2014年04月15日

月曜ゴールデン「追悼…蟹江敬三さんを偲ぶ 世直し公務員 ザ・公証人11 生前贈与を巡り長女殺害!?父親の隠し子発覚で崩壊する家族…失踪したプードルが真相を知る!!」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「追悼…蟹江敬三さんを偲ぶ 世直し公務員 ザ・公証人11 生前贈与を巡り長女殺害!?父親の隠し子発覚で崩壊する家族…失踪したプードルが真相を知る!!」(4月14日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

真山壱成(渡瀬恒彦)が働く公証人役場に、病院職員の長谷部美佳(小野真弓)が友人で司法書士の結城靖宏(山口翔悟)を伴って訪ねてきた。
美佳は、両親である長谷部宏(山本圭)と輝子(岩本多代)が、長く暮らした実家を建て直したいのだ、と切り出し、親族とトラブルにならない手段を教えて欲しいと真山に相談する。
真山は美佳には兄が二人おり、長男はすでに病死していること、次男の雄二(金子裕)は年上のゆかり(秋本奈緒美)と結婚してリサイクルショップを営んでいるが、バツイチで連れ子のいるゆかりは、宏、輝子、美佳とは折り合いが悪いことなど、長谷部家の複雑な事情を知る。
真山はそれらを考慮して、宏が財産を美佳に相続させることを遺言書に明記すること、美佳以外の相続人に権利を放棄するよう確約させることを提案する。結城も真山の意見に言葉を補いながら美佳に説明する。
ところが後日、美佳の父、宏が真山を訪ねてきた。宏は自分には美佳の母と出会う以前、ある女性との間に生まれた娘がいたことを明かす。女性とは事情があって離婚し、女性と娘とも音信不通だと語る。真山はこの母娘にも宏の遺産を相続する権利があると指摘する。母娘の存在を知って美佳は憤慨する。
そんな矢先、美佳が何者かに首を絞められて殺された。自宅マンションで死んでいるところを結城が発見した。マンションの管理人、篠田隆(徳井優)は美佳が犬を飼っていたというが、何故かその犬は部屋にはいなかった。
警察はまず、結城を取り調べる。次に殺害現場の遺留品が手掛りとなり、雄二とゆかりにも嫌疑が掛かるが、決め手に欠ける。真山は友人の弁護士、天野正直(蟹江敬三)、公証人役場の書記、米倉環(安達祐実)とともに事件について推理を働かせるする。
さらに真山は事件解決の手掛かりを探すため美佳のマンションを訪れた。すると部屋に潜んでいた何者かに頭を殴られ、真山は意識を失うが・・・。
(月曜ゴールデン公式HPより)


では、続きから……。

真山壱成は公証人である。
親友で弁護士の天野正直や公証人役場書記の米倉環と共に今日も相続トラブルの解決に勤しんでいる。

今日の依頼人は病院職員の長谷部美佳。
友人で司法書士の結城靖宏と共に相談にやって来た。

なんでも、美佳は両親の住む実家の建て直しを考えているらしい。
だが、美佳の家族には揉め事が絶えなかった。

美佳には両親である長谷部宏と輝子がおり、宏と輝子の間には次男の雄二が居る。
長男は既に死亡しているが、宏には過去に別れた前妻との間に行方の知れない娘・宏美もあった。
何より問題なのは、美佳と雄二の折合である。
雄二は年上のゆかりと結婚しリサイクルショップを営んでいるのだが、ゆかりには連れ子が居たのだ。
特に美佳とゆかりは仲が悪く、何かある度に意見が衝突しているらしい。

これを聞いた真山は宏の遺言書でそれぞれの相続分を明記した上で、実家の権利を美佳以外の相続人に放棄させる必要があると教える。
だが、これには雄二だけではなく宏美の了承も必要なのである。
美佳は真山の提案を一蹴するや「宏美にはびた一文くれてやるつもりは無い」と公言し、結城の顔を曇らせる。

直後、美佳が自宅マンションで何者かに絞殺されてしまう。
第一発見者は結城であった。

マンションの管理人でラジコンが趣味の篠田隆によれば、美佳は「ハナちゃん」という名の犬を飼っていたらしい。
ところが、当の「ハナちゃん」は姿を消していた。

相続で揉めていた雄二とゆかりに容疑が集中。
しかし、2人ともにアリバイがあることが明らかに。

一方、天野が担当した案件に篠田が関わることに。
篠田が2年前に別れた妻・小夜子の父が亡くなり、小夜子の弟が相続について話し合いたいのだが、当の小夜子と連絡が取れないらしいのだ。
しかし、篠田は小夜子の行方を知らないと語る。

しかも、美佳周辺を調べた真山は何者かに襲われ昏倒してしまう。
怪我は浅くすぐに回復した真山だが、事件の闇の深さを知ることに。

事件解決には「ハナちゃん」がキーになると考えた真山はこれを探す。
すると、獣医のもとで保護されていたことが明らかに。
どうやら、美佳殺害時に部屋を飛び出し、そのまま逃げていたらしい。
獣医によれば「ハナちゃん」はひまし油を飲まされており、その消化物からアメジストが検出されていた。

そんな中、天野が意外な情報をもたらす。
結城のもとへ向かう真山。

実は結城こそが、行方不明になっていた宏美の息子だったのだ。
宏の孫だったのである。
結城は捨てられた宏美の気持ちを想い、復讐する為に美佳に近付いたことを認める。
だが、殺害は否定する。

一方、ハナちゃんが篠田が管理する花壇を荒らしていたことが分かる。
しかも、ひまし油がラジコンの潤滑油に用いられることを知る。
これに真山は美佳殺害犯を断定することに。

