2014年04月19日

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車33 卒都婆小町が死んだ 能楽堂に舞う般若の死体!一人の男を巡る女達の嫉妬が殺意へ?ストーカーへと堕ちた大女優が企てた恐怖のシナリオ」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車33 卒都婆小町が死んだ 能楽堂に舞う般若の死体!一人の男を巡る女達の嫉妬が殺意へ?ストーカーへと堕ちた大女優が企てた恐怖のシナリオ」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

石原葬儀社の社長・石原明子(片平なぎさ)は、京都の美容院で髪を整えていた。そこになじみの元女優でこの美容室の女社長・梅溪美鈴(藤真利子)がやってくる。美鈴は女優時代の知り合いという能楽師、鷺村菊三郎(三浦浩一)が能の演目「卒都婆小町」を上演する舞台に明子を招待する。当日、明子は講義で京都に滞在している婚約者の黒沢春彦(神田正輝)と葬儀社従業員・内田良恵(山村紅葉)を連れ立って能楽堂を訪れる。能楽堂のロビーで美鈴とあいさつを交わしていると、菊三郎の追っかけ仲間で料亭の若おかみだという島村かすみ(田中広子)を紹介される。そこに、菊三郎の恋人、藤川小蝶(篠原真衣)が通りがかる。小蝶も能を見に来たのだ。菊三郎によって「99歳になった小野小町が、老いて美しさを失い、落ちぶれ果て嘆くうち、かつて小野小町が翻弄し亡くなった深草少将の怨霊に取り憑かれ発狂する」という「卒都婆小町」が上演され喝采の内に幕を閉じた。そんな能楽堂を外からひとり、ベテラン女優・戸羽万知子(池上季実子)が見つめていた。万知子はかつて美鈴と犬猿の仲とウワサされていた。

興奮冷めやらぬ、能楽堂のロビー。ファンのざわめきの中、菊三郎と後継ぎ息子の蘭之介(柾木玲弥)、付き人で新人能楽師の杉田鷹次カ(中山優馬)がやってくる。かいがいしく菊三郎の襟元をなおすかすみ。そして美鈴は鷹次郎の労をねぎらう。一方で良恵は鷹次郎に一目ぼれをしていた。客に渡す記念品を取りに帰る鷹次カを良恵が追いかける。しばらくすると能楽堂から悲鳴が聞こえる。そして、足早に能楽堂を去る女性の影…能楽堂の舞台に二人が駆けつけると、かすみが殺されていた。そしてかすみの手のひらに榧の実がひとつ載せられていた。それは最近、何度も菊三郎の元に届けられていたものと同じ、榧の実であった。そこに駆けつける京都府警の狩矢警部(若林豪)と橋口警部補(松永博史)。明子は、悲鳴が聞こえたとき、能楽堂から足早に去る人影が気になっていた。

かすみの葬儀は石原葬儀社が取り仕切ることになり、大番頭・秋山隆男(大村崑)は張り切るが、施主を務める菊三郎は狩矢にかすみとの関係を問われ、戸羽万知子、さらに、藤川小蝶が弔問に訪れ、葬儀場は一触即発。弔問客に「卒都婆小町」とささやかれながらも万知子は小蝶を小馬鹿にし、無視しようとする菊三郎に扇子を投げつけ帰って行った。明子は後日、万知子が「卒都婆小町」と呼ばれる理由、菊三郎と万知子の過去を美鈴から聞くことになった…。
(公式HPより)


では、続きから……(一部、重複あり)。

石原葬儀社の社長・石原明子は、元女優・梅溪美鈴が経営する美容室を訪れた。
婚約者・黒沢春彦が久しぶりにやって来るのだで、お洒落にしたいのだ。
すると、美鈴が追っかけをしている能楽師・鷺村菊三郎の舞台に誘われる。

今回の演目は「卒都婆小町」。次のような内容である。
容色を誇った小野小町も99歳になった。
如何な美女と雖も美貌の衰えを隠すことは出来ず、彼女を取り巻く環境も激変した。
過去、あれほど彼女を求めた男たちも既にない。
小町はこれを嘆きつつ、過去に百夜通いを強いて袖にした深草少将の霊に苦しめられるとのモノだ。

此の舞台に、明子は春彦と社員の内田良恵を伴い訪れる。
能楽堂には美鈴や同じ菊三郎の追っかけをしているという料亭の若女将・島村かすみ、菊三郎の恋人・藤川小蝶が集まっていた。
かすみは小蝶を敵視、そんなかすみを美鈴が敵視していた。

