2014年04月27日

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 狙われた美女モデル、死を呼ぶ密会デート!!乗るのに10年かかる観覧車の謎…イカ刺しを使ったアリバイトリック!?」(4月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 狙われた美女モデル、死を呼ぶ密会デート!!乗るのに10年かかる観覧車の謎…イカ刺しを使ったアリバイトリック!?」(4月26日放送)ネタバレ批評(レビュー)です!!

<あらすじ>

片岡悠介(寺島進)は警視庁特命捜査対策室、通称“再捜査班”に追いやられた、いわば“鼻つまみ者”。現在バツイチの身で、元中学校教師の口うるさい母・美知恵(吉行和子)と2人暮らし中だ。カタブツ美女の奥村澪刑事(原沙知絵)と、いじめられることで潜在能力を開花させる(?)浅野直樹刑事(金子貴俊)という3人チームで、エリート刑事たちに解けない事件の謎を、あっと驚く方法で“再捜査”していく。

10年前の新聞店店主殺人事件で逮捕され服役している元自転車店経営者・丸尾勇(泉谷しげる)は、当時の捜査員をノラリクラリとはぐらかし続けた末に、「事件現場から逃げるのを見た」という目撃証言が出たとたんにあっさり罪を認めるなど、とにかく何を考えているのかわからない変わり者だった。ところが事件から10年が経過した今になって、警視総監宛てに匿名の密告状が届き、事態は一変。密告状によれば、その事件の真犯人は、冴えない風貌の丸尾とはまるで異なる、長身美形のモテ男、花房芳樹(川崎麻世)だというのだ。花房はファッション業界と出版業界のコラボ企画で名を上げた有名コーディネーターで、ポーチなどのファッショングッズを雑誌の付録にすることで、販売部数を飛躍的に伸ばしてきた。最近では人気ファッションモデルの倉吉美奈子(高部あい)にグッズのデザインを手がけさせ、大成功を収めていた。

はたして、密告状に書かれていることは真実なのか…!? 再捜査をはじめた悠介は、花房にフラれた上、美奈子を引き抜かれて逆上するモデル事務所社長・加納真理(原久美子)が「秘密をばらしてやる!」と花房に対して凄むところを目撃する。だがその夜、真理が何者かに殺害されてしまう。
まもなく、その真理こそが、警視総監宛ての密告状を送った人物と判明する。片岡悠介の“天敵”である捜査一課の榎本香織刑事(南果歩)は、真理を殺したのは金品目当ての強盗か、男女関係のもつれと推理。しかし、悠介はことあるごとに捜査に邪魔に入っては「真理殺しの裏には、10年前の真相を隠そうとする真犯人がいる」と主張する。
(土曜ワイド劇場公式HPより)


では、続きから(一部、あらすじと重複あり)……

片岡悠介は警視庁特命捜査対策室、通称・再捜査班に所属する刑事である。
片岡は、部下である奥村澪刑事と浅野直樹刑事と共に3人で数々の事件を解決している。

今回、片岡が担当するのは10年前に発生した新聞店店主・山脇殺人事件。
しかし、この事件は犯人が逮捕されていた。

逮捕されたのは元自転車店経営者・丸尾勇。
当時、山脇の妻・和美が疑われたが、彼女にはスーパーで「イカ刺し」を買っていたとのアリバイがあった。
その後、丸尾を犯人と名指しする匿名電話があり、丸尾が連行され罪を認めていたのである。

ところが、現在になって「山脇殺害の真犯人は花房芳樹だ」との告発状が届いた。
花房はファッション業界と出版業界のコラボ企画で名を上げた有名コーディネーター。
最近では、人気ファッションモデル・倉吉美奈子に手掛けさせたポーチなどのファッショングッズをおまけにした雑誌により、販売部数を飛躍的に伸ばしていた。

告発状を受けて再捜査を始めた片岡は、モデル事務所社長・加納真理が花房と揉み合う姿を目撃。
その夜、真理が何者かに殺害されてしまう。

調べた結果、真理が告発状の主と判明。
どうやら、花房への嫌がらせであったようである。

そんな中、美奈子の母・倉吉玲子が花房に脅迫されていることが分かる。
何が脅迫のネタになっているのか!?

さらに、片岡は玲子の別れた夫・北山浩一と和美が観覧車で密会している現場を目撃する。
一体、何がどう繋がっているのか!?

