太陽と月が交わる時暴かれる驚愕のトリック!謎はすべて解けた!」(1月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

「金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿R(1) (講談社コミックス)





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [DVD]





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 (プラチナコミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 (プラチナコミックス)





「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(1) (講談社コミックス)





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(3)限定版





「DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版」です!!
DVD付き 金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(4)限定版





「金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)」です!!
金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ(5)<完> (少年マガジンコミックス)





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [Blu-ray]





「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]」です!!
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]





こちらはゲーム。「金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海」です!!
金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海





シリーズの1つ「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(上)(週刊少年マガジンKC)





「金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)」です!!
金田一少年の事件簿 錬金術殺人事件(下)(週刊少年マガジンKC)





「(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)」です!!
(TVアニメ化10周年記念) アニメ「金田一少年の事件簿」DVD コレクターズBOX (初回限定生産)





◆金田一少年の事件簿シリーズコミックはこちら。


◆金田一少年の事件簿シリーズ映像作品はこちら。


【関連する記事】
posted by 俺 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画批評(レビュー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。