一方、菊三郎の傍では彼の2人の息子が言い争っていた。
後継者と目される蘭之介、新人能楽師の杉田鷹次カである。
菊三郎は鷹次郎を可愛がっており、これを蘭之介が危険視していたのだ。
蘭之介は鷹次郎を「何処の馬の骨ともしれない女の息子」と蔑む。

それぞれに不穏な気配を漂わせる中、其処から外れた場所にはベテラン女優・戸羽万知子の姿もあった。
過去、美鈴と万知子は女優として対立関係にあったそうだが……。

舞台が終わり、菊三郎と鷹次郎にかすみと美鈴が連れ添う。
その一方で、すっかり鷹次郎に魅せられた良恵は彼の大ファンに。
ところが、勢い余って鷹次郎を追いかけた良恵は、舞台付近にてかすみの死体を発見してしまう。

かすみの死因は帯による絞殺。
顔には般若の面がかけられており、掌には榧の実が握られていた。

この事件の捜査に狩矢警部と橋口警部補が乗り出すことに。

そんな中、かすみの葬儀が行われた。
菊三郎、小蝶、美鈴らが参列する中、万知子も現れる。
美鈴の顔色が変わり、小蝶が罵る。
それでも万知子は菊三郎に何かを伝えようとするが、菊三郎はそんな万知子をむげにあしらう。

実は菊三郎と万知子は過去に交際していたのだ。
結婚寸前まで話が進んでいたらしいのだが、急遽破談になっていた。
2人の様子に何かを感じ取る明子だが……。

とはいえ、明子自身にも思わぬ波紋が。
春彦の恋人を名乗る女医・谷原詩織に春彦と別れるよう迫られていたのだ。
これについては、すぐに春彦の口から事実無根であることが確認された。
どうやら、詩織は春彦に恋焦れるあまり暴走してしまったらしい。

恋が人を狂わせることに気付いた明子は、菊三郎と万知子の間を調べ始める。
矢先、万知子が菊三郎に榧の実を届けていたことが明らかに。
どうやら深草少将の百夜通いに倣ったらしい。
深草少将は榧の実を手に99夜までは通い詰めたのだが、肝心の百夜目を前に急死してしまったのだ。

同日夜、菊三郎と小蝶の結婚が報道された。
これを目にした万知子は肩を落とす。

その翌日、狩矢警部は万知子に事情を尋ねようと、万知子宅を訪問する。
だが、万知子は2階の寝室で服毒死していた。
万知子の死体には綺麗に化粧が施されており、手には榧の実が握られていた。
これにより、自殺と思われたのだが……。

明子は鷹次郎の母親が分からないことに注目。
その母親が美鈴ではないかと疑う。
調べたところ、菊三郎、万知子、美鈴が三角関係にあったことも判明。
美鈴と鷹次郎が親子であると明子は確信するのだが……。

当の美鈴たちに否定されてしまう。
美鈴は万知子に負け、菊三郎を譲ったと語る。
しかも、これを聞いた菊三郎は鷹次郎の出自を調べることを禁ずるまでに激怒する。

余計に気にかかった明子は菊三郎の系図を調べ始める。
すると意外な事実が判明。

昭和33年、菊三郎の継母である佐知子が名前を消されていたのである。
しかも、同時期に先代・菊之介の1番弟子・鷹作も名前を抹消されていた。
なんと、佐知子と鷹作は不義の関係にあり、子供まで出来ていたらしい。
その子供こそが万知子だったのだ。

いわば、万知子は菊三郎にとって裏切り者の娘になるのだ。
だからこそ、結婚が認められなかったらしい。

さらに、明子は良恵が撮影した最近の鷹次郎の舞台の写真を目にし真相に気付く。
写真には能面が映っていた。
だが、その能面は先の舞台で使用された物とは異なっていた。

菊三郎、美鈴、鷹次郎を呼び出した明子と春彦、狩矢たち。
明子は鷹次郎の母親が万知子だと指摘する。
鷹次郎は菊三郎と万知子が別れる前に出来た息子だったのだ。
そして、この事実は鷹次郎を後継者にしたい菊三郎にとって大変、不都合な物であった。