美佳殺害の犯人は篠田であった。
実は篠田は小夜子を殺害しており、その死体を花壇に埋めていた。
これをハナちゃんに荒らされ、小夜子が身に着けていたアメジストを美佳に発見され持ち去られてしまった。
取り返そうとして美佳の部屋に忍び込んんだ篠田。
しかし、室内には見つからない。
そこで、ハナちゃんに下剤替わりにひまし油を飲ませたのだが、その現場を美佳に目撃されてしまい殺害したのである。
真山を襲ったのも篠田であった。

篠田は「あの女が……あの女が……俺のコレクション(ラジコン)を捨てるって言ったんだよぉぉぉぉぉ〜〜〜〜」と小夜子殺害の動機を叫ぶのであった。

こうして事件は解決。
結城は自身の名前「靖宏」が「宏」から「宏美」と受け継がれた名前であると知らされる。
宏美は宏に捨てられたワケではなかったのだ。
ハナちゃんは雄二一家に引き取られることとなった―――エンド。

<感想>

「世直し公務員 ザ・公証人」シリーズ11作目。
前回は2012年2月27日の放送なので、約1年2ヶ月ぶりのシリーズ新作になりました。
過去記事ありますね、興味のある方は感想後のリンクからどうぞ!!

なお、当初は「弁護士高見沢響子12 観覧車の男」の放送が予定されていましたが、2014年3月30日に亡くなった蟹江敬三さんの追悼企画として既に撮影を終えていた「ザ・公証人11」が放送される運びとなったようです。

蟹江敬三さん、死去……

ちなみに、蟹江敬三さんの追悼企画としてはテレビ朝日さんにて「おとり捜査官・北見志穂18」が、NHKさんでは2014年4月19日午前0時より「蟹江敬三さんを偲んで」が放送予定だそうです。
「蟹江敬三さんを偲んで」では、同局で放送され蟹江さんがご出演されたドラマ「ママだって夏休み」、「胡桃の部屋」、連続テレビ小説「あまちゃん」、特集ドラマ「下町ボブスレー」などを振り返るとのこと。

土曜ワイド劇場「おとり捜査官・北見志穂 “幸福の絶頂”美女連続殺人!富士山だけが知る、黒いベールの女の秘密…被害者3人に謎の接点」(4月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

では、ドラマの感想から。

見所がいろいろ用意されていたように思います。

まずは美佳殺害の意外な動機。
篠田のラジコンがクローズアップされた時点で犯人こそ分かりましたが、その動機にこそサプライズが隠されていたとは!!
ハナちゃんには「飼い主殺し」と「殺人者殺し」の称号が与えられそうだ。
もっとも、小夜子を殺害した上に、その死体を浅く埋めてしまった篠田にこそ、もっとも問題がありそうだが。
ちなみに、篠田の小夜子殺害の動機を見て「相棒4」15話「殺人セレブ」の回を思い出したのは管理人だけでは無い筈だ。

それにしても美佳、意外と手癖が悪い……。
しかも、仮に篠田の殺意を避けたとしても靖宏に殺害されていたのかと思うと……。

キャラクター面もなかなかでした。
安達祐実さん演じる環さん、味を出してます。
良キャラです。

そして、遺作となった蟹江さん。
撮影時期もあるのだと思いますが「おとり捜査官」に比べて登場シーンも多いし活き活きとしていました。
天野という飄々としたキャラクターを通じて持ち味も良く表現されており、後世に遺作として遺すべきはこちらの作品のような気がします。

見ごたえがありました。

◆関連過去記事
月曜ゴールデン「世直し公務員 ザ・公証人9 ワイナリーオーナーが不審の死!発酵室に転がる死体…相続を巡る兄と妹に泥沼の争いが!鍵はコンクール受賞ワイン?今復讐の時!」(6月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「世直し公務員 ザ・公証人10 茶会で毒入り饅頭の無差別殺人?老舗の和菓子屋相続を巡る兄妹骨肉の争い!母と名乗れぬ息子への愛…悲しい懺悔…」(2月27日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

真山壱成:渡瀬恒彦
天野正直:蟹江敬三
米倉 環:安達祐実
結城靖宏:山口翔悟
長谷部 宏:山本 圭
長谷部輝子:岩本多代
長谷部美佳:小野真弓
長谷部雄二:金子 裕
長谷部ゆかり:秋本奈緒美
野間良枝:北島美香
篠田 隆:徳井 優 ほか
(公式HPより、敬称略)


「公証人が書いた トラブルにならない相続」です!!
公証人が書いた トラブルにならない相続





「新版 証書の作成と文例 全訂遺言編」です!!
新版 証書の作成と文例 全訂遺言編





「【J.HERBIN】エルバン 公証人用インク HB13991」です!!
【J.HERBIN】エルバン 公証人用インク HB13991





【関連する記事】
この記事へのコメント
ツッコミたいのですが、結城は確実に殺人予備罪に引っかかりますよね。
先に殺されていなければ殺していたと公証人と弁護士の人に語っているし、細工をしての不法侵入だから殺意は証明されていますから

まあ、誘われたときに断ったけどやっぱお相手をしたくなって後でこっそりと言えば切り抜けられそうでもありますが
Posted by アキシン at 2014年04月17日 00:00
Re:アキシンさん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

結城の行動は理由があったとはいえ確かに罪深いモノ。
本来だと大問題になりそうなのですが、被害者となりかけた美佳の父・宏が納得しているようなので黙認されることになったのかもしれません。

しかし、宏はそれで納得したとしても輝子は納得出来るのだろうか。
指摘されてみると、此の点が凄く気になる……。
Posted by 俺 at 2014年04月18日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。