2014年04月11日

金曜8時のドラマ「マルホの女〜保険犯罪調査員〜 初回2時間スペシャル 相性サイアクコンビ始動!資産38億セレブVSドケチ節約女 私達はだまされない!1009人の聴衆の目前で疑惑の社長が燃えた!焼死事件の謎を暴け」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜8時のドラマ「マルホの女〜保険犯罪調査員〜 初回2時間スペシャル(第1話) 相性サイアクコンビ始動!資産38億セレブVSドケチ節約女 私達はだまされない!1009人の聴衆の目前で疑惑の社長が燃えた!焼死事件の謎を暴け」(4月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

保険調査員の柏木奈津子(名取裕子)と遠野亜希(麻生祐未)は、社長・三ノ宮幸三(宇梶剛士)からチケットをもらい、桜川建設主宰のチャリティ・コンサートに出かける。主催者の社長・桜川雅人(升毅)があいさつに登壇すると、桜川を罵倒する観客が現れ、動揺した桜川は演台の水差しを倒し、さらに会場のライトが消えて真っ暗に…。次の瞬間、演台付近で火柱が立ち、桜川は観客の目の前で火だるまになって焼死してしまう。警察と消防は漏電で発生した火が原因の不運な事故とみるが、ホールが支払う賠償金は莫大な金額に。施設賠償責任保険が下りるかどうかの調査依頼がアジャストリサーチに入り、奈津子と亜希はさっそくホールの支配人・樋口健一(長谷川初範)に会いに行く。桜川建設の統括本部長・設楽直樹(袴田吉彦)も現れて不幸な事故を嘆くが、奈津子はなぜ事故と言い切れるのか、自殺や殺人の可能性もあると反論する。
調査を進めると、月刊ゴシップ誌に桜川建設のチャリティ・コンサートは詐欺であると中傷記事を書いたフリージャーナリストの鵜飼剛(日向丈)が桜川社長に付きまとっていたことが判明。奈津子と亜希は真相究明に乗り出す!
(公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

保険調査会社アジャストリサーチの社員である柏木奈津子と遠野亜希は、桜川建設主催のチャリティ・コンサートに出かけた。
ところが、その目の前で焼死事件が発生する。

主催者である桜川雅人社長が挨拶の為に登壇したところ、水差しが倒れると共に停電し、次に気付いたときには登壇者が燃えていたのだ。
ホールの支配人・樋口健一らが慌てて消火活動に勤しむが最早間に合わなかった。

桜川の水差しにはウオッカが入っており、服もまたポリエステルであったことから事故と判断された。
しかし、ホールが支払う賠償金は莫大な金額に。

ホールはこの支払を保険金を以て適用することになり、その調査依頼がアジャストリサーチに。
こうして奈津子と亜希が調査を担当することに。

ところが、この2人は悉く反目し合っていた。
何故なら、2人にはある事情があったからである。

奈津子は38億の資産家。
そんな彼女が保険調査員になった理由―――それには親友である久喜早映子が関わっていた。
早映子はある事件の犯人とされていた。
今も意識不明で入院中である。

もちろん、奈津子はそれを信じなかった。
一方、この事件を保険調査員として担当していたのが亜希。
亜希は早映子犯人説をとっていた。
こうして互いに意見を戦わせ合った2人。
そんな様子を目にしたアジャストリサーチの社長・三ノ宮幸三が奈津子をスカウトし亜希と組ませたのだ。
「自説を主張し合うなら、コンビを組んで真相を突き止めたらどうだろうか」との提案であった。
こうして、2人は反目し合いながらもコンビを組むことになった。

そうして、この凸凹コンビが挑む最初の事件こそが桜川焼死事件となったのだ。
桜川建設統括本部長・設楽直樹はあくまで事故と主張する。
一方、奈津子と亜希は事件性が高いと判断する。

実は、桜川社長は月刊ゴシップ誌の記者・鵜飼剛に脅迫されていたのだ。
どうやら、鵜飼は桜川建設の9億に及ぶ使途不明金について調べていたようだが……。

鵜飼の身柄を押さえれば真相が明らかになる筈と考えた奈津子たちはその所在を調べるが見つからない。
まるで、この世から消えたかのようであった。

そんな中、奈津子はホールの音響が不自然であることを突き止めた。
この理由に思い当たった奈津子は真相に辿り着く。

樋口支配人を呼び出した奈津子たちはホールに隠しスペースが作られていたことを明らかにする。
それは人が1人隠れることの出来る空間であった。

奈津子は焼死したのが桜川ではなく、鵜飼であったと断言する。
桜川は9億の行方を巡り、鵜飼に脅迫されたことで献金先に命を狙われていた。
その為にも死んだことにした方が都合が良かったのだ。

あの日の事は次の通りであった。

鵜飼は桜川と設楽に捕まり、このスペースに捕まっていた。
コンサートが始まり、登壇した桜川はわざと水差しを倒す。
このタイミングで設楽が停電を起こす。
その隙を突き、桜川は鵜飼と入替りこれを燃やしたのだ。
そして、今度は桜川が隠しスペースに入り込み、やり過ごした。

1009人の聴衆を前にした大胆な犯行だったのである。
樋口支配人は保険金を受け取ることが出来なくなり、肩を落とす。

しかし、事件はこれで終わりでは無かった。
数日後、桜川のもとに奈津子が現れた。
奈津子は自分が突き止められた以上、早く出頭しなければ危ないと忠告する。

その数時間後、奈津子の忠告を受け入れた桜川は出頭途中に何者かに刺殺されてしまうのであった。
間に合わなかったのだ。

その夜、大物代議士・藤堂昭平が桜川抹殺の報告を聞いていた。
その中で、事件の真相を突き止めた奈津子たちの名を耳にし苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる。
藤堂は報告していた男・御木宗一郎に邪魔者として奈津子の名を伝えた。
そう、藤堂こそ早映子の事件にも深く関わる人物だったのだ―――エンド。

<感想>

「吉永誠一」、「3匹のおっさん」に続く「金曜8時のドラマ」シリーズ第3弾。
保険調査会社に勤務する2人の女性・奈津子と亜希の活躍を描く。

その1話ですが、なかなか面白かったですね。
とはいえ、主に設定を説明することに使われていたので、内容的には1時間未満でも大丈夫だったかな。

ちなみに、あらすじを見ても分かる通り「早映子の事件の謎」こそがシリーズのテーマになりそうですね。
これは藤堂と御木の陰謀みたいだ。
奈津子たちは藤堂たちの罪を暴くことが出来るのか……注目!!

一方、奈津子と亜希の個性的なぶつかりあいはそれなりに面白いんだけど、もう少し何か欲しい印象。
個人的にはダブルキャストよりも「3匹のおっさん」の流れを汲んで、もう1人主人公を加えてトリプルキャストの方が良かったかもしれないなぁ……と思う。

◆関連過去記事
「刑事吉永誠一・涙の事件簿 新相棒登場SP! 熱血&クールコンビが難病少女の夢を守る 巨悪詐欺を許すな!!」(10月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

名取裕子 
麻生祐未 
近藤芳正 
LiLiCo 
宇梶剛士 
升毅 
袴田吉彦 
長谷川初範 
日向丈 
ピエトロ・クリスト ほか
(公式HPより、順不同、敬称略)


「特命! 現役保険調査員の事件簿」です!!
特命! 現役保険調査員の事件簿





【関連する記事】
posted by 俺 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。