明子は続けて、かすみと万知子殺害犯が菊三郎であると断定する。

かすみは鷹次郎の出生の秘密を餌に、菊三郎に小蝶と別れ自分と結婚するよう迫った。
其処で菊三郎がかすみを殺害したのである。

だが、これを万知子が目撃した。
其処で菊三郎を庇う為に、般若の面を被せ榧の実の残した。
自身の犯行に偽装しようとしたのだ。

そんな万知子の気持ちを知らない菊三郎は彼女に脅威を抱いた。
其処で口封じに毒殺してしまったのである。

ところが、菊三郎の婚約発表を目にした美鈴が万知子を心配し訪問した。
実は、万知子と美鈴は巷間噂されるほど仲は悪くなかった。
寧ろ、互いに尊重し合っていたのだ。

美鈴は息も絶え絶えな万知子を発見し、事情を察した。
万知子は菊三郎を庇い絶命してしまう。
万知子の遺志を重視した美鈴は、彼女に化粧を施し榧の実を残したのだ。

明子が菊三郎の犯行に気付いたのは、良恵が撮影した能面にあった。
それは先代・菊之介が遺した名品だったのだ。
だが、鷹作と佐知子が持ち出した逸品で、今は万知子の所有物であった。
菊三郎は失われたそれを回収していたのだ。
これが、あの日に菊三郎が万知子を訪ねた動かぬ証拠となった。

鷹次郎は今更、現れた万知子を批難する。
これを諭す美鈴。

美鈴は万知子に助けられたことがあった。

当時、共演した際のエピソードである。
美鈴は監督に演技について指導を受け続けたが、改善しなかった。
撮影は何度となく繰り返されるが、その度にNGとなり終わりが見えない。
スタッフも美鈴に不満を抱きだした。

「のど飴が無いじゃないの!!」
すると、万知子が付き人を怒鳴った。
どうやら、付き人がのど飴を用意出来なかったらしい。
万知子はのど飴が無いことを理由に撮影中段を要求した。

美鈴の件もあり、万知子の要望は通った。
美鈴は休憩中に万知子に謝罪すべく足を運んだ。
すると、万知子は笑いながらのど飴を手渡したのだ。
のど飴はあったのだ。
美鈴が精神的に追い詰められている姿を見て、立て直す時間を稼ぐ為に万知子が打った芝居であった。

これにより美鈴は立て直した。
しかも、それからは万知子にもスタッフの不満の矛先が向かうこととなった。
美鈴は楽になり、活き活きと演じ切れた。
美鈴にとって万知子は憧れの人だったのだ。

こうして、真相が明らかになった。
菊三郎は逮捕され、美鈴も連行されることに。
菊三郎は鷹次郎に後事を託すのであった。

数日後、春彦と肩を並べて歩く明子の姿があった。
「これで34回目の榧の実よ、私たち」
春彦に告げる明子。
春彦は優しく微笑んだ―――エンド。

<感想>

「赤い霊柩車」シリーズ第33弾。
前作は2013年11月22日に放送されています。
ほぼ5ヶ月ぶりのシリーズ新作となります。
過去作についてはネタバレ批評(レビュー)ありますね。
興味のある方は過去記事をどうぞ!!

ドラマの原作は山村美紗先生『卒都婆小町が死んだ』(講談社刊)。

<あらすじ>

美貌を誇り、かつては小野小町になぞられた女優がホテルで毒死した。部屋からは恋人だった歌舞伎役者の指紋が検出される。能の名作「卒都婆小町」に例えられた間柄の2人だったが、今はもう過去の恋愛となっている。キャサリンがあかす事件の真相とは。妖しく美しい能の世界に想を得た傑作推理短篇集。
(講談社公式HPより)


原作はキャサリンシリーズの短編だったんですね。

では早速、ドラマ版の感想を。

前回に比べると、カラーががらっと変わりましたね。
特にトリックらしいトリックも盛り込まれず、人間ドラマに焦点が当てられました。
些か物足りなさも感じられましたが、シリーズの1作とすればこれはこれでアリかもしれません。

ラストの「榧の実」のくだりですが、あれは本シリーズが第33弾になったことを示しているのでしょうか。
春彦と明子の最初の出会い(シリーズ外の出来事)を1回とカウントすると「最初の出会い+シリーズ33回」で34個に合致するし。
だとすると、春彦と明子はシリーズ回数分だけしか会っていないということなのだろうか。