矢先、花房も謎の死を遂げてしまう。
現場にはPCに残された遺書があり、其処には山脇殺害と真理殺害が花房によるものだと記されていた。

だが、片岡は花房の死が他殺であると直感する。
確かに真理殺害は花房によるものだが、山脇殺害には別の犯人が居ると考えたのだ。
だとすれば、花房の死も別の人物による犯行になるではないか!!

すべての動機が10年前の山脇殺害にあると見た片岡は事件現場写真を調べ始める。
片岡は其処に落ちていたポーチに注目。
これは雑誌「ジェリービーンズ11月号」の付録であった。
山脇が購入したとは思えない。

現場付近の書店を巡ったところ、購入者が判明する。
それは当時、新聞社の幹部であった北山と結婚していた玲子であった。
取調を受けた玲子はあっさりと山脇殺害の罪を認めるのだが……。

しかし、片岡は納得しない。
丸尾を告発した人物が丸尾自身であると突き止めた後、山脇殺害現場に残された遺留品―――スーパーで購入したイカ刺しとその日の新聞の2つから、ある事実に辿り着く。

呼び集められた北山、玲子、和美、美奈子。
片岡は現場に落ちていた「イカ刺しの割引表示」に注目する。
それは和美が購入した物。
ところが、和美が購入したとされる時刻―――20時からは半額になるのだが、実際の表示は3割引きになっていたのだ。
つまり、和美が「イカ刺し」を購入したのはもっと前、犯行時刻付近だったことになる。
和美のアリバイは崩れたのである。

だが、片岡は山脇殺害は別の人物の犯行であると断言する。
それを示すのがもう1つの遺留品「新聞紙」であった。

あの時刻、山脇の手元には見本刷り用の3版しか無い筈であった。
だが、遺留品となっていたのは配布用の4版だったのだ。

あの時刻に4版を入手できるのは新聞社に勤務していた北山しかいない。
つまり、山脇を殺害したのは北山だったのだ。

20年前、北山と和美は交際していた。
だが、北山には玲子という妻が居り、別れることに。
和美は山脇と結婚した。

ところが、10年前になって北山と和美が再会した。
2人のただならぬ様子を感じ取った山脇は2人を尾行し、観覧車で密会している現場を目撃する。
和美の不貞を嗅ぎ取った山脇は暴力を奮い始める。

そして、殺害当日。
思い詰めた山脇は玲子を呼び出し「夫をなんとかしろ」と難詰した。
揉み合う内に、玲子は山脇を殴りつけてしまう。
この際、付録ポーチが現場に残された。

玲子は逃亡したのだが、この現場を北山が目撃してしまう。
北山は山脇を責めた。
山脇も北山を責めた。
こうして、逆上し合った2人は激しく揉み合い北山が山脇を殺害してしまう。

此処で和美が帰宅。
ところが、和美は北山を庇う。

さらに、丸尾も来訪。
丸尾が身代わりになることで真実を隠し通すこととなった。

実は丸尾は美奈子の実父であった。
丸尾の亡くなった妻は玲子の姉だったのだ。
丸尾は美奈子の為に身を犠牲にしていたのである。

この事実を知った花房が玲子を脅迫し、北山に殺害されたのであった。

こうして事件は解決した。
美奈子は丸尾の愛を知り、父娘の名乗りを上げる。

一方、香織が栄転し土地を離れることになった。
片岡に檄を飛ばすと、香織は去って行った―――エンド。

<感想>

「再捜査刑事・片岡悠介」の第6弾、オリジナルシリーズなので原作はありません。
前作は2013年7月6日に放送されているので、実に9ヶ月ぶりの続編となります。
これまでのシリーズについてはネタバレ批評(レビュー)がありますね。
興味のある方は、過去記事リンクよりどうぞ!!