それにしても、すべて菊三郎が悪い気がするのは何故でしょうか。
佐知子、鷹作と確執のあった先代・菊之介も故人だそうだし、万知子自身に罪は無く、また鷹次郎のこともあるから公にせずとも、家族3人で交流を持つことぐらいは出来そうだけどなぁ……。
そもそも、鷹次郎の上に蘭之介が居る以上、万知子との恋も不倫だったんだろうし。
なのに、今度は小蝶なんだもんなぁ……。

それに比べると、春彦さんは素晴らしい。
詩織の前ではっきりと「愛しているのは明子だけだ」と断言したものな。
男らしい。
はっきり言わないと明子も苦しむだろうし、春彦は正しい。
あれだからこそ、明子も春彦が好きなんだろう。
納得だ。

ちなみに、菊三郎が逮捕された以上、彼が推す鷹次郎は後継者にはなれないだろうし。
物凄くモヤモヤするなぁ……。

そう言えば、秋山は「当社にとっては空前の好景気でんな」と口にしなかったな。
前回(下記リンクの感想部分参照)の仮説を立証する唯一の証拠が消されたか……流石は明子はん、抜かりなし。

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車32 羅刹の三姉妹 茶道家元一族に潜む鬼女!茶会で弟子毒殺…茶碗に浮かび上がる文字が示す真犯人!?明子襲う史上最大のピンチ!」(11月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

だが、次回こそ証拠となる秋山証言が飛び出すかもしれない。
何しろ、シリーズとして続く限りいつかは明らかになるかもしれないのだから。
そういうワケで、次回にも注目!!

【赤い霊柩車シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・20周年第30作!!2週連続SP龍野武者行列殺人事件前編 山村美紗未完の遺作×西村京太郎共作幻の原作映像化!封印された町の女帝が隠す血の秘密…二大巨匠の悲劇の連続殺人開幕(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30前編)」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・第30作放送開始20周年記念!龍野武者行列殺人事件後編 山村美紗×西村京太郎〜二大巨匠幻の共作22年前の白骨死体が語る女系一族の血の歴史葬られた女が今甦る!三世代の愛憎劇完結(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30後編)」(10月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス赤い霊柩車31 追憶の彼岸花 鬼母と呼ばれた女…我が子を殺し消えた母と無実を信じる悲劇の少女!彼女が描く一枚の画が女たちの殺意を暴く」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車32 羅刹の三姉妹 茶道家元一族に潜む鬼女!茶会で弟子毒殺…茶碗に浮かび上がる文字が示す真犯人!?明子襲う史上最大のピンチ!」(11月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

片平なぎさ
神田正輝
大村崑
山村紅葉
若林豪
藤真利子
三浦浩一
中山優馬
池上季実子 ほか
(順不同、敬称略、公式HPより)


◆「山村美紗先生」関連過去記事

【狩矢父娘シリーズ(土曜ワイド劇場)】
土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・美人女優連続殺人事件〜主役は2度殺される!?ガラス張りの密室殺人トリックを“股のぞき”が暴く」(4月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・竜の寺密室殺人 理想の夫婦の裏の顔!愛人参加の紅葉ツアーで舞妓が殺された!?」(2月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 京都・嵯峨野トロッコ列車殺人事件!祇園祭愛人同伴ツアー、貴船の流しそうめんが暴く水上密室の謎」(10月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ(14)京都・華やかな密室殺人事件!容疑者は馬に乗った愛人!?妻殺しを暴いた1+1=1のネックレス」(10月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「山村美紗サスペンス 狩矢父娘シリーズ15 京都グルメツアー殺人事件!観光客10万人が見た殺人トリック!?“五山送り火”に浮かび上がるダイイングメッセージの謎」(10月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【船越英一郎さん版狩矢警部シリーズ(月曜ゴールデン)】
月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス「狩矢警部シリーズ8京都西大路通り殺人事件〜京の椿四姉妹連続殺人!椿の幽霊と密室アリバイトリックに狩矢と娘和美が挑む!」(5月17日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン 山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ9「坂本龍馬殺人事件〜11月15日は龍馬の命日今宵京都で連続殺人!変死体は狩矢の親友…辞表を胸に復讐の炎を燃やす!カギは龍馬」(11月15日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第10弾スペシャル千利休・謎の殺人事件「利休切腹から420年…京都撮影所で連続不可能殺人死の床に不気味なメッセージと利休の亡霊」(7月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第11弾スペシャル 京都舞踊襲名殺人事件 美しき舞の最中の悲劇名門の家元候補が次々絶命!舞扇・手拭いに仕込まれた毒か!?母の愛が狂気に変わる時」(3月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

月曜ゴールデン「山村美紗サスペンス 狩矢警部シリーズ第12弾 京都香道伝説殺人事件〜千年の都の香りが呼ぶ女優連続殺人!?平安絵巻・曲水の宴の惨劇!死のメッセージ“ぬ”の謎とは」(11月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【赤い霊柩車シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車26最新作!「黒い同窓会〜25年の憎悪が女達を狂わせる次々殺される同級生…嘘で塗られた青春時代卒業旅行で何が?死体が握る百人一首の謎」(10月1日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車27最新作!「魔女の囁き〜嫉妬と嘘が交錯する悪女達の恐怖の愛憎劇!富豪の死の裏に3年前の火災 悲劇の令嬢、執念の母、氷の美女…犯人は誰」(4月8日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車28 最新作!漆黒の記憶〜死人の女が働く宿で見た怨念籠もる復讐劇!憎しみ合う姉妹と男達の変死葬られた記憶の最後で顔を歪ませていた悪魔は誰だ?」(10月7日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車29 慟哭の再会〜霊柩車史上最大の驚愕!恩師との晩餐が血の惨劇に次々殺される美人姉妹仏像は見た…羅刹の家に潜む底なしの憎悪」(4月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・20周年第30作!!2週連続SP龍野武者行列殺人事件前編 山村美紗未完の遺作×西村京太郎共作幻の原作映像化!封印された町の女帝が隠す血の秘密…二大巨匠の悲劇の連続殺人開幕(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30前編)」(9月28日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「赤い霊柩車・第30作放送開始20周年記念!龍野武者行列殺人事件後編 山村美紗×西村京太郎〜二大巨匠幻の共作22年前の白骨死体が語る女系一族の血の歴史葬られた女が今甦る!三世代の愛憎劇完結(放送開始20周年記念 山村美紗サスペンス 赤い霊柩車30後編)」(10月5日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス赤い霊柩車31 追憶の彼岸花 鬼母と呼ばれた女…我が子を殺し消えた母と無実を信じる悲劇の少女!彼女が描く一枚の画が女たちの殺意を暴く」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 赤い霊柩車32 羅刹の三姉妹 茶道家元一族に潜む鬼女!茶会で弟子毒殺…茶碗に浮かび上がる文字が示す真犯人!?明子襲う史上最大のピンチ!」(11月22日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【空港警察・刑事課 今井陽子シリーズ】
金曜プレステージ 山村美紗サスペンス 京都源氏物語殺人絵巻「香のかおりに殺意をのせて…男と女の狂った愛情と欲望が起こす殺人連鎖!死体に残された源氏物語の謎と哀れな過去」(11月12日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ 山村美紗サスペンス「黒の滑走路〜禁じられた一族 空港に女社長刺殺体!巨額遺産を巡る嫉妬と罠が交錯する連続殺人に潜む親子の屈折愛と衝撃の真実」(1月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第4弾 黒の滑走路2〜花婿がみた悪魔〜不倫美女、浮気妻、元秘書と弟…怨念宿る復讐劇に魂を捧げた悪魔が仕掛けた驚愕トリックとは!?」(5月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 黒の滑走路3 空港大パニックの中仕組まれた完全犯罪!?止まらない殺人連鎖!!捜一上層部VS空港警察陰謀渦巻く国際ターミナルの罠」(8月9日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【不倫調査員・片山由美シリーズ】
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美 京都伏見・月下美人殺人慕情〜鬼姑ダメ嫁修羅場の真実!闇の花が誘う復讐殺人の罠(最新作!!京都伏見・月下美人のトリック!!愛猫が見た鬼姑殺し)」(12月21日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美12 黒の環状線…女と男嫉妬と金欲の連続殺人京都〜東京密室と錯覚Wトリックを暴け!(黒の環状線〜京都〜東京横浜連続殺人!!由美が容疑者になる)」(8月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 不倫調査員・片山由美13 京都・くちなしの花殺人疑惑〜嵯峨野密会の甘い罠!?死体に舞う折り紙に秘めた復讐(茶道比叡流家元と折り紙の謎!?)」(7月3日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【作家探偵・山村美紗シリーズ】
水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗!京都東山〜密室トリック殺人事件 京友禅に描かれた死者からのメッセージ!5つの文字が隠す禁断の愛憎劇(京友禅に描かれた鏡文字は死者からのメッセージ)」(4月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「作家探偵・山村美紗2 京都紅葉寺殺人事件 隠れ湯に散った愛憎劇 七草呪いの殺人連鎖がオペ室の巨悪を裁く(〜秋の七草の秘密〜 秋の七草が隠す4人の女の不倫愛憎の秘密)」(12月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【小京都連続殺人事件シリーズ】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第1弾 小京都連続殺人事件〜スパイスは復讐の味〜広島尾道竹原で起きた連続殺人に潜む怨念!美人料理記者と草食系編集者が追う凶器に秘められた衝撃真実…」(5月4日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 小京都連続殺人事件2〜佐野足利・七草に秘められた叫び〜惨殺トリックの鍵は七草にあり!!佐野足利郷土料理〜渡良瀬橋に戦ぐススキの怪!?冤罪か完全犯罪か…女料理記者が解く殺人連鎖」(4月19日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 小京都連続殺人事件×外科医 鳩村周五郎 最強人気サスペンス浅野温子と船越英一郎の強力タッグ!因縁を持つ2家族が奇怪な殺人事件を起こす…死体についた葉の意味は」(10月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【女検視官・江夏冬子シリーズ】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第2弾 女検視官・江夏冬子〜血だまりの滴〜密室の母殺し!犯人は息子?物言えぬ少女が見た惨劇!その愛は禁断…謎の絵が語る黒い怨念!女達の恐怖の愛憎劇VS最強京都府警軍団!」(5月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 女検視官・江夏冬子2 復讐の血脈 孤独な女の焼死体が導く連続殺人の記憶!17年前の一家惨殺…死人の女が描いた積年の復讐劇!ラスト3分の大転覆」(5月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【推理作家・池加代子シリーズ】
金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 4週連続スペシャル 第3弾 推理作家・池加代子〜殺しのシナリオ〜主演女優が撮影中に毒殺!私の書いた台本で人が死ぬ…華やかな女優の世界に潜む嘘と殺意を徳島の渦潮が見た!」(5月18日放送)ネタバレ批評(レビュー)