では、第6弾の感想を。

なんだかとても脱力系の物語だったかなぁ……。
ラストでの丸尾と美奈子の親娘の名乗りもあっさりし過ぎだし。
丸尾の献身は確かに凄いんだけど、もう少し描写を割かないとちょっと……。
少なくとも片岡のようには泣けなかった。

北山と和美も凄かった。
作中では純愛みたいに語ってたけど、そもそも不倫だし、そりゃ、別れた後もあんなんやっとったら疑われるわなぁ……。
おそらく、10年共に過ごしながら和美は北山を想い山脇に心を寄せていなかったようだし、山脇は何時の間にかコンプレックスの塊になってしまったのだろう。
山脇があんな風になってしまったのには、本人の資質も然ることながら和美の責任も大きそうだ。

そして、花房の遺書、長過ぎ。
北山が花房を転落死させてから、あれを丁寧にキーボードで打ち込んだのかと思うと……確実に人が駆け付けて来るだろうなぁ。
これを避ける為に、外部記憶媒体でデータだけを持ち込んで読み込んだとしても履歴にそれが残るだろうし、やっぱりあの場で立ち上げて入力したんだろうなぁ……。
まぁ、あれだけの量を入力していたら人が来るね。
そもそも、あれだけの文章を入力したら記述者の癖が残りそうだし。
それを回避した北山、凄過ぎだなぁ……。

「イカ刺し」連呼もなかなかにインパクトがあった。

総評としては「まぁ、いろいろツッコミどころはあったけど、アリと言えばアリ」か。

そして、第5弾で片岡、香織、澪、浅野、美知恵とフルメンバーになったかと思いきや、早くも香織が離脱!?
第7弾はどうなるのか……次回にも期待!!

◆関連過去記事
土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 時効まであと10日!東京〜山形天童、2つの迷宮入り事件を結ぶ15年前の殺人免許証」(3月13日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 函館〜横浜・同窓会不倫殺人!ホスト殺しと迷宮入り事件を結ぶネイルの傷とバターの謎!!」(6月25日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 ワイナリー連続殺人 赤い死体は甘く香る!!ウソつき老人の証言と踏みつけられたブドウの謎!!」(3月24日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 死者が書き続ける!?岐阜〜美濃和紙の秘密23年前の毛筆に隠された美女連続殺人の謎」(9月29日放送)ネタバレ批評(レビュー)

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介 東京〜金沢、未解決誘拐殺人ルート!加賀老舗旅館の嫁姑争い!12年前の黒百合に隠された密室トリック!!」(7月6日放送)ネタバレ批評(レビュー)

<キャスト>

片岡悠介:寺島 進
榎本香織:南 果歩
奥村 澪:原 沙知絵
浅野直樹:金子貴俊
片岡美知恵:吉行和子
丸尾 勇:泉谷しげる
山脇和美:小沢真珠
北山浩一:梨本謙次郎
倉吉玲子:北原佐和子
花房芳樹:川崎麻世 ほか
(敬称略、順不同、公式HPより)


「君は一流の刑事になれ」です!!
君は一流の刑事になれ





「捜査夜話」です!!
捜査夜話





【関連する記事】
この記事へのコメント
真理を殺したの花房だったんですか?
最後の犯人暴くシーンで真理の殺害だけ言及しないから
どこか見落としたのかなと思ってたのですが…。

花房が真理を殺す動機って一体何なのでしょうか?
真理が脅していたというのは北山が遺書を捏造していた時の嘘でしょう。
そこだけ北山が真実を書く意味が解らない。
一応凶器のナイフは花房の事務所から出てきましたが
遺書が捏造な以上、決め手にならないと思いますし
何だか作中でたぶん花房がやったと思うから花房だって事にしよう!と
主人公達が強引に決め付けて話を無理矢理進めてるような気がして
真理殺しの部分だけモヤモヤが止まりません。

それと山脇、彼特に悪い事してませんよね?
北山加害者だけ良い人みたいな感じで終わったけど
あれ山脇視点から見たら自分の妻が昔の男と
寄りが戻った挙句に大勢に寄って集って
撲殺されるという酷く悲惨な話に…。
Posted by 翔 at 2014年04月27日 01:31
Re:翔さん

こんばんわ!!
管理人の“俺”です(^O^)/!!

花房による真理殺害についてですが、ご指摘の通り、花房の遺書以外では特にシーンでの再現など明確な表現は作中には存在していなかったと思います。

そして、山脇の件。
和美本人の弁によれば「過去はともかく、今の北山とは不倫関係には無い」とのことですが、それが事実ならばもう少し疑われない努力、あるいは説明する努力をしていれば、あの結末は避け得たような気がしますね。
少なくとも山脇にのみ自制を求めるのは酷かもしれません。
その意味でも、山脇にとっては辛い結末となりました……。
Posted by 俺 at 2014年04月30日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。