金曜プレステージ「山村美紗サスペンス 推理作家・池加代子2〜殺しの文学賞〜受賞作に隠された黒い疑惑…新人女性作家の死体と血文字の謎!密室トリックに母娘探偵が挑む 京都神戸連続殺人!」(7月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【看護師戸田鮎子の推理カルテシリーズ】
水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師戸田鮎子の推理カルテ 京都・奥嵯峨保津川渓谷殺人事件!不倫と殺意の秘密を隠す多重トリックの罠(京都奥嵯峨に救命のナースコール)」(7月11日放送)ネタバレ批評(レビュー)

水曜ミステリー9「山村美紗サスペンス 看護師・戸田鮎子の推理カルテ2 京都・代理母出産の死角 京都嵯峨野緊急搬送の女優の秘密は!?伊勢参り特急列車空白の98分間を暴け 二週連続山村美紗SP」(10月30日放送)ネタバレ批評(レビュー)

【イベント】
「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展、ふたたび!!
(2010年11月28日まで開催)

娘・紅葉さんプロデュース!!「ミステリーの女王・山村美紗の世界」展4月24日土曜より開催!!(すでに終了)

山村美紗原作「京都花灯路 恋の耀き」公演中!!

「卒都婆小町が死んだ (講談社文庫)」です!!
卒都婆小町が死んだ (講談社文庫)





こちらはキンドル版「卒都婆小町が死んだ (講談社文庫)」です!!
卒都婆小町が死んだ (講談社文庫)





◆山村美紗先生の作品はこちら。


【関連する記事】
この記事へのコメント
前回、明子の裏取引説を楽しく拝見したこと思い出しましたー!
同じ名前の私は、春彦さんの男らしい態度にポッとなってました(#^.^#)
また記事期待してます♪♪
Posted by 明子 at 2014年04月19日 09:23
Re:明子さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

今回の春彦さん、良かったですね〜〜〜。
詩織の前できっぱりと愛する人が明子であることを宣言していました。
あの場ではっきり言わなければ、明子も詩織も思い悩んだことでしょう。
毅然とした春彦さんの姿に、視たときは「おおっ」と思わず歓声を洩らしてしまいました。

春彦さんが愛される理由が分かった気がします。
このシリーズ、次回も期待!!

そしてもちろん、シリーズの良さを伝えて行く為にも記事にし続けて行ければと思います(^O^)/!!
Posted by 俺 at 2014年04月21日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。